30代の結婚

結婚生活を楽しくする合言葉②理想をルールにしない

2016年11月22日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚生活を楽しくする合言葉

②理想をルールにしない

 

結婚するときは覚悟があったのに、結婚生活を続ける覚悟がだんだんと薄れて

しまうことがあります。

気分が落ち込みやすい原因のひとつとして、自分を「理想」で縛りすぎると

うことが挙げられます。

2回目は「理想はひとつの目安にすぎない」という合言葉をご紹介していきます。

 

○理想の交際

○理想のプロポーズ

○理想の結婚生活

○理想の記念日の過ごし方

 

世の中には「理想の…」とつくことが本当にたくさんありますね。

 

しかし理想ばかりを重視してしまうと、現実とのギャップを見つけてしまったときに

気分が落ち込みやすくなります。

「こんなだったらいいな~」と思い描くことは大切です。

しかしそれが徐々に「こうでなくてはダメ!」となってしまうことがあります。

理想をルール化してしまった状態ですね。

 

「2日に1回はデートしないとダメ」

「毎日メールや電話をしなければ別れる」

「サプライズがいっぱいで一生の思い出に残るプロポーズでないと絶対に受け入れない」

というように、理想に縛られてしまうと、なかなか楽しい恋愛ができません。

自分の思い描いた通りでないと気に入らない!と怒りっぽくなってしまうさえあります。

 

 

理想がルールにならないように、ほどよく理想を思い描くためには、「楽しければ最高!」「笑顔なら大丈夫!」というように、良い意味で気楽に考える姿勢が必要です。

 

世界中には様々なカップルがいます。

あなたとお相手は世界でただ一組の素敵なカップルです。

二人が楽しく笑顔でいられるような生活を心がければ、

それは自然と理想の結婚生活に近づいていくのではないでしょうか。

 

自分で作り上げた理想に縛られないように、発想を切り替えてみましょう。

 

次回は、ストレスを溜めない秘訣でもある、3つめの合言葉をご紹介いたします。

相手に対するイライラが止まらない理由(4)他の家庭と比較してしまう

2016年11月10日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

4)他の家庭と比較してしまう

 

4回目の今日は「他の家庭と比較してしまう」

という理由を取り上げていきます。

前回と同様に,お二人の間ではなく、

外部からの影響によるイライラの種類です。

 

どんな方でも他の人の生活は気になるものですよね。

自分以外の人がとても幸せそうだと「羨ましいな~」と思いますし,

反対に不幸そうであれば「大変そう~。うちは安心だけど。」

というように他の人の大変さを見て自分の方がマシだと

考えて安心したりしてしまうものです。

 

一度この比較グセが身に付いてしまうと、

どんなことでも比較するようになります。

 

それがネガティブな比較になると,以下のように不満でいっぱいの毎日になってしまうことでしょう。

  • 友達の彼は記念日に必ずお祝いしてくれるのに…!うちは…
  • 友達は豪華な結婚式をしたのに…うちはまだ式すら挙げていない…
  • 友達のご主人は家事を積極的に手伝ってくれるらしいのに…!うちの旦那ときたら…
  • 友達は出産後に職場復帰がスムーズにできたみたい…それなのに私は…
  • 友達の子供はメディアでも話題の塾に通っているみたい…うちにはそんなお金がない…

 

どんなことでも「あの人はあんなに羨ましい生活をしているのに…私はなんで!」と怒ったり、

「あんな風にできない私はダメな人間…」と落ち込んでしまったり。

日々のプラスの出来事にも気づけなくなってしまいます。

 

そして、どうしようもなくイライラしたり落ち込んだときに、

その原因を恋人だったり結婚相手だったりに押し付けて

しまうようになります。

 

「あなたのせいで…!」

「あなたと一緒にいるからこんなに不幸…」

「あなたがちゃんとしてくれないから、私はいつもみじめ…」

 

こんな風にイライラの原因は自分の比較グセにあるにも関わらず、

お相手を責めてしまうのです。

少しでも比較してしまう傾向に気づいたのであれば、

今すぐそのクセを断ち切りましょう!

周りのことは忘れて、お相手がいつもしてくれること、

あなたがいつもお相手に感謝していること、

などプラスの出来事を思い出してみましょう。

 

周りと比較してイライラするよりも、

お相手との絆を深めることにエネルギーを使えると良いですよね。

その方が、二人とも笑顔でいられますし、

家庭の中も温かな雰囲気に包まれるはずです。

ぜひお試しくださいね。

 

結婚準備で気を付けたいこと(5)結婚式について

2016年06月22日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備で気を付けたいこと

(5)結婚式について

5回目は「結婚式について」考えていきましょう。

 

婚姻届を提出して何年か経ってから、節目として結婚式を行う方もおられますし、

「○年目の記念に」というかたちで写真撮影だけ行う方もおられます。

 

お互いの気持ち、両家の意向などを確認して、こちらも慎重に決めていきたいテーマです。

 

実際に結婚式を執り行うと決めた場合には、様々な決め事が出てきます。

○費用について

○結婚式の日時

○結婚式場の決定

○引き出物(種類・金額)

○招待客のリスト

 

挙式の種類も様々です。

教会(チャペル)式、神前式、人前式、仏前式など、日本では宗教と関わりなく、様々な挙式スタイルが選べるようになっています。

 

結婚式の会場も、その地域で代表的な会場で行うのか、ゲストハウスやレストランなどを利用してアットホームな形式にするのか、自由に選べます。

 

基本的には、お二人で相談して決めていくことになりますが、親戚が多い場合、地域の風習が根強い場合、またお仕事の関係の招待客が多くなる場合は、斬新なものよりも、やや伝統的なものを好む方が多いそうです。

引き出物等についても地域の伝統に従う方が多いようですので,色々と調べることが出てきそうですね。

 

ウェディング・プランナーの方はその道のプロですので、迷ったときは細かいことでも事前に相談しておきましょう。色々なことを考えて最善のプランを提供してくれます。

 

会場の見学プランもたくさん提供されていますので、お出かけのついでに彼と二人で複数の会場を見てから決めても良いかもしれません。

 

結婚式は、周りの方に自分たちの結婚を認めてもらう大切な式、という意味合いがあります。

 

自分たちのために行うものではありますが、両家にとっては、息子と娘の晴れ舞台という、お披露目の意味が強いものでもあります。

 

招待客の顔ぶれによっては、結婚式の内容で失礼な演出が無いような配慮も必要です。

 

楽しく笑顔で素敵な結婚式を行えるように準備していきたいですね。

結婚式の準備はとても大変ですので、二人で協力できるように、彼にも可愛くお手伝いをお願いしてみましょう。

 

大好きな気持ちを伝える言葉(2)あなたは宝物

2016年06月12日

 

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(2)あなたは宝物

 

2回目の今回は、前回よりも少し勇気のいる表現ですが、

多くの人が言われると嬉しい、と答えている表現です。

 

それは「あなたは宝物」という言葉です。

 

恋愛ソングの歌詞にありそうな表現と思ってしまうかもしれませんが、

良いタイミングでこの言葉を伝えておくと、

相手にとても深い印象を残すことができます。

 

 

これはあるカップルのお話です。

色々な事情であまりデートができず、遠距離恋愛で辛かったときに

「出逢えて本当に良かった。待ったかいがあった。君は僕の宝物だよ。」

とテレビ電話で女性に伝えた男性がおられました。

 

女性側は聞いた直後に、ちょっとクサイ台詞だな…

と恥ずかしく思ったそうですが、

だんだんとその言葉の重みや彼の想いがしっかりと伝わってきて、

思い出すたびに、とても幸せな気持ちになったそうです。

 

結婚して数年経った後でも、そのことを女性はとてもよく覚えていて、

彼にはいつも感謝している、と話しておられました。

 

毎日言う表現ではないかもしれませんが、

ここぞというときに伝えてみたいフレーズですね。

 

彼のことが大好きな気持ちが高まったときに、

こんな風に伝えることもできるかもしれません。

「あなたと付き合うことができて、本当に嬉しい。宝物を見つけた気持ち。」

「あなたと結婚できて本当に幸せ。宝物を手に入れたみたい。」

 

文字で書くとちょっと恥ずかしく思われるかもしれませんが、

お二人の記念日や大切な行事のときにはピッタリの表現と言えそうです。

 

 

宝物はいつまでも大切に持っていたいと思うものです。

他の人に簡単に見せたりするものではありませんし、

自分だけの大事なものです。

そして見るたびに幸せな気持ちになります。

 

「あなたは宝物」という言葉には、

相手のことをいつまでも大切にしたい、

他の人には絶対に渡したくない、

側にいるだけで幸せな気持ちになる、

という沢山の想いが込められています。

 

この言葉を伝えることで、

自分の気持ちを確認することもできますね。

 

普段使わないからこそ、相手の心にしっかりと残る表現ですので、

勇気を出して使ってみたい表現としてご紹介しまし

 

 

  • ご予約はこちらから