幸せな結婚

素直になるコツ(5)思い切り感情を出してみる

2016年07月25日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

素直になるコツ

(5)思い切り感情を出してみる

 

最後は「思い切り感情を出してみる」

というものです。

 

自分を良く知り、他人を認め、

自分の意見をしっかり持ち、

等身大の自分を大切にする。

 

これは1回目から4回目までに扱った内容でした。

最後は、気持ちを表に出すための練習方法を

ご紹介します。

 

素直になれない方の多くは「自分の気持ちと向き合えない」

という共通の悩みを抱えていることが多いようです。

 

周りの人を傷つけないようにしたい、

そして自分も傷つきたくない、

という複雑な感情から、気持ちにフタをして

しまったのかもしれません。

 

最初の理由は人それぞれかもしれませんが、

我慢を続けていると、少しずつストレスが

溜まるものですよね。

 

人間にはたくさんの感情があると

言われています。

喜怒哀楽の他にも、愛情や憎しみ、

恐怖もありますし、驚き・欲求・羨み、

というのも気持ちを表す表現です。

 

気持ちを表す漢字には「心」が

入っていることが多いですが、

「言葉で表せる気持ち」も

言葉で簡単には言い表せない

ような「複雑な気持ち」も全て、

感情の種類と言えます。

 

自分の気持ちに素直になるためには、

感情を爆発させるトレーニングがオススメです。

 

最初は加減が難しいので、一人でいるときに

こっそり挑戦してみましょう!

映画を観て感動的なシーンで思い切り泣いたり、

お笑い番組を見てお腹から笑ったりするのも

いいですね。

 

少しずつ慣れてきたら、信頼できるお友達や、

大切な恋人といるときにも、少しずつ実践

してみましょう。

 

楽しいときには声を出して笑ったり、

辛いときには泣いたり、気持ちを表に

出すように意識してみると良いですね。

最初はとても難しいかもしれません。

恥ずかしい気持ちや不安な気持ちの方が勝って

しまうこともあるかもしれません。

 

これまで自分の気持ちを抑えていた方に

とっては特に、人前で感情を出すことへの

抵抗感が強いことでしょう。

 

たとえ時間がかかったとしても、

自分の気持ちを向き合おうと努力することは

決して無駄ではありません。

 

少しずつ意識することで、

自分の中のちょっとした想いの変化を

大切にできるようになります。

 

気づきの積み重ねによって、

徐々に「素直」になれそうですね。

 

 

素直になることができれば、

大好きな人に「好き」と言うことも、

悲しいときに「辛い」と言うことも、

自然にできるようになります。

 

そうすることで、あなたの周りには

たくさんの出会いが集まって

くることでしょう。

愛される素直な女性になれますように。

 

 

素直になるコツ(3)周りに合わせすぎない

2016年07月23日

 婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

素直になるコツ

(3)周りに合わせすぎない

3回目は「周りに合わせすぎない」というものです。

 

男性が思う理想の交際相手の姿として、

「自分の意見を持っている」

「しっかりした考えを持っている」

ということを挙げる方も多いようですが、

これはやはり「素直さ」とも関係しています。

 

何を考えているのか、どう感じているのかが

分かりやすいので、安心してお付き合いが

できると感じるそうです。

 

 

これは男女問わず、言えることかもしれませんね。

もしも、あなたの彼が「別に何でもいいよ」ばかり

言っている方だとしたら、何となく物足りなく

思うかもしれません。

 

自分の意見を主張しすぎてしまうと頑固さの方が

際立ってしまうので、少し注意が必要です。

 

しかし、自分がしっかりある人というのは、

大人の女性としてとても魅力的です。

 

自分の感情に素直な女性は、生き生きとして

明るく輝いて見えるからです。

 

我慢していると暗い表情になってしまいますが、

自分らしさが出せていると、自然と笑顔で

毎日過ごせるようになります。

 

「周りに合わせすぎない」ために、

まずは、自分の考えをしっかり整理して

おくことが大切です。

 

自分の考えが定まっていないと、

意見を求められたときにも「何でもいいよ」

「好きにしていいよ」「私はどっちでも平気」

と答えることが多くなってしまうからです。

 

デート中に彼から「今日は何食べたい?」

と聞かれたとき、「何でもいいよ」

「あなたの好きなものでいいよ」

と答えてしまうことはありませんか。

 

実は、このお返事をしてしまうと、

男性を困らせてしまうことをご存じでしょうか。

 

何でも…と言われると、

「何でもいいとは言うけれど…食堂じゃ怒るよな…」

「だったらいつものラーメン屋がいいけど…

さすがにデートでは…」というように、色々と悩んで

しまう男性も多いようです。

 

どうしてもすぐに思いつかないときは、

「私が行きたいところでいいの?」と

聞いて考える時間を作ることもできますし、

「ちょっとすぐに思いつかないのだけど…

この近くのお店を調べてもいい?」と

正直に言ってしまうのも良いかもしれませんね。

 

必要以上に相手の意見に同調する癖がついてしまうと、

全て相手に任せるスタイルになってしまいます。

 

そうしますと、段々と自分の意見を言う

タイミングを忘れてしまうようになります。

 

「あなたらしさ=素直さ」を引き出すためには、

適度な自己主張も必要です。

 

ほんの少し、勇気を出してみませんか?

 

素直になるコツ(1)自分のことをよく知る

2016年07月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

素直になるコツ

(1)自分のことをよく知る

素直な女性を見ると「羨ましいな~…」と

思うことはありませんか?

男性がお付き合いしたいと思う女性の

性格のひとつに「素直さ」を挙げる方が多いようです。

 

自分の気持ちを素直に表現できる人、

自分らしく行動している人を見ると、

少し妬ましく思うこともあるかもしれませんね。

 

 

甘えたり頼ったり、自然に行動できる女性の周りには、

出会いが沢山集まってきます。

 

「何をしたら喜んでくれるのか:ということが

普段の言動からとても分かりやすいので、

男女問わず、お友達が多くなる傾向があるようです。

 

 

今回は「素直になるコツ」を5回に分けて

考えていきたいと思います。

 

1回目は「自分のことをよく知る」というものです。

他のテーマでも、「自己分析」が最初のステップとして

必要になることがありましたね。

今回もそれと少し似ています。

自分の感情と向き合う作業のときには

特に欠かせないステップです。

 

あなたは今、自分に「素直さ」が欠けていると

感じていますか?

 

もしそうであれば、なぜ素直になれないのか、

その原因を考えてみましょう。

 

もしかすると、自分の心の中に傷ついた過去が

しこりとして残っているのかもしれません。

 

▼気持ちを素直に伝えたら拒絶されてしまった…

▼誰かにひどく裏切られてしまった…

 

あるいは、「みんなに好かれたい」という気持ちが強くなり、

なかなか自分の考えを表に出せなくなってしまったのかも

しれません。

他人を受け入れることばかりに慣れてしまうと、

自分らしさを忘れてしまうこともありますね。

 

 

どちらの場合でも、素直さを取り戻すためには

何らかの「きっかけ」が必要になります。

 

何が原因で「自分」を表に出せなくなっているでしょうか。

 

少しずつ思い出しながら、気づいたことは忘れないように

文字に書き留めておきましょう。

 

 

「素直」になれない理由を見つけられると、

改善するための方法も自然に

考えられるようになります。

 

「素直さ=あなたらしさ」でもありますので、

この機会にぜひ自分と向き合ってみるのはいかがでしょうか。

 

次回からは、具体的に「素直さ」を取り戻すための方法を

ご紹介していきます!

 

わがままの種類(5)「好き放題」と「ありのまま」の違い

2016年06月09日

 

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類(5)

「好き放題」と「ありのまま」の違い

 

5回目は「好き放題」と「ありのまま」の違いを中心に考えていきます。

 

子供の時に、ご両親から「まったくわがままばっかり言って!」

と怒られてことはありませんか?

 

子供のときは誰でも、そんな瞬間があったことでしょう。

 

どのようなときに怒られたのか少し思い出してみてください。

 

・ご飯の前にお菓子を食べたいと言って泣いたとき

・一つだけ買ってもらう約束をしたおもちゃを何個も欲しがったとき

・嫌いな食べ物を全部残して、好きなものだけおかわりしたとき

 

これはほんの一例ですが、全てに共通しているのは

「好き放題」ということです。

 

自分の気持ちのままに、自分勝手な要求を

押し通そうとした状況が共通しています。

 

 

男性に対してのわがままも同じで、

相手の都合や状況を考えずに、自分の要求を押し付けてしまうと

「嫌われる」わがままになってしまいます。

 

彼の経済状態を全く考慮せずに、高額な贈り物をねだってしまったり、

彼の仕事のスケジュールを無視して、自分の予定に合わせるように強要したり…

このような行動は避けた方が良さそうです。

 

一方で、素直に自分の希望を伝える、可愛くお願いする、というのは、

「ありのまま」のあなたを彼に知ってもらうために必要な「わがまま」です。

 

「可愛い」わがままや「愛される」わがままがこれに当てはまりますね。

 

このようなわがままは伝え方を工夫する必要がありますが、

あなたが思っていることを彼に知ってもらうためには必要なことです。

 

自分の気持ちにフタをしないことは、

大げさにいえば全てわがまま、自分のこだわりとも言えるでしょう。

度を超えたものでなければ、それは「あなたらしさ」を引き出すために

欠かせないものでもあるのです。

 

相手を傷つけず、自分も相手も笑顔でいられるような

わがままの言い方を考えてみましょう。

 

そうすることで、二人でいるときには、彼もあなたもお互いに

「わがまま」な自分でいられるようになります。

 

二人でいることが、これまでよりも楽しくなることでしょう。

 

ありのままのあなたを彼に知ってもらうためにも、

可愛らしく、愛らしく、わがままを言えたらいいですね。

 

あなたの魅力がもっとたくさん伝わりますように。

 

  • ご予約はこちらから