30代の結婚

付き合ってるの?付き合ってないの?:(1)曖昧な関係で悩んでいませんか?

2017年04月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

付き合ってるの?付き合ってないの?

1)曖昧な関係で悩んでいませんか?

 

好きな人ができたり、気になる人ができたりすると、何だかとってもワクワクしますよね。

でも、それと同時に悩みも増えてきます。

  • 友達以上恋人未満の関係が続いている…
  • はっきりと好きという言葉は言われていない…
  • 他の異性と遊ぶなと言われるけど…
  • 付き合おうと言われたわけではないけど…

こんなお悩みの経験はありませんか?

 

二人で一緒に過ごす時間が増えたなら、お互い好意を抱いているはずだし、交際の申込みをするのが当然じゃないの?

そんな風に思われる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、最近の傾向を見てみますと、「何となく付き合い始めた」「自然といつのまにか付き合っていた気がする」と答えるカップルも多いのです。

 

本当に「自然に」「何となく」交際がスタートしていれば良いのですが…

 

問題は「友人のまま」という認識をどちらかが持っていた場合ですよね。

 

相手が自分のことを好きだと気づいていても、敢えて「付き合おう」という一言を言わずに、友人関係を続けるケースもあります。

それはなぜでしょうか?

 

答えはとてもシンプルです。

 

「今は特に好きな人がいないし、付き合う気持ちも無い。

でも遊び友達としては一緒にいて楽しい」

「相手が自分のことを好きだと分かっていると、安心して一緒にいられる。ワガママも言える。」

「何となく一人で入りづらいお店でも、異性の友達とならデートっぽい雰囲気で利用できる。」

 

相手からの好意を感じても友人関係を維持する理由を尋ねると、こんな声が寄せられてきたことがあります。

 

あなたを傷つけたいわけではなく、あなたには「仲の良い友人」として側にいて欲しい、という気持ちなのかもしれません。

一人だと寂しいので、とりあえず異性と一緒にいたい、という方もおられるようですね。

 

しかし、それは相手にとっては幸せな関係でも、あなたにとっては辛い関係になってしまうかもしれません…。

相手の態度が曖昧だな…と思ったときは、「これって付き合ってるよね?」と勇気を出して聞いてみましょう。

 

そこでもしも「え?違うんじゃない?」と言われたときは、新しい出会いを探す方が賢明です。

いかがでしょうか?

 

モヤモヤが少し…晴れたでしょうか?

幸せな恋愛のためには、思い切った行動も必要になることがあります。

勇気を出して、一言、伝えてみてくださいね。

結婚相談所の情報はこちら

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

 

 

タラレバしていませんか?(5)脱タラレバで笑顔を取り戻す

2017年04月24日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(5)脱タラレバで笑顔を取り戻す

 

前回までに4つのタラレバをご紹介してきました。
今回は「脱タラレバ」で笑顔を取り戻す方法をまとめていきます。

「~だったら…」、「~してれば…」この後に続く言葉は、「…なのに…(現実とは違う)」ですよね。

「タラレバ」とは、現実と違う部分に目を向けることです。
その結果、現状に満足できないのは…
●理想と違ってしまったせいなのだ…
●そもそもが違ったのだから、こうなっても仕方がない…と、自分を納得させてしまうのです。

 

一人でいるときよりも、同じような境遇の仲間たちと集まった時の方が、タラレバの話題は盛り上がります。

現実を嘆きながらお互いを慰め合うことで、日頃の不満が解消されるからです。

しかし、残念ながら、同じ境遇の仲間と話をしていても解決策は見つかりません。
同じように考えて行動した結果が、現在の状況なのであれば…そこから抜け出すヒントは自分たちの力では見つけにくいのです。

タラレバから抜け出す唯一の方法は、発想を変えて負の連鎖を断ち切ることです。
楽な方へ、楽な方へ、と沢山の逃げ道を探して自分を甘やかすよりも、「どうすればこの状況を改善できるか」と考える方が実際には役立ちます。

 

なぜあの時こうだったのだろう?

そうか、こうすれば良かったのか!

それなら、今度はこうしてみよう。

 

このように「気づき」が増えていくと、同じことは繰り返さなくなります。

自分で「気づき」が見つからないうちは、カウンセラーやアドバイザーに相談してみるのも良いかもしれません。

あなたの話をしっかりと聞いた上で、状況から判断したアドバイスや適切な解決策を提案してくれることでしょう。

タラレバに逃げるよりも、まずは問題に気づくことが必要です。
「脱タラレバ」ができれば、輝く笑顔を取り戻すことができることでしょう。

 

 

 

タラレバしていませんか?(2)気になるあの人がまだ独身だったら…

2017年04月08日

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

2)気になるあの人がまだ独身だったら…

 

今回は少し複雑なテーマです。

自分の気になる人が「既婚者」だった場合について考えてみましょう。

  • あの人が結婚していなければ…
  • 自分の方が先に出会っていたら…
  • 自分が先に告白していれば…
  • あの人が独身に戻ったら…

気になるお相手が既にご結婚されている場合、「あぁ…結婚してたんだ…」と少しがっかりしてしまうこともあるかもしれませんね。

あなたが強く心を惹かれたということは、きっとそれだけ素敵な方なのだと思います。

普段から指輪をつけていない方もおられますし、あまりご家族のことを話さない方であれば、既婚者であることに気づかない可能性も十分にありますね。

 

皆さんが誠実な方であれば良いのですが、中には不誠実な方もおられますので、交際が始まってから「実は結婚している」と聞かされることもあるかもしれません。

または、「もっとはやく出会っていたら、結婚したかった」などと冗談交じりに言われることもあるかもしれません。(最近はこのような話題で、芸能ニュースが賑わっていますね…)

 

では、こんな時どうしたら良いのでしょうか?

 

まず、現時点で深い関係になっていない場合、または、あなたが一方的に好意を抱いている場合には、その方に対する「恋心」を忘れる努力をしましょう。

相手がもしも独身だったら…というのは「妄想」です。

「もしも…」「~なら」と考えているうちに、どんどん相手への想いが膨らんでしまいます。

 

 

気持ちが高まってしまう前に、現実的なお相手に出会う方法を考えていきましょう。

その方が悩みから解放されて笑顔になれます。

 

では、交際後に既婚者であることを聞かされた場合、どうしたら良いでしょうか?

辛いかもしれませんが、その場で「別れ」を選択する方が賢明です。

その時点できっぱりとした態度が取れないと、相手の好き勝手なペースに飲み込まれてしまうからです。

あなたのことを本当に大切に想っているのであれば、現在のような状況にはなっていないはずです。

あなたのことを心から大切にしてくれる方との出会いを見つけていきましょう。

 

辛い恋は笑顔を曇らせます。

「障害があるから燃える」のではありません。

「障害があるから、たとえうまくいかなくても仕方がない」と自分を納得させているだけなのです。

笑顔になれる幸せな恋愛をしたいですね。

叶わぬ恋のタラレバはどんどん捨てましょう!

 

タラレバしていませんか?(1)あの時の相手と結婚できていれば…

2017年04月04日

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(1)あの時の相手と結婚できていれば…

今回は「タラレバ」の感情とうまく付き合う方法を5回に分けてご紹介していきます。

 

「~だったら」「~してれば」という口癖は女性に多いように思われるかもしれませんね。

しかし、皆様のお悩みを見ていますと、恋愛・結婚に積極的になれない男性も実は「タラレバ」予備軍のことが多いのです。

 

今回は「過去の恋愛」というキーワードで考えていきましょう!

昔お付き合いしていた方がどうしても忘れられず、「あの時手放さなければ…」「あの人と結婚していれば…」と思ってしまう方も少なくありません。

 

誰かとお付き合いをした経験がある場合は、誰もが一度は考えたことがあるかもしれませんね。

 

●現在、恋をしていない…または恋愛から遠ざかっている
●今の恋愛(交際相手)に満足していない…
●相手にひどい振られ方をした…
●自分勝手に相手を振った…
●元恋人が結婚したことを知った…

いかがでしょうか?

 

現状で恋をしていなかったり、恋愛からしばらく遠ざかっていたりすると、過去の「楽しかった恋愛」のフォルダを引っ張り出してしまうことが誰にでもあります。

また、今の生活に不満がある場合、なんとなく「昔の方が良かった気がする」と逃げ道を探してしまうことがあるのです。

 

直面している問題を整理するよりも、「昔と今」の比較に忙しくなってしまい、現実の世界よりも「あの人とやり直せたら…」という妄想の世界に魅力を感じてしまうようになります。

「あの時は楽しかったなぁ…」

「あの人、まだ独身かな?」

「自分の方があの人にはふさわしいはず…」

「何とか復縁できないかな…?」

 

こんな風に過去の相手にことばかり考えるようになると、なかなかそこから抜け出せなくなり、「復縁」という妄想から逃れられなくなります。

 

その結果、相手に何とか連絡をしようとしたり、復縁を迫ってしまったり、「あの人以上の相手にはどうせ出会えない」と諦めモードになってしまったり…ということも起こってしまうのです。

 

これでは前に進めませんね。

「過去と決別する」ことが、タラレバから抜け出す最善の方法です。

少しでも思い当たる方は、勇気を出して過去を捨ててみましょう!

少しずつ道が拓けてくるはずですよ。

 

 

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

2017年02月11日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

3回目は「愛情表現」について考えてみましょう。今回は男性編です。
今回は交際中のカップルや結婚してまもないご夫婦、最近喧嘩が多くなったな…と悩んでいる方には特にオススメの内容です。

 

なんだか最近…ちょっとすれ違っている気がする…

こんな考えが頭をよぎると,別れが近づいているのかな…とか、やっぱり結婚は失敗だったのかもしれない…と思ってしまうかもしれません。

お相手のことは今でも大好きだけど、相手からの愛情がいま一つ感じられない…

少しの不安がやがて頭の中を支配するようになり、お相手への思いやりが無くなってしまうと、なかなか関係を修復することはできなくなります。

意味もなく相手の気持ちを疑ったり、ひとつひとつの言葉も違う意味にとってしまったり…
こうなると、「相性が合わない」「もう相手の気持ちは自分に向いていない」と判断してしまうのも自然なことかもしれません。

 

でも、お相手のことをもう一度観察してみましょう。
○毎朝起こしてくれる
○ご飯を用意してくれる
○アイロンをかけてくれる
○お疲れ様と言ってくれる

日常の些細なことでも、あなたのためにしてくれていることが何か見つかるかもしれません。
あなたのためにお相手がしてくれることは全て、あなたへの愛情表現といえます。
そう考えてみれば、たくさんの思いやりに気づくことができるでしょう。

小さなサインに気づいたときは「いつもありがとう」と声をかけてみましょう。

感謝の気持ちを伝えることで、会話のきっかけも作れます。

そして小さなことでも気づくような習慣を作れると、お相手の様子や変化などにも敏感に反応できるようになります。
「あれ?髪の毛切ったかな?」と気づいたときは、「髪切ったの?」と聞いてみると良いですし、「なんだか今日は疲れているかな…」と思ったときは、「今日もお疲れ様。体調は大丈夫?」と気遣うこともできます。
相手に感謝し、相手への関心を持ちつつ、小さな気づきを言葉に変えていけると良いですね。

 

素敵な恋愛がしたい方

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

2017年02月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

3回目の今日は「内面」に目を向けていきたいと思います。

どんなに身なりを整えていても、表情が険しいとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことがあります。

きちんとした服を着て清潔で爽やかな見た目を意識していたとしても、表情への意識が抜けている人は意外と多いものなのです。

知り合いのある女性のお話をご紹介します。

その方はとても整ったお顔立ちをしていました。

お洒落にも気を遣っていましたし仕事も一生懸命していて努力家でした。

素晴らしい要素をたくさん持った優秀な方だったのですが、一つだけ困った癖がありました。

周りの人たちの悪い部分を見つけては悪口を言ってしまうのです。

そのような話をするときは常に眉間にシワを寄せて強めの語調でお話しされるので、彼女の周りの人たちは怖がっていました。

「○○さんは…喋らなければ本当に素敵な人なのに…」

こんな悲しい評価も聞こえてきていました。

なんだか勿体無いですよね。

 

外見的にはとても似たお二人がいたとします。

お一人はいつも不機嫌そうな顔、もう片方の方はいつも笑顔いっぱいの顔、だとしましょう。

 

あなたはどちらの方と仲良くなりたいと思うでしょうか?

 

答えは言うまでもありませんね。

 

明るい表情でいる方とお友達になりたい、と思うはずです。

笑顔でいれば自然と周りの人を癒すことができます。

笑顔は周りの人を引き寄せる力があるのです。

「どんな人なんだろう?」

「もっと知りたい!」

このように感じてもらうことは、モテるためには欠かせない最初のステップです。

 

あなたに興味を持ってもらうこと、そして近づきやすい雰囲気を作ること。

この2つが最初は必要です。

 

まずは何も意識せず鏡を見てみましょう。

どんな顔をしていましたか?

口角は下がっていましたか?

眉間にシワは寄っていませんか?

 

自分の顔を見て「あれ?こんな表情だったかな?」と思ったかもしれませんね。

忙しいときや疲れているときは、なかなか自分の表情まで意識できないこともあります。

 

しかし、自分の表情をチェックする習慣を身に着けておくと、怖い顔のままでいる時間を短くすることができます。

服装を整えるのと同じように、自分の表情も整えていきましょう!

 

笑顔を心がけるだけで、気持ちも自然と前向きになります。

健康的な食習慣や適度な運動をするのと同じくらい大切なのが「心を健康にしておくこと」なのです。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(2)「これでいいや」な見た目を卒業する

2017年01月31日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(2)「これでいいや」な見た目を卒業する

2回目は自分の「見た目」に注目してみましょう。

 

「あー着替えるのが面倒くさいな…今日もこれでいっか…」

「寝癖が直らないけど…セットするのは面倒くさいからいいや…」

「どうせ仕事に行くだけだし…この服でいいや…」

「アイロンかけ忘れた…でもジャケット着れば隠れるからいいや…」

「あれ?靴下に穴が開いてる!でも靴履けば分からないからいいや…」

「疲れたなぁ…マスクしてしまえば顔は隠れるし、今日は眉毛だけ書けばいいや…」

「お風呂入り忘れたけど…とりあえず着替えればいいや…」

 

思い当たることはありましたか?

 

どれも「これでいいや」な気持ちから発せられた言葉です。

「モテる」人になるには、「見た目」を整えておくことも大切です。

「これでいいや」なものを身に着けたり、「これでいいや」な状態でいたりすると、自分の気持ちまで「これでいいや…」という諦めの感情に支配されるようになります。

 

諦めモードの見た目でいるときは、気分も乗らないかもしれません。

しかし、お気に入りのもの・心がときめくもの・自分に似合うもの、を選んで身に着けていると、いつもより高揚した気持ちになれるかもしれません。

 

気持ちが弾めば、表情にも明るさが加わり行動も積極的になります。

 

好きなものを身に着けていれば、自分のことを好きになれるかもしれません。

自分に自信を持てるようになりそうですね!

 

自分に合った見た目が分からない…という方は、誰かに褒められた服装・髪型・メイクなどを基本にして、様々なパターンを作っておくと良いかもしれませんし、洋服や髪型、自分に似合う色合いが分からず困ったときは、お店の方に相談することもできます。

 

お洒落な友人の助けを借りることもひとつの方法と言えるでしょう。

大人として恥ずかしくない見た目、という基準も大切でね。

 

TPO(時[time]・所[place]・場合[occasion])をわきまえつつ、あなたらしい素敵な「見た目」を整えていきましょう。

 

人の印象は見た目が9割とも言われています!!

 

清潔に整えておくことは基本中の基本ですが、それに加えて「自分に自信がもてる見た目」も目指してみましょう。

色々挑戦しながら自分の形を見つけてみてくださいね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

 

④【女性編】クリスマス当日を一緒に過ごすよりも大切なこと

2016年12月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。

今回は女性に向けて「クリスマス」の過ごし方や振る舞い方をテーマに5記事ご紹介していきます。

 

④【女性編】クリスマス当日を一緒に過ごすよりも大切なこと

 

今回は交際中の女性に向けた内容です。

 

「クリスマスは一緒に過ごせると思ったのに…」

お相手に仕事が入ってしまった、あるいはあなたに仕事の予定が入ってしまった…

時にはこんなこともあるかもしれません。

クリスマスでなくても、誕生日や記念日に急な仕事が入ってしまい、デートの予定がキャンセルになることもあるかもしれませんね。

 

クリスマスを一緒に過ごしたいと考えておられるカップルにとっては、当日に会えないことはとても残念なことですよね…。

しかし、当日でなくても、日にちをずらして二人だけでお祝いをできる日があれば、それほど悲しむ必要はありません。

 

 

「クリスマス当日を一緒に過ごすよりも大切なこと」があります。

それはお二人が楽しく笑顔で交際を続けられることです。

 

世の中には残念ながら「クリスマスを一緒に過ごせないこと」が原因となり、大ゲンカになってしまうカップルもおられます。

それがきっかけでお別れしてしまうカップルも多いと聞きます。

 

せっかくのクリスマスなのに…!

せっかく楽しみにしてたのに…!

 

とはいえ、残念な気持ちや怒りをお互いにぶつけあっても、予定は変えられません。

 

当日会えない代わりに、お二人の都合が良いときにゆっくりとデートできる方が、一緒にいる時間を楽しめるとは思いませんか?

 

周りのカップルやお友達から「クリスマスはどうするの?」と聞かれたら、「予定はあるよ!」と明るく答えておきましょう。

「別の日にお祝いすることにしたの…」と詳しく説明をする必要はありません。

周りからの質問は「今日は寒いねー」とか「もう冬だねー」というお天気の話題とさほど変わりはありません。

詳しく伝えることで「え?本当に仕事なの?」というような無意味な詮索をされるきっかけを作ってしまいますので、注意が必要です。

 

一番大切なことは、お相手とあなたの「絆」ですので、「カップルはクリスマスにデートするもの」というイメージにとらわれずにお二人だけの時間を大切にしてくださいね。

クリスマスに会えなくてもお二人が幸せならば、何も問題はありませんよ。

③【女性編】プレゼントの価値は金額ではなく「相手への想い」

2016年12月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。

今回は女性に向けて「クリスマス」の過ごし方や振る舞い方をテーマに5記事ご紹介していきます。

 

 

③【女性編】プレゼントの価値は金額ではなく「相手への想い」

今回はお相手がいる女性に向けた「プレゼント」がテーマの記事です。

 

クリスマスの時期になると、彼にどんなプレゼントをしようか。

彼からはどんなプレゼントをもらえるか。ワクワクするかもしれませんね。

そんな楽しい時期でもありますが、クリスマスプレゼントの話題になると毎年気になる発言を耳にすることがあります。

それはプレゼントの値段についての話題です。

金額が高い方が愛情が深いと思ってしまう方が意外と多いようです。

 

今回は例を挙げて考えていきましょう。まずは以下の文をご覧ください。

Aさんは3万円のネックレスをもらいました。

Bさんは5万円のバッグをもらいました。

Cさんは1万円のストールをもらいました。

 

「Aさん、Bさん、Cさん、の3人のうちだれが一番幸せでしょうか?」

 

こんな質問をされたら、あなたはどのように答えますか?

 

値段の高い品物をもらったBさんが一番幸せと思うでしょうか?

 

このお話には実は続きがあります。

以下をお読みください。

 

Aさんは金属アレルギーだったので、もらったネックレスをつけることができず、彼と喧嘩になってしまいました。

Bさんは他に欲しいデザインのバッグがあったので「こんなに高いバッグをくれるなら自分で選びたかった」と言ってしまい、喧嘩になってしまいました。

Cさんは、以前から欲しいと話していたストールをもらったので、それを覚えていてくれた彼に対して感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

いかがでしょうか?

今回の例では、一番幸せそうなのはCさんでしたね。

Aさんは「身に着けられるもの」について彼が把握できていなかったこと、それを伝えていなかったことが喧嘩の原因になってしまいました。

Bさんの場合は、彼がせっかく選んでくれたプレゼントに対して、不用意な発言をしてしまったことが喧嘩の原因でした。

 

プレゼントは値段ではなく「相手への想い」です。

 

身に付けるものであれば本当に使えるものか、必要なものか、ということも重要なポインです。

プレゼント選びは男性にとっても悩みのタネと言われていますので、予めお互いに値段を決めてから必要なものをプレゼントし合うのも良い方法です。

お互いを想いながら素敵なプレゼント交換ができると良いですね。

 

日頃からのコミュニケーション量とプレゼントの満足度は比例するのかもしれません。

 

 

②【女性編】クリスマスはSNSをシャットアウトする

2016年12月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。

今回は女性に向けて「クリスマス」の過ごし方や振る舞い方をテーマに5記事ご紹介していきます。

 

②【女性編】クリスマスはSNSをシャットアウトする

今回は、クリスマスに特に予定が無い方に向けてのアドバイスです。

 

最近は誰もがスマホなどのデバイスを持ち歩く時代ですよね。

様々な情報をすぐに検索できますし、すぐに自分の近況を知らせることができる便利なSNSなどのアプリも豊富に存在しています。

 

広く使われているものとしては、FacebookやInstagram、Twitterもありますし、LINEのタイムラインでも様々な情報が飛び交っているかもしれませんね。

クリスマスなどのイベントが続く時期は、このようなSNSのタイムラインがとても賑やかに忙しく更新されていきます。

周りの様子を見て、ウキウキすることもあるかもしれませんが、その波に自分が乗れていないときは、何だか負けているような…悲しいような…複雑な気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

 

純粋に自分の近況を知らせるために使う方も沢山おられますが、女性同士はどうしても競争してしまうもの。

「どれだけ他の人より幸せか」「どれだけ充実しているか」を広めるための使い方が目立ってしまう場合もあります。

これは、SNSのマイナス面と言われています。

 

ついつい周りのクリスマスの過ごし方が気になってしまう時期ですが、必要以上に劣等感を感じてしまわないように、クリスマス・イブやクリスマスは、敢えてSNSをシャットアウトして、目に触れないようにする方法がオススメです。

 

見てしまえば羨ましくなりますし、自分と比較して落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、目に触れなければ、他のことを考えて過ごせますし、小さな液晶画面をのぞいてため息をつく回数も減らます。

恋人がいないとき、クリスマスが苦痛に感じてしまう一番の原因は、「他と比較してしまうこと」にあるのです。

写真の投稿を見て、「あの人には素敵な彼氏がいるのになんで…?」「あの人はあんなに可愛いプレゼントをもらったのに…わたしは…。」

 

こんな風に考えてしまうと、自分だけがかわいそうな気持ちになってしまいますね。

しかし、このような考えはお顔に表れます。

そうしますと、せっかくの出会いも逃げてしまうことがあるのです。

周りと比較して落ち込むよりも、毎日笑顔でいつもと変わらず明るく過ごしている方が、同性の目にも異性の目にも、魅力的にうつるはずですよね。

 

自分の気持ちをガティブにしてしまうツールは、いっそフタをしてしまいましょう!

 

  • ご予約はこちらから