ステキな出会い

ホワイトデーのお返しで悩むあなたへ【男性編】(1)相手の意図が分からない場合

2017年02月16日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

2月が終わればすぐ3月がやってきます。3月といえばホワイトデーというイベントがありますね!春に向けて、恋愛や結婚について考えてみましょう。今回は男性編、女性編に分けて複数記事ずつご紹介していきます。

ホワイトデーのお返しで悩むあなたへ【男性編】

(1)相手の意図が分からない場合

3月に入るとホワイトデーもあっという間にやってきますね!

バレンタインデーでチョコレートやお菓子、プレゼントなどをいただいた場合は、2月の後半ごろからお返しの仕方を悩み始めてしまうかもしれませんよね。

今回は「相手の意図が分からない」という問題について考えてみましょう。

これはとても困りますが、冷静に考えると答えが見えてきます。
まず、あなたがいただいたものが相手の方からの「告白」だったのかそうではなかったのか…この判断は日頃からのお二人の関係などを踏まえて判断しなくてはいけません。

自分が意識していた方から偶然いただけると、何とか理由を見つけて「本命のプレゼントだったのだ!」…と思いたくなることもあります。

しかし、普段からそれほど関わりが無く、周りの方々と同じものを同じようにいただいたのであれば、それは日頃からお世話になっている方々への「義理チョコ」だった、と考える方が無難かもしれません。

このような場合に相手からの好意を期待しすぎて、お返しに大変高価なプレゼントを渡してしまったり、いきなり高級ホテルでのディナーなどをお誘いしたりしてしまいますと、少々暴走気味になってしまいます。

「なんか…勘違いされちゃったみたい…」とか「え…?あれは義理チョコだったのに…まわりを見れば分かるよね…?」などと思われてしまったら、あなたにとってもマイナス要素になってしまいますし、とても悲しいですよね。

「冷静に考えれば相手から自分への好意はないかもしれない。

それでも、自分はあの人のことが好きだから、これを機に気持ちを伝えたい。」
もしもこのように考えておられるのであれば、今こそ、一歩踏み出すチャンスです!

ホワイトデーのお返しはあくまで簡単に。

それとは別に、まずは少数グループでのお食事やイベントなどに誘ってみるのはいかがでしょうか?

少しずつ仲良くなってきたところで、「実は前から○○さんのこと、気になってたんだ。」と切り出してみるのも良いですし、「バレンタインデーのときはありがとう。○○さんのこと好きだから、ちょっと意識しちゃったんだよね。」とサラッと伝えてみるのも良いかもしれません。

 

 

その時のお相手の反応が「え?やめてくださいよー」なのか、「え…?本当ですか…?」なのか、あるいは「嬉しいです。実は私も気になってたんです…。」となるかは分かりません。

しかし、「気持ちを伝えたい!」と思ったときは、勇気を出して行動してみましょう。

お断りされても、「あはは…ごめんね。そうだよね。じゃあ友達として、これからもよろしく!」というようにフォローしておけば、その後の関係も良好なまま維持できることでしょう。

 

楽しいイベントは

素敵な恋愛がしたい方

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから