幸せな恋愛

上手に仲直りできていますか?(5)素直に謝る

2016年09月12日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

上手に仲直りできていますか?

(5)素直に謝る

 

上手に仲直りするための最後のステップ。

5回目の今日は「素直に謝る」というものです。

 

相手の話を聞き、自分の話をして、

喧嘩の理由を分析し、

お互いに反省した後は、

素直に「ごめんね」を言いましょう。

 

そして謝った後、謝られた後は、

「また仲良くしようね」と約束できると、

さらに良いですね!

 

険悪なムードが好きな方はどこにもいないはずです。

喧嘩をして口を閉ざす期間が長くなればなるほど、

心の隙間は広がっていきます。

 

修復したいと心から思ったときには、

時すでに遅し…

ということもあります。

 

大好きな方とずっと仲良しでいるために、

そして喧嘩をしても仲直りをするためには、

素直さが重要なポイントになります。

 

意地を張るよりも、素直になった方が

お互いのことがよく分かります。

 

一方が努力をしても、

もう一方が拒絶していては、

状況は良くなりません。

 

相手がどうしても心を開いてくれないときは

どうしたら良いでしょうか。

 

そんな時は、あなたにとって

負担になりすぎないのであれば、

自分から謝ってしまうこともできます。

 

もちろん、あなたが悪くないのに

どうして謝らなくてはいけないのか、

と思われるかもしれません。

 

しかし、言い合いになった時は、

あなたもお相手に対してキツイ言葉を

言ってしまった可能性があります。

 

そのことについては、素直に「ごめんね!」

と言うことができるでしょう。

 

「さっきはあんな言い方してごめんね。

でもどうしても、分かって欲しかったの。

 

私の気持ちを聞いてくれる?」というように、

あなたから思いやりある態度で

歩み寄ることもできます。

相手が動かないときは、

あなたから、ぜひ仲直りの一歩を

踏み出してみましょう。

 

そして仲直りができそうな雰囲気になったら、

「ずっと仲良しでいたいと思っている」

という素直な気持ちを伝えておくことも

非常に効果的です。

 

喧嘩がダメなわけではありません。

喧嘩の後で上手に仲直りができれば、

喧嘩の前よりもさらに仲良くなれることでしょう。

 

仲直りが苦手な方は、

ぜひ、これまでにご紹介した方法を

お試しくださいね。

 

 

 

喧嘩になったときの注意点(5)勝ち負けはない=謝る

2016年05月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

(5)勝ち負けはない=謝る

喧嘩になったときの最後の注意点をご紹介します。

今回は「勝ち負けは無い=謝る」というものです。

 

 

喧嘩になった途端に謝るということではありません。

 

よく話し合いをして、両方とも謝る、というのが理想の喧嘩の終わり方です。

 

喧嘩になるからには、お互いに理由があります。

実際の引き金を引いた側、それに乗った側。

どちらも言い過ぎたり、ひどい態度をしてしまったり、お互いの対応に問題があったことでしょう。

 

気持ちを吐き出して、しっかり話し合った後で、「さっきは言い過ぎた」「さっきはごめんね」と気持ちを交換できれば、そこで二人の絆はさらに強まります。

 

喧嘩になったり、気まずくなったときのために、予め二人の「仲直りルール」のようなものを決めておくのもオススメです。

・二人とも同時に謝る

・仲直りのハグをする

・二人の好きなお菓子を買う

 

あまり負担にならずにできる簡単なことを、二人の中だけの習慣として決めておくと、ちょっとした喧嘩になったときに自然とすぐに仲直りができます。

 

喧嘩は勝負ではありません。勝ち負けを気にせずに、自然に謝ることができるように、日頃から意識していきたいですね。

頭に来ているときは「謝る」という行為が意外とハードルが高いものですよね。

ちょっとした心がけですが「喧嘩になったらお互い謝る」と心がけておくだけで、気まずい空気が長く続くことを避けられます。

お互いに謝りやすい空気を作ることが大切です。

素直な気持ちになることができれば、言い争いを続けたり、捨て台詞を吐いたまま何週間も会話をしない、というような事態は避けられることでしょう。

一番大切なのは相手への思いやりです。喧嘩になったときこそ、相手を大切に思う気持ちを思い出してみましょう。

 

 

楽しいイベントはこちら

 素敵な恋愛がしたい方へ

喧嘩になったときの注意点(2)自分を否定しない

2016年05月26日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

(2)自分を否定しない

2回目の今回は、「自分を否定しない」という注意点です。

 

喧嘩になると、「自分が悪かったから…」と言って必死で謝ってしまうことはありませんか?

 

本当に自分が悪いと思った場合、何か間違ったことをしてしまった場合には、素直な気持ちで謝ることも大切です。

 

嫌な雰囲気を、一秒でもはやく終わりにしたいという気持ちから、本当は自分が悪いと思っていないのに「私が悪かった。ごめんなさい」と言ってしまうのは、あまり良いことではありません。

 

確かにその場は収まることでしょう。

しかし、あなたの中に溜まった我慢は、自分でも気づかぬうちに、どんどん大きく膨れ上がっていきます。

相手が気づかないうちに、あなたの気持ちが限界になってしまうこともあります。

 

限界と思えるような状態になってから、これまでの不満を相手に伝えてしまいますと、大抵の場合、言われた側は何のことだか状況が読み取れず、混乱してしまうことが多いようです。

喧嘩のときに常に「自分が悪い」「自分が反省」しなくては、と無理に「自分を否定」する癖がついてしまいますと、感情が爆発したときに相手と話し合うことが難しくなります。

 

「自分が悪いから」といつも謝っていたのに、なぜ過去のことまで持ち出して怒っているの?と思われてしまうのです。

 

このような悲しい状況にならないために、そして辛い気持ちを抱えなくて済むように、自分を否定しないように気を付けましょう。

 

喧嘩になるからには必ず原因や理由があります。

そこには、二人がもっと仲良くなるために必要な話し合いのカギが隠されているかもしれません。

その場の重苦しい空気に負けずに、冷静に話し合う努力をしてみましょう。

 

喧嘩は話し合いのチャンスでもあるのです。

気持ちを伝える努力をすれば、時間がかかっても必ず理解してもらえることでしょう。

 

何でも自分のせいにしないように、笑顔でいられるようにするためには、自分ばかりを悪者にしない心がけも大切ですね。

 

 

楽しいイベントはこちら

  • ご予約はこちらから