お見合いの秘訣

「かわいくてもお断りされる理由」

2016年02月16日

こんにちは!
幸せ婚コーディネーターの上田奈央子です。

 

せっかく素敵な人に出会えたのに、スムーズに交際に発展しない!お付き合いを始めても長続きしない。こんな悩みはありませんか?

 

今日は、前回お話した、かわいいのに、何度もお断りされてしまう会員さんのお話です。

 

大きな目が印象的でとてもかわいいので、お見合いのお申込みも沢山あり、出会いのチャンスはとても多い会員さんです。

「落ち着いていて静かな女性」で、お相手に高望みもせず、そのうえ可愛いとくれば、結婚も早いだろうと、私も期待していたのです・・

 

しかし、何故か、いつもお断りされてしまうのです。

それには、ちゃんと理由がありました。

 

 

それは、スタッフと三人でランチに行った時にわかりました。

 

それは、支払いの時のこと、お財布を出した彼女に「今日は私のご馳走よ♪」と言うと、無表情のまま「すみません」と頭をぽっくりと下げました。

 

もちろん、それで充分伝わりました。

 

でも、もし、私の恋人だったら何の魅力も感じません。

 

もし、「すみません」の一言に笑顔があったら、言葉が足りなくても、また誘いたいと思ったかもしれません。

逆に、少しばかり、笑顔が欠けていても、「ご馳走様でした。とっても美味しかったです。」こんな一言が添えられていたら、またお誘いしたいと思いますよね?

 

外見ではない、お相手に何を望むのか?

大切なものは何なのか?

 

次回は、一緒に考えてみましょう。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

表情豊かな人になる!①

2016年02月06日

 

こんにちは!
幸せ婚コーディネーターの上田奈央子です。

 

突然ですが、

あなたは、表情豊かだと言われますか?

言われない人、ちょっと残念ですね!

 

 

「いつも無表情の彼、何を考えているのかわからなくて・・」

「あまり表情がない彼女なので、気持ちが把握できません。」

実は、こんな悩み結構多いんです。

 

会話もなく、そのうえ無表情なら、

何を考えているかわからなくて当然ですよね。

 

なかなか会話が盛り上がらない時でも、

恥ずかしそうにしていたり、

嬉しそうにしている人なら、

ついつい話好きな私は、話かけてしまいます。

 

でも、無表情だったら、

怖いもの無しの私でも、声をかけるのに勇気が必要!

 

みなさんも、ちょっと想像してみてください。

口元に笑みがこぼれていたりする人と、

無表情な人、

どちらが話しかけやすいですか?

 

もちろん~

口元に笑みがこぼれていたりする人の方が

話しやすいですね。

 

その逆、無表情な人には、

なかなか話にくいです。

 

話にくいだけでなく、

無表情な人は何を考えているかわからないので、

相手に無用な気遣いをさせてしまいます。

どんなリアクションしていいかわからなくて、

つい無表情になってしまうのは、

対人関係が苦手なのかもしれません。

 

でも、無表情だと、人を遠ざけてしまいますね。

 

なぜなら

「心の中が読めない」

「何を考えているかわからない」からです。

 

実は、私も、こんな経験をしました。

実際の経験を、次回お伝えいたしますね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

好きになると条件なんて~!! ②

2016年02月05日

こんにちは!
幸せ婚コーディネーターの上田奈央子です。

昨日の続きのお話です。

 

お二人は、

お住まいも近いとあって、

ちょくちょくお会いしたそうす。

 

会うたびに安心感が大きくなったとか~

「時間を共有することって、

とっても大切!」です。

 

「農家でお婿さん希望の女性」と「ご長男」という

条件は厳しいかもしれません。
でも、

好きになると乗り越えられる条件っていっぱいあるんです。

 

なぜなら、

好きになると、

歩み寄ろうとする気持ちが生まれるからなんです。

お二人は、

条件より気持ちを大切にしていったのです。

 

でも、長男である彼は、相当悩んでました。

「姉は嫁いでいるし、長男の僕が家を出ることは難しい~
わかっているから親には、なかなか言い出せないんです。」

 

「でもね、親の幸せって子供が幸せになることよ!

○○さんが幸せになることが一番だから・・」

 

そう伝えると、曇った顔が一気に明るくなったのを

よく覚えています。

 

 

そして、一週間後、

突然にやって来た彼の安堵の笑顔・・

 

両親に「反対される覚悟で話してみたら、

両親ともすごく喜んでくれて、
何だか調子抜けてしまったくらいです!」と。

 

ご両親は、「○○が幸せなら、何の反対もしないよ」

と心から応援してくれたそうです。

 

そういえば、彼女のご両親も、「娘が幸せなら~」と始まった

ご縁でした。

 

 

好きになると乗り越えられる条件っていっぱいあるんです。
頑張る人には、応援してくれる人も沢山できるんですね。

結婚しても仕事を続ける? ②

2016年02月03日

こんにちは!
幸せ婚コーディネーターの上田奈央子です。

前回に引き続き
「結婚しても仕事を続けるメリット」についてのお話です。

前回は、メリットの一つである
●夫の収入に依存しないですむ。
こんなお話でしたね。

 

そして、今回は、大きなメリットである
●働くことで生き生きした生活になること
についてのお話です。

外に出て働くことで生活にメリハリが出て
毎日が生き生き!!

 

社会にかかわっているという喜びや
充実感にも満たされるのです。

職場でも、家庭でも認められている!

そんな喜びは、自然と顔や行動に表れ、
どんどん、幸せを引き込みます。

結婚して、生活スタイルを変える人は
極端に減っています。

「結婚してもおしゃれを楽しみたい」
「お友達とランチにも行きたい」
「海外旅行も行きたい」

 

あなたも、そうですよね?

欲しいものも買えないとストレスが溜り、
笑顔も消えてしまいます。

収入が増え豊かな生活ができるということは
贅沢をするということではありません。

心が豊かになる!ということです。

豊かな心で、
生き生きした毎日なら
『ずっと笑顔の幸せ婚』が続きますね。

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから