30代の結婚

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ(4)将来が見えているだろうか…と考えてみる

2017年05月13日

今回は「曖昧な関係」について再び取り上げます。恋愛や結婚に悩む時、どなたも経験されるお悩みのひとつかもしれません。相手の気持ちが分からずつい振り回されてしまう…そんな苦しい状況から抜け出すヒントを5回にわたってご紹介しています。ぜひお読みくださいね。

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ

4)将来が見えているだろうか…と考えてみる

 

ここまで、相手の曖昧な態度について色々な角度から考えてみました。

相手は自分のことを本当に大切に想ってくれているだろうか…

このように問いかけることで、この恋愛を続けるべきか、諦めるべきか、見えてきます。

 

一番分かりやすい方法は、「二人の関係には将来性があるか?」と考えてみることです。

この将来性とは「結婚」だけを指しているわけではありません。

 

正式な交際が始まる可能性はあるだろうか?

これも大切な問いかけになります。

何となく仲が良い…周りから付き合ってるの?と聞かれるぐらい一緒にいる…

それでも「付き合おう」という言葉をお互いに交していない…。

 

このような状況で悩む方は、実は大勢おられます。

時間はあっという間に過ぎていきます。

曖昧な関係に悩んだまま、相手とたくさんの時間を過ごし、数カ月…あるいは気づいたときには数年…と長い長いたくさんの時間を過ごしてしまったという方々は…実は大勢おられるのです。

曖昧な関係で悩んでいるのは、あなただけでは無いのですね。

「これって付き合ってるよね…?」

たった一言、聞くことができればこの問題は解決するのかもしれません。

しかし、それができないのも、とても良く分かります。

この質問をすることで、今の関係が壊れてしまうのではないか…もう一緒にいられなくなるのではないか…。

こんな風に感じてしまうかもしれませんよね。

 

 

しかし、「正式な交際」や「結婚に向けたお付き合い」など、将来が見えてこない関係性は、あなたの大切な時間を確実に奪っていきます。

そして、悩んだ時間だけ…あなたの表情はどんどん暗くなってしまうかもしれません。

曖昧な関係がリセットされたとき、新しい出会いを見つける体力が残っていない…なんてこともあるかもしれません…。

これでは悲しすぎますよね…!

現状を変えるために、勇気を出してみましょう。

すぐには難しいかもしれません。

まずは、「付き合ってる?」と相手に質問する期限を決めてしまいます。

 

その期限までに、自分の気持ちを整えておきます。

お相手から「付き合ってるよ!」というお返事があれば安心できますし、「え?そうだっけ?」というような曖昧なお返事が返ってきたときは、残念ながら、見切りをつける必要があります。

どちらの場合にしても、曖昧な関係を変えるためには、はっきりと聞ける勇気も必要です。

次回は、もう一つの解決策をご紹介します。

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

 

  • ご予約はこちらから