女性の悩み

彼の年収を考えると、結婚に踏み切れません。

2016年03月07日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

彼の年収を考えると、結婚に踏み切れない。

 

結婚を考え始めると、お互いの経済状況が気になり始めますね。

 

お相手の年収が不安というご相談も多いのですが、それは結婚を考えているお相手が「お仕事をされていないために年収が少ない」のか…「真面目にお仕事をされているけれどもお給料が少ない」のか…

この2つでは考えなければならない点が大きく違ってしまいます。

 

まずは、お仕事をされていない場合についてですが、夢を追い続けたい、会社に縛られたくない…

 

もしこのようにお相手が話しているのであれば、一度深く話し合う必要がありそうです。

結婚はお互いを大切にし合うという約束を公にするものです。

「経済的には自分が支えるから良い」と思える部分もあるかもしれません。

 

しかし、何かが原因であなたが働けなくなったときには、どうやって生活していけば良いのでしょう。

 

本当に結婚を考えているのであれば、生活に必要なお金はきちんと確保しなくてはなりません。

 

生活をしていくことについての考え方をお相手ときちんと話し合う必要がありそうです。

 

 

次に、真面目にお仕事をされているけれども、お給料が少ない…という状況です。

 

最初に出した例と異なるのは、きちんとお仕事を続けている、という点です。

 

一生懸命に働いているけれど、なかなかお給料が上がらない…これは誰にでも起こり得ることですね。

 

毎日懸命に働いているのであれば、足りない部分は、あなたも働くことでお手伝いできますね。

 

二人で協力し合うことができれば、経済的に大変なことが起こったとしても、お互いを信頼して乗り越えられるでしょう。

ここで「信頼」という大事なキーワードが見つかりました。

 

悩まれている原因はおそらく年収ではありません。

 

お相手を心から「信頼」できるかどうか、ということです。

ぜひ一度しっかりと話し合ってみましょう。

 

気持ちを隠さずに、思ったことを丁寧に伝えることが重要ですよ。

 

 

素敵な恋愛がしたい方は

楽しいイベントはこちら

結婚しても仕事を続ける? ①

2016年02月02日

こんにちは!
幸せ婚コーディネーターの上田奈央子です。

●「仕事から帰ってくると、クタクタの毎日です。
明日のデートだって気持ちが重いのに、
毎日続く家事なんて考えられません。

結婚しても、仕事を続けたいので、
なかなか結婚に踏み切れません。

気持ちに余裕がある時は、
「早く結婚したい。」
「子供にも恵まれたい。」

そう思うのですが、
仕事でいっぱいになると、
結婚のことは後回しになってしまいます。

結婚後も仕事を続けて、幸せな家庭を築けますか?

 

先日、30代の女性からこんな相談を受けました。

 

今日は、
なかなか結婚に踏み切れないあなたに
「結婚しても仕事を続けるメリット」について
お伝えします。

 

サイトの中でも
夫の収入に依存しないですむ。

●働くことで生き生きした生活になる。

●収入が増え豊かな生活ができる。

● 夫や子供に依存しないですむ。

●輝いている姿を子供にみせることができる。

社会の一員として働いている喜びや充実感がある。

●評価してもらえる社会という場がある。

こんなメリットを並べました。

 

なるほど・・・ね!と
共感するところがありましたか?

それってどんなこと?
と思った部分もあるかもしれません。

そこで、
「結婚しても仕事を続けるメリット」について
一緒に考えてみませんか?

 

今回のテーマは

【夫の収入に依存しないですむ】です。

「そうそう・・・」
「なるほど・・・」
と共感してくれましたか?

 

あなたが仕事をしなければ、資産家でないかぎり、
どうしても男性の収入に依存するようになります。

 

そうなれば、
「収入はどれくらいか?」
「安定した仕事なのか?」
こんなことも男性を選ぶ基準になってしまいます。

 

収入だけを基準にすると、収入が減った時、
あなたの見方も変わってしまうかもしれませんね。

 

「好き」という純粋な気持ちで結婚できたら
夫の収入が高くなくても、「その分、私が働くわ!」
と思えるわけです。

変化の激しい時代です。
今は高収入でも、
10年後、20年後はわかりません。

このような時代において、夫1人の収入だけで生活していくことは
リスクが高いですね。
二人の収入があれば、精神的にも心強いし、
何より、家族の経済的なリスクを減らせるわけです。

1人の収入に依存しないですむということは
本当に大きなメリットなのです。

  • ご予約はこちらから