女性編

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由(2)依存しすぎに注意

2017年08月19日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由

(2)依存しすぎに注意

2回目は「依存しすぎに注意」というテーマです。

 

依存すること=相手を頼ること、ではありません。

 

相手に「力を借りる」こと。これは「相手を頼りにすること」です。

例えば、

○重いものが持てないのでお願いする

○夜道が怖いので自宅まで送ってもらう

○相手の得意な分野について教えてもらう

このような「お願い」は依存ではありません。

 

しかし、以下に当てはまる部分があるときは、少し「依存気味」の傾向があります。

 

  • 相手からの連絡が無いと不安になってしまう
  • 連絡が取れるまで、何度も電話やメッセージを送ってしまう
  • 相手と一緒でないと、一人でどこかに出かけられない
  • あなたがいないとダメになる、と言ってしまいがち
  • 相手に好かれるためには、何でも受け入れてしまう
  • 相手に嫌われたくないという感情が強い
  • 一日中、相手からの連絡を待ってしまう

 

いかがでしょうか?

相手のことが好きだと「ずっと一緒にいたい」と思うかもしれません。

しかし、前回の「嫉妬」とも似ていますが、相手に依存しすぎることは、相手の時間を奪うことにも繋がります。

そうすると「一人にしてほしい!」「面倒くさい」「自立して欲しい!」とお相手に感じさせてしまうことになるのです。

1回目にご紹介した男性の傾向を覚えておられるでしょうか?

「相手を追いかけたい」「自分の力で手に入れたい」このような男性の気持ちを理解できていれば、「依存しすぎの女性」より、「相手に追いかけさせる女性」の方が、魅力的であることが分かります。

男性を振り回すのは考え物ですが、依存しすぎて飽きられてしまうよりは、相手に追わせてあなたに夢中になってもらう方が長続きしそうですよね?

依存気味な傾向が見つかったあなたへ送るアドバイスはこちらです。

「自分の時間」をきちんと持つようにしてみましょう。

「依存体質」から抜け出すきっかけが作れるかもしれません。「依存しすぎに注意」してくださいね。

 

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ(3)相手に捧げている時間はどのくらい?

2017年05月13日

今回は「曖昧な関係」について再び取り上げます。恋愛や結婚に悩む時、どなたも経験されるお悩みのひとつかもしれません。相手の気持ちが分からずつい振り回されてしまう…そんな苦しい状況から抜け出すヒントを5回にわたってご紹介しています。ぜひお読みくださいね。

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ

3)相手に捧げている時間はどのくらい?

 

前回は、お相手のあなたに対する態度を冷静に考えてみる段階でしたね。

 

今回は、あなたが「相手中心」で行動している時間について考えてみましょう。

以下の行動で当てはまることはありませんか?

  • 相手からの連絡(電話・メール・LINEなど)を一日中待ってしまう
  • 相手から連絡が来ていないか、何度も携帯やスマホを確認してしまう
  • 相手からの連絡があればすぐに都合を合わせて会いに行く
  • 相手からドタキャンされても怒れずに許してしまう
  • 相手の都合に合わせて、自分の予定を立てるようにしている
  • 相手のために何かしてあげたい、と常に思っている

いかがでしょうか?

 

 

全て当てはまった方は…一日のほとんどを「相手」のために使っている状態かもしれません。

いつでも相手に合わせられるように、相手からの連絡を待って行動するようになると、自分の時間が取れなくなってしまいます。

相手のことが「好きで好きで…たまらない!」という情熱的な気持ちのときは、相手に合わせることことそが、自分からの愛情表現だと思ってしまうことがあります。

 

しかし、ここで考えておかなくてはいけないことがあります。

「相手はあなたの都合に合わせてくれるでしょうか?」

「相手はあなたのために、自分の時間を喜んで使ってくれるでしょうか?」

 

曖昧な関係で悩んでしまう場合の多くは、自分の方が相手に尽くしている状況、かもしれません。

相手からは「愛情表現」をなかなか感じられないのに、自分だけがたくさんの愛情表現を送り続けていると、だんだんと不公平な気持ちになります。

「どうして?」「なぜ自分ばっかり?」「相手は自分のことをどう思っているのか?」

というたくさんの疑問を感じるようになります。

 

しかし、これはとても自然なことです。

恋愛はどちらか一方が優勢な状態だと、なかなかうまくいきません。

お互いに、「自分の方が相手を好きだ」と言い切れるほどに相手のことを大切に想っていないと、なかなか愛情は伝わりません。

あなたがどれほどの時間を相手に捧げているのか。

それに対して、相手はあなたにどれだけ時間を捧げてくれるか…。

それを一度考えてみることをオススメします。

 

次はもう少し具体的なステップにうつります。

次回もお楽しみに!

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

交際が長続きしない理由(1)束縛しすぎてしまう

2016年09月14日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

交際が長続きしない理由

(1)束縛しすぎてしまう

 

せっかく好きな人とお付き合いできたのに…

いつも長続きしない。

なぜか別れを告げられてしまう。

あるいは、自分からお別れしてしまうことも多い。

こんなお悩みはありませんか?

 

今回は「恋愛が長続きしない理由」を

5回に分けてご紹介していきます。

 

楽しい交際を続けるために、

そしてお二人の将来へ前向きに繋げていくために、

どんな意識が必要でしょうか。

5つのポイントをひとつの目安として、

ご自身に当てはめながらお読みくださいね。

 

「恋愛が長続きしない理由」の1回目は

「束縛しすぎてしまう」という問題です。

 

「相手の全てを把握していたい…」

お相手への想いが強ければ強いほど、

そう感じてしまうかもしれません。

 

しかし、忘れてはいけないことがあります。

それは「交際相手はあなたの所有物ではない」

ということです。

 

想いの強さが良い方向で伝われば、

お二人の絆は確実に強まります。

 

しかし、多くの失敗例として、

その想いの強さが「束縛」や「監視」

に向かってしまうことがあるのです。

 

  • 彼が何をしているのか不安で、何度も電話やメールをしてしまう…
  • 彼が誰と連絡しているのか心配で、携帯やPCをこっそり確認してしまう…
  • 女性の連絡先を全て消すように、彼を責めてしまった…
  • 毎日必ず寝る前に、電話かメールをするルールを強制してしまった…
  • 休日は必ずデートや旅行に行くように、彼にせがんでしまった…

 

このようなお悩みをお聞きしたことがありました。

ご紹介したお悩みは全て、大好きな彼から突然別れを

告げられてしまった女性たちのお話から抜粋したものです。

 

同じような理由で女性側から男性に別れを告げた

という事例もありました。

 

「好きな人とずっと一緒にいたい…」

こう思うことはとても素敵なことです。

しかし、自分の時間、相手の時間を分けて考えられないと、

相手の時間を全て奪わないと気が済まないような

感覚に陥ってしまうことがあるのです。

お相手はあなたのモノではありません。

 

お相手にはお相手の交友関係や一人の時間も必要なのです。

 

お相手を尊重する、という視点で考えてみましょう。

束縛しすぎていないか、少し振り返ってみるのも良いですね。

 

 

結婚したい気持ちと向き合う(2)結婚によって経験できる「良さ」

2016年05月19日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚したい気持ちと向き合う

2)結婚によって経験できる「良さ」

今回は2回目です。

結婚することの「良さ」とは何でしょうか。

結婚することのメリットという視点にも似ていますが、今回は、結婚によって精神面に表れてくる良い変化に注目してみます。

 

 

一人でいる方が気楽なことは確かに多いかもしれません。

誰に気を遣う必要もなく、自分の好きなように自分の時間を使うことができます。

しかし、自分以外の人と生涯共に過ごす、と決めた後の人生は、自分だけの時間ではなく二人の時間になります。

その分、一人でいる時よりも密度の濃い時間を経験できます。

・いつでも頼りにできる人が側にいる

・相手が大変なときには自分が守ってあげたい

このような関係性を常に感じていると、一人でいるときの何倍ものパワーを発揮することができます。

 

これはあるご夫婦の例ですが、失敗することを恐れて、人間関係でも仕事でも優柔不断な性格だった方が、結婚して信頼できるパートナーと時間を共にするうちに、大きく変化しました。

自分の気持ちを素直に、そしてキッパリと意見を言えるような性格に変化したのです。

その結果、お仕事の面でも大変成功し充実した毎日を送っておられます。

 

 

何か失敗をしたとしても、自分のパートナーが癒してくれると確信できていれば、それまでできなかったような大胆な挑戦も、思い切ってできるようになるのかもしれませんね。

 

結婚することで経験できる「良さ」とは、一言で表すと「安心感」と言えるかもしれません。

何があっても必ず自分が戻れる場所がある、と思うことで人は強くなれます。

一人でいる気楽さを捨てたとしても、その何倍も良いことが返ってくるのです。

 

今回挙げた例だけでなく、他にもたくさんの「良いこと」があるでしょう。

 

結婚したいと思ったときは、結婚したらどんな良いことがあるか、少し想像してみてください。

思い描いたことは、あなたが理想とする結婚生活にも関係しています。

 

結婚について自分がどのような想いを抱いているか、整理する機会にもなります。

婚活をスタートさせる前に、ぜひ「結婚の良さ」についても忘れずに考えてみてくださいね。

 

 

結婚前に確認しておいた方が良いこと(1)食事の時間の過ごし方

2016年05月10日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚前に確認しておいた方が良いこと

(1)食事の時間の過ごし方

今回は「食事の時間の過ごし方」についてご紹介します。

お互いに仕事の準備をしたり、自分の時間を過ごしたり、同じ家の中にいてもそれぞれ自分のことをしている時間が長いかもしれませんね。

もしも「食事の時間は一緒に過ごす」と前もって決めたのであれば、生活を共にする中で最も長い時間を占めるのは、もしかすると「食事」の時間になるのかもしれません。

毎日20分~30分の食事の時間が、朝と夜の2回あるとすれば、一日のトータルでは1時間になります。

一週間で考えれば、毎週7時間はずっと一緒に、お互い同じ場所で同じことをして過ごすことになります。

これを積み重ねていくと、とても長い時間になります。

だからこそ、「共に食卓を囲む」時間はコミュニケーションを取る大切な時間にもなります。

仕事の付き合いなどで、一緒に食事ができないこともあるかもしれません。

そのような時はお互い柔軟に理解を示せると良いですね。

相手を責めたりしないように心に決めておきましょう。

 

共働きのご夫婦の場合、食事を当番制にしているご家庭もありますし、女性側が家事を基本的に行うと決めたご家庭もあります。

お仕事をしながら食事の支度をすることは、色々と負担もあるものです。

食材の買い出しや家の中の在庫管理なども含めて、食事の用意に関連する作業は、意外と重労働と言えるような部分も多いのです。

 

何か緊急の用事ができてしまい、夕飯を一緒に食べられない日もあるかもしれません。

そのような時には、お互いにきちんと連絡できると良いですね。

  • せっかく夕飯を準備して待っていたのに、外で食べてきたと言われた…
  • 夕飯を外で一緒に食べる約束だったのに、忘れられてしまった…

上記のような理由で喧嘩になるご夫婦は多いのです。

昔と違って、今は誰でもすぐに連絡できる方法を持っていますので、「ちょっとだから」とか「後で連絡すれば」という意識は捨てておきましょう。

予定が変わった時点で連絡をしておくと安心です。

予定が変わった時には、「約束したのに!」と相手を責めないようにしましょう。

結婚前にある程度、こんな時はどうするか、とシミュレーションをしておくと良いですよ。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は

結婚したら趣味の時間が取れない気がする…

2016年04月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚したら趣味の時間が取れない気がする…

 

「結婚って縛られる感じがする。自分の時間が取れなくて、窮屈じゃないの?」と言う方がおられます。しかし、ご自分の趣味の時間が取れなくなることを、それほど心配する必要は無いかもしれません。

結婚されてからもそれぞれの趣味に全力投球するご夫婦もおられます。

お互いの友人と知り合い、新たな交流を深める方々もおられますし、結婚後に二人で楽しめる趣味を見つけた方々もいらっしゃいました。

 

 

結婚前とは楽しみ方が少し変わるかもしれませんが、そこでまた新たな発見があることでしょう。

何かどうしても譲れない自分のこだわり(や趣味)があるなら、事前に話しておきましょう。

相手を自分の趣味に誘ってみることもできるかもしれません。

一人で過ごすよりも二倍の楽しみが増えるのが結婚の良さです。そして辛いときは、相手に支えてもらうことで苦しみが半分になります。

 

二人で一緒にいることで「良いことは二倍に、悪いことは半分に」そのように思えるお相手との結婚を、前向きに考えていただければと思います。

 

相手への「愛情」と「気遣い」さえ忘れなければ、結婚生活が始まった途端に我慢が増えるというようなことは決してありませんよ。

 

 

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

結婚してみたら…①会話が続かなくなった…

2016年03月18日

 婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚してみたら…会話が続かなくなった…

 

恋愛期間中は毎日楽しかったのに、結婚してみたら何だか違う気がする…

 

こんな悩みを抱えておられる方が実は大勢いらっしゃいます。

 

「会話が続かない」という悩み

結婚前のデートでは話が尽きなかったのに、一緒に暮らし始めたら生活時間が合わないし、何より会話が続かなくなった…

お辛いですね…。

 

恋愛期間中であれば、デートのために取り分けた時間をお互いのために全力で使います。

 

毎日一緒にいられない分、話したいことも当然たくさんあるでしょう。

 

しかし、生活を共にするとなると状況は変わります。

 

仕事で疲れていたり、体調が優れなかったり、イライラするときなど、どんな状況も共有していかなければなりません。

 

楽しい時は一緒に盛り上がることができますが、調子が悪いときは一緒にいるのが辛くなることもあります。

 

しかし、いつでも味方であり続けるという気持ちを持っている限り、調子の悪いときも共に支え合うことが可能です。

まさに「病める時も健やかなる時も」ですね。

 

会話が続かないときは、無理に何か話そうとしなくても大丈夫なのですよ。

 

「おはよう」

「おやすみ」

「いってらっしゃい」

「おかえり」

などの基本的な挨拶は必ず続けましょう。

 

 

相手の体調が悪そうだなと感じ取ったときには「体調は大丈夫?何か必要だったら言ってね」

と優しく伝えてみましょう。

 

たまには一人の時間が必要なときもありますので、相手の状況をよく見て判断することが必要です。

 

そして自分が一人でいたい気分の時は「ほっといて!」と言い放つのではなく、「落ち着いたら相談させてほしいんだけど…今は少し自分で考えてみるね。」というように、相手を思いやる声かけを意識すると良いでしょう。

 

ほんの少しの心がけで会話が楽しく変わりますよ。

 

 

 

  • ご予約はこちらから