30代の結婚

結婚生活を楽しくする合言葉①愛情表現を忘れずに

2016年11月21日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚生活を楽しくする合言葉

①愛情表現を忘れずに

 

今回は「結婚生活を楽しくする合言葉」をシリーズでご紹介していきます。

毎日ふとしたときに思い出すことで、落ち込む気持ちを外に追い出すことができますよ。

 

1回目の今日は、「愛情表現を忘れずに」というものです。

方法はたくさんありますが、お相手に対して感じている愛情を日頃から積極的に表現することで、

「愛されているな~」と実感してもらうことができるのです。

 

「愛されている」という気持ちは安心感に繋がります。

一方で、相手からの愛情が感じられなくなると、愛情を感じられる別のモノや場所を

探してしまう方もおられます。

 

誰でもパートナーからの深い愛情を実感したいですよね。

 

愛情への気づきを5段階で示してみます。

5:愛されている

4:愛されている気がする

3:よく分からない

2:愛されている気がしない

1:嫌われている

 

上から順にだんだんと愛情を感じられなくなっていくのが分かりますね。

最後は「1」としましたが、この段階では愛情のポイントはおそらくマイナスに

なっていることでしょう。

 

 

毎日の生活の中でもしも「相手の気持ちが分からない」「愛されている気がしない」

「嫌われている」と感じてしまったら、自分に自信が持てなくなってしまいますね。

 

相手から「好き」を言われるのを待たずに、

自分から積極的に「好き」「大好き」「愛してる」

と愛情溢れる言葉を発することが大切です。

 

最初は恥ずかしくても、口に出すうちにそれが自然になります。

最初は恥ずかしくても、伝える頻度が増えていけば毎日の挨拶と

同じように言えるようになります。

日本人はついつい「言わなくても分かる」と空気を読もうとしてしまいますが、

結婚生活における愛情表現はきちんと口にだし、行動で示していきましょう!

毎日このような気持ちでいるだけでも、気持ちのすれ違いは格段に減っていきます。

ぜひお試しくださいね!

 

次回は、気持ちを楽にする2つ目の合言葉をご紹介いたします!

結婚準備がなかなか進まない原因(4)結婚生活がうまくいくか不安

2016年11月19日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備がなかなか進まない原因

4)結婚生活がうまくいくか不安

 

4回目は将来的な不安と関係しています。

「結婚生活がうまくいくか不安」と感じてしまうことはありませんか?

結婚前の多くの人方が感じる不安のひとつです。

  • 今はとても良い関係だけど、結婚したら関係が変わってしまうのではないか…
  • 結婚することで緊張感が無くなるなら、結婚しない方がいいかもしれない…
  • 末永く一緒にいる、というのが想像できない…
  • 離婚率も高いし、自分は大丈夫だろうか…

 

結婚前と結婚後とでは、関係が変わるのは確かです。

それは恋人という関係から配偶者という関係に変化するからです。

しかし、お互いを思いやる気持ちを忘れなければ、交際期間中よりも

親密で温かい関係を築けることでしょう。

長年幸せな結婚生活を送っているご夫婦の話を聞いたり、

専門家のカウンセリングを受けたりして、

結婚への不安を解消しておく方法もオススメです。

 

結婚して間もないカップルも「この人と添い遂げられるだろうか…」

という不安を感じる方が多いようです。

喧嘩をして気まずい空気が流れた時などに、「この結婚、失敗だったかな…」

とつい考えてしまう方も多いようですね。

結婚して数年のうちは、まだお互いに探り合っている段階と言えます。

 

長年交際をして結婚に至ったカップルであっても、結婚後は新しく「夫婦」

としての関係を育てなくてはいけません。

 

交際中と結婚後に変わる大きなポイントは「責任感」かもしれませんね。

 

この先どうなるか分からない…

結婚に限らず、何か新しいことを始めようとするときは、このような気持ちになりますよね。

「失敗したら恥ずかしい…」とか「うまくいくか分からないなら…いっそのこと試さずに、

考え直そうかな…」というような考えも、頭に浮かんでしまうことがあるかもしれません。

 

しかし、結婚を考え直さなくてはいけないような余程の事情がないのであれば、

「結婚したい」と思えたお相手を大切に考えて、結婚に向けて前向きに準備を

進める努力をしてみましょう。

 

結婚前からよくコミュニケーションを取り、結婚後もお互いを一番に考えながら、

温かな関係が築けると良いですね。

 

将来のことを不安に感じるよりも、今、あなたの目の前にいるお相手と「堅い絆」を結べるように、

意識を変えてみるのはいかがでしょうか。

 

結婚準備がなかなか進まない原因(3)仕事と家事の両立が不安

2016年11月16日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備がなかなか進まない原因

3)仕事と家事の両立が不安

 

3回目はより具体的な原因を考えてみましょう。

 

「仕事と家事の両立が不安」と感じる方はとても多いようです。

特にお仕事を頑張っている年代と結婚する年代は重なっていることが多いため、

仕事と家事と、きちんとできるだろうか…と真面目な方ほど悩んでしまう傾向があります。

 

仕事と家事の両立に関する悩みは、女性の方が多く抱えているかもしれません。

しかし、男性であっても「家事の分担が怖い…」とか

「何もしないと怒られてしまうかもしれない…でも苦手だし…」

という不安を感じることがあるようです。

 

このような不安があると、結婚準備をしているときも、

お互いになかなか気分が乗らなくなるかもしれません。

 

結婚したらきちんとしなくては…

家事もさぼらずやらなくては…

仕事と家事の両立ができなくなったら仕事を辞めることも考えなくては…

 

こんな風に思い詰めてしまうとせっかくの結婚が

何だか面倒なもののように思えてしまうかもしれませんね。

悩んだままでは、どんどんネガティブな気持ちが生まれてしまいます。

 

そんな時は、結婚後の毎日の生活についてお二人で話し合う方法がオススメです。

 

お互いに得意な家事の分野があるかもしれません。

ある程度の分担を決めておくことも良いですね。

全てを細かく決める必要はありませんが、片方が食事を作ったら、

もう片方が片づけをする、などのざっくりとした約束をしておくのは効果的です。

 

また苦手な家事があると自覚している方は、今後の生活のため

に少し予習をしておくことも良い方法ですね。

 

実際の生活が始まると、なかなか決めたことが実行できなくなることもあるかもしれません。

しかし、その都度話し合いをすれば、解決策は必ず見つかります。

 

言葉に出さずにイライラしていても、その場の空気が悪くなるだけですので、

気になることや不安なこと、問題が起こった時は遠慮せずに話し合えるような

関係を築けると良いですね。

完璧に全てをこなそうとせず、少しずつ快適な方法を見つけるようにしていくと、

気持ちも楽になるかもしれません。

たまには「何もしない日」を作るのも良いですね。

外食をする日、ダラダラする日、などを作るのも毎日過ごす中で良い変化になるかもしれません。

お二人の心地よい結婚生活のかたちを見つけていってくださいね。

 

結婚準備がなかなか進まない原因(1)プロポーズが曖昧なままである

2016年11月13日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備がなかなか進まない原因

1)プロポーズが曖昧なままである

 

結婚が決まっても、なぜか結婚準備がスムーズに進まない…

この結婚、本当に大丈夫…?

 

こんな不安を抱えてしまう方がおられます。

 

結婚が決まって幸せいっぱいのはずなのに…

なぜだか引っかかるものがある…。

その原因はどこにあるのでしょうか?

 

今回も5回に分けて考えていきましょう!

どれか一つでも、皆様のお悩みを解決する参考になれば幸いです。

 

1回目の今日は、プロポーズに関する原因について取り上げます。

 

最近では、交際開始もなんとなく…結婚もなんとなく…

というカップルが増えてきています。

断られて傷つきたくない…という気持ちや、

その場の流れや空気感を大事にしたい、

と考える方も増えてきているようですので、

流れで…という曖昧さを心地よく感じるのかもしれません。

 

交際スタートの時点では、お互いの雰囲気を

読み取ってなんとなく開始…でも良いかもしれません。

 

しかし、結婚となるとなかなかそうはいきません。

「プロポーズ」には、とても大切な役目があります。

 

ドラマチックなプロポーズやサプライズでいっぱいの

プロポーズにする必要はありませんが、きちんと言葉に出して、

お互いに結婚したいという意思を確認しておくことが重要です。

 

結婚が決まっても、改めてプロポーズの時間を作ることで、

特別な思い出を作ることもできますね。

 

男性からでも女性からでも全く問題ありませんので、

改めて結婚の意思を確認しておきましょう。

「結婚しよう」という共通の目標を共有することで、

結婚準備などもスムーズに行えるようになります。

言葉に出して確認することで、お互いに責任感も芽生えます。

 

もしも、プロポーズは曖昧なままだったかもしれない…

と感じておられるのであれば、一度お二人で話し合って

プロポーズの日を企画してみましょう。

お部屋でも思い出の場所でも、いつものレストランでも居酒屋でも…

プロポーズする場所はどこでも良いのです。

 

「結婚しようね」という確認を、

本格的な結婚準備の前にしっかりとしておきたいですね。

 

大好きな気持ちを伝える言葉(5)私は幸せ

2016年06月15日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(5)私は幸せ

5回目の今日は「私は幸せ」という言葉をご紹介します。

 

これまで「あなた」に向けての言葉をご紹介してきましたが、最後は「私は」という自分の気持ちについて伝える表現です。

 

好きな人から頼りにされたい、幸せにしてあげたい、と思う気持ちは男性も女性も同じです。

どんなときも、相手が喜んでいるか、楽しいか、幸せと感じてくれているか、非常に気になる男性は実はとても多いようです。

 

例えば以下のような相談を受けたことがありました。

 

「プレゼントをしたけれど、本当に喜んでくれたのか気になる」

「旅行に連れて行ったのだけど、本当に楽しかったのか気になる」

「自分と付き合って(結婚して)良かったと思っているのだろうか」

 

いかがでしょうか?

彼のことを「大好き」と思っているのに、もしも彼がこんな風に、あなたの気持ちが分からずに不安に思っているとしたら…驚いてしまいますよね。

 

日頃から「大好き」な気持ちがうまく伝わっていないと、こんなにも男性を不安にさせてしまうことがあるのです。

 

自分の不安な気持ちを相手の女性に素直に伝えられれば良いのですが…返ってくる反応が怖くて直接は聞けない、という方がとても多いようなのです。

 

「言わなくても分かる」というのは、楽しいことも辛いことも二人で経験して、長年の付き合いがあったとしても、なかなか難しいことかもしれません。

 

相手に感じ取ってもらうよりも、直接しっかりと「私は幸せだよ」と伝えることで、彼を安心させることができそうですね。

 

 

「幸せ」な気持ちは、彼といるからこそ感じられるということも含めて伝えられると、もっと素敵ですね。

 

「毎日本当に幸せなのは、あなたといるから」「辛いときも側で支えてくれる人がいて、私は幸せ」

こんな風に、幸せな気持ちを定期的に伝えることで、彼に笑顔になってもらえるかもしれません。

 

これまでご紹介した5つの言葉を伝えるのは、最初はとても恥ずかしく抵抗があるかもしれません。

 

それでも、勇気を出して伝えているうちに、その言葉が自然な言葉として身に付いていきます。

彼を好きな気持ちもどんどん深まり、毎日でも「大好き」な気持ちを伝えたくなるかもしれませんね。

 

 

大好きな気持ちを伝える言葉(4)あなたのおかげで…

2016年06月14日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(4)あなたのおかげで…

ブライダルカレッジの上田奈央子です。

4回目は「あなたのおかげで…」という言葉です。

 

彼がいてくれたおかげで、彼の言動のおかげで、こんなに幸せな気持ちになれた、ということを伝える表現です。

 

 

彼と出会ってから今までのことを振り返ってみましょう。

 

彼との会話の中で、彼と過ごす時間の中で、今まで気づかなかったことに気づいたり、自分自身が成長できたり、人生が良い方向に変われたこと、などはありませんか?

 

ほんの少しの出来事でも、彼の存在のおかげで良い変化が訪れたことを思い出してみると、自然と「ありがとう」という言葉が出てくるかもしれません。

「ありがとう」の言葉もとても大切です。

それにもう少し工夫を加えて「あなたのおかげで〇〇になったと思っているの。いつも本当にありがとう。」と伝えてみるのはいかがでしょうか。

 

こんな風にストレートに言われると、大抵の方は照れてしまい「いきなりどうしたの?」「いやいや、そんなことないから」というような感じで否定してしまうかもしれません。

それでも、彼への感謝の気持ちが高まったときに継続してこの言葉を使っていると、言われた側は自分が相手にとって特別な存在であることを確認できるようになります。

 

これはあるカップルのお話です。

現在の奥様と出逢う前は感謝されることに慣れておらず、ひたすら女性に尽くして我慢することが当たり前だと思っていた男性は、奥様と出逢って考え方が大きく変化したことを話しておられました。

 

最初のうちは感謝されることや好きな気持ちを女性から伝えられることに、違和感ばかりだったようです。

 

しかし、奥様から「あなたのおかげで…」と感謝されることが多くなり、自分に自信が持てるようになった、と話しておられました。

 

奥様の感謝の言葉の中に「大好き」という気持ちがたくさん込められていたので、男性も自信を持って頑張れるようになったのかもしれませんね。

 

感謝の言葉の中にも、「大好き」を伝えるヒントがたくさん隠されています。

いつもの「ありがとう」に少し言葉を加えるだけで、ちょっと特別な感謝の表現で彼にあなたの気持ちを伝えることができます。

 

ほんの少し工夫するだけで、相手にとって心に残る言葉を届けることができますよ。

ぜひお試しくださいね.。

大好きな気持ちを伝える言葉(3)あなたは素晴らしい

2016年06月13日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(3)あなたは素晴らしい

3回目の今日は「あなたは素晴らしい」という言葉です。

 

男性は「認められたい」という気持ちが

女性よりも強いと言われています。

そのため、仕事で成功して皆に認められたい、

という気持ちが毎日のお仕事の原動力になっている方も

大勢おられるようです。

 

結婚して奥様やお子様がいる方であれば、

「一生懸命に働いて家族にきちんとした

暮らしをさせてあげたい」と思いますので、

そうすることで「頼れる夫」「自慢のお父さん」と呼ばれたい、

と考えておられる方はとても多いように思います。

 

夫婦喧嘩になったときに「誰のおかげで」

という言葉をつい言ってしまう男性は多いようですが、

この言葉の背景には「心から自分を認めてほしいのに!」

という強い気持ちがあるのかもしれませんね。

お仕事で成功したときには、

「本当にすごい」

「尊敬しちゃう!」

「いつも頑張っていたもんね」

というように、少し大げさに思えるくらいに

しっかりと褒めることも大切です。

 

褒めることで、

大好きな気持ちを伝えることができるのです。

 

自分のために、また家族のために

何か一生懸命にやってくれたときにも、

相手の一生懸命に応えるような気持ちで、

こちらも感謝の言葉を述べることができます。

 

感謝されると、

どんどん頑張ろうと思うことができますし、

満たされた気持ちにもなります。

気持ちをしっかりと伝えることで、

あなたのためにもっと頑張りたいと

思ってくれることでしょう。

良い時ばかりでなく、何か失敗してしまったり、

彼が落ち込んでしまったときには、励ます言葉に変身します。

 

「あなたは素晴らしい人だから、

次はきっと大丈夫!応援しているよ。」

こんな風に、彼のことを信じて応援している気持ちを

伝えることができます。

 

彼のことを大切に思い、

大好きだと思うからこそ出てくる言葉ですので、

あなたのその想いを彼もしっかりと受け止めて、

また頑張ろうと思えることでしょう。

 

褒める言葉の中には、たくさんの「大好き」が詰まっています。

 

誰かに褒められることに慣れていない方も、

毎日褒められているうちに「もっと褒めて!」

という素直な反応をしてくれるようになることでしょう

 

大好きな気持ちを伝える言葉(2)あなたは宝物

2016年06月12日

 

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(2)あなたは宝物

 

2回目の今回は、前回よりも少し勇気のいる表現ですが、

多くの人が言われると嬉しい、と答えている表現です。

 

それは「あなたは宝物」という言葉です。

 

恋愛ソングの歌詞にありそうな表現と思ってしまうかもしれませんが、

良いタイミングでこの言葉を伝えておくと、

相手にとても深い印象を残すことができます。

 

 

これはあるカップルのお話です。

色々な事情であまりデートができず、遠距離恋愛で辛かったときに

「出逢えて本当に良かった。待ったかいがあった。君は僕の宝物だよ。」

とテレビ電話で女性に伝えた男性がおられました。

 

女性側は聞いた直後に、ちょっとクサイ台詞だな…

と恥ずかしく思ったそうですが、

だんだんとその言葉の重みや彼の想いがしっかりと伝わってきて、

思い出すたびに、とても幸せな気持ちになったそうです。

 

結婚して数年経った後でも、そのことを女性はとてもよく覚えていて、

彼にはいつも感謝している、と話しておられました。

 

毎日言う表現ではないかもしれませんが、

ここぞというときに伝えてみたいフレーズですね。

 

彼のことが大好きな気持ちが高まったときに、

こんな風に伝えることもできるかもしれません。

「あなたと付き合うことができて、本当に嬉しい。宝物を見つけた気持ち。」

「あなたと結婚できて本当に幸せ。宝物を手に入れたみたい。」

 

文字で書くとちょっと恥ずかしく思われるかもしれませんが、

お二人の記念日や大切な行事のときにはピッタリの表現と言えそうです。

 

 

宝物はいつまでも大切に持っていたいと思うものです。

他の人に簡単に見せたりするものではありませんし、

自分だけの大事なものです。

そして見るたびに幸せな気持ちになります。

 

「あなたは宝物」という言葉には、

相手のことをいつまでも大切にしたい、

他の人には絶対に渡したくない、

側にいるだけで幸せな気持ちになる、

という沢山の想いが込められています。

 

この言葉を伝えることで、

自分の気持ちを確認することもできますね。

 

普段使わないからこそ、相手の心にしっかりと残る表現ですので、

勇気を出して使ってみたい表現としてご紹介しまし

 

 

わがままの種類(5)「好き放題」と「ありのまま」の違い

2016年06月09日

 

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類(5)

「好き放題」と「ありのまま」の違い

 

5回目は「好き放題」と「ありのまま」の違いを中心に考えていきます。

 

子供の時に、ご両親から「まったくわがままばっかり言って!」

と怒られてことはありませんか?

 

子供のときは誰でも、そんな瞬間があったことでしょう。

 

どのようなときに怒られたのか少し思い出してみてください。

 

・ご飯の前にお菓子を食べたいと言って泣いたとき

・一つだけ買ってもらう約束をしたおもちゃを何個も欲しがったとき

・嫌いな食べ物を全部残して、好きなものだけおかわりしたとき

 

これはほんの一例ですが、全てに共通しているのは

「好き放題」ということです。

 

自分の気持ちのままに、自分勝手な要求を

押し通そうとした状況が共通しています。

 

 

男性に対してのわがままも同じで、

相手の都合や状況を考えずに、自分の要求を押し付けてしまうと

「嫌われる」わがままになってしまいます。

 

彼の経済状態を全く考慮せずに、高額な贈り物をねだってしまったり、

彼の仕事のスケジュールを無視して、自分の予定に合わせるように強要したり…

このような行動は避けた方が良さそうです。

 

一方で、素直に自分の希望を伝える、可愛くお願いする、というのは、

「ありのまま」のあなたを彼に知ってもらうために必要な「わがまま」です。

 

「可愛い」わがままや「愛される」わがままがこれに当てはまりますね。

 

このようなわがままは伝え方を工夫する必要がありますが、

あなたが思っていることを彼に知ってもらうためには必要なことです。

 

自分の気持ちにフタをしないことは、

大げさにいえば全てわがまま、自分のこだわりとも言えるでしょう。

度を超えたものでなければ、それは「あなたらしさ」を引き出すために

欠かせないものでもあるのです。

 

相手を傷つけず、自分も相手も笑顔でいられるような

わがままの言い方を考えてみましょう。

 

そうすることで、二人でいるときには、彼もあなたもお互いに

「わがまま」な自分でいられるようになります。

 

二人でいることが、これまでよりも楽しくなることでしょう。

 

ありのままのあなたを彼に知ってもらうためにも、

可愛らしく、愛らしく、わがままを言えたらいいですね。

 

あなたの魅力がもっとたくさん伝わりますように。

 

わがままの種類(4)愛されるわがまま

2016年06月08日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類

(4)愛されるわがまま

 

4回目は「愛されるわがまま」をご紹介します。

「可愛い」よりも少し上級編のわがままです。

 

彼の気持ちを良い方向に変化させられるような

「わがまま」はとても魅力的です。

 

自分でも気づかなかったような提案をしてくれる女性を、

男性は手放したくないと思うものなのです。

 

理想のお相手について男性にお聞きしてみますと

「自分を成長させてくれる女性」を

大切な条件として挙げる方も多いように思います。

 

 

 

あなたのお付き合いされている方、

あるいはご主人様について考えてみてください。

 

あまり自分の意見を言わないときがありませんか?

 

良くも悪くも、女性の希望を叶えることが、

良い彼氏や良い夫の条件だと思っている方も多いので、

何かを決めるときに「好きにしていいよ」

という方がとても多いように思います。

気を遣いすぎているのかもしれません。

 

何かプレゼントをしてもらうときや、お食事のときなどに、

「好きに選んでいいよ」

「君の好きなようにしたらいいよ」

と言ってくれるかもしれません。

 

こんな風を言われると、

「私って愛されてるなぁ~」と感じますね。

 

しかし、ここで彼は自分の意見を全く言っていない、

という重大な点に気づかなくてはいけません。

本当のところはどう思っているのか、このままでは分かりませんので、

そんなときにオススメの「わがまま」がこちらです。

 

「今日はあなたの好きなお店に連れてって欲しいな?」

「私に似合いそうなものを、あなたに選んでもらえたら嬉しい」

彼に「自分の意見」を言って欲しい、とお願いしてみましょう。

 

いつも女性に合わせることに慣れていた男性や、

面倒で考えることを止めていた男性の場合、

「え?そんなこと急に言われても…」と最初はとまどいます。

 

しかし、可愛いお願いのときと同じように、

優しい表現で彼に「選んでもらう」状況を何度か重ねているうちに、

段々あなたに素の自分を見せられるようになります。

この他にも色々な状況が考えられますが、

ポイントは彼の気持ちを解放させることができるような

「わがまま」です。

 

女性側が「わがまま」を言っているようでいて、

実は彼の気持ちや行動を良い方向に変化させています。

 

女性に甘えられなかった男性が、素直に甘えられるようになれば、

新たな自分を発見できます。

そうすることで、あなたも彼の新たな一面を見られるかもしれません。

 

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから