幸せな恋愛

自分と相手を分けて考える

2016年10月16日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

自分と相手を分けて考える

 

相手を好きになればなるほど

忘れてしまいがちなことがあります。

それは、「自分と相手を分けて考える」

ことです。

 

「自分と同じように感じてほしい…」

「自分と同じように行動してほしい…」

 

こう思うのはとても自然なことかもしれません。

しかし、自分と全く同じように考えたり

行動したりする人に出会うことは、

ほぼ不可能だと知っておく必要があります。

 

そうすることで、交際中のストレスを

かなり減らすことができます。

 

自分と同じようにしてくれない…

と感じてしまうとイライラやストレスが溜まり、

「相性が合わないのが悪い!」と思ってしまいます。

 

そして、次の段階では

「他にもっと自分とぴったり合う人がいるはず!」

と考えるようになります。

 

こうなってしまうと、交際を継続することが

難しくなるのです。

 

しかし、他の方と付き合い始めても、

しばらくするとまた同じように感じることが

ほとんどです。

「どうして自分と同じように考えてくれないの!?」

イライラして、怒りを相手にぶつけてしまうことも

あるかもしれません。

 

 

「自分と相手は違う」というポイントを

しっかり理解できていれば、

「合わないから別れよう」と結論を急がずに

済むこともあります。

 

お付き合いを続ける中で、

「やはり合わないな…」

と感じることもありますよね。

 

しかし、ここで重要なのは、

そう感じてしまった理由を分析することです。

 

「自分と同じでない」という理由が大きい場合、

そこにはまだ可能性があります。

しかし、それ以外の理由で、

相手のどうしても許せない部分があるときには、

別れを選ぶ勇気も必要です。

 

お二人が出会うまでには、お互いにそれぞれが

歩んできた道のりがあります。

様々な経験の中で価値観は形作られていきます。

あなたとお相手は、別々の人格や価値観を

持っていて当然なのです。

 

それでも、お互いに惹かれ合って

お付き合いが始まったということは、

お二人の中で何か「共有」できる部分が

あったということです。

 

お互いを知りながら、相手のことを理解する姿勢を

持ち続けることで、充実した交際になることでしょう。

 

円満の秘訣(4)一日の出来事を共有する

2016年06月30日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(4)一日の出来事を共有する

ブライダルカレッジの上田です。

4回目は「一日の出来事を共有する」というものです。

毎日大笑いするようなことは起きなくても、ちょっとした、思わず笑ってしまうようなことや、ちょっとしたニュースと呼べるようなことがあるかもしれません。

  • 道ばたで見かけた動物が可愛かった
  • 会社にいる人が面白かった
  • お店で変わった品物を見つけた
  • 野菜の切り口が何かの顔に見えた

 

毎日の出来事を振り返り、相手に伝えてみましょう。

もちろん、お相手の様子をよく見て、話を聞ける状態かどうかの確認をする必要はありますね。

 

「今日あったことを伝えても良い?」と聞いてからお話を始めると、相手にとっても「話を聞く準備」ができるのでオススメです。

あなたが感じた色々な気持ちを、そのまま相手に理解してもらうことは難しいかもしれません。

 

しかし、ここで大切なのは、感情の共有ではなく、出来事の共有です。

 

愚痴を伝えていると、何となく気まずい空気が流れることがありますよね。

これは、あなたが辛い状態や悲しい気持ちでいることに、自分はどうすることもできない…という無力感を感じさせてしまうことが原因です。

 

「俺にどうしろって言うの?」とつい言ってしまう方が多いのは、そのせいなのかもしれません。

 

辛いことがあった日には、自分の悲しい気持ちを伝えたい日もあるかもしれませんが、

そのような時は、円満の秘訣【2回目】でご紹介した「感謝」を思い出してください。

「聞いてくれてありがとう。おかげで気持ちが落ち着いたわ。」と伝えることができれば、

相手も自分の存在が役立っている、と実感できます。

 

一日の出来事を共有する、という意味では、お互いに「今日はどんな一日だった?」と聞く習慣が作れるともっと良いかもしれません。

 

相手の一日の様子を知る事は、相手に関心を持っていることでもあります。

行き過ぎてしまうと、相手を束縛したり監視しているような印象を与えてしまいますので、注意も必要です。

とはいえ、お互いへの注意や関心を向けることは円満の秘訣のひとつです。

適度に相手の行動を気に掛ける、その意味を意識しながら、過ごしてみてくださいね。

 

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

円満の秘訣(3)一緒にできることを見つける

2016年06月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(3)一緒にできることを見つける

 

3回目は「一緒にできることを見つける」というものです。

 

新しく趣味を始めたり、どこかに旅行に行ったり、ということではなく、日常生活で無理なくできる範囲で「一緒」にできることを見つける、というご提案です。

  • 朝のゴミ出し
  • ちょっとしたお掃除
  • 食料品の買い物
  • 簡単なお料理

毎日行っていることの中にも、一緒にできることはあります。

何かひとつのことを、協力して行う過程で、お互いに支え合っている感覚を味わうことができるのです。

 

簡単なことを二人で行うのが自然になったら、ちょっとだけステップアップさせても良いですよね。

凝ったお料理を一緒にしてみたり、何か一緒に簡単な家具を組み立ててみたり、こだわりのお掃除をしてみたり、というように、少しだけハードルを上げることもできます。

 

何気ないことでも、一緒に行う癖がつくと二人でいる時間がとても長くとれるようになります。

毎日5分でも、1週間続ければ35分。1ヶ月続けば、約140分。

時間に換算すると、2時間以上の時間を二人で一緒に過ごせることになります。

 

たった5分という短い時間でも、二人の時間を貯金することができます。

これが10分、15分と増えて行けば、かなりの時間を共有できることになりますね。

 

毎日少しずつを、無理なく積み重ねていくことが大切です。

集中的に一緒に過ごす時間を取り分けようとすると、お互いのスケジュールが合わなかったり、タイミングが合わなかったり、色々と実現するのが難しくなることもあります。

大がかりなことを計画してなくても、毎日の生活の中で、一緒に過ごせる時間や作業を見つけてみましょう。

共同作業が増えていくと、会話もそれに伴って徐々に増えていきます。

小さなプロジェクトを見つけて、二人で過ごせる時間を増やしていきましょう

 

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

 

交際を充実させるための5つのヒント①自分と相手を分けて考える

2016年01月10日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

交際を充実させるための5つのヒント

①自分と相手を分けて考える

 

相手を好きになればなるほど忘れてしまいがちなことがあります。

それは、「自分と相手を分けて考える」ことです。

 

「自分と同じように感じてほしい…」

「自分と同じように行動してほしい…」

 

こう思うのはとても自然なことかもしれません。

しかし、自分と全く同じように考えたり行動したりする人に出会うことは、

ほぼ不可能だと知っておく必要があります。

そうすることで、交際中のストレスをかなり減らすことができます。

自分と同じようにしてくれない…と

感じてしまうとイライラやストレスが溜まり、

「相性が合わないのが悪い!」と思ってしまいます。

 

そして、次の段階では

「他にもっと自分とぴったり合う人がいるはず!」

と考えるようになります。

こうなってしまうと、交際を継続することが難しくなるのです。

しかし、他の方と付き合い始めても、しばらくすると

また同じように感じることがほとんどです。

 

「どうして自分と同じように考えてくれないの!?」

イライラして、怒りを相手にぶつけてしまうこともあります。

 

「自分と相手は違う」というポイントをしっかり理解できていれば、

「合わないから別れよう」と結論を急がずに済むこともあります。

 

お付き合いを続ける中で、「やはり合わないな…」と感じることもありますよね。

 

しかし、ここで重要なのは、そう感じてしまった理由を分析することです。

「自分と同じでない」という理由が大きい場合、そこにはまだ可能性があります。

しかし、それ以外の理由で、相手のどうしても許せない部分があるときには、

別れを選ぶ勇気も必要です。

 

お二人が出会うまでには、

お互いにそれぞれが歩んできた道のりがあります。

 

様々な経験の中で価値観は形作られていきます。

あなたとお相手は、別々の人格や価値観を持っていて当然なのです。

 

それでも、お互いに惹かれ合ってお付き合いが始まったということは、

お二人の中で何か「共有」できる部分があったということです。

お互いを知りながら、相手のことを理解する姿勢を持ち続けることで、

充実した交際になることでしょう。

 

  • ご予約はこちらから