コミュニケーション能力UPで出会いを引き寄せる④

2016年12月18日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

コミュニケーション能力UPで出会いを引き寄せる④

【4回目】いつもの挨拶にプラスしよう!相手を「褒める」トレーニング

 

3回目の続きの内容になります。前回は「いいな」と思う相手を見つけ、その人のどこに魅力を感じるのか考えることから始めてみました。

 

今回は、あなたが感じた「いいな」の気持ちを相手に思い切って伝えてみるトレーニングをご紹介していきます。

突然、一方的に相手を褒めるのは逆効果です。

変に警戒されてしまいますし驚かれてしまいます。

まずは普段の挨拶に少し「笑顔」をプラスするイメージで、声のトーンをほんの少しだけ上げて話しかけてみましょう。

「おはようございます。今日は寒いですね。」

「こんにちは。これからお昼ですか?」

「今日もお疲れ様でした。お先に失礼します。」

挨拶に少しだけ会話をプラスするイメージで挑戦すると良いですね。

 

ほんの少しの会話が日常的にできるようになったら、しばらくはそれを続けてみましょう。

次はいよいよ「褒める」段階です。

 

「あなたの○○という点について素晴らしいと思っているので、それを伝えようと思います」というような言い方は必要ありません。

ただ一言、いつもありがとうございます」「いつも尊敬しています」と言うだけで構いません。

 

「え?突然どうしたんですか?」と相手からの反応が返ってきたら、

「いつも仕事で助けていただいて、感謝の気持ちを伝えたかったんです。」

「どんなときも冷静な判断をされていて、本当に尊敬しているんです。」

と続けると自然な「褒める」会話になります。

相手がもしも恐縮してしまったり困ってしまっている場合には「突然すみませんでした。ではまた!」とできるだけ笑顔でその場を去りましょう。

少し失敗したときは逃げることも大切です。

 

また、褒める内容は外見ではなく、「内面に限定」しましょう。

仕事内容や、その人の能力を褒める内容が好ましいです。

外見を褒めてしまうと、下心があると思われてしまったり、セクハラやパワハラと取られてしまったり…というように、今の時代は様々な問題がありますので、その点はご注意くださいね。

褒めるときは、タイミングの選び方も大切です。

相手が忙しいときや集中しているとき、などは避けた方が良いですね。

ちょっとしたタイミングを見つけることから始めてみましょう。

 

「○○さん、いつもありがとうございます。」

これだけでも最初は勇気が入りますので、細かいことは考えず「相手に感謝を伝える」つもりで少しずつ始めてみましょう。

会話のきっかけ作りにもなりますよ。

 

次回はいよいよ5回目ですね!

日常生活でも実践できる、ちょっとしたトレーニング方法をまとめてご紹介します。

  • ご予約はこちらから