わがままの種類(4)愛されるわがまま

2016年06月08日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類

(4)愛されるわがまま

 

4回目は「愛されるわがまま」をご紹介します。

「可愛い」よりも少し上級編のわがままです。

 

彼の気持ちを良い方向に変化させられるような

「わがまま」はとても魅力的です。

 

自分でも気づかなかったような提案をしてくれる女性を、

男性は手放したくないと思うものなのです。

 

理想のお相手について男性にお聞きしてみますと

「自分を成長させてくれる女性」を

大切な条件として挙げる方も多いように思います。

 

 

 

あなたのお付き合いされている方、

あるいはご主人様について考えてみてください。

 

あまり自分の意見を言わないときがありませんか?

 

良くも悪くも、女性の希望を叶えることが、

良い彼氏や良い夫の条件だと思っている方も多いので、

何かを決めるときに「好きにしていいよ」

という方がとても多いように思います。

気を遣いすぎているのかもしれません。

 

何かプレゼントをしてもらうときや、お食事のときなどに、

「好きに選んでいいよ」

「君の好きなようにしたらいいよ」

と言ってくれるかもしれません。

 

こんな風を言われると、

「私って愛されてるなぁ~」と感じますね。

 

しかし、ここで彼は自分の意見を全く言っていない、

という重大な点に気づかなくてはいけません。

本当のところはどう思っているのか、このままでは分かりませんので、

そんなときにオススメの「わがまま」がこちらです。

 

「今日はあなたの好きなお店に連れてって欲しいな?」

「私に似合いそうなものを、あなたに選んでもらえたら嬉しい」

彼に「自分の意見」を言って欲しい、とお願いしてみましょう。

 

いつも女性に合わせることに慣れていた男性や、

面倒で考えることを止めていた男性の場合、

「え?そんなこと急に言われても…」と最初はとまどいます。

 

しかし、可愛いお願いのときと同じように、

優しい表現で彼に「選んでもらう」状況を何度か重ねているうちに、

段々あなたに素の自分を見せられるようになります。

この他にも色々な状況が考えられますが、

ポイントは彼の気持ちを解放させることができるような

「わがまま」です。

 

女性側が「わがまま」を言っているようでいて、

実は彼の気持ちや行動を良い方向に変化させています。

 

女性に甘えられなかった男性が、素直に甘えられるようになれば、

新たな自分を発見できます。

そうすることで、あなたも彼の新たな一面を見られるかもしれません。

 

 

  • ご予約はこちらから