働く女性

結婚生活が楽しいと思えなくなりました。

2016年04月01日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚生活が楽しいと思えなくなりました。

結婚してしばらく経つと物足りなさを感じることがあるかもしれません。

 

お二人とも仕事を持っている場合、毎日が忙しすぎて十分なコミュニケーションが取れなくなることがあります。

休日の予定を合わせられないこともあるかもしれません。

二人でゆっくり過ごせる日が減ってくると、「なんで結婚したんだろう…」「このまま一緒にいる意味はあるのだろうか」と不安を感じるかもしれませんね。

あなたはお相手のことが嫌いになったのではなく、二人で一緒にゆっくりできないことに不満を感じているのではないでしょうか。

仕事が原因で二人の時間が取れなくなり、残念ながら離婚となってしまった方々もおられます。

お互いに本当に一生懸命働いていたのですが、長期の出張が続いたり残業が続いたりしたことで、

二人の気持ちが冷めてしまいました。

どちらかに大きな問題があった訳ではありませんでした。

 

ただ一つだけ問題があったとすれば、それは二人で結婚生活を維持するためのより良い方法を見つけられなかったということです。

 

忙しくてすれ違ってしまうご夫婦の場合は、2人で簡単に共有できることを見つけましょう。

 

小さなメモでも伝言板でも、ちょっとしたメールでも…何でも良いのです。

楽しみながら共有できることが見つけられると、相手に対する気持ちも変わってくるかもしれません。

結婚生活を楽しむためには、お互いへの「思いやり」の心が必要です。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

価値観の違いで夫婦ゲンカが絶えません!

2016年03月15日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

価値観の違いで夫婦ゲンカが絶えません!

 

夫婦ゲンカや離婚の原因で多く言われるのが「価値観の違いです。」

 

「価値観」というのは考え方の基になっているものですから、夫婦といえども価値観が違うのは当たり前ですね。

夫婦というのはもともと他人です。

親子や兄弟姉妹でも個性があるのですから生まれも育ちも違う夫婦において、性格や価値観が一致しないのは当然です。

夫婦間で意見が食い違うことはたくさんあります。

 

これは友人のお話です・・・

お味噌汁の大根の切り方が気に入らないという友人のご主人は『味噌汁の大根は千六本切』と言い張るそうです。

彼女の実家ではイチョウ切だったので、ついイチョウ切にしてしまいぶつかるそうです。

 

それは、自分の育った環境が当たり前に感じているだけなのです。

 

ご主人は千六本切が当たり前で、奥さんはイチョウ切が当たり前!どちらかが間違っているわけではありませんね。

 

大根の切り方なら笑い話で済みますが、これが子育てや経済的なことになると大きな問題に発展してしまうこともあります。

 

大きな夫婦ゲンカになったり離婚に至ってしまうのは、その価値観のズレに直面したときの対応が間違っているのかもしれません。

  • すれ違って当たり前と思うこと。
  • 相手の価値観を批判しないこと。
  • 相手の価値観を理解すること。

気持ちに余裕があると、「おもしろい」と感じられるときもあります。

 

ですから、夫婦は「違う」ということを理解していれば「お互いに成長できる」はずです。

 

気持ちに余裕があるときは自然に相手の価値観を受け入れるもの。

 

価値観が違ってもぶつからない、というのは、こういうことです。

 

新しい発見ができるのも、それぞれの価値観が違うからです!!

 

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから