女性編

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【女性編】

2017年02月12日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【女性編】

今回も「愛情表現」について考えていきます。今日ご紹介するのは女性編です。
交際中の彼との関係、ご主人との関係などで悩んでいませんか?

●メールや電話の返事が遅い
●記念日をいつも忘れる
●仕事ばかりで構ってくれない
●プレゼントのセンスが悪すぎる
●感謝の言葉が足りない
●料理の感想を言ってくれない
●全く家事を手伝ってくれない

交際中の彼やご主人に対する不満としてよく出てくるものを取り上げてみました。

何か当てはまることはあったでしょうか?

色々と小さな不満が積み重なると、「私って大事にされていない!」「結婚前はこんなじゃなかったのに…!」「もっと他に私の事を見てくれる人がいるのでは…」と様々なネガティブな感情でいっぱいになってしまうかもしれません。

お友達に相談しても、「他にいい人見つければ?」「絶対浮気してるよ!」とか「離婚しちゃえば?」、「まだいい方じゃん?ちょっと贅沢なんじゃない?」などと言われてしまい、余計に不安になるかもしれません。
それでも、少し立ち止まって自分だけで考えてみましょう。

○悩み事を相談すると、アドバイスをしてくれる
○作った食事を残さず食べてくれる
○彼なりに一生懸命考えた贈り物をしてくれる
○あなたがしてあげたことに笑顔を見せてくれる
○あなたの失敗を許してくれる

何か当てはまることはなかったでしょうか?

ここで挙げた例は、慌ただしく過ごす中では気づけないような、本当に些細なことかもしれません。しかし、ご紹介した彼からのリアクションはどれも全て「あなたのため」に彼がしてくれていることなのです。

彼の言動が、あなたが思い描いたようなもの、期待していたもの、ではなかったとしても、そこには彼なり愛情表現が隠れていることがあります。
ふとしたときに分かる彼の「思いやり」に目を向けてみましょう。
彼への気持ちが少しずつ変わり、感謝の気持ちでいっぱいになるかもしれませんよ?

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

2017年02月11日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

3回目は「愛情表現」について考えてみましょう。今回は男性編です。
今回は交際中のカップルや結婚してまもないご夫婦、最近喧嘩が多くなったな…と悩んでいる方には特にオススメの内容です。

 

なんだか最近…ちょっとすれ違っている気がする…

こんな考えが頭をよぎると,別れが近づいているのかな…とか、やっぱり結婚は失敗だったのかもしれない…と思ってしまうかもしれません。

お相手のことは今でも大好きだけど、相手からの愛情がいま一つ感じられない…

少しの不安がやがて頭の中を支配するようになり、お相手への思いやりが無くなってしまうと、なかなか関係を修復することはできなくなります。

意味もなく相手の気持ちを疑ったり、ひとつひとつの言葉も違う意味にとってしまったり…
こうなると、「相性が合わない」「もう相手の気持ちは自分に向いていない」と判断してしまうのも自然なことかもしれません。

 

でも、お相手のことをもう一度観察してみましょう。
○毎朝起こしてくれる
○ご飯を用意してくれる
○アイロンをかけてくれる
○お疲れ様と言ってくれる

日常の些細なことでも、あなたのためにしてくれていることが何か見つかるかもしれません。
あなたのためにお相手がしてくれることは全て、あなたへの愛情表現といえます。
そう考えてみれば、たくさんの思いやりに気づくことができるでしょう。

小さなサインに気づいたときは「いつもありがとう」と声をかけてみましょう。

感謝の気持ちを伝えることで、会話のきっかけも作れます。

そして小さなことでも気づくような習慣を作れると、お相手の様子や変化などにも敏感に反応できるようになります。
「あれ?髪の毛切ったかな?」と気づいたときは、「髪切ったの?」と聞いてみると良いですし、「なんだか今日は疲れているかな…」と思ったときは、「今日もお疲れ様。体調は大丈夫?」と気遣うこともできます。
相手に感謝し、相手への関心を持ちつつ、小さな気づきを言葉に変えていけると良いですね。

 

素敵な恋愛がしたい方

新年の目標を2つ決めましょう!(2) 少し努力が必要な目標をひとつ

2017年01月04日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いよいよ2017年を迎えましたね!今年はどんな年にしたいですか?今回は「新年の抱負」をテーマに考えていきたいと思います。

新年の目標を2つ決めましょう!(2 少し努力が必要な目標をひとつ

 

前回は「実現できそうな目標」を決めるステップについてご紹介いたしました。

2回目の今日は、少しレベルアップさせてみましょう!

 

その方法は、「少し努力が必要な目標」を立てる、というものです。

「実現できそうな目標」を達成し自分を好きになれたら、今度は「積極性」を高めるトレーニングにうつります。

 

少し頑張らないと難しい…でも…頑張ればできるかもしれない…

 

このぐらいの難易度が目安です。あまりにも難しい目標は設定しないように、ここでも注意が必要ですね。

ただし、今回は「努力」や「忍耐」、「継続」、「習慣」というキーワードが含まれるもの、という点がポイントになります。

 

性別に関わらず、誰かと良い関係を築くためには「努力」や「忍耐」が必要です。

少しのことで腹を立てたり、ちょっとしたことで落ち込んだりしていると、なかなか周りの人に目を向けられなくなります。

自分の気持ちの動きについていくのに精いっぱいになってしまうからです。

 

 

 

よりよい人間関係のためには「努力」や「忍耐」が必要だ、と理解し実践できていれば、自然と自分の気持ちも落ち着いていくことでしょう。

努力や忍耐がキーワードになる目標を設定することは、自分の気持ちを落ち着けるためのトレーニングにもなります。

 

そして良い関係を維持するためには「継続」や「習慣」という意識も重要ですね。

 

どなたにとっても「始めること」より「続けること」が難しいのではないでしょうか。

これは「恋愛」や「結婚」も同じです。始めることよりも、続けることの方、実は難しいのです。

少し頑張りつつ達成したい目標について、「努力」「忍耐」「継続」「習慣」のキーワードを意識しながら、考えてみるのはいかがでしょうか。

 

前回と今回でご紹介した2つの目標が達成できたときは、あなたはきっと、以前よりも自分に自信を持てるようになっています!

「自信」が身に付けば「出会い」についてもより積極的に考えられるようになるかもしれません。

自分をしっかりと持つことで、色々な考え方を受け入れることもできるようになります

年の初めの今だからこそ、ぜひ、2つの目標を立ててみてくださいね!

今年も皆様にとって良い1年になりますように。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

新年の目標を2つ決めましょう!(1) 実現できそうな目標をひとつ

2017年01月03日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いよいよ2017年を迎えましたね!今年はどんな年にしたいですか?

今回は「新年の抱負」をテーマに考えていきたいと思います。

新年の目標を2つ決めましょう!(1 実現できそうな目標をひとつ

年が明けると「新年の抱負」を考えるのではないでしょうか。

今回は、恋愛や結婚について前向きに考えるための「2つの抱負」についてご紹介します。

 

1回目の今日は、「実現できそうな目標」について考えてみましょう。

目標は高く設定すればするほど良い、と言われることもありますが、あまりにも実現するのが難しい目標を立ててしまうと、困ったことが起こります。

 

達成できたときはとても満足できますし、幸せな気持ちにもなれるのですが、達成できなかったときは「達成できなかった…」「なんてダメな自分なんだろう…」という落ち込みの原因になってしまうことがあるからです。

 

どのような小さなことであっても「よく頑張った!」と自分を褒めることはとても大切です。褒めてばかりで努力をしないのは論外ですが、必要以上に「ダメだ!ダメだ!」と自分を追い込みすぎると、自分のことが嫌いになってしまいます。

そうなってしまうと、新しいことに踏み出す力も奪われてしまうのです。

 

自分を認められないうちは、他人を認めることも難しいですよね。「恋愛」や「結婚」においては、特に、他人を認めて受け入れることが大切になります。

相手の良い部分も改善すべき点も含めて全てを愛せるようになるためには、まずは最初の段階として、自分を認められるようにならなくてはなりません。

自信を持つことは魅力アップのポイントでもあるのです。

そこでオススメなのが、「実現できそうな目標」を立てておく方法です。

今回は3つのステップをご紹介していきたいと思います。

 

STEP 1】比較的簡単に達成できそうな目標を決める

※自分を追い込まずに、「目標」を意識できるようになります。

STEP 2】達成できたことを記録しておく

※落ち込んだりしたときも、記録を見返すことで自分を褒めるきっかけができます。

STEP 3】達成できた「記録」を継続的に増やしていく

※「達成感」が増えれば、「自己効力感(=自分を認める気持ち)」を高めることができます。

もうお分かりですね!

「実現できそうな目標」を決める最大の目的は、「自分を好きになる」ことにあるのです。

自分を好きになれば、自分の魅せ方も色々と研究したり試したりできるようになります。

まさに、新たな自分と出会えるチャンスになるのです!

早速「ひとつ」目標を立ててみるのはいかがでしょうか?

 

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【女性編】

2016年12月30日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

まもなくお正月ですね!今年はどんな年でしたか?今回は年末からお正月にかけて,結婚・恋愛に関する注意したい【マナー】や【振る舞い方】について,男性編4記事,女性編4記事,にまとめてご紹介いたします。

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【女性編】

 

今回は女性に向けて、年末年始にお相手のご実家に挨拶に伺うときの注意点についてご紹介していきます!

以下は、様々なシーンで紹介されている「ご実家訪問」におけるマナーです。

意外とたくさんありますが、ひとつひとつ読んで確認してみてくださいね。

 

○日持ちの良い手土産の準備

○台所を手伝えるような準備

○控えめな洋服できちんと感を演出

○玄関ではしっかりと笑顔で挨拶を

○お化粧・ネイル・アクセサリー・香水を控えめに

○崩れた姿勢や崩れた言葉に注意

○お酒は飲み過ぎないように

○聞かれたら話す、という意識を忘れない

○自分のアピールは必要ない

○お年玉等の準備を念のためにしておく(可愛いポチ袋などの準備)

男性よりも女性の方が台所に立つ機会が多いので、彼のご実家に向かうときは「エプロン」などの準備をしておくと良いかもしれません。

台所のお手伝いもすることを想定するのであれば、彼とのデートの時のようにお洒落をすることよりも、実用的な清潔感のある服装が良いかもしれません。

 

ネイルもストーンがついた派手すぎるものや派手すぎる色は、食材を触るのに適していませんし、香水は食材に匂いがうつるとなかなか消えません。

アクセサリーもたくさんついていると、お手伝いの度にはずすのは面倒ですね。

このようなことを考えると、お化粧・ネイル・アクセサリー・香水、は控えめにしておいた方が良い、ということが分かります。

 

自分のアピールよりも、お相手の親御さんに「良いお嬢さん」と思っていただけるような丁寧さや誠実さが重要です。

そのためには、彼に対して上から目線のような態度を取らないようにすることも必要です。

親御さんの前では呼び捨ては極力避けて、「○○さん」と呼ぶようにしたいですね。

 

最後に、彼のご実家に小さなお孫さんたちや親戚の子どもたちがいるかどうか、事前に確認しておけると良い場合があります。

可愛いポチ袋などを用意して、少しずつ包めるように準備をしておくのも良いですね。

 

彼のご実家に伺うときに一番大切なのは「気遣い」なのです。

日頃から意識していれば、大事なときにも自然な気遣いができることでしょう。

 

 

年末年始にお相手を実家につれていくときの注意点【女性編】

2016年12月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

まもなくお正月ですね!今年はどんな年でしたか?

今回は年末からお正月にかけて,結婚・恋愛に関する注意したい【マナー】や【振る舞い方】について,男性編4記事,女性編4記事,にまとめてご紹介いたします。

年末年始にお相手を実家につれていくときの注意点【女性編】

 

交際中のお相手がいる女性に向けて、「年末年始にお相手と自分の実家に行く」という行動が意味することを考えていきたいと思います。

 

前回は【男性編】をご紹介いたしました。今回は【女性編】です。

 

女性にとってもお相手のご実家に行くことはとても緊張するイベントですが、男性にとっては、お相手の女性のご実家に挨拶に行くことは「お嬢さんをください」と伝えにいくのと同じぐらい緊張するものです。

 

まだ具体的に結婚の話がはっきりとは決まっていないうちに、お相手のご実家に「年末年始」に顔を出すことは通常あり得ませんので、ここは「結婚前提のお付き合い」を示す訪問にもなります。

とはいえ、この時期に「結婚挨拶」を一緒にしてしまうのは避けておいた方が良いでしょう。

慌ただしくない時期に改めてきちんと結婚のご挨拶をした方が良い印象を持っていただける、と言われています。

 

もしもまだ具体的に結婚の話が出ていないのであれば、年末年始のこの時期に、ご実家に一緒に向かうことは避けた方が良いですね。

ご両親からしてみれば、「いよいよ結婚が決まりなのかな」「挨拶に来るつもりなのね」と身構えてしまうからです。

また、彼の結婚への意思を確かめるために「実家に来て!」と言うのも、できれば避けたいですね。

重みのある時期に実家訪問を促されたことがきっかけで、彼が結婚について消極的な反応を示してしまうかもしれません。

事前に話し合う中で、自然に決まった場合のみ、実家への訪問を計画した方がその後もスムーズに結婚までのお話しがまとまることでしょう。

 

 

この時期に一度お互いの親に挨拶をしておきたい、という想いが共通している場合には、あなたの方から親御さんに向けて「結婚も考えている彼がいるのだけど、年末年始に遊びに来てもらっても良いかな?」と事前に根回しをしておくことも必要です。

訪問の承諾をしてもらえたことが分かっていれば、彼の方も安心して当日を迎えられますね。

 

初めてのご実家訪問ということで彼も緊張しているでしょうが、それを優しく手際よくフォローすることで、結婚に向けてより深い絆を持てるかもしれません。

 

事前に彼についてご両親に説明をしておくのも良いでしょう。

また、実家ではお互いに「○○さん」と丁寧な呼び方をするように心がけてくださいね。

緊張しつつも楽しいご実家訪問ができるように、あなたの支え方が重要になりますよ!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

コミュニケーション能力UPで出会いを引き寄せる①

2016年12月13日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は「コミュニケーション能力UPで出会いを引き寄せる」というタイトルで、コミュニケーション能力を上げるためのトレーニング【実践編】をご紹介していきます。恋愛でも結婚生活でも、大切なのは「コミュニケーション能力」です。
気になるお相手とグッと距離を縮めるヒントがあるかもしれませんよ?ぜひ最後までお読みくださいね。

コミュニケーション能力UPで出会いを引き寄せる
【1回目】自分の長所は言えますか?

 

さて、1回目は「自分自身」と向き合うトレーニングです。

あなたは自分の長所をすぐに挙げることができるでしょうか?

  • 好きな相手を前にすると何も話せなくなる…
  • 自分に自信が持てず、人と関わるのが苦手…
  • 人から褒められるとお世辞にしか聞こえない…
  • 「よく分からない人」と言われたことがある…

こんな悩みはお持ちでしょうか?

 

自分の長所を言えるようにするためには、「自分の良い面」に目を向けるトレーニングが必要です。

「いや…だから、長所が無いから困っているのに…!!」

そんなことおっしゃらずに、自分が得意なことや楽しく実行できることに意識を向けてみませんか?

車の運転が趣味で、出かけるのが好き

・パソコンやスマホ、アプリに詳しい

・家事全般(あるいは一部の家事)が得意である

・グルメスポットに詳しい(すぐに調べられる)

・お洒落なカフェ・レストラン・居酒屋を知っている

・美味しいお酒(ビール・ワイン・日本酒・焼酎・海外のお酒)に詳しい

・コーヒーには昔からかなりのこだわりがある

・長年使い続けている品物(財布・バック・時計など)や

大好きなブランド(服でも食品でも)がある

 

こんな風に、日常生活をヒントに考えてみましょう。

誰もがどれかひとつは当てはまるような普通のことであっても、捉え方を変えるだけで長所に変わります。

先ほどの例を簡単に長所に変換してみましょう。

◎機械に強い、

◎家庭的、

◎検索能力が高い、

◎素敵なお店を見つけるのが得意、

◎お酒やコーヒーなどの美味しさを語れる、

◎オススメのアイテムやブランドがある

ピッタリとは当てはまらないものもあるかもしれませんが、何かを人に伝えられる要素にはなるはずです。

話のネタがあれば、会話のきっかけが作れます。

 

 

「自分にはどんな特徴があるんだろう?」

このように分析することで、自分の趣味・嗜好、そして恋愛や結婚のパートナー選びには欠かせない「理想の相手」を見極める能力も高まっていくことでしょう。

 

自分の好みが分かれば、おのずと好みの相手も分かりますよね。

自分を知ることで、自分の中の良い部分を自然に出せるようになりますよ。

 

次回は、さらに自分に向き合うステップをご紹介します!またお会いしましょう!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

喧嘩を回避する接し方(5)感謝の気持ちを忘れない

2016年12月04日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩を回避する接し方

5)感謝の気持ちを忘れない

 

最後の5回目はとても大切なポイントです。

どんな時も「感謝の気持ちを忘れない」ことの大切さを取り上げていきます。

 

あらゆる場面で感謝の気持ちを持ち続けることができると、喧嘩の回数もぐんと減りますし、相手に対してイライラすることも減っていきます。

 

相手の存在を「ありがたい」と感じることができるようになると、相手を傷つけるような発言もしないように注意できますし、相手の喜ぶ顔が見たいと思いながら、毎日行動するようになります。

 

お相手にもそのような気持ちを持ってもらえると良いですね。

では、まずはあなたから始めてみてはいかがでしょうか。

 

相手に感謝する姿勢を示してみましょう。

ちょっとしたことでも、

「ありがとう」

「いつも助かる」

「側にいてくれて嬉しい」と伝えてみましょう。

 

最初は少し照れくさいかもしれませんが、習慣化していくと自然に色々なフレーズが出て来るようになります。

 

 

「おはよう」や「おやすみ」などの、毎日の挨拶と同じくらい「ありがとう」が出てくるようになると、喧嘩の数は激減していきます。

 

すぐ喧嘩になることで悩んでおられる場合には、特に、この「感謝の気持ち」を増やす努力が効果的です。

 

「でも…感謝できるようなことが見あたらない…」そんな風に思ってしまいましたか?

今はそうでも、大丈夫ですよ!

感謝できるようなことを見つける=相手の良いところに目を向ける、ということなのです。

 

相手の良い部分を探してそれに「ありがとう」と意識的に言うことで、あなたも相手の良い部分を認めることができるように気持ちが変化していきます。

 

このような繰り返しによって、相手もあなたに対して優しい気持ちを持てるように変化していくことでしょう。

喧嘩が続いてしまっている状況では、なかなか実行するのが難しい場合もありますが、少しずつ努力すれば関係は必ず改善していきます。

相手への感謝の気持ちを思い出せると良いですね。

ぜひお試しくださいね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

喧嘩を回避する接し方(4)子ども扱いしない

2016年12月03日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩を回避する接し方

4)子ども扱いしない

 

4回目は特に、同年代~年下のお相手とお付き合いしている方に当てはまる内容かもしれませんね。

自分と同じ年代、または年下のお相手と交際していると、つい自分が年上であることをアピールしてしまう方がおられます。

今回は「子ども扱いしない」という注意点をご紹介します。

 

今回は、ある2組のカップルのお話をご紹介します。

 

1組目は女性が年上で男性が年下のカップルでした。

5歳差ということだったのですが、女性の方がとても面倒見が良いこともあり、いつも子供をしつけるような口調で男性に接していたそうです。

しかしある時、「母親みたいに思えてきて嫌だ」と突然別れを切り出されてしまいました。

それまではとても順調に交際を続けていたように周囲には見えていましたが、男性側は少しずつイライラを溜め込んでしまったようです。

女性側は突然のことで驚いてしまいましたが、自分もどこかで子供を育てているような気持ちになっていたことに気づいたようです。

結果的にお二人はお別れし、それぞれ別の方と結ばれました。

 

 

2組目は、男性が年上で女性が年下のカップルです。

こちらは10歳差という年齢差がありましたが、女性が自分の意見をはっきり言える活動的なタイプだったこともあり、ほとんど年齢差を感じずに活発に意見交換をしながら楽しく交際していたようです。

 

しかし、男性側は女性が自分の意見を曲げないという部分に疲れを感じてしまい、女性側もあることで窮屈さを感じるようになってしまったそうです。

長年の経験も自信も根拠もあり、女性に自分の考え理解してもらおうとすと即座に反論されてしまう場面が目立つようになりました。

そしてある時、男性側の疲れが限界に達し、「どうして自分の言うことを全て否定するのか?」と尋ねたそうです。

女性は「何でも自分の方が正しい、と納得させようとするのが嫌。たとえそうであっても認めたくない!」と答えたそうです。

結果的にお二人はこのような言い合いが続いたために、破局してしまいました。

今回ご紹介したどちらのカップルも、日々の無意識の言動が原因と言えそうです。

男性側にも女性側にも改善すべき点はあったと思いますが、今回の場合は、年上の側が相手を無意識のうちに「子ども扱い」していたことが別れる原因となってしまいました。

 

同年代であっても、女性側が男性を子ども扱いしてしまい、喧嘩が絶えないというお話も聞くことがあります。

 

どのような場合でも、相手を尊重する気持ちが大切です。

 

相手が年上であっても年下であっても、相手を大切に想い、ひとりの人間として生き方や考え方を尊重することで、このような問題は回避できるかもしれませんね。

日々の意識が大切になりそうです。

 

喧嘩を回避する接し方(3)過去を蒸し返さない

2016年12月01日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩を回避する接し方

3)過去を蒸し返さない

3回目は「過去を蒸し返さない」というポイントをご紹介します。

過去の過ちや失敗を、引き合いに出して怒ってしまうことはありませんか?

「あの時もこうだったじゃない!」

「ほら、だから言ったのに…」

「いい加減学習してよね!」

「いつもいつも…呆れるわ…」

 

小さいときに親御さんから怒られたときのことを思い出してみましょう。

何かしてしまったときに、昔の同じような失敗や間違いを例に出されて、さらに怒られてしまった…という経験はありませんか?

そんなとき、今やったことで怒られたのか、昔やったことで怒られたのか意味が分からなくなり、自分が悪かったとしても腹が立ってしまった、という経験は無いでしょうか?

 

恋愛において喧嘩の原因で最も多い理由の一つに「過去を蒸し返す」というものがあります。

以前と同じことを繰り返すお相手に対して腹が立ってしまうのは当然です。

 

悲しい話ですが、浮気など異性との付き合い方で間違いを繰り返してしまう方も中にはおられます。そのような時でも昔のことを持ち出されるとお相手が逆ギレしてしまう場合が大半のようですね。

 

どうしても我慢できないことを繰り返すお相手に対しては、きっぱりと別れを告げる方があなたにとって良い場合もあります。

喧嘩を繰り返すよりは、あなたのことを大切にしてくれる他の方を見つける方が今よりももっと幸せになれるからです。

 

しかし、ほんの小さな失敗や些細な間違い、例えば、ちょっとした約束を忘れたり記念日を間違えたり、というような「よく考えれば笑って許せる程度」の間違いなのであれば、温かく許す方が良いかもしれませんね。

 

過去を持ち出して相手を責める、という行動パターンは習慣化しやすいので注意が必要です。

重大な問題であっても些細なことであっても、大切なのはその時のあなたの気持ちを伝え、相手に理解してもらうことです。

 

過去の出来事は、あなたの中でどんどん熟成されてしまい、その時に感じた気持ちよりも強い怒りになって蓄積されている場合があります。

 

それを現在の持ち出して伝えても、相手には理解してもらえないことの方が多いのです。

「過去を蒸し返さない」と意識しておくだけで、言い合いになったときでも、

そこからさらなる喧嘩を引き起こさないように状況をコントロールすることができます

 

 

  • ご予約はこちらから