夫婦円満の秘訣

新婚なのに…なぜ?(4)相手の親とうまくいかない…

2016年11月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

4)相手の親とうまくいかない…

 

4回目は皆さんがよく抱えているお悩みです。

義理の両親との関係は多くの人がストレスを感じる問題のひとつです。

 

優しそうだった彼(彼女)のお父様やお母様が、結婚したとたんに「嫁(婿)はこうするべき!」と厳しくなったり、元々厳しい雰囲気だった義理の両親が結婚後さらに厳しくなったり…様々な悩みを抱えている方も多いかもしれません。

 

あるいは、結婚相手の兄弟(姉妹)が実家にいる場合、微妙な気まずい雰囲気になることもあります。

 

結婚生活の中で、相手との関係は努力次第で改善していけるものかもしれませんが、義理の両親や義理の兄弟(姉妹)との関係は最初が肝心です。

 

各家庭には様々な親子関係がありますし、その家々特有のしきたりがある場合も多いと言われています。

そのような新しい環境に飛び込んでいくので、最初は分からないことやうまくいかないことばかりかもしれません。

結婚後、すぐに同居されている方の場合は早いうちからこの問題が起こります。

 

同居でなくても、親戚との集まりなど様々な場面で嫁(または婿)としての在り方を求められることもあるかもしれません。

このようなときに気まずい雰囲気を作らないようにするために、どのようなことができるでしょうか?

 

まずはお相手に「おうちの様子」を確認しておくことが必要です。

ご家庭によっては、「両親は仲があまり良くないので、突然喧嘩が始まることもある」とか、「うちはみんな口調がキツイけど、深い意味は無いから安心して」というように、ちょっとした注意事項が聞けることもあります。

心の準備ができますね。

 

自分の子供や兄弟の結婚相手のことを、無条件で最初から受け入れてくれるご家庭は少ないかもしれません。

「我が家のことをよく知らない人がやって来るのだから、こちらのルールをしっかり覚えてもらわなくては!」と意気込んでしまう親御さんも多いのです。

「○○家にとって恥ずかしくない嫁(または婿)」となって欲しいという期待が込められている場合もありますね。

 

結婚前のご挨拶から採用試験のような雰囲気になることもあるかもしれません。

場合によっては、なかなかお許しがいただけない…ということもあるかもしれません。

 

しかし、色々なことを乗り越えて、お相手と「一緒に生きていきたい」と決断したのであれば、相手の家を理解して受け入れる姿勢が必要です。

 

あまりにも大変なときは、言葉を選びながらお相手に相談してみましょう。

 

そして、分からないことがあれば、苦手に感じる義理の両親や兄弟姉妹であったとしても、直接質問してみる心がけが大切です。

 

分からないことを聞く姿勢を続けていると、少しずつ関係が改善していくことがあります。

お相手の実家とも良い関係を築けますように、お祈りしています。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

新婚なのに…なぜ?(2)相手が魅力的に見えない…

2016年10月31日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?2)相手が魅力的に見えない…

 

2回目は、「結婚相手が魅力的に見えない…」というお悩みをご紹介します。

 

大好きで結婚したのに、なぜか相手の魅力が半減してしまったように感じてしまう…

 

その原因はどこにあるのでしょうか?

結婚前と結婚後を比較することで、理由が分かることがあります。

例えば…

①デートの回数が減った

②会話が減った

③お洒落をしなくなった

④相手のだらしない一面を見てしまった

⑤結婚前に言っていたことと違う部分がある

このような状況は無いでしょうか。

お相手の魅力が感じられなくなってしまった…

もう好きではないのかもしれない…

こんな風に思ってしまうかもしれませんが、心配はいりません。

あなたはお相手のことが嫌いになったわけではないからです。

結婚前と結婚後では状況が変わります。

結婚の手続きを済ませるまでは緊張しているので、無事に届けを出すこと、あるいは結婚式を成功させることだけに集中しているかもしれません。

 

両家の顔合わせや挨拶という緊張もありますし、小さなことは気にならない時期でもあります。

しかし、そのような緊張感を伴うイベントが無事に終わり、夫婦として二人だけの世界が始まると、今まで知らなかった新たな情報が入ってくることがあります。

 

①休日は家でゆっくりするのが好き(あまり出かけるのが好きではない…)

②読書など一人でする趣味が色々ある(一人にしてほしいときがある…)

③部屋着でゴロゴロしている時間が好き(気合いを入れて出かけるのは疲れる…)

④毎日の片づけは苦手(おうちデートのときだけは片づけるけど…)

⑤結構神経質な部分がある(あまり気にしないタイプと言っておいたけど…)

上記に挙げた内容は、最初に挙げた「あれ?何か魅力がなくなった…なぜ?」と思ってしまう内容の番号(①~⑤)に対応しています。

 

交際期間中、多くの人はしっかりとデートの時間を確保しますし、「最高にステキな状態で会いたい!」と身だしなみやお洒落にも気を遣うことでしょう。

 

少しでも自分のことを良く見て欲しいと思う願いが強くなりすぎて、苦手なことも得意だと言ったり、少し話を大きく伝えてしまうこともるかもしれません。

 

しかし、そのような「気合い」や「見栄」がキレイに取れた時、本当の相手の姿が見えてきます。

これが結婚後に入ってくる新たな情報なのです。

 

今感じている気持ちは、この情報を整理するまで続きます。

ですが、「誰も知らない相手の一面を知っている」と考えると、意外と色々と許せるようになりますよ。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

新婚なのに…なぜ?(1)喧嘩ばかりしている…

2016年10月26日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

1)喧嘩ばかりしている…

 

今回は新婚生活のお悩みを5回に分けてご紹介していきます。

1回目の今日は、「喧嘩ばかりしている…」という「なぜ?」を考えてみましょう。

 

結婚前に同棲していたカップルも、結婚を機に共に暮らすようになったカップルも、必ずといっていいほど、「新婚なのに…」を経験します。

その一つが「喧嘩」です。

すぐに仲直りできる程度の喧嘩から、なかなか仲直りができず数週間会話がなくなってしまったり、実家に帰ってしまったり…程度の差こそあれ、どんな方も同じような悩みを経験するものです。

では、喧嘩ばかりしてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

なぜ喧嘩になってしまうのか、分析してみることが解決への近道ですね。

  • 生活習慣
  • 食事の好み
  • 家事分担

よくあるお悩みをリストにしています。

これ以外にも、喧嘩の原因はあるかもしれません。

今回は特にこの3つに絞って考えてみましょう。

 

上記に挙げたもののうち,「生活習慣」や「食事の好み」は、少しずつ合わせていくものですので、良い意味での諦めが必要です。

 

どうしても喧嘩になってしまいそうなときは、自分のスタイルを押し通そうとせずに、相手の希望も聞きながら二人で新しい家庭のスタイルを作っていけるような意識を持ちましょう。

 

結婚する前は気にならなかったことも、結婚を機に急に気になってしまうことがあります。

お互いへの責任や期待が増えた分、気になることが増えるのは当然のことですよね。

 

では、「家事分担」についてはどうでしょうか?

家事がとても得意な男性も中にはいらっしゃいますが、大抵の場合は女性の方が得意な場合が多いですよね。

お互いの得意な部分を活かして分担を決めることもできますが、まずは大らかな気持ちで始めてみましょう。

例えば、食器洗いやゴミ出しを男性の担当と決めた場合、人によっては、「食器の洗い方が気に入らない…」とか「ゴミ出しをいつも忘れて出勤してしまう…」などの不満が溜まる方も多いようです。

 

担当を決める方法もありますが、厳密にルール化してしまうとお互いに苦しくなり喧嘩も増えやすくなります。

 

担当ではなく「お手伝い」をしてもらうイメージでいると、ストレスも少なくなります。

 

「片づけを手伝ってもらえる?」とか「ゴミ出しの日だから一緒に行こう!」というように、参加を促し、お手伝いしてもらった後は「すごく助かっちゃった!ありがとう」と感謝を述べると効果的です。

 

喜んでもらえることは、ついついしてあげたくなるのが人間です。

その心理をうまく引き出してみましょう!

喧嘩をしてしまった後は、仲直りを忘れないようにしてくださいね。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから