女性の悩み

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由 (1)尽くしすぎは禁物

2017年07月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由

1)尽くしすぎは禁物

今回は「恋愛が続かない理由」の中でも特に、「なぜか振られてしまう…」という方に向けてお送りしていきます。

振られてしまう原因となる行動があるのをご存知でしょうか?

 

1つずつご紹介していきますね。第1回目はこちら!

「尽くしすぎは禁物」がテーマです。

 

ちょっと意外ですよね…。尽くしたら尽くしただけ「良い女」と思われそうな気がしてしまいます。

しかし、「大好きなあなたのためなら…」と何でも男性の言うことを受け入れて、相手の言いなりになってしまうと、男性側の心にある変化が訪れてしまいます。

相手を喜ばせようと、あなたが一生懸命に尽くしているのに、男性側は…

「この子は自分の思い通り」

「多少雑に扱っても、絶対に嫌われない」

「いつも自分の言いなりだから、刺激が足りないな…」

こんな風に感じるようになってしまうようです。

困りましたね…。では、なぜこんな気持ちになってしまうのでしょうか?

 

それには男性心理を学ぶ必要があります。中には、尽くされたら尽くされただけ、あなたを大事にしようとする男性もいるかもしれません。

しかし、ここでは一般的な傾向をお伝えします。

 

男性には狩猟本能が備わっています。

そのため、恋愛においても、常に「相手を追いかけたい」「自分の力で手に入れたい」と感じることがあるようです。

そのため、女性側が一生懸命に尽くし過ぎてしまうと、「いつでも手に入れられる」「自分で頑張らなくてもいつでも側にいる」と思ってしまうようなのです。

 

また別の理由として、交際中の女性から尽くされ過ぎると、「結婚を迫られている」と感じてしまうこともあるようです。

あなたの尽くす姿勢が、「ほら?わたし絶対に良い奥さんになるでしょ?」とアピールされているようにも感じてしまうのです。

 

相手のために行動しすぎて、相手中心の生活になっていませんか?

つい相手に尽くし過ぎてしまう…という方は、ぜひ自分のこれまでを思い出しながら、

次の恋愛に活かしてみてくださいね。

「尽くし過ぎは禁物」ですよ。

モテる要素を身に着けましょう!(5)褒めるテクニックを磨く

2017年02月05日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(5)褒めるテクニックを磨く

 

5回目は「褒めるテクニック」について考えてみましょう。

 

 

誰でも、褒められて嫌な気持ちになることは無いですよね。

「すごい!」「頑張ってるね!」「偉いね!」「さすが!」

こんな風に褒められて嬉しかったときのことを思い出してみましょう。

 

褒めるテクニックは「モテる要素」とも大きく関係しています。

しかし、伝え方を間違えると、「本当にそう思ってる?」「お世辞なんじゃないかな?」と思われてしまうこともありますし、薄っぺらい印象を持たれてしまうこともあります。

 

また、異性に対しては特に気を付けなければいけないポイントがあります。

 

それは、外見のことを褒めすぎてしまう、という失敗です。異性に対して外見的な特徴を褒めすぎてしまうと「狙われている?」とか「ちょっとセクハラっぽい」「ジロジロ見ないでほしい」「こっちは興味ないから…」などと思われてしまうこともあります。

 

これでは、せっかく考えて褒め言葉を発しても逆効果になってしまいますね。

モテる「褒め方」を身に着けるためには訓練や覚悟が必要です。

細かなポイントは幾つかありますが、最も大切なのは、相手の受け取り方を考えて言葉やタイミングを選ぶことです。

そして予想と反して喜んでもらえなかったときには、フォローもしなくてはいけません。自分の言葉に責任を持つ覚悟も必要なのです。

○この表現や言い方は適切だろうか…?

○このタイミングで伝えても良いだろうか…?

このように考えてから、きちんと計画を練ることも最初のうちは必要です。

 

慣れてくれば自然に非常に良いタイミングで、尚且つ相手の負担にならないような表現で「褒める」ことができるようになります。

相手が少し戸惑った様子のときは、無理に褒めるのではなく様子を見るようにしましょう。

 

相手の様子をきちんと観察したり、相手の気持ちを考えることも「モテる要素」に繋がります。

 

心地よい褒め言葉を伝えられるようになるにつれて、会話術も次第に磨かれていくことでしょう。

コミュニケーション能力が向上すれば、人を楽しませる会話ができるようになります。

 

これまでにご紹介した5つのポイントを実践できれば、気づいたときには「モテる人」になっているかもしれません。

ぜひお試しくださいね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(4)どんな人にも丁寧に接する

2017年02月03日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(4)どんな人にも丁寧に接する

 

4回目の今日は「どんな人にも丁寧に接する」というテーマで考えていきたいと思います。

 

ふとしたときに出る態度。

実は色々な人に見られていることをご存知でしょうか?

○お店の人に対する態度

○電話口の態度

○上司・同僚・部下への態度

○同性への態度

○異性への態度

 

日々生活していく中で、様々な場面が想定されることでしょう。

 

自分はお客だから…という気持ちでいると、お店の人に対して横柄な態度をしてしまうかもしれません。

「遅い遅い!はやく持ってきて!」

「違うじゃん!しっかりしてよ!」

「もういいわ!いらないよ」

こんな声が店内で聞こえてきて、心が痛んだ経験はありませんか?

あなたは同じようなことをしてはいませんか?

 

勧誘の電話にはキツく厳しい口調で拒絶、取引先の電話だけは感じよく丁寧に…というように、人や状況によって丁寧さを変えてしまうことはないでしょうか?

 

受話器を置いたり、電話を切るときにもイライラした態度で投げやりな態度をしてしまうことはありませんか?

 

意に沿わないことが起こったときに暴力的になる人なのでは…と思われてしまうかもしれません。

 

上司には媚びるけれど、同僚や後輩には雑に接したり高圧的な態度をとったり…というようなことはないでしょうか?

上にだけ良い顔をしようとする裏表のある人、と評価されてしまうことがあります。

これでは仲間の信頼を勝ち取ることができませんね。

 

異性と接するときだけ良く思われようと、普段とは違う自分を見せようと必死になってしまうことはないでしょうか?

同性には批判的で異性にだけ肯定的、というような態度でいますと、モテるためには態度を平気で変える人、と評価されてしまうこともあります。

どんな時も、どんな人にも、できるだけ丁寧な言葉づかいや行動を心がけることで、ご紹介したような失敗は減らせます。

モテる要素には「人間性」も欠かせませんね。

誰にでも平等に接することで人としての魅力を高めることができますよ。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

2017年02月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

3回目の今日は「内面」に目を向けていきたいと思います。

どんなに身なりを整えていても、表情が険しいとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことがあります。

きちんとした服を着て清潔で爽やかな見た目を意識していたとしても、表情への意識が抜けている人は意外と多いものなのです。

知り合いのある女性のお話をご紹介します。

その方はとても整ったお顔立ちをしていました。

お洒落にも気を遣っていましたし仕事も一生懸命していて努力家でした。

素晴らしい要素をたくさん持った優秀な方だったのですが、一つだけ困った癖がありました。

周りの人たちの悪い部分を見つけては悪口を言ってしまうのです。

そのような話をするときは常に眉間にシワを寄せて強めの語調でお話しされるので、彼女の周りの人たちは怖がっていました。

「○○さんは…喋らなければ本当に素敵な人なのに…」

こんな悲しい評価も聞こえてきていました。

なんだか勿体無いですよね。

 

外見的にはとても似たお二人がいたとします。

お一人はいつも不機嫌そうな顔、もう片方の方はいつも笑顔いっぱいの顔、だとしましょう。

 

あなたはどちらの方と仲良くなりたいと思うでしょうか?

 

答えは言うまでもありませんね。

 

明るい表情でいる方とお友達になりたい、と思うはずです。

笑顔でいれば自然と周りの人を癒すことができます。

笑顔は周りの人を引き寄せる力があるのです。

「どんな人なんだろう?」

「もっと知りたい!」

このように感じてもらうことは、モテるためには欠かせない最初のステップです。

 

あなたに興味を持ってもらうこと、そして近づきやすい雰囲気を作ること。

この2つが最初は必要です。

 

まずは何も意識せず鏡を見てみましょう。

どんな顔をしていましたか?

口角は下がっていましたか?

眉間にシワは寄っていませんか?

 

自分の顔を見て「あれ?こんな表情だったかな?」と思ったかもしれませんね。

忙しいときや疲れているときは、なかなか自分の表情まで意識できないこともあります。

 

しかし、自分の表情をチェックする習慣を身に着けておくと、怖い顔のままでいる時間を短くすることができます。

服装を整えるのと同じように、自分の表情も整えていきましょう!

 

笑顔を心がけるだけで、気持ちも自然と前向きになります。

健康的な食習慣や適度な運動をするのと同じくらい大切なのが「心を健康にしておくこと」なのです。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(2)「これでいいや」な見た目を卒業する

2017年01月31日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(2)「これでいいや」な見た目を卒業する

2回目は自分の「見た目」に注目してみましょう。

 

「あー着替えるのが面倒くさいな…今日もこれでいっか…」

「寝癖が直らないけど…セットするのは面倒くさいからいいや…」

「どうせ仕事に行くだけだし…この服でいいや…」

「アイロンかけ忘れた…でもジャケット着れば隠れるからいいや…」

「あれ?靴下に穴が開いてる!でも靴履けば分からないからいいや…」

「疲れたなぁ…マスクしてしまえば顔は隠れるし、今日は眉毛だけ書けばいいや…」

「お風呂入り忘れたけど…とりあえず着替えればいいや…」

 

思い当たることはありましたか?

 

どれも「これでいいや」な気持ちから発せられた言葉です。

「モテる」人になるには、「見た目」を整えておくことも大切です。

「これでいいや」なものを身に着けたり、「これでいいや」な状態でいたりすると、自分の気持ちまで「これでいいや…」という諦めの感情に支配されるようになります。

 

諦めモードの見た目でいるときは、気分も乗らないかもしれません。

しかし、お気に入りのもの・心がときめくもの・自分に似合うもの、を選んで身に着けていると、いつもより高揚した気持ちになれるかもしれません。

 

気持ちが弾めば、表情にも明るさが加わり行動も積極的になります。

 

好きなものを身に着けていれば、自分のことを好きになれるかもしれません。

自分に自信を持てるようになりそうですね!

 

自分に合った見た目が分からない…という方は、誰かに褒められた服装・髪型・メイクなどを基本にして、様々なパターンを作っておくと良いかもしれませんし、洋服や髪型、自分に似合う色合いが分からず困ったときは、お店の方に相談することもできます。

 

お洒落な友人の助けを借りることもひとつの方法と言えるでしょう。

大人として恥ずかしくない見た目、という基準も大切でね。

 

TPO(時[time]・所[place]・場合[occasion])をわきまえつつ、あなたらしい素敵な「見た目」を整えていきましょう。

 

人の印象は見た目が9割とも言われています!!

 

清潔に整えておくことは基本中の基本ですが、それに加えて「自分に自信がもてる見た目」も目指してみましょう。

色々挑戦しながら自分の形を見つけてみてくださいね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

 

モテる要素を身に着けましょう!(1)「自分中心」の考え方は卒業する

2017年01月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(1)「自分中心」の考え方は卒業する

 

今回は「モテる」要素を身に着けるための5つのステップをご紹介していきます。

1回目は「自分中心」の考え方は卒業する,というテーマでお送りします。

 

モテる人は、「気配り上手」でもあります。

 

気配り上手ということは、常に周りの様子をきちんと観察している、ということですね。

ここに「私が!」とか「俺が!」という自分中心の要素はありません。

自分中心ではなく、周りの様子を見ながら賢く行動することも「モテる」ポイントになることがあります。

 

周りの人が今どのような状況にあるかを観察するように意識してみましょう。

そうすると色々なことが見えてくるかもしれません。

 

 

○あの人、今日は何だか嬉しそう…いいことがあったのかな?

○あの人、今日はちょっと顔色悪いような気がする…体調悪いのかな?

○誰の担当にするか決まらないまま、しばらく放置されている仕事があるな…

○落し物かな?誰かのペンが落ちたままだな…落し物コーナーに移動しておこうかな?

○室内が寒い…そういえば鼻をすすっている人もいる…温度設定を変えようかな?

○両手が塞がっている人がいるから、ドアを押さえて通りやすくしてあげよう。

 

いかがでしょうか?

 

日常の些細なことでも、気づけることは沢山あります。

 

気付いたことをもとにして、自然に声かけをしたりフォローしたりできるようになるには時間が少しかかるかもしれませんが、自主トレを重ねていけば、気配りのできる「モテる」人に近づけるのです。

 

今回は男性にも女性にも当てはまりそうな例を挙げています。

 

この他にも、男性同士で気づくこと、女性同士だからこそ気づくこと、などもあるかもしれませんね。

ジロジロと観察するのではなく、自然に周りの様子を見て、色々なことに目を向けるようなイメージで挑戦してみてください。

むやみやたらに声かけをするのではなく、声をかける場合はタイミングを見て実践することも必要です。

少しでも相手が不快そうにしたときは「やりすぎたかな…」と反省し、次に活かすようにします。

まずは「気づき」を増やすことから始めてみるのはいかがでしょうか?

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

 

バレンタインで大切なのは…(2)相手の気持ちを考えること

2017年01月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインで大切なのは…(2)相手の気持ちを考えること

 

今回は「相手の気持ちを考える」という視点から、「渡す側」、「受け取る側」の両方に必要な心がけについてまとめていきたいと思います。

 

まずは「渡す側」について考えてみましょう。

 

 

あなたがプレゼントを渡す理由は何でしょうか?

お返しを期待してお渡ししますか?

それとも、日頃の感謝や想いを伝えるために、心を込めた贈り物をしますか?

 

大切なことは、あなたの贈り物を受け取る方が

  • 負担に感じないこと
  • 不快に感じないこと

なのです。

喜んでもらうことやお返しをいただくこと、というのは渡す側が期待してはいけないことでもあります。

せっかくのプレゼントなのだから喜んで欲しい…と思うのはとても自然なことです。

 

 

しかし、プレゼントを渡した時点で、あなたの「渡したい」という目的は達成されていることを忘れないようにしましょう。

誰かに好意を伝えるときも、これと同じことが言えます。

 

お相手も同じようにあなたに好意を持ってくれたら嬉しいですが、想いを伝えた時は「伝える」というあなたの目的が既に達成された、と割り切ることが必要です。

 

このように意識するだけで、相手の反応で一喜一憂したり、それを見てあなたのお顔が曇ったりすることを防げます。

 

相手からの反応までは要求しない、相手の感じ方は相手に委ねる、と心がけてみましょう。

 

 

つぎは「受け取る側」についても考えていきたいと思います。

前回の記事でも触れましたが、プレゼントをもらったときは「ありがとう」ときちんと御礼を言うようにしたいですね。

 

自分が興味を持っていなかった人から本命チョコをいただいたり、好意を持っていた人から義理チョコをいただいたり…と色々な予想外のことも起こるのがバレンタイン・デーです。

 

しかし、どのような場合であっても、あなたのために用意してくれた贈り物には素直に感謝を伝えましょう。

 

「バレンタイン・デーに特に予定もないし、何かをあげたい人もいない…」

「誰からももらえずに、当日は落ち込んでしまうかもしれない…」

 

こんなお悩みがある方は、ご自分のために美味しい食べ物や素敵なプレゼントを買うのはいかがでしょうか?

悩むよりも、行動することで気持ちが紛れることもありますよ。

 

これは余談ですが、バレンタイン・デーが終わると、それまで高価だったお菓子も一気にセール価格に変わります。(気になるお菓子を味見する最高のチャンスかもしれませんね!)

 

一番大切なのはあなたが笑顔でいられることです。

 

普段から楽しい気持ちで過ごせれば、幸せを見つけるセンサーも敏感になりますよ!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインで大切なのは…(1)プレゼントの中身よりも言葉

2017年01月20日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性と女性、両方に向けてお送りいたします。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインで大切なのは…(1)プレゼントの中身よりも言葉

 

今回は男性と女性、両方に向けてお送りいたします。

 

バレンタイン・デーが近づくと皆さんはどんな気持ちになりますか?

 

カップルであれば、バレンタイン・デーのデートをどうしようか、どんなプレゼントをしようか…と迷うかもしれません。

 

好きな人がいてもまだ自分の想いを伝えてられていない場合は、「どんな風に告白しようかな…いや…しないほうがいいかな…」とソワソワしている時期かもしれませんね。

 

あるいは、毎年恒例の職場での義理チョコの用意に疲れてしまっている人もおられるかもしれません。

 

バレンタイン・デーに「女性がチョコレート男性に渡して告白する」というのは、実は日本だけの習慣であることを少し前の男性向け記事の中でお伝えいたしました。バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

 

古くからの歴史があるこのお祭りですが、欧米ではカードを贈りあう大切なイベントになっています。

もちろんお菓子と一緒にカードを渡される方も多いのですが、一番大切なのは「愛」や「感謝」を大切な人に伝える行動そのものなのです。

バレンタイン・デーで「何」をあげるか、ということよりも「どんな気持ち」を相手に伝えるか、ということが大切にされているのですね。

 

日本ではチョコレートをあげることだけに意識が集中しているかもしれません。

 

しかし、そこで敢えて(義理チョコであったとしても…)、あなたらしい「丁寧さ」や「気遣い・気配り」を加えることができれば、周りの人にも一歩差をつけられます。

 

小さなカードや付箋に「いつもありがとうございます」「いつもお疲れ様です」などの一言を添えることができれば、それは渡す側にとっても、受け取る側にとっても嬉しいプレゼントになることでしょう。

 

このようなちょっとした気遣いは、あなたの魅力もアップさせてくれます。

「気遣いができる人だな」「素敵だな」と思ってもらえるチャンスなのです。

 

どんな贈り物でも、そこに好意があっても無くても、渡すからには心を込めてお渡しする方が良いですよね。

そして受け取る側としても「どうせ安い義理チョコだよね…」「義理チョコでも嬉しいよ…」などと皮肉は言わないように気を付けたいものですね。

 

何かをいただいたら「ありがとう!」と爽やかに御礼を言えるとスマートです。

 

「お返しが面倒くさい…」と思うよりも、あなたのことを気にかけて準備してくれたことに感謝しましょう。

そうすることでだんだんとポジティブな考え方が身についていきますよ。

 

大切なのは、「プレゼントの中身よりも言葉」です。

贈り物は品物だけとは限りません。

 

優しい気持ちが込められたものであれば、それは世界でたった一つの素敵なプレゼントになるのです。

 

「贈り方」にも「受け取り方」にも意識を向けていきたいですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

2017年01月18日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

来月はいよいよ「バレンタイン・デー」がやってきますね!

 

〇気になる「あの人」に渡したい…

〇同僚や上司に義理チョコを用意しなきゃ…

〇恋人には何をあげようかな…

 

色々と悩みが増える時期でもありますよね。

 

今回は「手作りに縛られない」という副題をつけています。

 

「本命には手作り」というイメージが定着しているせいでしょうか…

 

この時期になると突然お菓子作りの本を買い込んだり、色々な材料を買って練習を始めたり、お菓子作りが趣味の友達に教えてもらったり…色々と焦ってしまうことはありませんか?

 

今回は「バレンタイン・デー」をもっと楽しめるように、発想を変えるアドバイスをさせていただきます。

こんなことを聞くとショックを受ける方もおられるかもしれませんが、「手作りのお菓子」に対する苦手意識を持つ男性も実は少なくないようです。

年代が少し上になるにつれて、徐々に次のような意見も出てきています。

  • どのような場所で作られたものか分からない…
  • 何が入っているか分からないので苦手…
  • あまり親しくない人から手作りをもらったら怖い…
  • とりあえず受け取るけど、処分してしまうかも…
  • 手作りのものはお返しを考えるのが大変かも

もちろん「わぁ~手作りなの?ありがとう!」と喜んでくださる方も多いことでしょう。

 

しかし一方で、ご紹介したような手作りへのマイナスイメージを持っている方がいることを忘れないようにしたいものです。

手作りのお菓子を渡したいと思われる方は、安心して食べられると思ってもらえるような仕上がりかどうか、見た目やラッピングなども美しくできているか、などといった「受け取る側」の「感じ方」まで意識できると良いかもしれませんね。

 

そして手作りが苦手な方は、「無理に作らなくても大丈夫!」と手作りへの負担から自分を解放してみましょう。

 

イメージに縛られずに、お店で良く吟味しながら「これをプレゼントしたい!」と強く惹かれたものを用意できれば、それで十分です。

 

あなたの真剣な気持ちはきっと伝わります。「誰に」「どのようなものを」「どのような意味で」お渡しするか。

しっかり計画していきたいですね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

2017年01月17日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

お正月が終わるとまもなくやってくるのが「バレンタイン・デー」…

学生の頃は「チョコもらえるかな…」とドキドキしたかもしれませんね。

 

家族からもらったチョコもカウントに入れながら、「今年は〇〇個もらった!」というように、もらえた個数をお友達と競ったこともあったでしょうか。

 

今回は「女性から…は実は日本だけ」という副題をつけてみました。

 

一般的な感覚では、女子から男子へ想いを伝えるチョコの日、という感じかもしれませんが、バレンタイン・デーは正しくは「Saint Valentine’s Day」、つまり「聖バレンタインの日」となります。

 

始まりは西暦3世紀のローマまで遡ります。詳しくはここでは触れませんが、古く長い歴史と様々なお祭りが混ざったものが現在の「バレンタイン・デー」なのです。

 

女性から男性にチョコレートを贈る、というのも実は日本独自の習慣なので、欧米では女性から男性という方向に限らず、家族や友人、恋人同士で様々な贈り物をし合う日になっています。

 

日頃の感謝や愛情を伝えあうイベントになっているようですね。

 

今気になる女性がいる方は、この時期を利用して「好意」を伝えてみるのも良いかもしれません。

 

「バレンタイン・デーだから」と理由をつけてお手紙やカード、ちょっとしたプレゼントなどを渡しやすいかもしれません。

 

お相手の方に驚かれてしまったとしても「今年はちょっと海外風にしてみました!」と言っておけば、逃げ道も確保できますね。

 

 

また、既にお相手がいる方も、自分から彼女にプレゼントすると、ちょっとしたサプライズができます。

いつもは照れくさくて書かないようなお手紙やカードを渡すことで、お互いの気持ちを深めることもできるかもしれませんね。

 

日本独自の習慣にとらわれず、たまには欧米風のバレンタイン・デーを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

「もらえる」「もらえない」ではなく、「伝える」「感謝する」という気持ちを持つと、大人の新しいバレンタイン・デーの楽しみ方になるかもしれません。

 

勇気が出てきた方は、男性から発信する「バレンタイン・デー」にもぜひ挑戦してみてくださいね。

 

新たなトレンドになるかもしれませんよ。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから