結婚生活

結婚生活が楽しく感じられない理由(1)コミュニケーション不足

2018年02月10日

今回から5回に分けて,「結婚生活が楽しく感じられない理由」というテーマで考えていきましょう。第1回目は「コミュニケーション不足」の問題について取り上げます。

 

こんなお悩みはありませんか?

 

  • 会話がいまいち盛り上がらない…
  • 無口な相手に嫌気がさす…
  • 会話の波長やリズムが合わない…
  • 笑いのツボが全く違う…

 

結婚生活が始まったばかりの頃には思ってもいなかった「マイナス面の発見」によって、相手に対する気持ちが変わってしまうことがあるかもしれません。

 

 

最も深刻なのが「会話が噛みあわない」ケースです。

ではここで質問です。結婚後、会話が噛みあわないことに気づいた場合、

(A)最初から噛みあわなかった

(B)徐々に噛みあわなくなった

どちらの可能性が高いでしょうか?

 

多くの場合、(B)の「徐々に噛みあわなくあった」方が目立ちます。

結婚当初はお互いに、「思いやり」「歩み寄る努力」「側にいてくれることへの感謝」などを意識して毎日を楽しむことができます。しかし、次第に日々の生活に追われるようになると、

「イライラ」「全てこちらのやり方に合わせてほしい」「一緒にいても楽しくない」「面倒だから一人にしてほしい」という気持ちになってしまうのです。

 

このような気持ちのまま会話をしても、弾まないのは当然です。

なるべく関わらないようにしよう…と思ってしまうかもしれません。

それでもまだ、夫婦仲を良くする方法はあります!

まずは相手の行動を観察してみましょう。日常の些細なことでも、感謝できるようなことが見つかるかもしれません。あるいは、あなたがうまく伝えられていないことで、何か誤解が生じていることもあるかもしれません。

「言わなければ伝わらない」ということを常に意識して相手を見ていると、ハッと気づく瞬間がやってきます。ボタンのかけちがいの原因が見つかるはずです。

相手に関心を持ち、自分の気持ちを伝え相手の話も聞く。そうすれば、コミュニケーション不足は自然と解消していけますよ。少しずつ努力してみましょう!

 

埼玉県日高市の結婚相談所 ブライダルカレッジ

上田奈央子

交際しても長続きしない原因は?【女性編】(1)相手にワガママを言いすぎていませんか?

2017年06月29日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

交際しても長続きしない原因は?【女性編】

1)相手にワガママを言いすぎていませんか?

 

「交際しても長続きしない原因」についての【女性編】、第1回目です。

はじめに、読んでいただきたいものがあります。以下の内容を読み、自分にどのぐらい当てはまるか、考えてみてください。

4段階で印をつけても良いですね。

 

とてもあてはまる(◎)・あてはまる(○)・なんとなく違う(△)・全く当てはまらない(×)

 

・相手には、ありのままの私を理解して受け入れてほしい。

・私のことが好きなら、お願いしたことは全部やってほしい。

・一日中、私のことだけを考えていてほしい。毎日の連絡は必須。

・休日のデート、記念日のデートには、必ずサプライズしてほしい。

・自分以外の異性とは、一切関わらないでほしい。連絡先も消去してほしい。

・仕事を理由にデートをキャンセルする人とは、絶対に付き合いたくない。

・結婚を意識した付き合いがしたいので、相手の親にもすぐに会わせてほしい。

・自分の友人には会わせたくないけど、相手の友人には会わせてほしい。

・自分の交友関係には口を出さないでほしい。でも、相手の交友関係は知りたい。

・相手の予定に合わせるより、自分の予定に合わせて色々決めたい。

 

いかがでしたか?

実はこれは、「あなたのワガママ度」を確認するための質問でした。

とてもあてはまる(◎)が多かった方。

もしかすると、「君のワガママには疲れてしまう…」と言われたことはありませんか?

あてはまる(○)が多かった方。

「君は本当にワガママだね…」なんて言われたことはなかったでしょうか?

なんとなく違う(△)全く当てはまらない(×)が多かった方は、もしかすると我慢しすぎていることがあるのかもしれません。

自分の気持ちを伝えられていますか?

 

ワガママが全ていけないわけではないのですよ。

ただ、ワガママの「可愛い伝え方」を学ばなくてはいけません。

相手のことが好きなら、「自分のことを受け止めてほしい」「自分だけを見ていて欲しい」と思うのは自然なことです。

しかし、相手の気持ちや相手の置かれている状況を無視して自分の要求ばかり押し付けてしまうと…なかなか長続きする交際には至らないことが多いかもしれません。

可愛いワガママについては、「あなたのわがままを可愛く変える5日間の無料レッスン」がオススメです!

ぜひお試しくださいね。

タラレバしていませんか?(1)あの時の相手と結婚できていれば…

2017年04月04日

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(1)あの時の相手と結婚できていれば…

今回は「タラレバ」の感情とうまく付き合う方法を5回に分けてご紹介していきます。

 

「~だったら」「~してれば」という口癖は女性に多いように思われるかもしれませんね。

しかし、皆様のお悩みを見ていますと、恋愛・結婚に積極的になれない男性も実は「タラレバ」予備軍のことが多いのです。

 

今回は「過去の恋愛」というキーワードで考えていきましょう!

昔お付き合いしていた方がどうしても忘れられず、「あの時手放さなければ…」「あの人と結婚していれば…」と思ってしまう方も少なくありません。

 

誰かとお付き合いをした経験がある場合は、誰もが一度は考えたことがあるかもしれませんね。

 

●現在、恋をしていない…または恋愛から遠ざかっている
●今の恋愛(交際相手)に満足していない…
●相手にひどい振られ方をした…
●自分勝手に相手を振った…
●元恋人が結婚したことを知った…

いかがでしょうか?

 

現状で恋をしていなかったり、恋愛からしばらく遠ざかっていたりすると、過去の「楽しかった恋愛」のフォルダを引っ張り出してしまうことが誰にでもあります。

また、今の生活に不満がある場合、なんとなく「昔の方が良かった気がする」と逃げ道を探してしまうことがあるのです。

 

直面している問題を整理するよりも、「昔と今」の比較に忙しくなってしまい、現実の世界よりも「あの人とやり直せたら…」という妄想の世界に魅力を感じてしまうようになります。

「あの時は楽しかったなぁ…」

「あの人、まだ独身かな?」

「自分の方があの人にはふさわしいはず…」

「何とか復縁できないかな…?」

 

こんな風に過去の相手にことばかり考えるようになると、なかなかそこから抜け出せなくなり、「復縁」という妄想から逃れられなくなります。

 

その結果、相手に何とか連絡をしようとしたり、復縁を迫ってしまったり、「あの人以上の相手にはどうせ出会えない」と諦めモードになってしまったり…ということも起こってしまうのです。

 

これでは前に進めませんね。

「過去と決別する」ことが、タラレバから抜け出す最善の方法です。

少しでも思い当たる方は、勇気を出して過去を捨ててみましょう!

少しずつ道が拓けてくるはずですよ。

 

 

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【女性編】

2017年02月09日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【女性編】

2回目は「遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?」の女性編です。

「可愛いね!」「綺麗だね!」「気が利くね!」「頑張り屋さんだよね!」
色々な場面でこんな褒め言葉を言われることがあるかもしれませんね。
誰かから褒められたとき、あなたはどのように反応していますか?
「全然そんなことありません!恥ずかしいです!」と答えますか?
それとも…「いえいえ…恥ずかしいです…。でも、そんな風に言っていただけて嬉しいです。」
と御礼を言いますか?

 

女性の場合、周りの目線が気になってしまうと、褒め言葉を素直に受け止められなくなることがあるかもしれません。

あるいは、褒め言葉には裏があるのではないか…と警戒してしまうこともあるでしょう。
●素直に御礼を言ったら「調子に乗ってる」と思われちゃうかも…
●本心からの褒め言葉じゃないかもしれない…もしかして嫌味?
●褒められるのって慣れてないし…ちょっと信用できない…
●きっとみんなに言ってるのね…私が褒められるはずないもの…

でも、少し待ってください!あなたはチャンスを逃しているかもしれません。
褒められたということは、あなたが周りに何らかの良い印象を与えている、ということです。
それについて「良いですね!」と褒めてもらったのに、それをその場で全否定してしまうと、褒めてくれた相手にも恥をかかせてしまいます。

褒められたときは、「ありがとうございます!」と心を込めて御礼を言いましょう。
あるいは、「あまり褒められたことがないので緊張してしまいました。でも、ありがとうございます!」と少し控えめに御礼を言うこともできますね。

褒め言葉を言われたときは「遠慮」しすぎずに、褒めてくれた相手に感謝する方が、その様子を見ていた周りの人からも「素直でいい人だな…」「良いところを見つけたら自分も褒めてあげたいな!」と思ってもらえるのです。

気になる異性から褒められたときは、恋が始まるチャンス…!?…かもしれません。
「とっても嬉しいです!」と笑顔で御礼を言えると良いですね。

褒められた=好意、とは言い切れませんが、あなたのことを評価してくれたことは事実なのです。

マイナスに受け止めず、「それならもっと頑張ろう!」とプラスの力にしていきたいですね。

今回は女性にありがちな「褒め言葉への遠慮」について取り上げてみました。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【男性編】

2017年02月07日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【男性編】

 

今回は「遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?」というテーマで男性編をお送りします。

 

気になる人、好きな人、お付き合いしている人…

それぞれ状況は違うかもしれませんが、「ああすれば良かった…」「こうすれば良かった…」と思うことはありませんか?

  • 後少し勇気を出せば食事に誘えたのに…
  • あの時「好きです」と言えば前に進めたのに…
  • もう少しはっきり自分の気持ちを伝えれば良かった…

誰にでも失敗や後悔はありますよね。

後で振り返ってみると、もっとうまくやれた気がするのに…と思い出しては落ち込むこともあるかもしれません。

 

 

「相手を気遣う」ことや「空気を読み取る」ことは、人間関係においても恋愛においてもとても大切なことですが、実はもう一つ、忘れてはいけないことがあります。

それは「遠慮しすぎない」というポイントです。

出すべき時には勇気を出さなくてはいけません。

  • 彼氏がいるかもしれないし、迷惑に思われたら困るし…
  • 明日も忙しそうだし…今日は誘うのをやめておこう…
  • どうしても嫌なことだけど、彼女のためには受け入れなくては…

 

相手のことを考え過ぎたり、相手に嫌われたくないという気持ちが強すぎたりすると、後一歩を踏み出せないことはありませんか?ここに共通している気持ちは「遠慮」のしすぎです。

 

 

相手の気持ちや状況を考えずに自分の気持ちや要求だけを押し通そうとするのは、もちろんNG項目ですが、遠慮しすぎてしまうと、冒頭に挙げたように「ああすれば良かった。。。なんであの時あと一歩踏み込めなかったんだろう…」「なんでいつも俺ってこうなんだろう…」と後悔ばかりが増えてしまうかもしれません。

 

☆告白を迷っているときは、振られてしまう可能性、振られた後の関係性も考えておくこと。

☆デートの誘いを迷っているときは、断られた時のフォローや代替案を用意しておくこと。

☆交際中の彼女との将来を考えているときは、相手と自分の温度差は無いか見極めること。

☆彼女にお願いしたいこと(してほしいこと・やめてほしいこと)は、言葉を選びながらもはっきり伝えること。

色々な注意点はありますが、まずは勇気を出すことが大切です!遠慮しすぎているな…と思ったら少しだけ大胆になってみましょう!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(5)褒めるテクニックを磨く

2017年02月05日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(5)褒めるテクニックを磨く

 

5回目は「褒めるテクニック」について考えてみましょう。

 

 

誰でも、褒められて嫌な気持ちになることは無いですよね。

「すごい!」「頑張ってるね!」「偉いね!」「さすが!」

こんな風に褒められて嬉しかったときのことを思い出してみましょう。

 

褒めるテクニックは「モテる要素」とも大きく関係しています。

しかし、伝え方を間違えると、「本当にそう思ってる?」「お世辞なんじゃないかな?」と思われてしまうこともありますし、薄っぺらい印象を持たれてしまうこともあります。

 

また、異性に対しては特に気を付けなければいけないポイントがあります。

 

それは、外見のことを褒めすぎてしまう、という失敗です。異性に対して外見的な特徴を褒めすぎてしまうと「狙われている?」とか「ちょっとセクハラっぽい」「ジロジロ見ないでほしい」「こっちは興味ないから…」などと思われてしまうこともあります。

 

これでは、せっかく考えて褒め言葉を発しても逆効果になってしまいますね。

モテる「褒め方」を身に着けるためには訓練や覚悟が必要です。

細かなポイントは幾つかありますが、最も大切なのは、相手の受け取り方を考えて言葉やタイミングを選ぶことです。

そして予想と反して喜んでもらえなかったときには、フォローもしなくてはいけません。自分の言葉に責任を持つ覚悟も必要なのです。

○この表現や言い方は適切だろうか…?

○このタイミングで伝えても良いだろうか…?

このように考えてから、きちんと計画を練ることも最初のうちは必要です。

 

慣れてくれば自然に非常に良いタイミングで、尚且つ相手の負担にならないような表現で「褒める」ことができるようになります。

相手が少し戸惑った様子のときは、無理に褒めるのではなく様子を見るようにしましょう。

 

相手の様子をきちんと観察したり、相手の気持ちを考えることも「モテる要素」に繋がります。

 

心地よい褒め言葉を伝えられるようになるにつれて、会話術も次第に磨かれていくことでしょう。

コミュニケーション能力が向上すれば、人を楽しませる会話ができるようになります。

 

これまでにご紹介した5つのポイントを実践できれば、気づいたときには「モテる人」になっているかもしれません。

ぜひお試しくださいね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(4)どんな人にも丁寧に接する

2017年02月03日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(4)どんな人にも丁寧に接する

 

4回目の今日は「どんな人にも丁寧に接する」というテーマで考えていきたいと思います。

 

ふとしたときに出る態度。

実は色々な人に見られていることをご存知でしょうか?

○お店の人に対する態度

○電話口の態度

○上司・同僚・部下への態度

○同性への態度

○異性への態度

 

日々生活していく中で、様々な場面が想定されることでしょう。

 

自分はお客だから…という気持ちでいると、お店の人に対して横柄な態度をしてしまうかもしれません。

「遅い遅い!はやく持ってきて!」

「違うじゃん!しっかりしてよ!」

「もういいわ!いらないよ」

こんな声が店内で聞こえてきて、心が痛んだ経験はありませんか?

あなたは同じようなことをしてはいませんか?

 

勧誘の電話にはキツく厳しい口調で拒絶、取引先の電話だけは感じよく丁寧に…というように、人や状況によって丁寧さを変えてしまうことはないでしょうか?

 

受話器を置いたり、電話を切るときにもイライラした態度で投げやりな態度をしてしまうことはありませんか?

 

意に沿わないことが起こったときに暴力的になる人なのでは…と思われてしまうかもしれません。

 

上司には媚びるけれど、同僚や後輩には雑に接したり高圧的な態度をとったり…というようなことはないでしょうか?

上にだけ良い顔をしようとする裏表のある人、と評価されてしまうことがあります。

これでは仲間の信頼を勝ち取ることができませんね。

 

異性と接するときだけ良く思われようと、普段とは違う自分を見せようと必死になってしまうことはないでしょうか?

同性には批判的で異性にだけ肯定的、というような態度でいますと、モテるためには態度を平気で変える人、と評価されてしまうこともあります。

どんな時も、どんな人にも、できるだけ丁寧な言葉づかいや行動を心がけることで、ご紹介したような失敗は減らせます。

モテる要素には「人間性」も欠かせませんね。

誰にでも平等に接することで人としての魅力を高めることができますよ。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

2017年02月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

3回目の今日は「内面」に目を向けていきたいと思います。

どんなに身なりを整えていても、表情が険しいとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことがあります。

きちんとした服を着て清潔で爽やかな見た目を意識していたとしても、表情への意識が抜けている人は意外と多いものなのです。

知り合いのある女性のお話をご紹介します。

その方はとても整ったお顔立ちをしていました。

お洒落にも気を遣っていましたし仕事も一生懸命していて努力家でした。

素晴らしい要素をたくさん持った優秀な方だったのですが、一つだけ困った癖がありました。

周りの人たちの悪い部分を見つけては悪口を言ってしまうのです。

そのような話をするときは常に眉間にシワを寄せて強めの語調でお話しされるので、彼女の周りの人たちは怖がっていました。

「○○さんは…喋らなければ本当に素敵な人なのに…」

こんな悲しい評価も聞こえてきていました。

なんだか勿体無いですよね。

 

外見的にはとても似たお二人がいたとします。

お一人はいつも不機嫌そうな顔、もう片方の方はいつも笑顔いっぱいの顔、だとしましょう。

 

あなたはどちらの方と仲良くなりたいと思うでしょうか?

 

答えは言うまでもありませんね。

 

明るい表情でいる方とお友達になりたい、と思うはずです。

笑顔でいれば自然と周りの人を癒すことができます。

笑顔は周りの人を引き寄せる力があるのです。

「どんな人なんだろう?」

「もっと知りたい!」

このように感じてもらうことは、モテるためには欠かせない最初のステップです。

 

あなたに興味を持ってもらうこと、そして近づきやすい雰囲気を作ること。

この2つが最初は必要です。

 

まずは何も意識せず鏡を見てみましょう。

どんな顔をしていましたか?

口角は下がっていましたか?

眉間にシワは寄っていませんか?

 

自分の顔を見て「あれ?こんな表情だったかな?」と思ったかもしれませんね。

忙しいときや疲れているときは、なかなか自分の表情まで意識できないこともあります。

 

しかし、自分の表情をチェックする習慣を身に着けておくと、怖い顔のままでいる時間を短くすることができます。

服装を整えるのと同じように、自分の表情も整えていきましょう!

 

笑顔を心がけるだけで、気持ちも自然と前向きになります。

健康的な食習慣や適度な運動をするのと同じくらい大切なのが「心を健康にしておくこと」なのです。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(2)「これでいいや」な見た目を卒業する

2017年01月31日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(2)「これでいいや」な見た目を卒業する

2回目は自分の「見た目」に注目してみましょう。

 

「あー着替えるのが面倒くさいな…今日もこれでいっか…」

「寝癖が直らないけど…セットするのは面倒くさいからいいや…」

「どうせ仕事に行くだけだし…この服でいいや…」

「アイロンかけ忘れた…でもジャケット着れば隠れるからいいや…」

「あれ?靴下に穴が開いてる!でも靴履けば分からないからいいや…」

「疲れたなぁ…マスクしてしまえば顔は隠れるし、今日は眉毛だけ書けばいいや…」

「お風呂入り忘れたけど…とりあえず着替えればいいや…」

 

思い当たることはありましたか?

 

どれも「これでいいや」な気持ちから発せられた言葉です。

「モテる」人になるには、「見た目」を整えておくことも大切です。

「これでいいや」なものを身に着けたり、「これでいいや」な状態でいたりすると、自分の気持ちまで「これでいいや…」という諦めの感情に支配されるようになります。

 

諦めモードの見た目でいるときは、気分も乗らないかもしれません。

しかし、お気に入りのもの・心がときめくもの・自分に似合うもの、を選んで身に着けていると、いつもより高揚した気持ちになれるかもしれません。

 

気持ちが弾めば、表情にも明るさが加わり行動も積極的になります。

 

好きなものを身に着けていれば、自分のことを好きになれるかもしれません。

自分に自信を持てるようになりそうですね!

 

自分に合った見た目が分からない…という方は、誰かに褒められた服装・髪型・メイクなどを基本にして、様々なパターンを作っておくと良いかもしれませんし、洋服や髪型、自分に似合う色合いが分からず困ったときは、お店の方に相談することもできます。

 

お洒落な友人の助けを借りることもひとつの方法と言えるでしょう。

大人として恥ずかしくない見た目、という基準も大切でね。

 

TPO(時[time]・所[place]・場合[occasion])をわきまえつつ、あなたらしい素敵な「見た目」を整えていきましょう。

 

人の印象は見た目が9割とも言われています!!

 

清潔に整えておくことは基本中の基本ですが、それに加えて「自分に自信がもてる見た目」も目指してみましょう。

色々挑戦しながら自分の形を見つけてみてくださいね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

 

恋人が欲しいあなたへ…春までにしておきたい準備【男性編】

2017年01月25日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

恋人が欲しいあなたへ…春までにしておきたい準備【男性編】

 

恋人が欲しい…でもなかなかできない…

また今年も彼女ができないのかな…

 

こんな悩みを抱えていませんか?

 

今回は男性に向けて「春までにしておきたい準備」をご紹介していきたいと思います。

 

 

春は出会いと別れの季節…と言われることもありますよね。

 

職場にも春からの新しいメンバーが加わったり、別の部署に異動する方がいたり退職する方がいたり…と様々な変化がありますし、転勤や引っ越しなども多くなる季節でもあります。

 

こんな時は、実は出会いのチャンスがたくさん隠れています。

 

「もう会えない…」と思うと、誰かを好きな気持ちに気づくこともありますし、物理的な距離で交際中のお相手との気持ちが離れることもあります。

新しい仕事も増えるので、緊張もあるかもしれません。

 

そうです。

春は「変化の季節」なのです!

 

新しい年度が始まるこの季節は、実際にはお正月よりも変化が激しい時期かもしれません。

仕事も忙しくなりますので、心身共にコントロールが必要になりますね。

 

春までにしておきたい準備…

それは、「するべきことをきちんとこなす」という決意です。

変化の波に飲み込まれて自分の目標やするべきことを見失わないように、平常心を保てるよう意識してみましょう。

 

そうすることで、新しい仕事が増えても新しい人と出会っても、安定感を保ったまま、あなたらしく様々なことに向き合えます。

 

自分が落ち着いていられると、周りの人を手助けしたりフォローしたりできるのではないでしょうか?

 

気配りは安定感から生まれます。

少しの事では動じない姿勢は、誰から見ても頼もしいものですし、とても魅力的です。

変化の季節だからこそ、安定感のある「頼れる男性」を目指してみませんか?

出会いの季節だから…と恋人探しで浮かれてしまう人に差をつけるチャンスですよ。

 

目の前のことにじっくりと取り組むあなたの姿を、しっかり見てくれる方が必ずいます。

 

春だからこそ、自分自身を整えて「安定感」を身に着けたいものですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

  • ご予約はこちらから