働く女性

素直になるコツ(2)お手本となる人を見つける

2016年07月21日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

素直になるコツ

(2)お手本となる人を見つける

2回目は「お手本となる人を見つける」

というものです。

 

いつも楽しそうにしている人、

周りにたくさん人が集まってくる人は

いませんか?

 

「この人みたいになれたらいいな…」

と思えるような人を見つけてみましょう。

笑顔が素敵だったり、気遣いができたり、

話がとても上手だったり、色々な良い部分を

持っている人が周りにはたくさんいることでしょう。

 

誰かをお手本にしようと思える

ということは、その人の良い部分を

心から認めることでもあります。

誰かのことを「素晴らしいな!」

と思える気持ちは、素直な感情から

沸き出てくるものでもあるのです。

 

お手本というと、少し真面目に考えて

しまう方は、「なんとなく気になる人」を

見つけてみるのもいいですね。

 

男女問わず、惹きつけられるような

良い雰囲気を持っている人に注

してみましょう。

 

そして、自分が持っていない相手の

素晴らしい部分を見つけることが

できるかもしれません。

 

誰かを認めることは、自分を認める

ことでもあります。

「素直さ」への第一歩ですね。

 

周りの人を批判ばかりしていると、

自分のこともなかなか好きになれない

ものです。

 

職場の例で考えてみましょう。

 

仕事がとても速い人のことを、

「あの人、いつも仕事が速くて凄いな!

私も真似したい!」と思えるのと、

「あの人、仕事は速いけど、何だか

慌ただしくて好きじゃないわ。」

と思うのでは、だいぶ気持ちの方向性が

変わってきますね。

 

良いと思えるものを素直に認める気持ちを

大切にしましょう。

認めることが自然にできるようになったら、

今度はそれを直接相手に伝えみると良いですね。

 

「○○さんって本当に凄いですね!

今度教えてくれませんか?」

「私も○○さんみたいになりたいなって

思ってるんです。」

 

こんな風に、自分が感じた気持ちを

言葉で表現することも、素直さへの近道です。

 

 

 

プライドが結婚の壁になる!

2016年02月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

プライドが結婚の壁になる!

 

前回は、結婚したいけど結婚できない理由を考えてみました。

 

その中の一つ、

  • 仕事もできるし、20代のころはモテたので今もプライドがある。

ということについて触れてみたいと思います。

若いときはとてもモテた。

みんながうらやむような素敵な彼と付き合ってきた。

だから、レベルを下げてまで結婚したくない・・・

 

こうした、過去の栄光を引きずってしまう傾向は

女性に多いですね。

 

若い時に、男性からちやほやされてきた経験があると、

その感覚が当たり前のようになっています。

 

 

しかし、それは以前のこと!!

現状を把握できないでいると

大変なことになってしまいます。

新しい自分になる!

 

そう思っても、つまらないプライドが妨げとなっているのであれば、

思いきってプライドの壁を取り払う必要があります。

 

プライドを持つということは、

とても素晴らしいことですが、

精神的なストレスをもたらすプライドは望ましくありません。

 

精神的なストレスをもたらすプライドを捨てることで、

人の話が心で理解でき、

素直にその通りにしてみよう!

という気持ちがわいてくれば

新しい自分になることは難しいことではありません。

 

新しくなった自分は、結婚への第一歩を踏み出したことに違いありません。

 

真剣にご結婚を考えている方は・・・

 

伝えることの大切さ

2016年02月17日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

伝えることの大切さ

今日は「伝えることの大切さ」のお話です。

 前回は、「可愛くてもお断りされてしまう理由」が見えてきました。

私と同じことを、男性会員さんも感じていたのです。

 

初めて食事に行った時、

彼女はご馳走さまも言わなかったとのこと。

 

でも、初めてのデートだし、言うチャンスがなかったのかもしれない

と思うようにしたそうです。

気を取り直して、二度目のデートに期待したそうですが、

またも同じ状況だったとのこと・・・

 

今度は自分が聞こえなかったのかもしれないと言い聞かせ、

三度目のチャンスにかけたそうです。

 

残念なことに、また同じ状況!

 

とうとう、交際中止の申し出がありました。

 

『僕と一緒にいても楽しそうじゃないし、

ご馳走してもありがとうさえ言わないんです。

きっと僕のことがイヤなんですね。』と落ち込んでいました。

 

『○○さんの気持ち聞いてみるね』と言うと、

『僕に対しての気持ちがあったとしても、

お礼も言えないような人は、

この先うまくやっていけません。』とのお返事でした。

 

ここまで答えを出していると、

残念ながら私のお節介も役に立ちません。

 

そして、彼女に交際中止を伝えると、びっくりしたようで、

『私は、とても前向きな気持ちでした。』とのこと。

彼女のように、前向きな気持ちがあっても、

それを表現しない、

言わなければ、お相手には伝わりませんね。

 

言葉にして伝えることが苦手でも、

笑顔や仕草で表現してみることもできます。

 

嬉しそうだったり、楽しそうだったら、

「僕のこと嫌いなのかも?」なんて思いませんね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから