女性編

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【女性編】

2017年02月12日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【女性編】

今回も「愛情表現」について考えていきます。今日ご紹介するのは女性編です。
交際中の彼との関係、ご主人との関係などで悩んでいませんか?

●メールや電話の返事が遅い
●記念日をいつも忘れる
●仕事ばかりで構ってくれない
●プレゼントのセンスが悪すぎる
●感謝の言葉が足りない
●料理の感想を言ってくれない
●全く家事を手伝ってくれない

交際中の彼やご主人に対する不満としてよく出てくるものを取り上げてみました。

何か当てはまることはあったでしょうか?

色々と小さな不満が積み重なると、「私って大事にされていない!」「結婚前はこんなじゃなかったのに…!」「もっと他に私の事を見てくれる人がいるのでは…」と様々なネガティブな感情でいっぱいになってしまうかもしれません。

お友達に相談しても、「他にいい人見つければ?」「絶対浮気してるよ!」とか「離婚しちゃえば?」、「まだいい方じゃん?ちょっと贅沢なんじゃない?」などと言われてしまい、余計に不安になるかもしれません。
それでも、少し立ち止まって自分だけで考えてみましょう。

○悩み事を相談すると、アドバイスをしてくれる
○作った食事を残さず食べてくれる
○彼なりに一生懸命考えた贈り物をしてくれる
○あなたがしてあげたことに笑顔を見せてくれる
○あなたの失敗を許してくれる

何か当てはまることはなかったでしょうか?

ここで挙げた例は、慌ただしく過ごす中では気づけないような、本当に些細なことかもしれません。しかし、ご紹介した彼からのリアクションはどれも全て「あなたのため」に彼がしてくれていることなのです。

彼の言動が、あなたが思い描いたようなもの、期待していたもの、ではなかったとしても、そこには彼なり愛情表現が隠れていることがあります。
ふとしたときに分かる彼の「思いやり」に目を向けてみましょう。
彼への気持ちが少しずつ変わり、感謝の気持ちでいっぱいになるかもしれませんよ?

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

2017年02月11日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

3回目は「愛情表現」について考えてみましょう。今回は男性編です。
今回は交際中のカップルや結婚してまもないご夫婦、最近喧嘩が多くなったな…と悩んでいる方には特にオススメの内容です。

 

なんだか最近…ちょっとすれ違っている気がする…

こんな考えが頭をよぎると,別れが近づいているのかな…とか、やっぱり結婚は失敗だったのかもしれない…と思ってしまうかもしれません。

お相手のことは今でも大好きだけど、相手からの愛情がいま一つ感じられない…

少しの不安がやがて頭の中を支配するようになり、お相手への思いやりが無くなってしまうと、なかなか関係を修復することはできなくなります。

意味もなく相手の気持ちを疑ったり、ひとつひとつの言葉も違う意味にとってしまったり…
こうなると、「相性が合わない」「もう相手の気持ちは自分に向いていない」と判断してしまうのも自然なことかもしれません。

 

でも、お相手のことをもう一度観察してみましょう。
○毎朝起こしてくれる
○ご飯を用意してくれる
○アイロンをかけてくれる
○お疲れ様と言ってくれる

日常の些細なことでも、あなたのためにしてくれていることが何か見つかるかもしれません。
あなたのためにお相手がしてくれることは全て、あなたへの愛情表現といえます。
そう考えてみれば、たくさんの思いやりに気づくことができるでしょう。

小さなサインに気づいたときは「いつもありがとう」と声をかけてみましょう。

感謝の気持ちを伝えることで、会話のきっかけも作れます。

そして小さなことでも気づくような習慣を作れると、お相手の様子や変化などにも敏感に反応できるようになります。
「あれ?髪の毛切ったかな?」と気づいたときは、「髪切ったの?」と聞いてみると良いですし、「なんだか今日は疲れているかな…」と思ったときは、「今日もお疲れ様。体調は大丈夫?」と気遣うこともできます。
相手に感謝し、相手への関心を持ちつつ、小さな気づきを言葉に変えていけると良いですね。

 

素敵な恋愛がしたい方

上手に仲直りできていますか?(5)素直に謝る

2016年09月12日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

上手に仲直りできていますか?

(5)素直に謝る

 

上手に仲直りするための最後のステップ。

5回目の今日は「素直に謝る」というものです。

 

相手の話を聞き、自分の話をして、

喧嘩の理由を分析し、

お互いに反省した後は、

素直に「ごめんね」を言いましょう。

 

そして謝った後、謝られた後は、

「また仲良くしようね」と約束できると、

さらに良いですね!

 

険悪なムードが好きな方はどこにもいないはずです。

喧嘩をして口を閉ざす期間が長くなればなるほど、

心の隙間は広がっていきます。

 

修復したいと心から思ったときには、

時すでに遅し…

ということもあります。

 

大好きな方とずっと仲良しでいるために、

そして喧嘩をしても仲直りをするためには、

素直さが重要なポイントになります。

 

意地を張るよりも、素直になった方が

お互いのことがよく分かります。

 

一方が努力をしても、

もう一方が拒絶していては、

状況は良くなりません。

 

相手がどうしても心を開いてくれないときは

どうしたら良いでしょうか。

 

そんな時は、あなたにとって

負担になりすぎないのであれば、

自分から謝ってしまうこともできます。

 

もちろん、あなたが悪くないのに

どうして謝らなくてはいけないのか、

と思われるかもしれません。

 

しかし、言い合いになった時は、

あなたもお相手に対してキツイ言葉を

言ってしまった可能性があります。

 

そのことについては、素直に「ごめんね!」

と言うことができるでしょう。

 

「さっきはあんな言い方してごめんね。

でもどうしても、分かって欲しかったの。

 

私の気持ちを聞いてくれる?」というように、

あなたから思いやりある態度で

歩み寄ることもできます。

相手が動かないときは、

あなたから、ぜひ仲直りの一歩を

踏み出してみましょう。

 

そして仲直りができそうな雰囲気になったら、

「ずっと仲良しでいたいと思っている」

という素直な気持ちを伝えておくことも

非常に効果的です。

 

喧嘩がダメなわけではありません。

喧嘩の後で上手に仲直りができれば、

喧嘩の前よりもさらに仲良くなれることでしょう。

 

仲直りが苦手な方は、

ぜひ、これまでにご紹介した方法を

お試しくださいね。

 

 

 

結婚前の不安に対処するために(2)言いたいことを言えるか?

2016年08月06日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(2)言いたいことを言えるか?

 

2回目は「言いたいことを言えるか?」という問いについて考えてみましょう。

言いたいことを言う=何でもわがままを言う、ということではありません。

 

「自分の希望や考えを彼に伝えることができるか」「彼はあなたの話に耳を傾けてくれるか」このような点が重要になります。

 

あなたが自分の考えを伝えても、「俺が全て決める」という態度であなたの気持ちを全く受け止めてくれない場合には、結婚を前提としたお付き合いについて一度冷静に考えてみる必要がありそうです。

お二人の関係を見直すことも必要です。

 

大切なこと、二人で話し合わなくてはいけないことが、結婚直前や結婚後にはたくさん出てきます。

 

二人で新しく人生をスタートさせるということは、たくさんのことを二人で協力しながら手さぐりで進めていくことを意味しています。

 

 

きちんとした「話し合い」ができない関係のまま結婚をしてしまうと、後々とても苦労することがあります。

 

全て彼の判断に従うか。

あるいは、あなたが全て決めることになるかもしれません。

これでは、何かうまくいかなくなったときに、どちらかに責任を押し付けた酷い言い争いになることもあり得ます。

  • 彼ときちんと話し合いの時間を持つことができているか。
  • 言いづらいことでもお互いに冷静に話し合えるか。
  • 互いの意見を尊重できるか。

 

色々と自分自身に問いかけてみると良いかもしれませんね。

話し合いが既にできるお二人であれば、結婚後も、色々な場面で相談しながら物事を進めていけることでしょう。

 

少し改善する必要がある場合には、今からでも遅くありませんので、話し合う努力をしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

結婚式を計画されている方は、特に、色々と話し合わなくてはいけない状況が増えていきます。

 

なかなかお互いの気持ちが分からず、気まずい雰囲気になることもあるかもしれません。

 

しかし、そのような時は「もう少しきちんと話し合いたいんだけど…」あなたから切り出してみましょう。

そうすることで、会話の糸口を見つけることができます。

 

あなたから働きかけても、彼が全く協力的でない場合には、あなたが感じているその不満を、しっかり伝えることも大切です。

思いやりの心を持ちつつ上手に伝えてみましょう。

 

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

結婚相手に求めることは何ですか?(2)優しさ・癒し

2016年07月29日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚相手に求めることは何ですか?

(2)優しさ・癒し

 

2回目は「優しさ・癒し」について

考えてみたいと思います。

 

結婚相手に何を求めるか、と問われたときに、

複数のアンケートで上位に来ていたのが

「優しさ」「癒し」というキーワードでした。

 

  • 何か仕事で嫌なことがあっても、家に帰ってパートナーの笑顔が見られると癒される。
  • どんな愚痴でも聞いてくれるときに、優しさを感じる。
  • 結婚して一番感じるのは、癒しとか安心感。相手の優しさに感謝している。
  • いつも笑顔でいてくれると嬉しいし、安心する。

結婚して良かったことについての自由解答では、

上記のような回答をされている方々が多くみられました。

 

男性にとっても女性にとっても、

結婚生活に安らぎを感じられることは、

とても重要なポイントだということが分かります。

 

お相手との関係がぎすぎすしていると、

だんだんと家に帰ることが苦痛になってしまいますが、

家が居心地の良い環境だと、仕事が終わったら

すぐにでも帰りたい!と思うようになります。

 

疲れていても、嫌なことがあっても、

お互いに「優しさ」や「癒し」を

与えられるような関係が築けたら良いですよね。

 

思いやりの気持ちを忘れずに接していれば、

「癒し」を感じてもらえることでしょう。

 

「優しさ」や「癒し」は、相手をいたわる気持ち、

と言い換えても良いかもしれません。

 

結婚を考えている方は、ぜひ「思いやり」の部分を見つめ直して、

パートナーに接するようにしてみましょう。

 

また、すでにご結婚されている方は、相手に対して

優しい気持ちで接するように意識してみましょう。

 

結婚生活には「優しさ」「癒し」が必要不可欠です。

居心地の良い雰囲気をお互いに提供できるように

意識できたら良いですね。

 

  • 家に帰ってくれば安全!
  • 家に帰れば落ち着ける!

 

お互いにこんな感覚でいられるのが理想かもしれません。

 

 

魅力的な女性になるための方法(5)比較する習慣を捨てる

2016年07月08日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

魅力的な女性になるための方法

(5)比較する習慣を捨てる

 

自分より素敵な女性を見て落ち込んだり、

自分よりも大変な人を見て安心したりするような…

そんなクセがついてはいませんか?

 

5回目は「比較する習慣を捨てる」

というポイントをご紹介していきます。

 

自分より綺麗な人、

自分より頭が良い人、

自分よりも仕事ができる人…

自分よりも何かを持っている人、

何かができる人というのは、世の中にはたくさんいます。

その逆もあることでしょう。

 

比較することで頑張れることもありますが、

誰かと比べる習慣は

自分の気持ちをすり減らしてしまうことがあります。

 

人は誰でも「比較」をして、喜んだり悲しんだり、

毎日忙しく周りを気にするものです。

 

女性は特にその傾向が強いようですが、

これが行き過ぎてしまいますと、

周りの評価に振り回されながら日々の生活を送ることになります。

 

あの人よりも私は幸せではない…

と感じてしまうことは誰にでもありますよね。

 

しかし、そこで落ち込んでしまうと、

なかなか明るい気持ちを取り戻すことができないのです。

妬ましく思ってしまう相手は嫌いな人ではなく、

実はあなたが目標としたい部分を持っている人なのかもしれません。

 

「あんな風になりたい」と考えることができれば、

気持ちも変わってきますよね。

 

反対に、自分よりも大変そうな人を見て「自分はまだマシ」

と安心することもあるかもしれません。

しかし、常にそのような考えを持っていると、

自然と悪口が先に出るようになってしまいます。

 

常に誰かと自分を比較して「優位に立ちたい人」なのだ、

と思われてしまうかもしれませんし

「思いやりの無い人」と思われてしまうこともあるでしょう。

普段のクセが自分にとってマイナスイメージを作ってしまうのは、

何としても避けたいですね。

 

自分自身を見つめ直し、

得意なことを伸ばして、

苦手なことを克服し、

新しいことを学ぶ努力を重ねていれば、

誰かと自分を比較する時間は少なくて済みます。

 

誰かとの比較によって自分の価値を見つけようとしなくても、

あなたは十分にキラキラと輝いているのです。

 

 

毎日の生活が充実していると、

周りのことは不思議と気にならなくなるものです。

 

今回までの内容(5回分)をまとめて魅力的な女性の姿を一言で表すと、

「自分のことを正しく理解し、するべきことがきちんとできる人」

と言うことができるかもしれません。

 

自立した女性の姿にも似ていますね。

ほんの少し意識を変えるだけでも、

あなたの魅力度はきっとアップしていきますよ。

毎日の習慣を少し変えて、素敵な女性になれますように。

 

楽しいイベントはこちら

 

 

結婚準備で気を付けたいこと(2)相手のご実家へのご挨拶

2016年06月18日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

 結婚準備で気を付けたいこと

(2)相手のご実家へのご挨拶

 

2回目の今日は「相手のご実家へのご挨拶」というテーマです。

 

結婚がお二人の中で具体的な目標になったとき、

相手のご実家へのご挨拶という、緊張するイベントが待っています。

 

初めて彼のご実家に向かうときは、とても緊張してしまうでしょうが、

基本的なポイントをしっかり押さえていれば心配しすぎなくても大丈夫です。

以下に、ポイントをリストにしてまとめてみました。

カッコの中は、相手側があなたに対して感じる印象ですので、

併せてお読みくださいね。

 

○きちんとした身なり(清潔感)

○明るく笑顔で接する(明るさ)

○自分ばかり話しすぎない(謙虚さ)

○質問には丁寧に答える(信頼感)

○相手の話を良く聞く(忍耐強さ)

○彼に対して威張らない(優しさ)

 

初対面の相手、特に自分の子供の結婚相手には、

ついつい厳しい評価をしてしまうものです。

気に入られようとして無理な演技をする必要はありませんが、

こちらでできる範囲で努力できることがあります。

 

「清潔感」は、いつでも大切ですね。

日頃から心がけておきたいポイントです。

自然な「笑顔」も相手に好印象です。

笑顔が苦手な方は、できるだけ口角を上げてみましょう。

相手への印象も良くなりますよ。

自分ばかり話しすぎない、というのも相手への

「敬意」と関係している重要な点です。

 

「私は」「私が」というのが続いてしまうと、

「自分勝手な子なのかな?」と思われてしまうことがあります。

聞かれたことには丁寧に答えられるように心がけましょう。

 

何か少し予想と違う反応が返ってきたとしても、

「いえ、違います。そうじゃなくて…」というような否定をしないように、

気を付けたいですね。相手がたくさんお話をしてくれたときは、

笑顔でしっかりとお話を聞きましょう。

 

人の話をきちんと聞ける人には、忍耐強さが備わっています。

彼に対して「威張った態度」をしないことも大切です。

 

いつも以上に思いやりを持って、彼のご家族、

そして彼に接するようにしたいですね。

 

最後に、簡単な手土産も用意しておきましょう。

彼の親御さんの好みを聞いて、ちょっとしたお菓子などを持参できると良いです

 

喧嘩になったときの注意点(5)勝ち負けはない=謝る

2016年05月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

(5)勝ち負けはない=謝る

喧嘩になったときの最後の注意点をご紹介します。

今回は「勝ち負けは無い=謝る」というものです。

 

 

喧嘩になった途端に謝るということではありません。

 

よく話し合いをして、両方とも謝る、というのが理想の喧嘩の終わり方です。

 

喧嘩になるからには、お互いに理由があります。

実際の引き金を引いた側、それに乗った側。

どちらも言い過ぎたり、ひどい態度をしてしまったり、お互いの対応に問題があったことでしょう。

 

気持ちを吐き出して、しっかり話し合った後で、「さっきは言い過ぎた」「さっきはごめんね」と気持ちを交換できれば、そこで二人の絆はさらに強まります。

 

喧嘩になったり、気まずくなったときのために、予め二人の「仲直りルール」のようなものを決めておくのもオススメです。

・二人とも同時に謝る

・仲直りのハグをする

・二人の好きなお菓子を買う

 

あまり負担にならずにできる簡単なことを、二人の中だけの習慣として決めておくと、ちょっとした喧嘩になったときに自然とすぐに仲直りができます。

 

喧嘩は勝負ではありません。勝ち負けを気にせずに、自然に謝ることができるように、日頃から意識していきたいですね。

頭に来ているときは「謝る」という行為が意外とハードルが高いものですよね。

ちょっとした心がけですが「喧嘩になったらお互い謝る」と心がけておくだけで、気まずい空気が長く続くことを避けられます。

お互いに謝りやすい空気を作ることが大切です。

素直な気持ちになることができれば、言い争いを続けたり、捨て台詞を吐いたまま何週間も会話をしない、というような事態は避けられることでしょう。

一番大切なのは相手への思いやりです。喧嘩になったときこそ、相手を大切に思う気持ちを思い出してみましょう。

 

 

楽しいイベントはこちら

 素敵な恋愛がしたい方へ

結婚前に確認しておいた方が良いこと(4)相手の親(または親戚)との関わり方

2016年05月13日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚前に確認しておいた方が良いこと

(4)相手の親(または親戚)との関わり方

4回目の今回は、「相手の親(または親戚)との関わり方」についてまとめていきます。

 

親戚で毎年決まった時期に集まるご家庭はあるでしょうか。

 

長年続いている家族や親戚との集まりは、結婚しても参加する必要があるかもしれません。

 

もしもそのような集まりがあると事前に分かっているのであれば、結婚するお相手にきちんと話しておけると良いですね。

家族や親戚との付き合い方を予め話し合っておくことで、結婚後のトラブルを回避できます。

 

自分の家族や親戚との集まりであれば、小さいときからの習慣にもなっているでしょうし、その場にいてもストレスはあまり無いかもしれません。

 

しかし、結婚したお相手にとっては、全く血の繋がりのない方々との集まりですので、多少なりとも緊張したりストレスを感じたりする場でもあることを忘れないようにしましょう。

 

○○の旦那さん、○○の奥さん、と呼ばれると責任が伴うような気持ちになります。

自分の結婚相手が、周りから評価されるような気持ちになることもあるからです。

 

以下によくありそうな表現を幾つかまとめてみます。

「○○の奥さん(または旦那さん)は良く気がつくね」

「○○は素敵なお嫁さん(またはお婿さん)をもらったね」

「○○の奥さん(または旦那さん)は天然で可愛らしいね」

「○○は随分、個性的な人が好きなんだね」

 

最初の二つは褒め言葉かもしれませんが、残りの二つは微妙なラインですね。

小さい頃からの親戚は、何の遠慮もせずに上記のように率直な感想をあなたに伝えるかもしれません。

しかし、それを聞いたあなたのお相手は良い評価でも悪い評価でも、素直に受け取ることはできないかもしれないのです。その場合にはフォローも必要ですね。

 

家族や親戚との集まりは、自分にとっては普通のことかもしれませんが、結婚したお相手にとってはお披露目会のような意味合いが強くなります。

あなたが思う以上に緊張する場でもあります。

 

このことを事前に理解しておくだけでも、相手に対して思いやりのある言動ができることでしょう。

結婚後の家族や親戚との付き合いかたについては、ある程度相手に話しておいたり、相手の考えを聞いておいたりする必要があるかもしれませんね。

 

楽しいイベントはこちら

充実した交際のためのチェックリスト(5)友人に喧嘩の相談をしない

2016年04月29日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

充実した交際のためのチェックリスト

(5)友人に喧嘩の相談をしない

 

喧嘩をするとお友達に相談したくなることはありませんか?

そのお気持ちはとてもよく分かりますが、今回は「友人に喧嘩の相談をしない」方が良い理由をお伝えします。

 

しかし少し角度を考えてみましょう。

彼とあなたの秘密も全てお友達に話してしまうのは、あまり良いことではありません。

彼がもし同じことをしていたら、あなたはどう思うでしょうか?

彼への怒りを友人にぶつけ、友人も同じように怒ってくれれば怒りは収まることもあるかもしれません。とはいえ、それで問題が解決したことにはなりませんね。

喧嘩をしてしまったときに必要なのは、友人への相談ではなく、彼との話し合いです。

同じ問題を繰り返さないためにも、喧嘩の原因をはっきりさせ解決するための方法をじっくり話し合うことがオススメです。

友人に相談しても問題の根本的な解決には至らない場合が多いのです。

 

友人に相談すると、別れを勧められることもあるかもしれません。

誰かにそのように言われると、別れたい気持ちになってしまいますよね。

 

他人からの彼の評価を信じてしまうと、その評価が低かったときに、彼のことを価値のない存在のように感じてしまう方が多いように思います。

他の人から別れを勧められたことで、価値のない交際をしているような気持ちになってしまうことがあるのです。

そうすると、冷静な判断がなかなかできなくなってしまいますね。

 

「友人に喧嘩の相談をしない」ということを、交際中のチェックリストに入れておきましょう。

相談をするのは、本当に別れを決めたとき、と決めておくと良いかもしれません。

 

ここまで5回にわたって交際中のチェックリストを紹介しました。

どのような時も、彼への思いやりの気持ちを忘れないように素敵な交際を続けていけますように。

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから