女性編

交際しても長続きしない原因は?【女性編】(2)相手から?それともあなたから?

2017年07月01日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

交際しても長続きしない原因は?【女性編】

2)相手から?それともあなたから?

「交際しても長続きしない原因」についての【女性編】、第2回目です。

今回は、もう少し踏み込んで考えていきましょう。

交際が長続きしない時の状況を思い出してみてください。

少し辛いかもしれませんが、「長続き」させる方法を知るために必要なプロセスです。

 

お別れするときは、相手から切り出されたという経験が多いでしょうか?

それとも、あなたから「別れたい」と伝えることが多いでしょうか?

自然消滅してしまうことが多い…そんな方も多いかもしれません。

 

しかし、別れる直前の状況をよく思い出してみると、「相手」の様子が徐々に変わっていったのか…それとも「あなた」の気持ちが少しずつ離れて行ったのか。

あるいは「お互い」に何となくぎこちなくなってしまったのか…当時の様子が見えてくるかもしれません。

 

相手から「別れたい」と言われてしまうことが多い場合は、前回ご紹介した「ワガママ」について見直してみるのも役立ちます。

自分から別れを切り出すことが多いという方は、「減点法」で考える癖はないか…と考えてみましょう。

減点法というのは、相手の欠点や自分が気に入らないと感じてしまう部分で相手の評価を下げてしまうことを指しています。

「こんなところがダメ」「なんでできないの?」「なぜ他の人より劣っているの?」

自分が「気に入らない」と思うところに注目してしまうと、相手をなぜ好きなのか…と悩んでしまうことがあります。

そのような傾向はないか、冷静に見つめ直してみましょう。

 

お互いに…という方は、「お相手選び」から見直すと役立つかもしれません。

お互いに徐々に気持ちが離れて行ったのであれば、それは「相性」が合わなかっただけなのかもしれません。

それにはやく気づけたことは、むしろプラスだったと考えられます。

  • どのような人とだったら長く付き合えるのか…
  • どのような人だったら将来も考えられるのか…

一人ではなかなか答えが見えてこないかもしれませんよね。

 

そんな時はカウンセリングが役立ちますよ。「恋愛・婚活カウンセリング」では、あなたの恋愛傾向やあなたの性格など、様々な情報からアドバイスをいたします。

加えて、「結婚相談」のカウンセリングでは、あなたに合ったお相手を探すお手伝いをすることもできます。

ぜひご相談くださいね。皆様が幸せな恋愛で笑顔になれるよう、応援させていただきます!

タラレバしていませんか?(5)脱タラレバで笑顔を取り戻す

2017年04月24日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(5)脱タラレバで笑顔を取り戻す

 

前回までに4つのタラレバをご紹介してきました。
今回は「脱タラレバ」で笑顔を取り戻す方法をまとめていきます。

「~だったら…」、「~してれば…」この後に続く言葉は、「…なのに…(現実とは違う)」ですよね。

「タラレバ」とは、現実と違う部分に目を向けることです。
その結果、現状に満足できないのは…
●理想と違ってしまったせいなのだ…
●そもそもが違ったのだから、こうなっても仕方がない…と、自分を納得させてしまうのです。

 

一人でいるときよりも、同じような境遇の仲間たちと集まった時の方が、タラレバの話題は盛り上がります。

現実を嘆きながらお互いを慰め合うことで、日頃の不満が解消されるからです。

しかし、残念ながら、同じ境遇の仲間と話をしていても解決策は見つかりません。
同じように考えて行動した結果が、現在の状況なのであれば…そこから抜け出すヒントは自分たちの力では見つけにくいのです。

タラレバから抜け出す唯一の方法は、発想を変えて負の連鎖を断ち切ることです。
楽な方へ、楽な方へ、と沢山の逃げ道を探して自分を甘やかすよりも、「どうすればこの状況を改善できるか」と考える方が実際には役立ちます。

 

なぜあの時こうだったのだろう?

そうか、こうすれば良かったのか!

それなら、今度はこうしてみよう。

 

このように「気づき」が増えていくと、同じことは繰り返さなくなります。

自分で「気づき」が見つからないうちは、カウンセラーやアドバイザーに相談してみるのも良いかもしれません。

あなたの話をしっかりと聞いた上で、状況から判断したアドバイスや適切な解決策を提案してくれることでしょう。

タラレバに逃げるよりも、まずは問題に気づくことが必要です。
「脱タラレバ」ができれば、輝く笑顔を取り戻すことができることでしょう。

 

 

 

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【女性編】

2017年02月09日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【女性編】

2回目は「遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?」の女性編です。

「可愛いね!」「綺麗だね!」「気が利くね!」「頑張り屋さんだよね!」
色々な場面でこんな褒め言葉を言われることがあるかもしれませんね。
誰かから褒められたとき、あなたはどのように反応していますか?
「全然そんなことありません!恥ずかしいです!」と答えますか?
それとも…「いえいえ…恥ずかしいです…。でも、そんな風に言っていただけて嬉しいです。」
と御礼を言いますか?

 

女性の場合、周りの目線が気になってしまうと、褒め言葉を素直に受け止められなくなることがあるかもしれません。

あるいは、褒め言葉には裏があるのではないか…と警戒してしまうこともあるでしょう。
●素直に御礼を言ったら「調子に乗ってる」と思われちゃうかも…
●本心からの褒め言葉じゃないかもしれない…もしかして嫌味?
●褒められるのって慣れてないし…ちょっと信用できない…
●きっとみんなに言ってるのね…私が褒められるはずないもの…

でも、少し待ってください!あなたはチャンスを逃しているかもしれません。
褒められたということは、あなたが周りに何らかの良い印象を与えている、ということです。
それについて「良いですね!」と褒めてもらったのに、それをその場で全否定してしまうと、褒めてくれた相手にも恥をかかせてしまいます。

褒められたときは、「ありがとうございます!」と心を込めて御礼を言いましょう。
あるいは、「あまり褒められたことがないので緊張してしまいました。でも、ありがとうございます!」と少し控えめに御礼を言うこともできますね。

褒め言葉を言われたときは「遠慮」しすぎずに、褒めてくれた相手に感謝する方が、その様子を見ていた周りの人からも「素直でいい人だな…」「良いところを見つけたら自分も褒めてあげたいな!」と思ってもらえるのです。

気になる異性から褒められたときは、恋が始まるチャンス…!?…かもしれません。
「とっても嬉しいです!」と笑顔で御礼を言えると良いですね。

褒められた=好意、とは言い切れませんが、あなたのことを評価してくれたことは事実なのです。

マイナスに受け止めず、「それならもっと頑張ろう!」とプラスの力にしていきたいですね。

今回は女性にありがちな「褒め言葉への遠慮」について取り上げてみました。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

2017年02月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

3回目の今日は「内面」に目を向けていきたいと思います。

どんなに身なりを整えていても、表情が険しいとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことがあります。

きちんとした服を着て清潔で爽やかな見た目を意識していたとしても、表情への意識が抜けている人は意外と多いものなのです。

知り合いのある女性のお話をご紹介します。

その方はとても整ったお顔立ちをしていました。

お洒落にも気を遣っていましたし仕事も一生懸命していて努力家でした。

素晴らしい要素をたくさん持った優秀な方だったのですが、一つだけ困った癖がありました。

周りの人たちの悪い部分を見つけては悪口を言ってしまうのです。

そのような話をするときは常に眉間にシワを寄せて強めの語調でお話しされるので、彼女の周りの人たちは怖がっていました。

「○○さんは…喋らなければ本当に素敵な人なのに…」

こんな悲しい評価も聞こえてきていました。

なんだか勿体無いですよね。

 

外見的にはとても似たお二人がいたとします。

お一人はいつも不機嫌そうな顔、もう片方の方はいつも笑顔いっぱいの顔、だとしましょう。

 

あなたはどちらの方と仲良くなりたいと思うでしょうか?

 

答えは言うまでもありませんね。

 

明るい表情でいる方とお友達になりたい、と思うはずです。

笑顔でいれば自然と周りの人を癒すことができます。

笑顔は周りの人を引き寄せる力があるのです。

「どんな人なんだろう?」

「もっと知りたい!」

このように感じてもらうことは、モテるためには欠かせない最初のステップです。

 

あなたに興味を持ってもらうこと、そして近づきやすい雰囲気を作ること。

この2つが最初は必要です。

 

まずは何も意識せず鏡を見てみましょう。

どんな顔をしていましたか?

口角は下がっていましたか?

眉間にシワは寄っていませんか?

 

自分の顔を見て「あれ?こんな表情だったかな?」と思ったかもしれませんね。

忙しいときや疲れているときは、なかなか自分の表情まで意識できないこともあります。

 

しかし、自分の表情をチェックする習慣を身に着けておくと、怖い顔のままでいる時間を短くすることができます。

服装を整えるのと同じように、自分の表情も整えていきましょう!

 

笑顔を心がけるだけで、気持ちも自然と前向きになります。

健康的な食習慣や適度な運動をするのと同じくらい大切なのが「心を健康にしておくこと」なのです。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

バレンタインで大切なのは…(2)相手の気持ちを考えること

2017年01月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインで大切なのは…(2)相手の気持ちを考えること

 

今回は「相手の気持ちを考える」という視点から、「渡す側」、「受け取る側」の両方に必要な心がけについてまとめていきたいと思います。

 

まずは「渡す側」について考えてみましょう。

 

 

あなたがプレゼントを渡す理由は何でしょうか?

お返しを期待してお渡ししますか?

それとも、日頃の感謝や想いを伝えるために、心を込めた贈り物をしますか?

 

大切なことは、あなたの贈り物を受け取る方が

  • 負担に感じないこと
  • 不快に感じないこと

なのです。

喜んでもらうことやお返しをいただくこと、というのは渡す側が期待してはいけないことでもあります。

せっかくのプレゼントなのだから喜んで欲しい…と思うのはとても自然なことです。

 

 

しかし、プレゼントを渡した時点で、あなたの「渡したい」という目的は達成されていることを忘れないようにしましょう。

誰かに好意を伝えるときも、これと同じことが言えます。

 

お相手も同じようにあなたに好意を持ってくれたら嬉しいですが、想いを伝えた時は「伝える」というあなたの目的が既に達成された、と割り切ることが必要です。

 

このように意識するだけで、相手の反応で一喜一憂したり、それを見てあなたのお顔が曇ったりすることを防げます。

 

相手からの反応までは要求しない、相手の感じ方は相手に委ねる、と心がけてみましょう。

 

 

つぎは「受け取る側」についても考えていきたいと思います。

前回の記事でも触れましたが、プレゼントをもらったときは「ありがとう」ときちんと御礼を言うようにしたいですね。

 

自分が興味を持っていなかった人から本命チョコをいただいたり、好意を持っていた人から義理チョコをいただいたり…と色々な予想外のことも起こるのがバレンタイン・デーです。

 

しかし、どのような場合であっても、あなたのために用意してくれた贈り物には素直に感謝を伝えましょう。

 

「バレンタイン・デーに特に予定もないし、何かをあげたい人もいない…」

「誰からももらえずに、当日は落ち込んでしまうかもしれない…」

 

こんなお悩みがある方は、ご自分のために美味しい食べ物や素敵なプレゼントを買うのはいかがでしょうか?

悩むよりも、行動することで気持ちが紛れることもありますよ。

 

これは余談ですが、バレンタイン・デーが終わると、それまで高価だったお菓子も一気にセール価格に変わります。(気になるお菓子を味見する最高のチャンスかもしれませんね!)

 

一番大切なのはあなたが笑顔でいられることです。

 

普段から楽しい気持ちで過ごせれば、幸せを見つけるセンサーも敏感になりますよ!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

②【女性編】クリスマスはSNSをシャットアウトする

2016年12月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。

今回は女性に向けて「クリスマス」の過ごし方や振る舞い方をテーマに5記事ご紹介していきます。

 

②【女性編】クリスマスはSNSをシャットアウトする

今回は、クリスマスに特に予定が無い方に向けてのアドバイスです。

 

最近は誰もがスマホなどのデバイスを持ち歩く時代ですよね。

様々な情報をすぐに検索できますし、すぐに自分の近況を知らせることができる便利なSNSなどのアプリも豊富に存在しています。

 

広く使われているものとしては、FacebookやInstagram、Twitterもありますし、LINEのタイムラインでも様々な情報が飛び交っているかもしれませんね。

クリスマスなどのイベントが続く時期は、このようなSNSのタイムラインがとても賑やかに忙しく更新されていきます。

周りの様子を見て、ウキウキすることもあるかもしれませんが、その波に自分が乗れていないときは、何だか負けているような…悲しいような…複雑な気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

 

純粋に自分の近況を知らせるために使う方も沢山おられますが、女性同士はどうしても競争してしまうもの。

「どれだけ他の人より幸せか」「どれだけ充実しているか」を広めるための使い方が目立ってしまう場合もあります。

これは、SNSのマイナス面と言われています。

 

ついつい周りのクリスマスの過ごし方が気になってしまう時期ですが、必要以上に劣等感を感じてしまわないように、クリスマス・イブやクリスマスは、敢えてSNSをシャットアウトして、目に触れないようにする方法がオススメです。

 

見てしまえば羨ましくなりますし、自分と比較して落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、目に触れなければ、他のことを考えて過ごせますし、小さな液晶画面をのぞいてため息をつく回数も減らます。

恋人がいないとき、クリスマスが苦痛に感じてしまう一番の原因は、「他と比較してしまうこと」にあるのです。

写真の投稿を見て、「あの人には素敵な彼氏がいるのになんで…?」「あの人はあんなに可愛いプレゼントをもらったのに…わたしは…。」

 

こんな風に考えてしまうと、自分だけがかわいそうな気持ちになってしまいますね。

しかし、このような考えはお顔に表れます。

そうしますと、せっかくの出会いも逃げてしまうことがあるのです。

周りと比較して落ち込むよりも、毎日笑顔でいつもと変わらず明るく過ごしている方が、同性の目にも異性の目にも、魅力的にうつるはずですよね。

 

自分の気持ちをガティブにしてしまうツールは、いっそフタをしてしまいましょう!

 

【男性編】クリスマスまでに…と焦らなくて良い理由

2016年12月20日

活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。今回は「クリスマス」をテーマに男性に向けて笑顔になるヒントをご紹介していきます。

【男性編】クリスマスまでに…と焦らなくて良い理由

 

「これから恋人を作りたい」と思っている男性に向けた記事です。

クリスマスが近づくと、「はやく彼女を作らなきゃ!」「今年も一人は嫌だ」と焦ってしまうことはありませんか?

 

街中がクリスマスモードになり,どこに行ってもクリスマスソングが聞こえてくると、だんだんと「一人でいる人は負けている」と思いつめてしまうこともあるかもしれません。

しかし、クリスマスまでに焦って恋人を見つけるのは危険です。

クリスマスに間に合わせるために恋人を作るという目標を設定してしまうと、判断を見誤ることもあります。

周りのカップルを羨ましく思うこともあるでしょうし、「クリスマスの予定ないの?」と聞かれると何だか息苦しくなることもあるかもしれません。

 

しかし、12月25日を過ぎれば、日本中が一気に「お正月モード」に変わります。

クリスマス商品は一気に半額になったりもします。

 

クリスマスの時期の気まずさを紛らわすために、好きでもない人に告白したり、好きでもない人と付き合ってみたりする必要など全く必要無いのです。

 

むしろ、「恋愛がしたい!」「恋人が欲しい!」という自分の気持ちに気づけたことに価値があります。

「恋人ができたらこんなデートをしよう」「こんなプレゼントをしたいな…」そんな風に思うことはありませんか?

 

 

そう感じることができたら、未来の恋愛のための予習を始めてみましょう。

街中の楽しそうな笑顔のカップルを見てイライラするのではなく、逆に参考にしてみるのがオススメです。

 

「何であんなに楽しそうなんだろう?」という目線で見てみると、二人が良く冗談を言い合ったり、お互いを思いやっているような様子を見ることができるかもしれませんね。

人気のプレゼントの情報や女性が喜ぶデートについて知っておくのも後々必ず役立ちます。

例えば、イルミネーションの素敵な場所も、予め場所や点灯する時間帯を知っておけば、恋人ができたときもスムーズにエスコートできますよね。

色々な情報も捉え方次第で、未来のための貯金になりますよ。

 

クリスマスまでの恋人を無理に探そうとするよりも、未来の素敵なデートのための予習期間に充ててしまいましょう!

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

婚活を楽しく進めるためにできること(4)専門家に相談してみる

2016年12月11日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

婚活を楽しく進めるためにできること

(4)専門家に相談してみる

 

4回目は自分一人で悩まないための方法をご紹介します。

結婚や婚活、交際のアドバイザーがいることをご存知ですか?

数多くのカップル成立やご成婚を見てきた専門家の方々の意見は、結婚について考えるうえで非常に参考になります。

色々な事例を知っていればいるほど、色々なアドバイスをすることができるからです。

失敗例・成功例をたくさん見てきた経験から、あなたの悩みにも真剣に優しく答えてくれることでしょう。

 

あるカウンセラーの方は、芸能人のようなルックスを求めてしまう方には、「顔で選ばない!場数を踏んで目を養いましょう!」とアドバイスをするそうです。

人気俳優などのルックスを理想としてしまうと、なかなかそのようなお顔立ちの方を見つけるのは難しそうですよね。

夢見がちな方には、時には少し厳しいアドバイスを。

消極的に考え過ぎる方には、明るく前向きに考えられるようにカウンセリングをしながら「婚活」を楽しく進めて行けるようにサポートしてくれます。

 

 

「婚活」を進めていくうちに、なかなか結果が出ない!と焦ってしまうこともあるかもしれません。

しかし大切なのはスピードではなく、あなたが笑顔で幸せを感じられるお相手と出会えるかどうか、ということなのです。

そのためには、「結婚に求めるもの」を理解しておく必要があります。

自己分析が重要になりますね。

自分だけで考え込んでいると、なかなか冷静に物事を見つめられなくなります。

しかし、結婚・婚活のスペシャリストやアドバイザー、カウンセラーの助けを借りることで、第三者の目線で自分を知ることができます。

 

過去の恋愛のトラウマ、恋愛や結婚についての疑問や不安、など様々なテーマを相談することができます。カウンセリングを受けながら「婚活」を進めるメリットは、交際期間中のトラブルを回避することでもあります。

 

婚活を経て交際がスタートすると、盛り上がりすぎて急激に冷めて破局してしまうカップルも多いようです。

交際期間中の様子や悩みも相談しながら冷静に判断することで、本当に自分にとってふさわしい結婚相手なのか、相手にとって自分はふさわしい人間だろうか、と考えることができるのです。

 

ある方は婚活を「スポーツ」に例えています。

試合で勝つ(婚活で成功する)ためには、練習と準備が欠かせない、と述べておられました。

 

新しいスポーツを始めるときは、丁寧に教えてくれるコーチの存在が心強いですよね。

「婚活」におけるアドバイザーやカウンセラーなどのプロフェッショナルは、コーチにあたります。

 

素敵な恋愛や結婚を実現させるために、悩んでおられる方はぜひ専門家のアドバイスを参考にしてみましょう。

出会いについても新たな視野が開けるかもしれませんね。

 

相手に対するイライラが止まらない理由(5)自分に自信が持てない

2016年11月11日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

5)自分に自信が持てない

さて、今回で最後ですね。

相手に対するイライラの原因が分かれば、

対策もしやすくなることが分かりました。

お相手へのイライラというよりも、

自分の意識を変えることで解決できるような

問題があることも分かりましたね。

 

 

5回目の今日は、「自分に自信が持てない」

という原因を考えていきます。

 

自分に自信を持つ、というのは決して簡単なことではありません。

自信を持つためには、それなりの努力が必要な場合もあります。

 

しかし、あまりにもネガティブに

「私なんか…」

「どうせ私なんて…」と思い続けてしまうと、

何かに失敗してもその原因を見て解決しようという気持ちが起こらず、

どうせ私はダメな人間だから…と現実から目を背けてしまうようになるのです。

これではまた同じ失敗を繰り返してしまう可能性がありますし、

いつまでたっても自信は持てないままです。

 

自分に自信が持てないと、自分を好きになることも難しくなります。

自分を好きになれないと、相手に対しても優しい気持ちを抱けなくなります。

 

ほんの少しのことでも、「わたしのこと嫌いなんでしょ?」

「わたしのことバカにしたでしょ?」

とネガティブに考えてしまうかもしれません。

 

お相手の立場に立てば、何を言ってもネガティブな反応が返ってくるので、

「もう一緒にはいられない…」と感じてしまうかもしれません。

これでは残念な結果になってしまいますね。

 

自分に自信が持てないことが原因で、周りへの苛立ちが増えてしまうと

毎日の生活も辛くなることがあります。

 

何をしてもうまくいかない

→自分がダメだから

→自分を理解してくれない周りが悪い

どんどん悪い方向へと思考が傾いてしまうのです。

 

相手へのイライラが止まらない理由が、

実は自分へのイライラ、ということもあるわけですね。

少し前にお伝えした「八つ当たり」の問題に

発展してしまうこともありますので、

注意したいポイントです。

 

自分に対するイライラを抱えたままでは、

他人と良い関係を築くことは難しくなります。

イライラの原因が自分自身にある場合には、

まずは「自分を認める」ことから始めてみましょう!

どんな小さなことでも、自分を褒めるように意識してみてください。

 

今回までの5回で、日常のイライラの原因を探ってみました。

あなたのイライラはどこから来ているものでしょうか?

原因を分析して、笑顔のあなたを取り戻せますように。

 

一人で悩み過ぎると出口が見えなくなることもあります。

そんな方には個別のカウンセリングがオススメです。

交際中の悩みでも結婚生活における悩みでも、

一度誰かに話すことでイライラから解放されることもあります。

まずは話してみませんか?

ご連絡をお待ちしております。

 

 

相手に対するイライラが止まらない理由(4)他の家庭と比較してしまう

2016年11月10日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

4)他の家庭と比較してしまう

 

4回目の今日は「他の家庭と比較してしまう」

という理由を取り上げていきます。

前回と同様に,お二人の間ではなく、

外部からの影響によるイライラの種類です。

 

どんな方でも他の人の生活は気になるものですよね。

自分以外の人がとても幸せそうだと「羨ましいな~」と思いますし,

反対に不幸そうであれば「大変そう~。うちは安心だけど。」

というように他の人の大変さを見て自分の方がマシだと

考えて安心したりしてしまうものです。

 

一度この比較グセが身に付いてしまうと、

どんなことでも比較するようになります。

 

それがネガティブな比較になると,以下のように不満でいっぱいの毎日になってしまうことでしょう。

  • 友達の彼は記念日に必ずお祝いしてくれるのに…!うちは…
  • 友達は豪華な結婚式をしたのに…うちはまだ式すら挙げていない…
  • 友達のご主人は家事を積極的に手伝ってくれるらしいのに…!うちの旦那ときたら…
  • 友達は出産後に職場復帰がスムーズにできたみたい…それなのに私は…
  • 友達の子供はメディアでも話題の塾に通っているみたい…うちにはそんなお金がない…

 

どんなことでも「あの人はあんなに羨ましい生活をしているのに…私はなんで!」と怒ったり、

「あんな風にできない私はダメな人間…」と落ち込んでしまったり。

日々のプラスの出来事にも気づけなくなってしまいます。

 

そして、どうしようもなくイライラしたり落ち込んだときに、

その原因を恋人だったり結婚相手だったりに押し付けて

しまうようになります。

 

「あなたのせいで…!」

「あなたと一緒にいるからこんなに不幸…」

「あなたがちゃんとしてくれないから、私はいつもみじめ…」

 

こんな風にイライラの原因は自分の比較グセにあるにも関わらず、

お相手を責めてしまうのです。

少しでも比較してしまう傾向に気づいたのであれば、

今すぐそのクセを断ち切りましょう!

周りのことは忘れて、お相手がいつもしてくれること、

あなたがいつもお相手に感謝していること、

などプラスの出来事を思い出してみましょう。

 

周りと比較してイライラするよりも、

お相手との絆を深めることにエネルギーを使えると良いですよね。

その方が、二人とも笑顔でいられますし、

家庭の中も温かな雰囲気に包まれるはずです。

ぜひお試しくださいね。

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから