女性編

男性の曖昧な態度について考える(5)「彼氏作りなよ」と言われる

2016年08月18日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

男性の曖昧な態度について考える

(5)「彼氏作りなよ」と言われる

 

最後の5回目は「彼氏作りなよ」と男性から言われてしまった…という悩みについて考えてみましょう。

 

二人で会うことも多く、「これって付き合ってることでいいのかな…?」と思っている状況で、「彼氏作りなよ」と気になる彼から言われてしまったら…深く傷ついてしまいますよね。

 

「一体どういう意味で言っているのかしら?」

「私のこと、何とも思ってないのかな?」

こんな風に考えると夜も寝られなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

男性の発言の意図はどこにあるのでしょうか。

 

ここでは大きく分けて2つのパターンが想定されます。

 

1つ目は「あなたの気持ちを試している」、2つ目は「あなたのことは友人と思っている」。

 

1つ目の場合は、脈があると言えるでしょう。

ちょっと意地悪に「彼氏作りなよ」と言ったときに、傷ついたりがっかりしているあなたの表情を見て、あなたが自分のことを好きだと確認しているのです。

 

ここでは、「じゃぁ、あなたが彼氏になってくれる?」と聞いてみましょう。

 

それでもはぐらかされてしまう場合は、少し距離を置くのも良いですね。

彼もあなたのことを好きで少し意地悪をしていたのであれば、彼から告白してくる可能性もあります。

 

しかし2つ目の場合はどうでしょうか。

 

これは既にあなたが自分のことを好きだと気づいている状況かもしれません。

 

その上で、「自分は彼氏にはなれないので他にいい人を見つけた方がいいよ」と言っていることになります。

 

こんな時は、「じゃぁ、誰か紹介してくれる?」と聞いてみましょう。

 

彼が動揺したのであれば、少しは、あなたに気持ちがあるのかもしれません。

 

しかし喜んで誰かを紹介してくれる場合は、おそらく、彼はあなたのことを友人として考えています。

 

1つ目のパターンも、2つ目のパターンも、発言を工夫することで彼の真意を確かめることができそうですね。

とはいえ駆け引きばかりでは疲れてしまいますので、

楽しく笑顔で毎日を過ごすためにも、あまり考え過ぎないようにしましょう!

 

交際をスタートさせるのも、自分から告白をして二人の関係をはっきりさせることにも、「勇気」が必要です。

 

彼からのアクションを待つのではなく、勇気を出して行動してみてはいかがでしょうか。

 

良い結果でも、少し残念な結果になっても、あなたが努力したことは決して無駄になりません。

 

あなたに素敵な出会いが訪れますように。

 

新しい出会いがあるイベント情報は

男性の曖昧な態度について考える(4)メールやLINEが途中で止まる

2016年08月17日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

男性の曖昧な態度について考える

(4)メールやLINEが途中で止まる

4回目の今日は、メールやLINEでのお悩みについて考えていきたいと思います。

 

楽しくメールやLINEのやりとりをしていたのに、途中でプツリとお返事が止まってしまうと不安になることはありませんか?

今回は、「メールやLINEが途中で止まる」ときの、男性の心理について考えてみましょう。

 

考えられる幾つかの状況を以下にリストアップしてみました。

返信する前に疲れて寝てしまった

○急用が入って返信を忘れている

○元々あまりメールやLINEが得意ではない

○返信が少し負担になっている

○返事を自分で終わらせたくない

色々な場面が考えられましたね。

しかし、どの状況でも共通して言えるのは、あなたが「してはいけないこと」です。

 

あなたがしてはいけないこと…

それは、「返信の催促」です。

これだけは決してしないように気を付けましょう。

 

返事が途中で途切れて不安になっても、我慢することが大切です。

疲れてしまっただけ、急用が入って忘れているだけの場合、返信の催促があることで気まずくなってしまうことがあります。

また、元々あまりメールやLINEが得意でない男性、マメなやりとりが苦手な男性にとっては、催促されたことによって「もう返事をしたくない」と思ってしまうことさえあります。

最後にご紹介した「返事を自分で終わらせたくない」というのは、男性のちょっとしたワガママですね。

あなたからの連絡を待つよりも、自分からの連絡を待ってもらう方が嬉しい、という心理状態です。

あなたに自分のことを考えていてほしい、という気持ちが隠されてもいます。

 

 

色々と考えてきましたが、男性側がどう思っているのかは、実際のところは分かりません。

メールやLINEは連絡をとるための手段にすぎませんので、必要以上に悩み過ぎず、直接会えたときに「楽しく」「笑顔で」会話できるようにしましょう。

とびきりの笑顔を見せれば、彼の気持ちもあなたに一気に引き寄せられるかもしれません。

携帯やスマホの画面よりも、彼の表情を読み取るようにしたいですね。

 

 

恋愛の悩みはこちら

男性の曖昧な態度について考える(3)あまり目を合わせてくれない

2016年08月15日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

男性の曖昧な態度について考える

(3)あまり目を合わせてくれない

メールや電話だと良い雰囲気なのに、1対1で会うと、あまり目を合わせてくれない…あまり私の顔を見たくないのかしら…こんな風に悩んでしまうことはありませんか?

今回は「あまり目を合わせてくれない」男性の曖昧な態度の理由を考えていきましょう。

今回も2つのパターンが考えられます。

 

1つ目は、元々の性格として「人と目を合わせるのが苦手な方」である、ということです。

一般的に、日本人は他の国の方々と比べて、あまり目を合わせない傾向があると言われています。

そのため、アイコンタクトを重視する文化を持つ国とのやりとりでは、主にビジネスシーンで誤解が生じることもあるようです。

視線を合わせられない=何かやましいことがある、と判断されてしまうそうです。

少し話が逸れましたが、相手の方の性格を良く分析してみましょう。

控えめな性格に当てはまる方であれば、視線が合わないことはそれほど気にしなくても良いかもしれません。

無理に目を合わせて相手を戸惑わせることのないように、徐々に二人だけの居心地の良い空間を作っていくのも一つの方法ですね。

2つ目は、「あなたを意識しすぎてしまい目が合わせられない」というものです。

多くの男性は、相手が自分に好意があると確信している場合、またはお付き合いが始まっている段階であれば、視線をよく合わせることができます。

 

しかし、相手が自分のことを好きかどうか分からない…と悩んでいる状況では、チラチラとしか視線を合わせることができない方も多いようです。

全く視線が合わないわけではなく、あなたがジッと見ると視線を慌ててそらすような場合には、あなたからの「好き」のサインをもっと出して、相手に安心してもらうのも一つですね。

好意が確実に伝わる方法を試してみるのも効果的かもしれません。

お付き合いが始まる前は、男性も女性も緊張しています。

相手が自分のことをどう思っているのか…。

こんなことを考えれば考えるほど、相手のことがどんどん好きになってしまうものですよね。

メールや電話で良い関係が築けているのであれば、少しずつ距離を縮めることもできますし、あなたから告白するのも良いでしょう。

 

男性からの告白を待つよりも、自分から行動して、幸せを掴んでいく方法も現代の女性には必要かもしれません。

 

彼を見つめるときは優しい笑顔を意識してみましょうね!

 

男性の曖昧な態度について考える(2)はっきりと誘ってくれない

2016年08月14日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

男性の曖昧な態度について考える

(2)はっきりと誘ってくれない

2回目の今日は、「はっきりと誘ってくれない」というお悩みについて考えていきましょう。

二人で会うことも増えてきて、そろそろお付き合いが始まるかな…と期待しているのに、今一つはっきりとしない彼の態度が気になることはありませんか?

あなたからお誘いをすることが圧倒的に多く、彼からの誘ってくれるときは必ずと言っていいほど、「もしも都合が合えば…」「いつでもいいんだけど…」「そのうち…」「ちかいうちに…」など、曖昧な言葉が付いているのが気になります。

そんなに会いたくないのかな…

ただの友達って感じなのかな…

こんな風に悩んでおられるかもしれませんね。

今回の場合も、曖昧な彼の態度には2つの理由が考えられます。

 

 

1つ目は、はっきりとした「デートのお誘いをするのは恥ずかしい」という状況です。

あなたに「嫌われたくない」「断られたくない」という気持ちが強すぎて、「今度○○にデートに行こうよ!」と分かりやすく誘うことを躊躇しているのかもしれません。

 

この場合は、あなたから「デート」というキーワードを提示することで関係を深めることが可能です。

「今度は○○にデートに連れてってくれない?」と思い切って甘えてみましょう。

その時の彼の反応が嬉しそうであれば、彼もあなたのことを女性として意識しているかもしれません。

 

しかし、もしも、「え?デート…?」という微妙な反応が返ってきたとしたら…

その時は、少し悲しいですが、2つ目の状況が想定されます。

 

2つ目は、「友人として仲良くしていたい」という場合です。

二人で出かけていても、これはデートではない、と心の中で言い聞かせているため、デートの誘い方はできないのです。

 

彼女は欲しいけれど、なかなかできない…。とはいえ、女性と出かける感覚は忘れずにいたいので、仲の良い女性と遊びにでかけたい。

こんな風に考える男性もおられるようです。

その場合、あなたがいくら努力しても、交際には至らないかもしれませんので、新しい出会いを見つけるのも一つですね。

彼との関係をはっきりさせることで、あなたも笑顔になれるかもしれませんね。

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

男性の曖昧な態度について考える(1)友人関係のまま発展しない

2016年08月13日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

男性の曖昧な態度について考える

(1)友人関係のまま発展しない
  • お互いに何となく好意がある雰囲気なのに、なかなか交際を申し込まれない。
  • それとなく好意を伝えても、なかなか気づいてくれない。はぐらかされてしまう…

男性の曖昧な態度に悩んでしまう女性に向けて、一歩踏み出すためのアドバイスを、5回に分けてご紹介していきます。

 

 

1回目の今日は「友人関係のまま発展しない」というパターンについて考えてみましょう。

 

友人関係が続いているのに、なかなか交際に発展しない理由は、大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、「あなたを強く意識しすぎている」。

好きな気持ちはあるけれど、好意を伝えて関係が悪くなるのは避けたい。

あなたが自分のことを好きかどうか、不安である、という感情です。

 

2つ目は、「あなたを友人として見ている」。

あなたの好意に気づいてはいるけれど、友人のまま楽しい関係を続けたい。

恋愛感情が無いことを知らせて、あなたを傷つけたくない、という彼なりの優しさなのかもしれません。

どちらの場合であっても、あなたから行動を起こすことができます。

それは、あなたから告白することです。

きちんと好意を伝えることで、彼の反応を確かめることができます。

二人で多くの時間を過ごしたとしても、どちらか片方に恋愛感情が無い場合には、なかなか関係が発展しません。

 

 

ここである女性のお話をご紹介します。

その女性はある男性と、とても親しい友人関係を続けていました。

意気投合したお二人は、毎日のように一緒に外出をするようになったのですが、曖昧な友人関係が長く続いており、なかなか交際に至らないことを女性は不思議に思っていました。

そこで思い切って告白をしましたが、「友人としてはとても好きだけど、恋愛感情ではない。苦言付き合うことはできない。」とはっきり言われてしまいました。

 

男性側はそれまでの親しい友人関係を続けることを望みましたが、女性にとって、それは辛いことでしたので、冷静に判断をして彼から離れることにしたそうです。

女性側は、最初は悲しみましたが、次の出会いに積極的に目を向けることにしました。

すると、数か月後に別の男性との結婚が決まり、現在も幸せな結婚生活を送っていらっしゃるようです。

友人としての好き、恋人としての好き、は残念ながら違うことも多いようです。

しかし、曖昧な関係をはっきりさせることで、新しい幸せな出会いを掴めることもあります。

曖昧なまま長い時間が経つのを待つより、はっきりさせることで新たな可能性が広がりますね!

 

幸せな恋愛をするために

  • ご予約はこちらから