30代の結婚

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【女性編】

2016年12月30日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

まもなくお正月ですね!今年はどんな年でしたか?今回は年末からお正月にかけて,結婚・恋愛に関する注意したい【マナー】や【振る舞い方】について,男性編4記事,女性編4記事,にまとめてご紹介いたします。

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【女性編】

 

今回は女性に向けて、年末年始にお相手のご実家に挨拶に伺うときの注意点についてご紹介していきます!

以下は、様々なシーンで紹介されている「ご実家訪問」におけるマナーです。

意外とたくさんありますが、ひとつひとつ読んで確認してみてくださいね。

 

○日持ちの良い手土産の準備

○台所を手伝えるような準備

○控えめな洋服できちんと感を演出

○玄関ではしっかりと笑顔で挨拶を

○お化粧・ネイル・アクセサリー・香水を控えめに

○崩れた姿勢や崩れた言葉に注意

○お酒は飲み過ぎないように

○聞かれたら話す、という意識を忘れない

○自分のアピールは必要ない

○お年玉等の準備を念のためにしておく(可愛いポチ袋などの準備)

男性よりも女性の方が台所に立つ機会が多いので、彼のご実家に向かうときは「エプロン」などの準備をしておくと良いかもしれません。

台所のお手伝いもすることを想定するのであれば、彼とのデートの時のようにお洒落をすることよりも、実用的な清潔感のある服装が良いかもしれません。

 

ネイルもストーンがついた派手すぎるものや派手すぎる色は、食材を触るのに適していませんし、香水は食材に匂いがうつるとなかなか消えません。

アクセサリーもたくさんついていると、お手伝いの度にはずすのは面倒ですね。

このようなことを考えると、お化粧・ネイル・アクセサリー・香水、は控えめにしておいた方が良い、ということが分かります。

 

自分のアピールよりも、お相手の親御さんに「良いお嬢さん」と思っていただけるような丁寧さや誠実さが重要です。

そのためには、彼に対して上から目線のような態度を取らないようにすることも必要です。

親御さんの前では呼び捨ては極力避けて、「○○さん」と呼ぶようにしたいですね。

 

最後に、彼のご実家に小さなお孫さんたちや親戚の子どもたちがいるかどうか、事前に確認しておけると良い場合があります。

可愛いポチ袋などを用意して、少しずつ包めるように準備をしておくのも良いですね。

 

彼のご実家に伺うときに一番大切なのは「気遣い」なのです。

日頃から意識していれば、大事なときにも自然な気遣いができることでしょう。

 

 

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【男性編】

2016年12月30日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

まもなくお正月ですね!今年はどんな年でしたか?

今回は年末からお正月にかけて,結婚・恋愛に関する注意したい【マナー】や【振る舞い方】について,男性編4記事,女性編4記事,にまとめてご紹介いたします。

年末年始にお相手の実家に行くときの注意点【男性編】

 

今回は男性に向けて、年末年始にお相手のご実家に挨拶に伺うときの注意点についてご紹介していきます!以下は、様々なシーンで紹介されている「ご実家訪問」におけるマナーです。

意外とたくさんありますが、ひとつひとつ読んでみてください。

 

○清潔感のある服装で(スーツは避けて)

○靴下は清潔なものをきちんと履く

○玄関ではきちんと笑顔で挨拶

○トイレや洗面所は綺麗に使う

○出されたものは感謝していただく

○「いただきます」「ごちそうさま」はしっかりと

○食べ方やテーブルマナーに注意する

○ちょっとした手土産を忘れずに!

○自分の話をしすぎない(自慢話・暗い身の上話・政治やお金の話題はNG)

○お酒はほどほどにしておく

たくさんありますので、全てを細かく紹介することは省きますが、一番最初の「スーツを避ける」理由は、「結婚の挨拶」とならないようにするための配慮です。

結婚挨拶は年末年始の慌ただしい時期を避けて改めてきちんと行う方が良いと言われています。

スーツで伺ってしまうと、正式な挨拶、という意味合いが強くなってしまいますので、きちんとしたシャツを着用しつつも、スーツ感が出過ぎ無いような服装を検討しましょう。

 

その他は色々と細かな部分ではありますが、全て「しつけ」に関わることです。あなたが生まれてから大人になるまでの間に、どのようにしつけられて育てられてきたのか。

これらが「身のこなし」や「立ち居振る舞い」など細かな部分に表れてくるのです。

 

清潔さは努力で演出しやすい部分ですが、丁寧さや気遣い、誠実さは内面から溢れ出てくる部分も大きいため、相当な慎重さが求められます。

何か普段から苦手な部分を感じているのであれば、「彼女の実家」ではせめて粗相のないように、注意して行動しましょう。

 

彼女のご実家では自分をアピールすることよりも、彼女の親御さんの「お話をよく聞く」

というイメージで向かいましょう。

反論はしない方が良いですね。

 

最初は、とても気難しい上司と接する、くらいの心構えと慎重さが必要です。

徐々に打ち解けていけば、色々な話ができるようになりますが、初回は慎重さが何よりも重要です。

 

あなたの見出しなみは大丈夫?

2016年03月04日

 婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

あなたの見出しなみは大丈夫?

お見合い男性編

お見合いの場では、社会的に常識があり清潔感のある服装が基本です。

 

スーツにワイシャツはシンプルでお相手に好印象を与えてくれるのでお奨めです。

 

男性のスーツ姿が好きという女性は沢山いますね。

 

笑顔で挨拶ができたとしても、しわしわ、よれよれのシャツを身につけていたら、それだけで幻滅です。

 

その先はありません・・・

また会えるなんていう期待はできません。

 

すり減って汚れた靴やバックにも注意しましょう。

洋服には気を使えても、持ち物をうっかりしてしまう男性が多いのも現実です。

 

以前、お見合いに立ち会った時、スーツを着用してリュックを背負ってお見合いに来ていました。

 

そのリュックも、何が入っているのかパンパンに膨らんでいました。

どう見ても、スーツにリュックは不釣り合いです。

 

これもまた当たり前のことですが、長い爪やそり残しのひげにも注意しましょう。

男性の長い爪は印象がよくありません。

きちんと切っておきましょう。

 

それから、口臭、汗の臭いにも気を配りましょう。

ただ、臭いをごまかす強い香水はNGです。

 

そして、ヘアスタイルも服装と同じように、清潔感が大切です。

 

ボサボサの髪型や伸ばしっぱなしの髪型は、だらしなさを感じてしまいます。

もちろん寝ぐせは禁物です!

 

そして、姿勢も大切ですね。

背筋をピッとするだけで、スタイルも良く見え、自信のある素敵な男性に見えるはずです。

 

ほんの少しの努力で、ぐっと良くなるのが第一印象です。

 

日ごろから注意をしていれば、特別な努力は必要ありません。

 

 

特別な努力がいらないということは、社会人として当たり前のことだからではないでしょうか?

 

外見の印象は、お見合い中もお見合いの後も、あなたのイメージとしてずっと残ってしまいます。

 

 

 

2分で帰りたいお見合い 

2016年02月08日

こんにちは!
幸せ婚コーディネーターの上田奈央子です。

今日は、実際にあったお見合いのお話です。

 

よく目にする「お見合いマナー」

今更・・・なんて思っている人、それは要注意です。

 

お見合いを終えた女性会員さんから、『今日のお見合い二分で帰りたくなりました!!』といきなり。

『まあ~それは大変・・・どうして2分で帰りたくなったの?』

『有名国立大学卒業・高所得・長身・イケメン・・・

そんな人が、見るなりびっくり!!よれよれスーツに大きなリュックサックでお見合い。座っていきなり貧乏ゆすりし始めて・・・』

これだけで、話する気にならなくなった!!

よく、お見合いマナーで目にしますが、

「清潔感のある服装」
「履き古した靴はNG」
「大きなバッグはNG」

 

なんだ!こんなことは言われなくても当たり前のこと!

 

誰もが、そう思うのですが時々こんな男性に遭遇します。

どんなに優しい心を持っていても、計り知れないほどの包容力があっても、第一印象で大きく作用されてしまいます。

 

第一印象を決まるのは、やっぱり外見ですね~

 

内面を見てもらうには、第一印象で選ばれなくてはなりません。

 

よれよれの靴もNGです。
「足元を見る」というのは、靴で人を判断するようなことです。

どこかに出掛けたくなるような素敵な靴、清潔感のある服装は、誰にでもできる簡単なことです。

 

当たり前のことがスマートにできる事が、幸せな第一歩につながるのです。

 

 

  • ご予約はこちらから