交際を充実させるための5つのヒント②信頼関係を何よりも大切に

2016年01月12日
Pocket

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

交際を充実させるための5つのヒント

②信頼関係を何よりも大切に

 

2回目は、絆を強めるために忘れてはいけないポイントをご紹介します。

「信頼関係を何よりも大切にする」というキーワードを常に頭の片隅においておきましょう。

 

相手を信用すること。

これは順調な交際を継続するために欠かせないものです。

相手を信用できなくなると、どんなことが起こるでしょうか?

 

お付き合いをしていても、どれほど長い間一緒に過ごしても、相手もあなたも別々の人間です。

一人でじっくり考え事をしたり、集中して作業をしたり、一人で過ごす時間も必要なときがありますよね。

お互いの信頼関係が築けていれば、一人で過ごす時間も楽しむことができます。

 

しかし、相手を信用するという大切なポイントを忘れてしまうと、

自分と会っていないときに相手が何をしているのか心配でたまらなくなりますし、自分がいない間に相手が何をしているのか、と疑う気持ちが大きくなってしまいます。

 

「誰と会っているんだろう?」

「何をしているんだろう?」

こんな風に、一日中、相手のことばかり考えてしまいます。

 

相手を信頼していない人は、束縛することで安心感を得たいと思う傾向があります。

メールや電話の回数を強要してしまったり、携帯電話や日記のチェックをしてしまったり、

GPSで追跡したり…。

色々なことをしてその場は安心しますが、二人の間の溝はどんどん深まっていきます。

 

「今何してたの?」

「帰ったら電話して?」

「今、○○にいるみたいだけど、言っていたことと違うよね?」

というように、相手の行動を逐一チェックしないと気が済まなくなってしまうのです。

 

相手を束縛してしまうときや、相手に束縛されているように感じるときは、一度落ち着いて話し合いをしてみましょう。

話し合うことで、解決策が見つかることもあります。

 

特に、異性の友人との付き合い方、連絡の頻度、お金の使い方、などは喧嘩になりやすいと言われています。

 

話し合うときは、自分の希望だけを押し付けず、相手の話をよく聞いて、自分の話もきちんとするようにしましょう。

 

お互い妥協できる部分を探っていくことも必要です。

 

どうしても交際相手を信頼できない…という方も中にはおられます。

多くの場合、過去の交際における辛い経験から、信用することが怖いと感じてしまうようです。

 

また同じことが起きたら…と思ってしまうのも当然です。

 

しかし、目の前にいる相手は、過去の交際相手ではありません。

 

話し合いによって前向きな解決策を見つけることで、不安も解消できるはずです。

 

「信頼関係」を大切にしながら充実した交際にできたらとっても素敵ですね。

 

 

  • ご予約はこちらから