タラレバしていませんか?(1)あの時の相手と結婚できていれば…

2017年04月04日
Pocket

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(1)あの時の相手と結婚できていれば…

今回は「タラレバ」の感情とうまく付き合う方法を5回に分けてご紹介していきます。

 

「~だったら」「~してれば」という口癖は女性に多いように思われるかもしれませんね。

しかし、皆様のお悩みを見ていますと、恋愛・結婚に積極的になれない男性も実は「タラレバ」予備軍のことが多いのです。

 

今回は「過去の恋愛」というキーワードで考えていきましょう!

昔お付き合いしていた方がどうしても忘れられず、「あの時手放さなければ…」「あの人と結婚していれば…」と思ってしまう方も少なくありません。

 

誰かとお付き合いをした経験がある場合は、誰もが一度は考えたことがあるかもしれませんね。

 

●現在、恋をしていない…または恋愛から遠ざかっている
●今の恋愛(交際相手)に満足していない…
●相手にひどい振られ方をした…
●自分勝手に相手を振った…
●元恋人が結婚したことを知った…

いかがでしょうか?

 

現状で恋をしていなかったり、恋愛からしばらく遠ざかっていたりすると、過去の「楽しかった恋愛」のフォルダを引っ張り出してしまうことが誰にでもあります。

また、今の生活に不満がある場合、なんとなく「昔の方が良かった気がする」と逃げ道を探してしまうことがあるのです。

 

直面している問題を整理するよりも、「昔と今」の比較に忙しくなってしまい、現実の世界よりも「あの人とやり直せたら…」という妄想の世界に魅力を感じてしまうようになります。

「あの時は楽しかったなぁ…」

「あの人、まだ独身かな?」

「自分の方があの人にはふさわしいはず…」

「何とか復縁できないかな…?」

 

こんな風に過去の相手にことばかり考えるようになると、なかなかそこから抜け出せなくなり、「復縁」という妄想から逃れられなくなります。

 

その結果、相手に何とか連絡をしようとしたり、復縁を迫ってしまったり、「あの人以上の相手にはどうせ出会えない」と諦めモードになってしまったり…ということも起こってしまうのです。

 

これでは前に進めませんね。

「過去と決別する」ことが、タラレバから抜け出す最善の方法です。

少しでも思い当たる方は、勇気を出して過去を捨ててみましょう!

少しずつ道が拓けてくるはずですよ。

 

 

  • ご予約はこちらから