相手に対するイライラが止まらない理由(2)自分の気持ちを伝えていない

2016年11月08日
Pocket

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

2)自分の気持ちを伝えていない

 

2回目の今日は「自分の気持ちを伝えていない」

という原因を取り上げてみましょう。

 

相手を気遣いすぎてしまうと、なかなか自分の想いを

伝えられないことはありませんか?

遠慮してしまったり、我慢してしまったり…

 

 

 

吐き出せない様々な感情を溜めこんでしまうと、

やがてそれは大きな不満となり、

相手への激しい怒りに変わっていきます。

 

「私はこんなに我慢しているのになぜ?」

「こんなに気遣っているのに、なぜそんな態度をするの?」

「私ばっかりじゃない!!!」

 

自分ばかり我慢している、という気持ちが強くなりますと、

相手と過ごしている時間がもったいなく感じてしまいます。

大切な自分の人生を無駄にしているかのように思えてしまう

こともあるかもしれません。

 

「こんなことなら、いっそのこと別れてしまった方が楽かも…」

 

こんな風に思ってしまうかもしれません。

でも、最終的な決断をする前に、あなたの気持ちを一度きちんと

伝えておくことが大切です。

一生懸命に伝えても、「え?そんな風に思ってたの?」

というように素っ気ない反応が返ってくることがあるかもしれませんし、

言い争いになってしまうこともあるかもしれません。

ここでさらなるイライラが爆発してしまうかもしれませんが、

冷静さを取り戻しながら考えてみましょう。

 

イライラしたとき、溜めこまずに自分の気持ちを伝えていたでしょうか?

しばらく経ってから「あの時は!」と怒ってしまったことはありませんか?

あなたのイライラの原因を理解してもらえるように、言葉を選びつつも

正しく伝えることはできたでしょうか?

 

何も気づいていなかったような反応や、言い返されてしまう場合は、

あなたの気持ちが相手に正しく伝わっていなかったと考える方が

良いかもしれませんね。

 

何となく空気を読んだり、その場の雰囲気を感じ取ったりすることは

努力次第で可能なのですが、心の中で本当はどのように感じているかは、

言葉に出さないと伝わらないようです。

 

あなたの気持ちを相手に素直に伝えることで、

問題を解決できるかもしれませんね。

 

 

  • ご予約はこちらから