年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【女性編】

2016年12月30日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

まもなくお正月ですね!今年はどんな年でしたか?今回は年末からお正月にかけて,結婚・恋愛に関する注意したい【マナー】や【振る舞い方】について,男性編4記事,女性編4記事,にまとめてご紹介いたします。

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【女性編】

 

今回は女性に向けて、年末年始にお相手のご実家に挨拶に伺うときの注意点についてご紹介していきます!

以下は、様々なシーンで紹介されている「ご実家訪問」におけるマナーです。

意外とたくさんありますが、ひとつひとつ読んで確認してみてくださいね。

 

○日持ちの良い手土産の準備

○台所を手伝えるような準備

○控えめな洋服できちんと感を演出

○玄関ではしっかりと笑顔で挨拶を

○お化粧・ネイル・アクセサリー・香水を控えめに

○崩れた姿勢や崩れた言葉に注意

○お酒は飲み過ぎないように

○聞かれたら話す、という意識を忘れない

○自分のアピールは必要ない

○お年玉等の準備を念のためにしておく(可愛いポチ袋などの準備)

男性よりも女性の方が台所に立つ機会が多いので、彼のご実家に向かうときは「エプロン」などの準備をしておくと良いかもしれません。

台所のお手伝いもすることを想定するのであれば、彼とのデートの時のようにお洒落をすることよりも、実用的な清潔感のある服装が良いかもしれません。

 

ネイルもストーンがついた派手すぎるものや派手すぎる色は、食材を触るのに適していませんし、香水は食材に匂いがうつるとなかなか消えません。

アクセサリーもたくさんついていると、お手伝いの度にはずすのは面倒ですね。

このようなことを考えると、お化粧・ネイル・アクセサリー・香水、は控えめにしておいた方が良い、ということが分かります。

 

自分のアピールよりも、お相手の親御さんに「良いお嬢さん」と思っていただけるような丁寧さや誠実さが重要です。

そのためには、彼に対して上から目線のような態度を取らないようにすることも必要です。

親御さんの前では呼び捨ては極力避けて、「○○さん」と呼ぶようにしたいですね。

 

最後に、彼のご実家に小さなお孫さんたちや親戚の子どもたちがいるかどうか、事前に確認しておけると良い場合があります。

可愛いポチ袋などを用意して、少しずつ包めるように準備をしておくのも良いですね。

 

彼のご実家に伺うときに一番大切なのは「気遣い」なのです。

日頃から意識していれば、大事なときにも自然な気遣いができることでしょう。

 

 

  • ご予約はこちらから