女性の悩み

相手に対するイライラが止まらない理由(4)他の家庭と比較してしまう

2016年11月10日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

4)他の家庭と比較してしまう

 

4回目の今日は「他の家庭と比較してしまう」

という理由を取り上げていきます。

前回と同様に,お二人の間ではなく、

外部からの影響によるイライラの種類です。

 

どんな方でも他の人の生活は気になるものですよね。

自分以外の人がとても幸せそうだと「羨ましいな~」と思いますし,

反対に不幸そうであれば「大変そう~。うちは安心だけど。」

というように他の人の大変さを見て自分の方がマシだと

考えて安心したりしてしまうものです。

 

一度この比較グセが身に付いてしまうと、

どんなことでも比較するようになります。

 

それがネガティブな比較になると,以下のように不満でいっぱいの毎日になってしまうことでしょう。

  • 友達の彼は記念日に必ずお祝いしてくれるのに…!うちは…
  • 友達は豪華な結婚式をしたのに…うちはまだ式すら挙げていない…
  • 友達のご主人は家事を積極的に手伝ってくれるらしいのに…!うちの旦那ときたら…
  • 友達は出産後に職場復帰がスムーズにできたみたい…それなのに私は…
  • 友達の子供はメディアでも話題の塾に通っているみたい…うちにはそんなお金がない…

 

どんなことでも「あの人はあんなに羨ましい生活をしているのに…私はなんで!」と怒ったり、

「あんな風にできない私はダメな人間…」と落ち込んでしまったり。

日々のプラスの出来事にも気づけなくなってしまいます。

 

そして、どうしようもなくイライラしたり落ち込んだときに、

その原因を恋人だったり結婚相手だったりに押し付けて

しまうようになります。

 

「あなたのせいで…!」

「あなたと一緒にいるからこんなに不幸…」

「あなたがちゃんとしてくれないから、私はいつもみじめ…」

 

こんな風にイライラの原因は自分の比較グセにあるにも関わらず、

お相手を責めてしまうのです。

少しでも比較してしまう傾向に気づいたのであれば、

今すぐそのクセを断ち切りましょう!

周りのことは忘れて、お相手がいつもしてくれること、

あなたがいつもお相手に感謝していること、

などプラスの出来事を思い出してみましょう。

 

周りと比較してイライラするよりも、

お相手との絆を深めることにエネルギーを使えると良いですよね。

その方が、二人とも笑顔でいられますし、

家庭の中も温かな雰囲気に包まれるはずです。

ぜひお試しくださいね。

 

結婚前の不安はありますか?(4)結婚式のことで揉めてしまう…

2016年10月22日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

4)結婚式のことで揉めてしまう…

 

4回目のテーマは「結婚式」です。

結婚式となると、両家の希望がぶつかることがあります。

また、ご本人同士の考え方の違いから喧嘩が増えてしまうことも

あるかもしれません。

 

全く問題なくスムーズに進むこともありますが、

ほとんどの場合は、費用から始まり式場の場所や招待客のことなど、

様々な場面で両家の希望やご本人同士の希望がぶつかるものなのです。

 

友人を招待する際も、どの程度の友人まで招待するのか。

幼馴染や昔からの親友だけに絞るのか、学生時代の友人も含めるのか。

職場の関係者はどの程度招待するのか。

そして、双方の親戚をどこまで招待するのか、などなど。

地域によっては、親族ではない地元のお付き合いのある方を

招待する風習が残っていることもあります。

引き出物も、伝統的な決まり事がある場合もありますし、

書き出すとキリが無いほど、色々なことを決めなくてはいけません。

招待客が決まった後も、招待状の文面、席順や演出の仕方、

新郎新婦の衣装の決定、音楽選び、など、

さらなる多くの決め事が待っています。

 

「親族のみ」を中心とした落ち着いた式にしたいのか、

「盛大に」豪華な式にしたいのか、最初の段階から双方の家族の

意見がまとまらないこともあります。

 

式を挙げなくてもいい、と考える親御さんもおられますし、

本人同士が入籍だけで良いと考える場合もあります。

 

このような時、なるべく気まずい思いをせずに前向きに

準備を進めるためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

これには、あなたにもお相手にも努力が求められますが、

一番良い方法は「妥協点」を見つけることです。

妥協点を見つけることは諦めではありません。

 

結婚式は家同士のお披露目という意味合いが非常に強いので、

両家の希望をうまく着地させ両家の間にしこりを残さないように

することが重要です。

 

子供同士の結婚を機に、新たな関係ができるわけですから、

最初はお互いの家の考え方が合わなくて当然ですよね。

 

これから結婚をするお二人にできることは、

両家が気まずくならないように

「調整役」として賢く行動することです。

 

相手の親御さんへの不満を自分の親に伝えたり、

これから人生を共にするパートナーに感情をぶつけたりしてしまうと、

状況はより深刻になりますのでご注意くださいね。

 

自分の希望だけを押し通すのではなく、お互いの考え方、

お互いの親の希望なども考慮しながら、

みんなで笑顔になれる方法を見つけられると良いでしょう。

 

結婚前の不安はありますか?(2)婚約後に気まずくなってしまった…

2016年10月19日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

2)婚約後に気まずくなってしまった…

2回目の今日は、「婚約後に気まずくなってしまった…」

というお悩みを解決していきましょう。

  • 婚約が決まった途端に、相手の様子がおかしくなった…
  • 結婚を決めたことを後悔しているように感じてしまう…

 

通常のお付き合いとは異なり、婚約が成立すると

「婚約者」として正式な関係がスタートします。

 

婚約期間中に問題が起こった場合には、

婚約破棄に至った際に慰謝料を求められる場合もあります。

それほど、婚約は大切な契約としての意味があるのです。

 

お相手の様子がおかしい…と感じる理由を考えてみましょう。

また、あなたはお相手に対して婚約前と同じように接しているか、

自分の行動を振り返ってみましょう。

 

「恋人」から「婚約者」になると、これまでの関係に変化が現れます。

 

人によっては急に窮屈さを感じるようになり、

結婚への不安が期待感よりも大きくなってしまうことも

あるかもしれません。

 

「これからこの人と結婚するんだ…」

と相手を見ると意識するようになるため、

婚約前とは相手の存在感が変化するのかもしれませんね。

そのような重圧から、独身前に思い切り遊んでおきたいと考えてしまい、

残念な選択をしてしまう方もおられます。

 

その結果、悲しいことに破局してしまった方々もおられました。

せっかくのご縁を無駄にしてしまうのは、あまりにも残念ですね。

 

結婚に向けて色々と書類の準備をしたり、

結婚式の計画を立てたり、

転居する場合はその準備を始めたり、

色々な作業が必要になるため、

面倒に感じてしまう方がおられるのも事実です。

 

全ての準備を整えるのは大変なこともあるでしょう。

 

しかし、新しいことを始めるときは慣れない作業で

苦労するのは当然のことと言えるかもしれませんね。

これはどんなときも同じです。

 

期待と不安が入り混じった複雑な気持ちを抱くのも、

自然なことなのです。

 

婚約後に相手との関係が変わってしまったように感じた場合は、

その気持ちをお相手に率直に伝えてみましょう。

感情をぶつけるのではなく、期待と不安があることを、

素直に、そして丁寧に伝える方が効果的です。

 

「婚約してから、なんだか緊張しちゃって…

あなたはそんな気持ちになることない?」

こんな風に話を切り出すこともできますね。

 

何かとても大きな問題があり結婚が難しくなった場合には、

一度婚約を解消することもできます。

 

しかし、まずはリセットしてしまう前に、

一度じっくりと話し合いをしてみましょう。

不安に感じるのはあなただけではありません。

安心してくださいね。

 

結婚前の不安に対処するために(2)言いたいことを言えるか?

2016年08月06日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(2)言いたいことを言えるか?

 

2回目は「言いたいことを言えるか?」という問いについて考えてみましょう。

言いたいことを言う=何でもわがままを言う、ということではありません。

 

「自分の希望や考えを彼に伝えることができるか」「彼はあなたの話に耳を傾けてくれるか」このような点が重要になります。

 

あなたが自分の考えを伝えても、「俺が全て決める」という態度であなたの気持ちを全く受け止めてくれない場合には、結婚を前提としたお付き合いについて一度冷静に考えてみる必要がありそうです。

お二人の関係を見直すことも必要です。

 

大切なこと、二人で話し合わなくてはいけないことが、結婚直前や結婚後にはたくさん出てきます。

 

二人で新しく人生をスタートさせるということは、たくさんのことを二人で協力しながら手さぐりで進めていくことを意味しています。

 

 

きちんとした「話し合い」ができない関係のまま結婚をしてしまうと、後々とても苦労することがあります。

 

全て彼の判断に従うか。

あるいは、あなたが全て決めることになるかもしれません。

これでは、何かうまくいかなくなったときに、どちらかに責任を押し付けた酷い言い争いになることもあり得ます。

  • 彼ときちんと話し合いの時間を持つことができているか。
  • 言いづらいことでもお互いに冷静に話し合えるか。
  • 互いの意見を尊重できるか。

 

色々と自分自身に問いかけてみると良いかもしれませんね。

話し合いが既にできるお二人であれば、結婚後も、色々な場面で相談しながら物事を進めていけることでしょう。

 

少し改善する必要がある場合には、今からでも遅くありませんので、話し合う努力をしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

結婚式を計画されている方は、特に、色々と話し合わなくてはいけない状況が増えていきます。

 

なかなかお互いの気持ちが分からず、気まずい雰囲気になることもあるかもしれません。

 

しかし、そのような時は「もう少しきちんと話し合いたいんだけど…」あなたから切り出してみましょう。

そうすることで、会話の糸口を見つけることができます。

 

あなたから働きかけても、彼が全く協力的でない場合には、あなたが感じているその不満を、しっかり伝えることも大切です。

思いやりの心を持ちつつ上手に伝えてみましょう。

 

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

結婚準備で気を付けたいこと(5)結婚式について

2016年06月22日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備で気を付けたいこと

(5)結婚式について

5回目は「結婚式について」考えていきましょう。

 

婚姻届を提出して何年か経ってから、節目として結婚式を行う方もおられますし、

「○年目の記念に」というかたちで写真撮影だけ行う方もおられます。

 

お互いの気持ち、両家の意向などを確認して、こちらも慎重に決めていきたいテーマです。

 

実際に結婚式を執り行うと決めた場合には、様々な決め事が出てきます。

○費用について

○結婚式の日時

○結婚式場の決定

○引き出物(種類・金額)

○招待客のリスト

 

挙式の種類も様々です。

教会(チャペル)式、神前式、人前式、仏前式など、日本では宗教と関わりなく、様々な挙式スタイルが選べるようになっています。

 

結婚式の会場も、その地域で代表的な会場で行うのか、ゲストハウスやレストランなどを利用してアットホームな形式にするのか、自由に選べます。

 

基本的には、お二人で相談して決めていくことになりますが、親戚が多い場合、地域の風習が根強い場合、またお仕事の関係の招待客が多くなる場合は、斬新なものよりも、やや伝統的なものを好む方が多いそうです。

引き出物等についても地域の伝統に従う方が多いようですので,色々と調べることが出てきそうですね。

 

ウェディング・プランナーの方はその道のプロですので、迷ったときは細かいことでも事前に相談しておきましょう。色々なことを考えて最善のプランを提供してくれます。

 

会場の見学プランもたくさん提供されていますので、お出かけのついでに彼と二人で複数の会場を見てから決めても良いかもしれません。

 

結婚式は、周りの方に自分たちの結婚を認めてもらう大切な式、という意味合いがあります。

 

自分たちのために行うものではありますが、両家にとっては、息子と娘の晴れ舞台という、お披露目の意味が強いものでもあります。

 

招待客の顔ぶれによっては、結婚式の内容で失礼な演出が無いような配慮も必要です。

 

楽しく笑顔で素敵な結婚式を行えるように準備していきたいですね。

結婚式の準備はとても大変ですので、二人で協力できるように、彼にも可愛くお手伝いをお願いしてみましょう。

 

結婚式の日取りはいつがいいの?

2016年05月02日

 婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚式の日取りはいつがいいの?

 

交際が順調に進み、ご両親へのあいさつもすませると

そろそろ結婚式の日を決めなくてはなりません。

 

結婚式の日取りで人気なのは6月と10月です。

もともと結婚式を6月に挙げるというのは

6月に結婚すると幸せになるというヨーロッパの言い伝えで、

いわゆるジューンブライドから始まっていますね。

 

その時期は日本では梅雨ですが、こういった理由から6月に結婚式をあげる人が多いのです。

そのため、日本で結婚式の日取りで一番人気がある日は、6月の大安吉日だとのことです。

 

蒸し暑い時期ですので、料理や演出などにも気を配ったり雨天でも決行できる配慮をすることがとても重要ですね。

 

実際、結婚式場でも、6月の大安吉日は予約がすぐに入ってしまうんだそうですから、とにかく早く結婚式場を抑えるのがおススメです。

 

その他、気候のいい10月や11月に結婚式を挙げる人も多く、秋の結婚式も人気があるようです。

式場の予約時期については、式を予定している1年前でも決して早すぎることはありません。

例えば、人気が高い、一日一組限定で行われているハウスウェデングや海外でのチャペルウェディングなどは、一年以上前から予約が入っていたりします。

ですから、結婚式の日取りは早いうちに考えたほうがいいようですね。

 

また、最近では仏滅や夕方、夜間に結婚式を挙げるとお得なプランなども用意されており、あまり縁起や時間帯を気にしない人はこういったプランを選ぶ場合も多いそうです。

 

楽しいイベントはこちら

 

メイクを崩さない肌作り

2016年05月01日

 

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

メイクを崩さない肌作り

お見合いやお見合いパーティに参加するとき、短時間で自分をアピールする必要があります。

 

ナチュラルメイクが好印象で人気があるようですが、ナチュラルメイクで大切なのは素肌ですね。

 

メイクはマナーの一つですし、きれいな素肌を引き立てるメイクアップが出来れば、さらに好印象に繋がります。

ぜひナチュラルメイクをして、お相手の方に好印象を持ってもらいましょう♪

メイクは、その季節や環境にも関係しますが、皮脂が浮き出てくると崩れてしまいます。

 

デート中など、メイクを直すのも好きな時間に出来るわけではありません。

 

一生に一度の大切な結婚式や披露宴でも同じです。

乾燥が激しい季節だと、メイクはうまくなじみにくく、お肌のトラブルも多くなりますし、反対に湿気が多すぎても崩れがちです。

 

このように、どんな時にでも、困らないよう、毎日少しでも手をかけるようにしましょう。

 

まず、はじめに肌質の改善です。

その第一歩は、清潔な肌を保つ、保湿に気をつける、そして肌の保護です。

 

メイクを崩さないための4つのルールは、朝の洗顔をきちんと行うことです。

クレンジングなどを使って、夜の間に出た汗や皮脂をきれいに洗い落としましょう。

そして、ローションパッティングなどで水分補給をしっかり行うことで

特に気になる部分に水分を補います。

なお、ベタベタしたくないからと言って、一切の油分を落としてしまうのはいいことではありません。

ティッシュで顔を抑えて油分を吸い取るだけでもとても効果的です。

最後に、顔全体の水分、油分のバランスを均一にするために乳液、美容液などで保護するようにしましょう。

 

毎日の積み重ねが、大切なあなたの素肌を作りだします。

素肌に自信が持てると、メークも今以上に楽しくなりますね♪

 

 

女性からのプロポーズ(3)「優柔不断+頑固」な性格の場合

2016年04月13日

 婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

女性からのプロポーズ

(3)「優柔不断+頑固」な性格の場合

今回は3つ目のパターンを取りあげてみます。

それは「優柔不断+頑固」な性格の方の場合です。

 

誰かに指示をされるのが嫌い、という頑固な一面もあわせ持った優柔不断な男性の場合には、話し方や接し方にも工夫が必要です。

 

あなたから結婚について積極的に言われたことで「自分の人生を誰かに決められていいのだろうか…」と考える方や、「上から言われた気がして嫌だな…」と思う方もおられることでしょう。

このタイプの方へのアプローチとしては、あなたの希望や想いをさりげなく伝える方法があります。

「結婚したら毎日笑いあって楽しいだろうね」「これから先もずっと一緒にいられたら心強いよね」

こんなイメージで会話に含めていけば、結婚した後のことも考えてお付き合いしていることを、自然な流れで伝えることができます。

 

それでも彼の反応が薄い場合は、周囲の助けも借りてみましょう。

「兄弟姉妹」を含めてお出かけしてみたり、親しい「友人」を誘って遊んだり、と色々な場面が考えられます。

これは少し裏ワザになってしまいますが、「本当に二人はお似合いだね」「結婚式には絶対呼んでね」というように、二人の結婚に繋がるフレーズを言ってくれるように、予め兄弟姉妹や友人に頼んでおくこともできます。

 

二人の関係について、他の人からプラスの評価をされたことが良い影響となり、「じゃあそろそろ結婚してもいいかな」と思う方もおられるのです。

色々な状況を活用しながら、お相手をうまくプロポーズへと誘導するような気持ちでいれば、心に余裕もできそうですね。

彼と結婚したいと思うあなたの気持ちはとても素敵なものです。ですが、頑張りすぎて彼を追いつめてしまわないように、それだけは注意してくださいね。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから