女性編

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由(2)依存しすぎに注意

2017年08月19日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由

(2)依存しすぎに注意

2回目は「依存しすぎに注意」というテーマです。

 

依存すること=相手を頼ること、ではありません。

 

相手に「力を借りる」こと。これは「相手を頼りにすること」です。

例えば、

○重いものが持てないのでお願いする

○夜道が怖いので自宅まで送ってもらう

○相手の得意な分野について教えてもらう

このような「お願い」は依存ではありません。

 

しかし、以下に当てはまる部分があるときは、少し「依存気味」の傾向があります。

 

  • 相手からの連絡が無いと不安になってしまう
  • 連絡が取れるまで、何度も電話やメッセージを送ってしまう
  • 相手と一緒でないと、一人でどこかに出かけられない
  • あなたがいないとダメになる、と言ってしまいがち
  • 相手に好かれるためには、何でも受け入れてしまう
  • 相手に嫌われたくないという感情が強い
  • 一日中、相手からの連絡を待ってしまう

 

いかがでしょうか?

相手のことが好きだと「ずっと一緒にいたい」と思うかもしれません。

しかし、前回の「嫉妬」とも似ていますが、相手に依存しすぎることは、相手の時間を奪うことにも繋がります。

そうすると「一人にしてほしい!」「面倒くさい」「自立して欲しい!」とお相手に感じさせてしまうことになるのです。

1回目にご紹介した男性の傾向を覚えておられるでしょうか?

「相手を追いかけたい」「自分の力で手に入れたい」このような男性の気持ちを理解できていれば、「依存しすぎの女性」より、「相手に追いかけさせる女性」の方が、魅力的であることが分かります。

男性を振り回すのは考え物ですが、依存しすぎて飽きられてしまうよりは、相手に追わせてあなたに夢中になってもらう方が長続きしそうですよね?

依存気味な傾向が見つかったあなたへ送るアドバイスはこちらです。

「自分の時間」をきちんと持つようにしてみましょう。

「依存体質」から抜け出すきっかけが作れるかもしれません。「依存しすぎに注意」してくださいね。

 

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由 (1)尽くしすぎは禁物

2017年07月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由

1)尽くしすぎは禁物

今回は「恋愛が続かない理由」の中でも特に、「なぜか振られてしまう…」という方に向けてお送りしていきます。

振られてしまう原因となる行動があるのをご存知でしょうか?

 

1つずつご紹介していきますね。第1回目はこちら!

「尽くしすぎは禁物」がテーマです。

 

ちょっと意外ですよね…。尽くしたら尽くしただけ「良い女」と思われそうな気がしてしまいます。

しかし、「大好きなあなたのためなら…」と何でも男性の言うことを受け入れて、相手の言いなりになってしまうと、男性側の心にある変化が訪れてしまいます。

相手を喜ばせようと、あなたが一生懸命に尽くしているのに、男性側は…

「この子は自分の思い通り」

「多少雑に扱っても、絶対に嫌われない」

「いつも自分の言いなりだから、刺激が足りないな…」

こんな風に感じるようになってしまうようです。

困りましたね…。では、なぜこんな気持ちになってしまうのでしょうか?

 

それには男性心理を学ぶ必要があります。中には、尽くされたら尽くされただけ、あなたを大事にしようとする男性もいるかもしれません。

しかし、ここでは一般的な傾向をお伝えします。

 

男性には狩猟本能が備わっています。

そのため、恋愛においても、常に「相手を追いかけたい」「自分の力で手に入れたい」と感じることがあるようです。

そのため、女性側が一生懸命に尽くし過ぎてしまうと、「いつでも手に入れられる」「自分で頑張らなくてもいつでも側にいる」と思ってしまうようなのです。

 

また別の理由として、交際中の女性から尽くされ過ぎると、「結婚を迫られている」と感じてしまうこともあるようです。

あなたの尽くす姿勢が、「ほら?わたし絶対に良い奥さんになるでしょ?」とアピールされているようにも感じてしまうのです。

 

相手のために行動しすぎて、相手中心の生活になっていませんか?

つい相手に尽くし過ぎてしまう…という方は、ぜひ自分のこれまでを思い出しながら、

次の恋愛に活かしてみてくださいね。

「尽くし過ぎは禁物」ですよ。

付き合ってるの?付き合ってないの?:(2)都合の良い関係になっていませんか?

2017年05月04日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

付き合ってるの?付き合ってないの?

2)都合の良い関係になっていませんか?

 

今回は少し深刻なケースについて考えてみましょう。

  • ほぼ付き合っているような関係なのに「お互い相手ができるまでだから」と言われる…
  • 会えるのはいつも相手から連絡が来たときだけ…
  • 自分が会いたいときに連絡をすると、電話が繋がらない…
  • メールやLINEの返事は相手の気分による…相手の用事があるときだけ連絡が来る…

 

何か思い当たることはありましたか?

相手のことが好きだと、なかなか冷静に見極めることが難しくなりますよね。

付き合ってるのか…付き合っていないのか…

 

 

相手のことを想えば思うほど、きちんと付き合っていない、という事実を見たくなくなることもあります。

冒頭で挙げた例は、相手との関係を見直した方が良い例になっています。

なぜなら、このままでは「都合の良い関係」になっているからです。

 

まず、「お互い相手ができるまで」というフレーズについて考えてみましょう。

 

これは言い換えれば、「相手ができたら今の関係は終わり」という宣言です。

あなたとは付き合うつもりはなく、正式な恋人ができるまでの関係である、と言われているのと同じです。

この関係は続けていても、なかなか心から笑える日はやってきません。

 

次に、連絡方法について考えてみましょう。自分から連絡をしても相手からの返事がない、あるいは連絡が取れない、という場合は注意が必要です。

 

相手からの連絡を、あなたが無視するような勇気はあるでしょうか?

あなたばかりが相手の都合に合わせるのは、対等な関係とは言えません。

 

そんな時は、なぜ?どうして?と悩むよりも、勇気を出して「なぜいつも自分の都合で連絡してくるの?」と聞いてみましょう。

その時の相手の反応によっては、「もう会えない」と伝えることも必要です。

その時は辛くても、勇気を出した決断は、あなたの新たな出会いに繋がっていきます。

曖昧な関係、都合の良い関係で時を無駄にするよりも、あなたのことを本当に大切に想ってくれる方との恋愛を考えていきましょう。

 

今回は少し辛い内容だったかもしれません。

 

しかし、相手にとって「都合の良い関係」であることに気づいたときこそチャンスです!

辛い想いをしながら悩みを続けるよりも、新しい恋愛を探すきっかけになります。

笑顔で輝ける恋愛を見つけていきたいですよね。

悩みは一人で抱えるよりも、誰かに話した方が楽になります。

 

恋愛カウンセリングもオススメです。ぜひ一度ご相談くださいね。

 

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

タラレバしていませんか?(1)あの時の相手と結婚できていれば…

2017年04月04日

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(1)あの時の相手と結婚できていれば…

今回は「タラレバ」の感情とうまく付き合う方法を5回に分けてご紹介していきます。

 

「~だったら」「~してれば」という口癖は女性に多いように思われるかもしれませんね。

しかし、皆様のお悩みを見ていますと、恋愛・結婚に積極的になれない男性も実は「タラレバ」予備軍のことが多いのです。

 

今回は「過去の恋愛」というキーワードで考えていきましょう!

昔お付き合いしていた方がどうしても忘れられず、「あの時手放さなければ…」「あの人と結婚していれば…」と思ってしまう方も少なくありません。

 

誰かとお付き合いをした経験がある場合は、誰もが一度は考えたことがあるかもしれませんね。

 

●現在、恋をしていない…または恋愛から遠ざかっている
●今の恋愛(交際相手)に満足していない…
●相手にひどい振られ方をした…
●自分勝手に相手を振った…
●元恋人が結婚したことを知った…

いかがでしょうか?

 

現状で恋をしていなかったり、恋愛からしばらく遠ざかっていたりすると、過去の「楽しかった恋愛」のフォルダを引っ張り出してしまうことが誰にでもあります。

また、今の生活に不満がある場合、なんとなく「昔の方が良かった気がする」と逃げ道を探してしまうことがあるのです。

 

直面している問題を整理するよりも、「昔と今」の比較に忙しくなってしまい、現実の世界よりも「あの人とやり直せたら…」という妄想の世界に魅力を感じてしまうようになります。

「あの時は楽しかったなぁ…」

「あの人、まだ独身かな?」

「自分の方があの人にはふさわしいはず…」

「何とか復縁できないかな…?」

 

こんな風に過去の相手にことばかり考えるようになると、なかなかそこから抜け出せなくなり、「復縁」という妄想から逃れられなくなります。

 

その結果、相手に何とか連絡をしようとしたり、復縁を迫ってしまったり、「あの人以上の相手にはどうせ出会えない」と諦めモードになってしまったり…ということも起こってしまうのです。

 

これでは前に進めませんね。

「過去と決別する」ことが、タラレバから抜け出す最善の方法です。

少しでも思い当たる方は、勇気を出して過去を捨ててみましょう!

少しずつ道が拓けてくるはずですよ。

 

 

相手に喜ばれるデートプランを考える【女性編】:女子会とデートは別物!

2017年04月02日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

相手に喜ばれるデートプランを考える【女性編】

女子会とデートは別物!

あなたは男性が喜ぶデートプランについて考えたことはありますか?


実は、男性が苦手とするデートスポットがあることをご存知でしょうか?

今回は複数のアンケート結果をまとめています。
(※全ての男性に当てはまるわけではありませんので、あくまでご参考までに。)

男性が苦手とするデートスポットとして以下のようなものが挙げられていました。
括弧内にはその理由を簡単に記しています。

 

●お洒落で可愛いカフェ(女性客が多めの場所は居心地が悪い)
●高級料理店(高級感がありすぎる店は緊張してしまう)
●アウトレット(買い物デートは女性がメインだから)
●カラオケ(同性の友人と行く方が基本的には好き)
●ブランドショップ(値段が気になってしまうので楽しめない、買い物が苦手)
●遊園地(混雑しすぎる場所、絶叫系が多い場所、可愛すぎる場所は、居心地が悪い)
●都心でのドライブデート(道路が混雑している地域、駐車場が無い場所、は困る)
●彼女の実家(どのように接すれば良いか分からない)
●ゲームセンター(わざわざデートでは行きたくない)
●美術館(楽しみ方が分からない)
●ライブ・コンサート(お互いの意見が衝突してしまいそう)

いかがでしたか?

 

これではどこも行けないのでは?と思われたかもしれませんね。

しかし、一つ一つの項目や理由を見てみると、問題は場所ではないことが見えてきます。

基本的な要素としては、

×居心地が悪い
×待ち時間が多い
×趣味・趣向が偏る内容
×お金がかかりすぎる状況

という苦手ポイントが見えてきます。

 

カフェやショッピングは女子同士の集まりでは定番ですが、苦手とする男性は案外多いようです。

もちろんカフェ好きやカラオケデートが好きな男性もおられることと思います。

 


細かな点はお相手とすり合わせていく方が良いでしょう。

しかし、女子会で好まれるような場所とデートに適した場所は異なることが多い、ということは意識しておけると良いですね。

お互いに楽しめるデートを考えられると、二人の絆も深まりますよ!

 

 

相手に喜ばれるデートプランを考える【男性編】:色々な可能性を探ってみる

2017年03月26日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

相手に喜ばれるデートプランを考える【男性編】

色々な可能性を探ってみる

 

あなたは女性が喜ぶデートプランについて考えたことはありますか?

 

男性と女性は思考パターンが異なる部分も多いと言われています。

(A)ひとつの場所を決めて、じっくりその場所を満喫したい!
(B)色々な場所をできるだけ多く回って、いろいろ楽しみたい!

あなたは(A)と(B)、どちらのタイプでしょうか?

 

これはある調査を基にしたお話ですが、男性は(A)を好む方が比較的多いようです。

個人差があるかもしれませんので、一般的には…というお話にはなってしまうのですが、もしもあなたが(A)タイプで、お相手が(B)タイプを好まれる方の場合、デートの時間がお互いに少々辛くなることもあるかもしれません。

 

あなたはお相手に合わせてしまうと疲れてしまったり十分に楽しめないかもしれませんし、お相手があなたに合わせていると「もっと色々見たかったのに…」となるかもしれませんよね。

「何だか楽しめない…楽しいはずなのに全然嬉しくない…」

 

こんな辛い状況を未然に防ぐためには、デートプランについて事前にお相手と話し合えると良いでしょう。

 

あなたはお相手にデートプランを任せきりですか?

それとも、あなたが決める方が多いでしょうか?

 

どちらかが一方的にプランを決めていると、「本当はこういうデートの方が好き…」と言い出しにくくなってしまうこともあります。

 

お互いに「何となく違う…」というのが積もり積もってしまうと、「やっぱり合わない!」という結論になってしまいがちです。

デートは、計画を練るところから始まっているのです。

 

 

「今度の休みは〇〇に行ってみようか?」「そこいいね!行こう!」という会話になった場合、そこで話を終わりにしないように注意しましょう。

「それじゃぁ、どこか周辺で行ってみたいところがあったらお互い調べておこう。

行きたいところを一緒に決めようよ」と言っておくことで、お互いの希望に沿ったデートプランが作れる可能性も高まります。

事前に「大きな予定(訪れる場所)」と「可能性のある予定(周辺のスポット)」を決めておけば、お互いに楽しめるデートプランが立てられることでしょう。

 

 

将来を考えたお付き合いで意識したいこと(2)末永く一緒にいられる相手かどうか

2017年03月04日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

将来を考えたお付き合いで意識したいこと

(2)末永く一緒にいられる相手かどうか

できることならば、結婚は「一生に一度」の大切なイベントにしたいものですよね。
交際中の方は今のお相手との将来を考えたり、これから出会いたいと思っておられる方は、結婚相手をどうやって見つけようか、どうすれば出会えるだろうか、と悩むことがあるかもしれません。
「結婚したい!」という気持ちが強いときほど、冷静な判断も必要になるときがあります。
将来を考えたお付き合いでもう一つ大切なことは、「末永く一緒にいられる」と心から思えるかどうか、なのです。

 

●自分が我慢をすれば、ずっと一緒にいられる気がする…

●相手の言う通りにしていれば、きっと円満に過ごせると思う…

●この機会を逃したくないから、とりあえず結婚したい…

●今さら結婚したくないとは言えない…

こんな風に、少しでもネガティブな感情があるときは、一度落ち着いてお相手との相性を考えてみましょう。

世の中では、「結婚は墓場だ」「結婚は我慢の連続」などという表現もありますが、結婚=我慢、と考える必要はありません。

もちろん、別々の環境で育った二人がこれから生活を共にしていく上では、様々な我慢も必要になるかもしれません。

しかし、それは二人で楽しく生活するための調整であって、苦痛しかないような我慢とは、全く質が違うものです。

結婚相手として適切かどうか?

これは将来を考えたお付き合いでは避けては通れない問いの一つです。

少しでも疑問に感じるときは、お相手とじっくり話し合いましょう。

話し合ってお互いに納得できる場合は、そのまま結婚に向けて努力していくことができます。

しかし、どうしても分かりあえないときもあるかもしれません。

そのようなときは、無理に結婚に急がずに少し距離を置いてみることも必要です。

離れることで見えてくることもありますよね。

 

これから人生を歩んでいくうえで色々な問題が起こったとしても、二人で支え合えるでしょうか?

あなたの目の前にいるお相手と「結婚したい」と強く思えるでしょうか?

 

しっかりと見極めた後ならば、結婚までスムーズに物事を進めることができるでしょう。

病める時も健やかなる時も、共に支え合えるかどうか。これはとても大切な視点なのです。

 

 

結婚前カウンセリング

付き合いはじめに気を付けたいこと(2)信頼関係の基本は「誠実さ」と「正直さ」

2017年02月27日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

付き合いはじめに気を付けたいこと

(2)信頼関係の基本は「誠実さ」と「正直さ」

付き合いはじめは、お互いのことが「好き」という気持ちで頭がいっぱいになります。

 

しかし、この時期に築いておきたいのが信頼関係の基盤となる「誠実さ」や「正直さ」です。

●昔お付き合いしていた方との縁がなかなか切れなかったり…

●相手の交友関係にストレスを溜め込んでしまったり…

●ちょっとならいいか…と内緒で合コンに参加してしまったり…

●少しなら…と小さな嘘を積み重ねてしまったり…

色々な失敗から、信頼関係の構築に失敗してしまう方がおられます。

 

 

別れてしまうカップルの多くは「価値観の違い」や「信頼関係の崩壊」を原因に挙げることがとても多いようです。

お付き合いの最初の段階で、小さなことにも誠実に、正直に行動できるかどうか…?

これは、将来的に良い関係を築いて行けるかどうかの、ひとつの基準となります。

とはいえ、人間はそう簡単には変われません。しかし努力次第で状況を改善する力はあります。

自分の弱点や短所に気づいていれば、少しずつ変わっていくことはできるのです。

●お相手にちょっとした嘘をついてしまう癖に気づいたのなら…

●何事もその場の流れでいい加減に考えてしまう傾向があるのなら…

今が改めるチャンスです!

 

付き合いはじめだからこそ、しっかりとした関係を築くための基礎工事をしていきましょう。

何よりも大切なのは、お相手との信頼関係です。信頼関係を構築するのはとても大変ですし努力が必要ですが、壊すのは一瞬です。

一度壊れてしまうと、修復はほぼ不可能です。

長く安定したお付き合いや将来を見据えたお付き合いをしたいのであれば、「誠実さ」と「正直さ」を忘れないようにしたいですね。

もちろん、あなただけが努力をしてもバランスが悪いですので、お相手にも努力してもらわなければいけませんね。

お互いに対して誠実に、そして正直にあるべきなのです。

お相手に対して不信感や不満を感じてしまうときは、一度しっかりと話し合ってみましょう。

ストレスを抱えたままお付き合いを続けても、辛いだけの関係になってしまうからです。
楽しく充実したお付き合いには悲しい顔は似合いませんよね。

笑顔でいられるお相手を見つける方が、あなたにとって幸せな選択になることでしょう。

 

楽しいイベントはこちら

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】(1)本気なら自分から行動する

2017年02月23日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】

(1)本気なら自分から行動する

ホワイトデーまでソワソワしてしまう女性に向けたアドバイスを3つお送りいたします。

1回目の今日は、「本気なら自分から行動する」というテーマです。

 

 

本命チョコをあげたお相手がいた場合、お返事をもらうまでは「失敗したかな…」「わたしのこと好きじゃない

んだろうな…」と自信を無くしてしまうこともあるかもしれません。

 

ホワイトデーまで返事を待ってみますか?

返事が無かったら、そのまま諦めますか?

 

あなたが本気でその方の事を好きなのであれば、ホワイトデーまで待たずに、はっきりと好意を伝える方が良いかもしれません。

 

男性の中には「あぁ、毎年恒例の季節がやってきた。これも義理チョコだ…」とシンプルに判断する方も多いのです。

 

はっきりと気持ちを伝えていない場合は、受け取った男性側があなたからの好意に気づいていない可能性もあります。

少しショックではありますが、以下のように感じる男性も少なくはないようです。

「バレンタインデーにくれる人ってホワイトデーのお返しが目当てだよね?」

「中学生じゃないんだし、バレンタインデーのチョコなんて正直いらないんだよな…」

「彼女からもらうならいいけど、こういうイベントって実は苦手だしお返しが面倒くさい…」

実際にこんなことを漏らしていた男性たちは、随分経ってから「本命チョコ」だったと気づき、「分かりにく

い…」「全然気づかなかった」「それなら食事でも誘えば良かった…」と、慌てたり後悔したりしたそうです。

とはいえ、きちんと好意が伝わっていなかったのなら…それは仕方ありませんね。

 

バレンタインデーに勇気を出せたのですから、後もう一歩踏み出してみませんか?

 

伝わっているか分からない…返ってくるか分からない…

そんな相手からのリアクションを待つよりも、自分の好意を改めて伝える方が、モヤモヤせずに済みますよ。

 

まずは簡単なジャブから始めてみましょう。

「○○さんって、お付き合いされている方いるんですか?」とか、「私、○○さんみたいな人、すごく素敵だなって思っているんです!」というように、ほんのりと好意を匂わすようなフレーズも良いですね。

相手が迷惑そうでなければ、もう少し直接的な表現を入れてもいいかもしれません。

 

少し恥ずかしいかもしれませんが、二人きりになれるチャンスがあれば、「○○さんのこと、好きになってもいいですか?」と言うこともできます。

 

想いが通じなかったとしても、「好きです」「ごめんなさい」というやりとりをするより、後々のフォローがしやすく自然に使いやすい、変化球の告白フレーズと言えそうです。

試してみる価値はあるかもしれませんよ?

 

恋活バスツアー開催します♪

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【女性編】

2017年02月12日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【女性編】

今回も「愛情表現」について考えていきます。今日ご紹介するのは女性編です。
交際中の彼との関係、ご主人との関係などで悩んでいませんか?

●メールや電話の返事が遅い
●記念日をいつも忘れる
●仕事ばかりで構ってくれない
●プレゼントのセンスが悪すぎる
●感謝の言葉が足りない
●料理の感想を言ってくれない
●全く家事を手伝ってくれない

交際中の彼やご主人に対する不満としてよく出てくるものを取り上げてみました。

何か当てはまることはあったでしょうか?

色々と小さな不満が積み重なると、「私って大事にされていない!」「結婚前はこんなじゃなかったのに…!」「もっと他に私の事を見てくれる人がいるのでは…」と様々なネガティブな感情でいっぱいになってしまうかもしれません。

お友達に相談しても、「他にいい人見つければ?」「絶対浮気してるよ!」とか「離婚しちゃえば?」、「まだいい方じゃん?ちょっと贅沢なんじゃない?」などと言われてしまい、余計に不安になるかもしれません。
それでも、少し立ち止まって自分だけで考えてみましょう。

○悩み事を相談すると、アドバイスをしてくれる
○作った食事を残さず食べてくれる
○彼なりに一生懸命考えた贈り物をしてくれる
○あなたがしてあげたことに笑顔を見せてくれる
○あなたの失敗を許してくれる

何か当てはまることはなかったでしょうか?

ここで挙げた例は、慌ただしく過ごす中では気づけないような、本当に些細なことかもしれません。しかし、ご紹介した彼からのリアクションはどれも全て「あなたのため」に彼がしてくれていることなのです。

彼の言動が、あなたが思い描いたようなもの、期待していたもの、ではなかったとしても、そこには彼なり愛情表現が隠れていることがあります。
ふとしたときに分かる彼の「思いやり」に目を向けてみましょう。
彼への気持ちが少しずつ変わり、感謝の気持ちでいっぱいになるかもしれませんよ?

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから