幸せな恋愛

喧嘩を回避する接し方(4)子ども扱いしない

2016年12月03日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩を回避する接し方

4)子ども扱いしない

 

4回目は特に、同年代~年下のお相手とお付き合いしている方に当てはまる内容かもしれませんね。

自分と同じ年代、または年下のお相手と交際していると、つい自分が年上であることをアピールしてしまう方がおられます。

今回は「子ども扱いしない」という注意点をご紹介します。

 

今回は、ある2組のカップルのお話をご紹介します。

 

1組目は女性が年上で男性が年下のカップルでした。

5歳差ということだったのですが、女性の方がとても面倒見が良いこともあり、いつも子供をしつけるような口調で男性に接していたそうです。

しかしある時、「母親みたいに思えてきて嫌だ」と突然別れを切り出されてしまいました。

それまではとても順調に交際を続けていたように周囲には見えていましたが、男性側は少しずつイライラを溜め込んでしまったようです。

女性側は突然のことで驚いてしまいましたが、自分もどこかで子供を育てているような気持ちになっていたことに気づいたようです。

結果的にお二人はお別れし、それぞれ別の方と結ばれました。

 

 

2組目は、男性が年上で女性が年下のカップルです。

こちらは10歳差という年齢差がありましたが、女性が自分の意見をはっきり言える活動的なタイプだったこともあり、ほとんど年齢差を感じずに活発に意見交換をしながら楽しく交際していたようです。

 

しかし、男性側は女性が自分の意見を曲げないという部分に疲れを感じてしまい、女性側もあることで窮屈さを感じるようになってしまったそうです。

長年の経験も自信も根拠もあり、女性に自分の考え理解してもらおうとすと即座に反論されてしまう場面が目立つようになりました。

そしてある時、男性側の疲れが限界に達し、「どうして自分の言うことを全て否定するのか?」と尋ねたそうです。

女性は「何でも自分の方が正しい、と納得させようとするのが嫌。たとえそうであっても認めたくない!」と答えたそうです。

結果的にお二人はこのような言い合いが続いたために、破局してしまいました。

今回ご紹介したどちらのカップルも、日々の無意識の言動が原因と言えそうです。

男性側にも女性側にも改善すべき点はあったと思いますが、今回の場合は、年上の側が相手を無意識のうちに「子ども扱い」していたことが別れる原因となってしまいました。

 

同年代であっても、女性側が男性を子ども扱いしてしまい、喧嘩が絶えないというお話も聞くことがあります。

 

どのような場合でも、相手を尊重する気持ちが大切です。

 

相手が年上であっても年下であっても、相手を大切に想い、ひとりの人間として生き方や考え方を尊重することで、このような問題は回避できるかもしれませんね。

日々の意識が大切になりそうです。

 

年齢差が気になってしまい、結婚に踏み出せません…

2016年04月05日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

年齢差が気になってしまい、結婚に踏み出せません…

 

結論から申し上げますと、年齢差は結婚の障害にはなりません。
結婚生活を楽しく維持するためにはお互いの努力が必要です。

年上だから、年下だから、同年代だから…

この場合なら結婚生活が上手くいき、こちらの場合なら上手くいかない、というようなことはありません。

同年代の場合、お互いが良いライバルになることもあります。

お互いに仕事を頑張る上で、励みになるかもしれません。

その分、相手の努力を認める姿勢を忘れてはいけません。

 

 

お相手の方が年下の場合、自分がアドバイスをしてあげる立場になることもあるかもしれません。

しかし、相手を見下すのではなく相手の気持ちを理解することを忘れてはいけません。

 

お相手の方が年上の場合、様々な助言をもらえることがあるでしょう。

人生の先輩ということもあり色々と相談できるかもしれません。

しかし、相手に対してどんな時も「年上」であることを要求し、頼りすぎてしまうと、相手にとって負担になってしまいます。

その点には注意が必要です。

 

結婚したいと思えるお相手との出逢いは貴重です。

ご本人たちが笑顔でいられるのであれば、年齢差を気にし過ぎずに、結婚について前向きに話し合いを重ねてみてくださいね。

 

 

  • ご予約はこちらから