遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【女性編】

2017年02月09日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【女性編】

2回目は「遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?」の女性編です。

「可愛いね!」「綺麗だね!」「気が利くね!」「頑張り屋さんだよね!」
色々な場面でこんな褒め言葉を言われることがあるかもしれませんね。
誰かから褒められたとき、あなたはどのように反応していますか?
「全然そんなことありません!恥ずかしいです!」と答えますか?
それとも…「いえいえ…恥ずかしいです…。でも、そんな風に言っていただけて嬉しいです。」
と御礼を言いますか?

 

女性の場合、周りの目線が気になってしまうと、褒め言葉を素直に受け止められなくなることがあるかもしれません。

あるいは、褒め言葉には裏があるのではないか…と警戒してしまうこともあるでしょう。
●素直に御礼を言ったら「調子に乗ってる」と思われちゃうかも…
●本心からの褒め言葉じゃないかもしれない…もしかして嫌味?
●褒められるのって慣れてないし…ちょっと信用できない…
●きっとみんなに言ってるのね…私が褒められるはずないもの…

でも、少し待ってください!あなたはチャンスを逃しているかもしれません。
褒められたということは、あなたが周りに何らかの良い印象を与えている、ということです。
それについて「良いですね!」と褒めてもらったのに、それをその場で全否定してしまうと、褒めてくれた相手にも恥をかかせてしまいます。

褒められたときは、「ありがとうございます!」と心を込めて御礼を言いましょう。
あるいは、「あまり褒められたことがないので緊張してしまいました。でも、ありがとうございます!」と少し控えめに御礼を言うこともできますね。

褒め言葉を言われたときは「遠慮」しすぎずに、褒めてくれた相手に感謝する方が、その様子を見ていた周りの人からも「素直でいい人だな…」「良いところを見つけたら自分も褒めてあげたいな!」と思ってもらえるのです。

気になる異性から褒められたときは、恋が始まるチャンス…!?…かもしれません。
「とっても嬉しいです!」と笑顔で御礼を言えると良いですね。

褒められた=好意、とは言い切れませんが、あなたのことを評価してくれたことは事実なのです。

マイナスに受け止めず、「それならもっと頑張ろう!」とプラスの力にしていきたいですね。

今回は女性にありがちな「褒め言葉への遠慮」について取り上げてみました。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから