35歳男性の婚活レポート

2016年06月11日

ご入会からご成婚まで・・・

35歳男性の婚活レポートです。

 

今回は、インタビュー形式でご協力いただきました。

箇条書きですが、婚活の様子が良くわかります。

是非、ご覧ください♪

 

【入会のきっかけは何でしたか?】

『男性ばかりの職場で出会いの機会がなかったのと

一日も早く身を固めて親を安心させたかったためです』

 

【お見合いの時の様子を聞かせてください】

『お互いに緊張していますが、話が続かずに沈黙になるのはマズイと思い、
会話が膨らむよう心がけました。
・当方については、仕事の内容、休日の過ごし方、好きな食べ物、趣味・特技etc

脚色せずにありのままを話し、相手方が話している時は、決して否定する
ことなく、共感できるような返事をしました。

 

【お見合中に気を付けていたことは何ですか?】

・相手に興味を持ってもらい、「また会ってみたい」と

思ってもらえるように心がけました。

言動が重要な事だと思います。

 

【交際中に配慮したことはありますか?】

・有名なデートスポットは人も多く、ゆっくり楽しめないので、

初めてのデートは、お互い近くの場所でゆっくりできるような所を

チョイスできれば良いと思います。
・デートの終盤、カフェでお茶を飲んでいる時に「今日は楽しかった。

次回は何処に行こうか?」と話して、一緒に居て良かったや思ってもらえるように

心がけました。次回も会いたいと思ってもらえることが重要だと思います。

・デートで行った場所は、今後の思い出の場所になるので、

何を見て感動したとか、ランチで何を食べたとか忘れないようにメモしておきました。

 

【結婚を決めた理由は?】

・一緒に居て疲れない、安心するような存在になり、手料理を作ってもらった時、

自分の妻にしたいと思いました。
・お互いの住まいがやや遠距離のため、週末しか会えないけど、会ったときには

「思い 切り彼女をもてなしてあげよう。」と心がけています。

 

wedding-ceremony-705426__180[1]

  • Category:
  • Tag:

「結婚しても仕事を続けたい!」そんな夢が叶いました。

2016年05月01日

「結婚しても仕事を続けたい!」

そんな夢が叶いました。

 

私は、仕事にやりがいと誇りを持っているので

結婚後も働く女性を応援してくれる人が理想でした。

 

「働く女性」の画像検索結果

 
婚活を始めて7ヶ月、「この人なら!」と思える人に出会い、

結婚を決めましたが、彼の家庭に入ってほしい気持ちも強く、

迷ってしまうこともありました。

 

話し合いを続けていく中で、「本当にこの人でいいのか?」

「こんなに悩むなら、結婚はしない方がいいのではないか!」

と何度も悩みましたが、

カウンセラーの人に言われたことが自信となり、

今も幸せな結婚生活を送っています。

 

『大好きな人なら、

どんなに大変なことも一緒に乗り越えられるよ。』

 

こんな何気ない一言が、私を大きく変えてくれました!

 

『仕事と家庭の両立は大変かもしれないけど、

結婚後仕事を続けるメリットも沢山ありますよ。』

何だか、お母さんみたいで安心したのを覚えています。

 
頑張り過ぎない。

事前に話し合う。

感謝する。

カウンセラーの方の魔法のことばを、

時々思い出しながら、

自分らしく輝いています。

 

(34歳・女性)

 

「花 ライン イラ...」の画像検索結果

 

  • Category:
  • Tag:

『2歳の娘としあわせになりました♪』

2016年02月27日

『2歳の娘としあわせになりました』

 

 

子どもが産まれてすぐに離婚しました。

結婚は、もう懲り懲りだと思った時もありましたが、

長い人生を考えて結婚相談所に出向きました。

 

そこで会ったのが上田さんです。

 

『お子さんがいるので少し厳しいかもしれません。』

と言われましたが、正直に言われたことで、

何か安心し、迷わず入会しました。

 

2回目のお見合いで出会った彼が、今の主人です。

 

お見合いの当日は、彼がとても緊張しているようで、

話は弾まず沈黙の時間が流れました。

 

正直、苦痛とさえ感じたので、お断わりの返事をしたのですが、

『1時間くらいでお相手のことはわからないから、

もう一度会ってみたら・・・』とすすめられ、

もう一度会ってみることにしました。

 

すると、お見合いの時とはまるで別人のような彼が登場してきたのです!

強張った顔は一変、溢れんばかりの笑顔で、声のトーンもイキイキしていました。

 

『あの時は、声も出ないくらい緊張してしまい、話ができなくてごめんね。

また会ってくれてありがとう!』

 

私は、この一言で、

「これから彼のいろいろなことを知りたい。」と思い、

時間を共有していきました。

 

2人だけのデートを重ね、お互いの気持ちが通じるようになってからは、

子ども一緒に会うようにしました。

mother-1171569__180[1]

わが子のように接してくれる彼をみるたび、

彼の心の大きさや偉大さにひかれ、結婚しました。

 

あの時、断ってしまっていたら、

この結婚はなかったはずです。

 

上田さんのいうように、1時間くらいでは何もわからないし、

そして、人のアドバイスも素直に聞くべきだと思いました。

 

これから、いろいろな事があると思いますが、

コミニュケーションを大切にしていきたいと思います。

(28歳・女性)

 

 

 

 

 

  • Category:
  • Tag:
  • ご予約はこちらから