30代の結婚

大好きな気持ちを伝える言葉(1)あなたが一番

2016年06月11日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(1)あなたが一番

ブライダルカレッジの上田奈央子です。

お付き合いされている方や結婚したお相手に、自分の気持ちを上手に伝えられていますか?

 

 

これは文化的な違いかもしれないのですが、フランスやスペイン、イタリアなどのラテン系の国のカップルは交際中も結婚後も、常に「愛しているよ」とお互いに伝えあうのが日課になっているようです。

映画に出てくるようなラブラブなやりとりは、欧米の国では日常のようです。

 

とても素敵で憧れてしまいますが、同じように真似してしまいますと、日本人同士のカップルの場合は少しぎこちなくなってしまうかもしれません。

 

それでも、パートナーから「大好き」「愛してる」と言われて嫌だと思う方はいませんので、今日からでも使えそうなさりげない言葉に変えてご紹介していきます。

 

前置きが長くなりましたが、1回目の今日は、相手の存在を大切に思っていることを伝えるあなたが一番という言葉をご紹介していきます。

 

あなたが誰よりも大切で、一番大事な存在である、ということを伝えられると、自分も相手を大切にしたいと思うようになります。

お互いにとって、とても良い効果が期待できそうです。

 

彼の気持ちが自分に向いているか不安になったとき、「私のこと嫌いになったの?」と聞くよりも、「私にとってあなたは一番の存在なのよ」と伝えることで、彼もあなたも幸せになれます。

 

af0060000608l

 

毎日伝えると若干しつこくなってしまいますし、彼のことを疑っているような印象も与えてしまいます。

ちょっとしたきっかけで不安に思ったときは、彼を責めたり疑う前に、自分が彼のことをどれほど大切に思っているかを上手に伝えることで、自分の気持ちを落ち着けることもできますね。

 

交際期間が長くなっても、結婚して年数が経っても、「あなたが一番」と伝え続けることで、お互いに笑顔になれそうですね。

 

番外編:二人でわがままを楽しむために

2016年06月10日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

番外編:二人でわがままを楽しむために

ブライダルカレッジの上田奈央子です。

これまでの5回で、「良い」わがままと「困った」わがままを

ご紹介しました。

最後に番外編として「二人でわがままを楽しむために」というタイトルで、

わがままを言うときに忘れてはいけない言葉をご紹介します。

 

それは

「ありがとう」という感謝の言葉です。

 

わがままを聞いてあなたに合わせてくれたことに、

心から感謝することが必要です。

 

そうすることで、また次にもわがままを聞いてもらいやすくなります。

少し大げさでも良いので「わがままを聞いてくれてありがとう!」

と感謝の気持ちをしっかり伝えてみましょう。

 

「ありがとう」と言われると、次はもっとやってあげよう、

という気持ちになりませんか?

 

相手にもっと「わがまま」を言って欲しいと、

自然に思うようになることでしょう。

 

ほんの少しのわがままでも、

わがままと言えないような些細なことだとしても、

自分の願いを聞いてくれたことに、心から感謝する習慣を作っておけると良いですね。

 

そうすることで、二人の間に「ありがとう」の言葉が溢れるようになります。

 

思い切り彼に甘える。

あるときは思い切り甘えさせてあげる。

 

お互いに良いバランスでわがままを言い合うことができれば、

二人の中はもっと強い絆で結ばれます。

 

わがままな自分、

わがままな相手、

どちらもたくさん愛せるようになります。

 

片方だけがわがままを言い続けると、

もう片方は疲れてしまいますので、バランスが大切ですね。

 

自分ばかりお願いを聞いてもらっているように感じるときは、

「今日はあなたが決めてくれる?」

「あなたの好きなようにしていいよ」と相手に順番を譲ることもできます。

 

わがままを賢くコントロールすることで、

あなたらしく楽しく過ごすことができますし、

それはあなたの魅力をアップさせることにも繋がります。

 

「良い」わがままは、彼の気持ちをあなたに引き寄せるプラスの効果もありますので、

あなたらしさの際立つ、「愛される」わがままの魅せ方を研究してみてください。

 

そして、彼のわがままを受け入れられるような優しい気持ちも忘れないようにしてくださいね。

 

 

わがままの種類(4)愛されるわがまま

2016年06月08日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類

(4)愛されるわがまま

 

4回目は「愛されるわがまま」をご紹介します。

「可愛い」よりも少し上級編のわがままです。

 

彼の気持ちを良い方向に変化させられるような

「わがまま」はとても魅力的です。

 

自分でも気づかなかったような提案をしてくれる女性を、

男性は手放したくないと思うものなのです。

 

理想のお相手について男性にお聞きしてみますと

「自分を成長させてくれる女性」を

大切な条件として挙げる方も多いように思います。

 

 

 

あなたのお付き合いされている方、

あるいはご主人様について考えてみてください。

 

あまり自分の意見を言わないときがありませんか?

 

良くも悪くも、女性の希望を叶えることが、

良い彼氏や良い夫の条件だと思っている方も多いので、

何かを決めるときに「好きにしていいよ」

という方がとても多いように思います。

気を遣いすぎているのかもしれません。

 

何かプレゼントをしてもらうときや、お食事のときなどに、

「好きに選んでいいよ」

「君の好きなようにしたらいいよ」

と言ってくれるかもしれません。

 

こんな風を言われると、

「私って愛されてるなぁ~」と感じますね。

 

しかし、ここで彼は自分の意見を全く言っていない、

という重大な点に気づかなくてはいけません。

本当のところはどう思っているのか、このままでは分かりませんので、

そんなときにオススメの「わがまま」がこちらです。

 

「今日はあなたの好きなお店に連れてって欲しいな?」

「私に似合いそうなものを、あなたに選んでもらえたら嬉しい」

彼に「自分の意見」を言って欲しい、とお願いしてみましょう。

 

いつも女性に合わせることに慣れていた男性や、

面倒で考えることを止めていた男性の場合、

「え?そんなこと急に言われても…」と最初はとまどいます。

 

しかし、可愛いお願いのときと同じように、

優しい表現で彼に「選んでもらう」状況を何度か重ねているうちに、

段々あなたに素の自分を見せられるようになります。

この他にも色々な状況が考えられますが、

ポイントは彼の気持ちを解放させることができるような

「わがまま」です。

 

女性側が「わがまま」を言っているようでいて、

実は彼の気持ちや行動を良い方向に変化させています。

 

女性に甘えられなかった男性が、素直に甘えられるようになれば、

新たな自分を発見できます。

そうすることで、あなたも彼の新たな一面を見られるかもしれません。

 

 

わがままの種類(2)上から目線のわがまま

2016年06月06日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類

(2)上から目線のわがまま

前回はお相手の都合を考えないわがままについて紹介しました。

2回目の今回は注意したいもう一つのわがまま、「上から目線のわがまま」について考えてみましょう。

 

どんなときも「上から目線」というのは、あまり気持ちの良いものではありません。

 

恋愛において上から目線とは、どのような状態を指すのでしょうか。

 

以下のような表現は上から目線に分類できます。

・~してよ!

・~してくれないと別れるからね!

・~してくれたら○○してもいいけど?

・私のことが好きなら何をしても怒らないよね?

 

共通するのは「脅迫」めいた表現になっている、という点です。

わがままに「脅し」の要素が入ってしまうと、途端に相手を不快にさせてしまいます。

 

相手の気持ちを試すような言い方も、これに当てはまりますね。

「彼は私のことが好きだから、このぐらいしても怒らないはず」とおっしゃる女性が非常に多いのですが、これは彼の愛情に甘えて自分勝手なふるまいをしている、と宣言していることと同じです。

 

彼の愛情に感謝せずに油断してしまいますと、知らぬ間にあなたへの気持ちが冷めてしまうかもしれません。

 

もっと彼のことを思いやれる、彼のことを包み込んでくれるような女性に惹かれてしまうことでしょう。

 

 

「彼から告白してきたから」ということを理由に、時と場所を考えずに無理難題を突きつけて愛情を試してしまう方もおられます。

しかし、本当にそのようなことが必要でしょうか。

 

彼はあなたの大切な存在であり、家来ではありませんね。

上から目線の言動は、恋人や夫婦間でなくても気分の良くないものです。

 

大切な方に辛い想いをさせたくはありませんよね。

 

「上から目線」のわがままは、彼の気持ちが冷める原因にもなりますので、注意したいですね。

 

次回からは「良い」わがままを紹介していきます。

 

賢く「わがまま」を応用できると、あなたの魅力が今よりももっとアップするかもしれませんよ。

 

 

素敵な恋愛がしたい方

彼の気持ちが読み取れません…

2016年04月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

彼の気持ちが読み取れません…

交際期間中、または結婚生活においても、相手の気持ちを読み取ることはとても重要なことです。

しかし、相手が今どのように思っているのか、読み取るのはとても難しいことでもあります。

一緒に時間を過ごす中で、お互いの性格はある程度理解できるようになるかもしれません。

 

しかし、様々な状況でどのように感じてどう行動するのか…これはその時々で変わるものです。パターンが読めないものでもありますね。

そのようなわけで、「彼の気持ちが読み取れない…」と悩む女性は実はとても多いのです。

何を考えているのか分からないと思ってしまうと、彼の行動が理解できなくなり、不満に思うこともあります。

あなたの予想と反した行動をするときに驚くのが原因かもしれません。

 

その時々の感情というものは、繊細に変化していくものですので、彼の気持ち全てを読み取ろうと必死になると疲れてしまいます。

 

あまり思いつめずに、「今、こんな風に思っていたの?」と自分が思ったことを彼に聞いてみることもできますね。

そのようにして少しずつ確認を重ねていくことで、彼の性格や考え方であなたが思い違いをしていた点に気づいたり、あなたが質問をしたことがきっかけとなって、彼自身が自分自身の言動に気づく場合もあります。

 

どのようなときも、円満なコミュニケーションが大切ですね。

気持ちを読み取るためには、普段から会話を重ねて相手のことを知る必要があります。

それには時間がかかります。

お付き合いを始めてすぐの場合は、彼の気持ちを読み取ることは難しいかもしれません。

結婚して間もない頃も同じことが言えます。

 

それでも、相性が悪いとか、性格が合わない、ということではありませんので、焦らずにゆっくりと彼との距離を縮めていきましょう。

少しずつ彼の気持ちが分かるようになりますよ。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから