女性の悩み

彼の年収を考えると、結婚に踏み切れません。

2016年03月07日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

彼の年収を考えると、結婚に踏み切れない。

 

結婚を考え始めると、お互いの経済状況が気になり始めますね。

 

お相手の年収が不安というご相談も多いのですが、それは結婚を考えているお相手が「お仕事をされていないために年収が少ない」のか…「真面目にお仕事をされているけれどもお給料が少ない」のか…

この2つでは考えなければならない点が大きく違ってしまいます。

 

まずは、お仕事をされていない場合についてですが、夢を追い続けたい、会社に縛られたくない…

 

もしこのようにお相手が話しているのであれば、一度深く話し合う必要がありそうです。

結婚はお互いを大切にし合うという約束を公にするものです。

「経済的には自分が支えるから良い」と思える部分もあるかもしれません。

 

しかし、何かが原因であなたが働けなくなったときには、どうやって生活していけば良いのでしょう。

 

本当に結婚を考えているのであれば、生活に必要なお金はきちんと確保しなくてはなりません。

 

生活をしていくことについての考え方をお相手ときちんと話し合う必要がありそうです。

 

 

次に、真面目にお仕事をされているけれども、お給料が少ない…という状況です。

 

最初に出した例と異なるのは、きちんとお仕事を続けている、という点です。

 

一生懸命に働いているけれど、なかなかお給料が上がらない…これは誰にでも起こり得ることですね。

 

毎日懸命に働いているのであれば、足りない部分は、あなたも働くことでお手伝いできますね。

 

二人で協力し合うことができれば、経済的に大変なことが起こったとしても、お互いを信頼して乗り越えられるでしょう。

ここで「信頼」という大事なキーワードが見つかりました。

 

悩まれている原因はおそらく年収ではありません。

 

お相手を心から「信頼」できるかどうか、ということです。

ぜひ一度しっかりと話し合ってみましょう。

 

気持ちを隠さずに、思ったことを丁寧に伝えることが重要ですよ。

 

 

素敵な恋愛がしたい方は

楽しいイベントはこちら

結婚のメリットってどんなこと?

2016年03月06日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚のメリットってどんなこと?

 

「結婚は我慢が大事!」

「結婚は修行!」

 

こんな言葉を家族や既婚者の友人から聞くと、結婚に対する不安ばかり大きくなってしまいますよね?

 

メリットという言葉の反対は、デメリットです。

 

そうすると、次に浮かんでくるのは、リスクやストレスなどの消極的な言葉です。

しかし、結婚はビジネスとは違います。

 

少し見方を変えてみましょう。

 

惹かれあった二人の大人が生涯を共にすることを誓い、それを公に証明するのが結婚です。

 

お互いの将来の目標や生活についての考え方を事前に話し合っておくことも大切ですが「相手にずっと側にいてほしい」と願う純粋な気持ちが一番大切だといえます。

 

例えば、相手の地位や経済状態に惹かれて結婚したとします。

 

そうすると、何か予想外の出来事が起きてその状況が崩れてしまった時は一体どうなってしまうでしょうか?

 

元々魅力だと感じていた部分(地位や経済状態)が消えてしまった場合、そのことが原因となり結婚生活がうまくいかなくなる可能性が高いです。

 

相手の持ち物を見すぎて結婚してしまうと、このような悲しいことも起こり得るのです。

 

相手の目に見える持ち物ではなく、相手がこれまでに身に付けてきた人格や経験をしっかり見つめてみましょう。

 

「大きくなったら、○○くん/○○ちゃんと結婚する!」と言っていたときのような、小さいときの純粋な気持ちをイメージしてください。

 

心の底から「大好きだな」「一緒にいたいな」と思う、あの優しい気持ちですね。

 

あえて「メリット」という言葉で表現するならば、結婚によって「自分のことを応援し続けてくれる最高のサポーターを手に入れる」あるいは「自分が相手の一番のファンでいることで、サポーターとしての充実感や幸せを手に入れる」ということかもしれません。

 

どんなときも特等席からお互いを応援し合えたら素敵ですよね。

 

「良い時も大変な時も、思いやりをもって支え合えること」これが結婚することの最大のメリットいえるでしょう。

 

 

 

仕事と結婚両立できる?

2016年02月27日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚しても働きたいけど両立する自信がない。

 

 

結婚と仕事の両立…これは本当に悩みますね。

 

どちらかを選ばなくてはいけない、と悩むあまり、

結婚そのものに不安を感じてしまう方いませんか?

 

結婚しても働きたい」と思う場合には、

結婚前に準備しておくべきこと、

結婚後に対応するべきこと、

この2つについて知っておくことが重要です。

 

まず、結婚前に準備しておくべきこと、というのは、

結婚したいと思うお相手との十分な話し合いのことです。

 

「結婚しても働きたい」

というあなたの気持ちを応援してくれる方、

あなたの希望を尊重してくれる方

であることが前提となります。

 

結婚して家族になるということは、

新しい家庭を二人で設計することです。

 

家を建てる作業にもよく似ています。

まずは土台が肝心です。

 

少々面倒に思ったとしても、

結婚後の仕事に対するお互いの考え方を、

事前に話し合っておくことが必要となります。

 

そして、良い話し合いをするためには、

「自分がどうしたいか」について考えをまとめておくことも重要です。

 

そして次に大切なのが,結婚後に対応するべきこと。

 

実際には、二人の生活が始まってみないと分からない、

ということがほとんどかもしれません。

 

どれほど話し合いを深めていたとしても

解決しなくてはいけない問題に直面することもあります。

 

お互いに協力しなくては、

日々の生活は成り立ちません。

 

事前に決めておいたことも、

時には変更を迫られることがあります。

「あの時はこう言ってたのに…」

 

結婚後のこのような悩みを聞くことも多いですが、

それは当然のことなのです。

 

日々の状況が変化するのと同じように、

対応すべき問題もどんどん変わっていきます。

 

でも、たとえ何か大きな修正が必要になっても、

笑顔でお互いを支え合えるのが

結婚の一番のメリットなのです。

 

 

結婚後の仕事を心配するよりも、

あなたの気持ちを心から理解してくれる方と

出逢える時間をつくる方が、

不安を解消していくことに繋がっていくはずですよ。

 

真剣にご結婚を考えている方は・・・

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから