女性編

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由(2)依存しすぎに注意

2017年08月19日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由

(2)依存しすぎに注意

2回目は「依存しすぎに注意」というテーマです。

 

依存すること=相手を頼ること、ではありません。

 

相手に「力を借りる」こと。これは「相手を頼りにすること」です。

例えば、

○重いものが持てないのでお願いする

○夜道が怖いので自宅まで送ってもらう

○相手の得意な分野について教えてもらう

このような「お願い」は依存ではありません。

 

しかし、以下に当てはまる部分があるときは、少し「依存気味」の傾向があります。

 

  • 相手からの連絡が無いと不安になってしまう
  • 連絡が取れるまで、何度も電話やメッセージを送ってしまう
  • 相手と一緒でないと、一人でどこかに出かけられない
  • あなたがいないとダメになる、と言ってしまいがち
  • 相手に好かれるためには、何でも受け入れてしまう
  • 相手に嫌われたくないという感情が強い
  • 一日中、相手からの連絡を待ってしまう

 

いかがでしょうか?

相手のことが好きだと「ずっと一緒にいたい」と思うかもしれません。

しかし、前回の「嫉妬」とも似ていますが、相手に依存しすぎることは、相手の時間を奪うことにも繋がります。

そうすると「一人にしてほしい!」「面倒くさい」「自立して欲しい!」とお相手に感じさせてしまうことになるのです。

1回目にご紹介した男性の傾向を覚えておられるでしょうか?

「相手を追いかけたい」「自分の力で手に入れたい」このような男性の気持ちを理解できていれば、「依存しすぎの女性」より、「相手に追いかけさせる女性」の方が、魅力的であることが分かります。

男性を振り回すのは考え物ですが、依存しすぎて飽きられてしまうよりは、相手に追わせてあなたに夢中になってもらう方が長続きしそうですよね?

依存気味な傾向が見つかったあなたへ送るアドバイスはこちらです。

「自分の時間」をきちんと持つようにしてみましょう。

「依存体質」から抜け出すきっかけが作れるかもしれません。「依存しすぎに注意」してくださいね。

 

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由 (1)尽くしすぎは禁物

2017年07月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ振られてしまうの?恋愛が続かない理由

1)尽くしすぎは禁物

今回は「恋愛が続かない理由」の中でも特に、「なぜか振られてしまう…」という方に向けてお送りしていきます。

振られてしまう原因となる行動があるのをご存知でしょうか?

 

1つずつご紹介していきますね。第1回目はこちら!

「尽くしすぎは禁物」がテーマです。

 

ちょっと意外ですよね…。尽くしたら尽くしただけ「良い女」と思われそうな気がしてしまいます。

しかし、「大好きなあなたのためなら…」と何でも男性の言うことを受け入れて、相手の言いなりになってしまうと、男性側の心にある変化が訪れてしまいます。

相手を喜ばせようと、あなたが一生懸命に尽くしているのに、男性側は…

「この子は自分の思い通り」

「多少雑に扱っても、絶対に嫌われない」

「いつも自分の言いなりだから、刺激が足りないな…」

こんな風に感じるようになってしまうようです。

困りましたね…。では、なぜこんな気持ちになってしまうのでしょうか?

 

それには男性心理を学ぶ必要があります。中には、尽くされたら尽くされただけ、あなたを大事にしようとする男性もいるかもしれません。

しかし、ここでは一般的な傾向をお伝えします。

 

男性には狩猟本能が備わっています。

そのため、恋愛においても、常に「相手を追いかけたい」「自分の力で手に入れたい」と感じることがあるようです。

そのため、女性側が一生懸命に尽くし過ぎてしまうと、「いつでも手に入れられる」「自分で頑張らなくてもいつでも側にいる」と思ってしまうようなのです。

 

また別の理由として、交際中の女性から尽くされ過ぎると、「結婚を迫られている」と感じてしまうこともあるようです。

あなたの尽くす姿勢が、「ほら?わたし絶対に良い奥さんになるでしょ?」とアピールされているようにも感じてしまうのです。

 

相手のために行動しすぎて、相手中心の生活になっていませんか?

つい相手に尽くし過ぎてしまう…という方は、ぜひ自分のこれまでを思い出しながら、

次の恋愛に活かしてみてくださいね。

「尽くし過ぎは禁物」ですよ。

交際しても長続きしない原因は?【女性編】(2)相手から?それともあなたから?

2017年07月01日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

交際しても長続きしない原因は?【女性編】

2)相手から?それともあなたから?

「交際しても長続きしない原因」についての【女性編】、第2回目です。

今回は、もう少し踏み込んで考えていきましょう。

交際が長続きしない時の状況を思い出してみてください。

少し辛いかもしれませんが、「長続き」させる方法を知るために必要なプロセスです。

 

お別れするときは、相手から切り出されたという経験が多いでしょうか?

それとも、あなたから「別れたい」と伝えることが多いでしょうか?

自然消滅してしまうことが多い…そんな方も多いかもしれません。

 

しかし、別れる直前の状況をよく思い出してみると、「相手」の様子が徐々に変わっていったのか…それとも「あなた」の気持ちが少しずつ離れて行ったのか。

あるいは「お互い」に何となくぎこちなくなってしまったのか…当時の様子が見えてくるかもしれません。

 

相手から「別れたい」と言われてしまうことが多い場合は、前回ご紹介した「ワガママ」について見直してみるのも役立ちます。

自分から別れを切り出すことが多いという方は、「減点法」で考える癖はないか…と考えてみましょう。

減点法というのは、相手の欠点や自分が気に入らないと感じてしまう部分で相手の評価を下げてしまうことを指しています。

「こんなところがダメ」「なんでできないの?」「なぜ他の人より劣っているの?」

自分が「気に入らない」と思うところに注目してしまうと、相手をなぜ好きなのか…と悩んでしまうことがあります。

そのような傾向はないか、冷静に見つめ直してみましょう。

 

お互いに…という方は、「お相手選び」から見直すと役立つかもしれません。

お互いに徐々に気持ちが離れて行ったのであれば、それは「相性」が合わなかっただけなのかもしれません。

それにはやく気づけたことは、むしろプラスだったと考えられます。

  • どのような人とだったら長く付き合えるのか…
  • どのような人だったら将来も考えられるのか…

一人ではなかなか答えが見えてこないかもしれませんよね。

 

そんな時はカウンセリングが役立ちますよ。「恋愛・婚活カウンセリング」では、あなたの恋愛傾向やあなたの性格など、様々な情報からアドバイスをいたします。

加えて、「結婚相談」のカウンセリングでは、あなたに合ったお相手を探すお手伝いをすることもできます。

ぜひご相談くださいね。皆様が幸せな恋愛で笑顔になれるよう、応援させていただきます!

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ(4)将来が見えているだろうか…と考えてみる

2017年05月13日

今回は「曖昧な関係」について再び取り上げます。恋愛や結婚に悩む時、どなたも経験されるお悩みのひとつかもしれません。相手の気持ちが分からずつい振り回されてしまう…そんな苦しい状況から抜け出すヒントを5回にわたってご紹介しています。ぜひお読みくださいね。

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ

4)将来が見えているだろうか…と考えてみる

 

ここまで、相手の曖昧な態度について色々な角度から考えてみました。

相手は自分のことを本当に大切に想ってくれているだろうか…

このように問いかけることで、この恋愛を続けるべきか、諦めるべきか、見えてきます。

 

一番分かりやすい方法は、「二人の関係には将来性があるか?」と考えてみることです。

この将来性とは「結婚」だけを指しているわけではありません。

 

正式な交際が始まる可能性はあるだろうか?

これも大切な問いかけになります。

何となく仲が良い…周りから付き合ってるの?と聞かれるぐらい一緒にいる…

それでも「付き合おう」という言葉をお互いに交していない…。

 

このような状況で悩む方は、実は大勢おられます。

時間はあっという間に過ぎていきます。

曖昧な関係に悩んだまま、相手とたくさんの時間を過ごし、数カ月…あるいは気づいたときには数年…と長い長いたくさんの時間を過ごしてしまったという方々は…実は大勢おられるのです。

曖昧な関係で悩んでいるのは、あなただけでは無いのですね。

「これって付き合ってるよね…?」

たった一言、聞くことができればこの問題は解決するのかもしれません。

しかし、それができないのも、とても良く分かります。

この質問をすることで、今の関係が壊れてしまうのではないか…もう一緒にいられなくなるのではないか…。

こんな風に感じてしまうかもしれませんよね。

 

 

しかし、「正式な交際」や「結婚に向けたお付き合い」など、将来が見えてこない関係性は、あなたの大切な時間を確実に奪っていきます。

そして、悩んだ時間だけ…あなたの表情はどんどん暗くなってしまうかもしれません。

曖昧な関係がリセットされたとき、新しい出会いを見つける体力が残っていない…なんてこともあるかもしれません…。

これでは悲しすぎますよね…!

現状を変えるために、勇気を出してみましょう。

すぐには難しいかもしれません。

まずは、「付き合ってる?」と相手に質問する期限を決めてしまいます。

 

その期限までに、自分の気持ちを整えておきます。

お相手から「付き合ってるよ!」というお返事があれば安心できますし、「え?そうだっけ?」というような曖昧なお返事が返ってきたときは、残念ながら、見切りをつける必要があります。

どちらの場合にしても、曖昧な関係を変えるためには、はっきりと聞ける勇気も必要です。

次回は、もう一つの解決策をご紹介します。

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

 

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ(3)相手に捧げている時間はどのくらい?

2017年05月13日

今回は「曖昧な関係」について再び取り上げます。恋愛や結婚に悩む時、どなたも経験されるお悩みのひとつかもしれません。相手の気持ちが分からずつい振り回されてしまう…そんな苦しい状況から抜け出すヒントを5回にわたってご紹介しています。ぜひお読みくださいね。

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ

3)相手に捧げている時間はどのくらい?

 

前回は、お相手のあなたに対する態度を冷静に考えてみる段階でしたね。

 

今回は、あなたが「相手中心」で行動している時間について考えてみましょう。

以下の行動で当てはまることはありませんか?

  • 相手からの連絡(電話・メール・LINEなど)を一日中待ってしまう
  • 相手から連絡が来ていないか、何度も携帯やスマホを確認してしまう
  • 相手からの連絡があればすぐに都合を合わせて会いに行く
  • 相手からドタキャンされても怒れずに許してしまう
  • 相手の都合に合わせて、自分の予定を立てるようにしている
  • 相手のために何かしてあげたい、と常に思っている

いかがでしょうか?

 

 

全て当てはまった方は…一日のほとんどを「相手」のために使っている状態かもしれません。

いつでも相手に合わせられるように、相手からの連絡を待って行動するようになると、自分の時間が取れなくなってしまいます。

相手のことが「好きで好きで…たまらない!」という情熱的な気持ちのときは、相手に合わせることことそが、自分からの愛情表現だと思ってしまうことがあります。

 

しかし、ここで考えておかなくてはいけないことがあります。

「相手はあなたの都合に合わせてくれるでしょうか?」

「相手はあなたのために、自分の時間を喜んで使ってくれるでしょうか?」

 

曖昧な関係で悩んでしまう場合の多くは、自分の方が相手に尽くしている状況、かもしれません。

相手からは「愛情表現」をなかなか感じられないのに、自分だけがたくさんの愛情表現を送り続けていると、だんだんと不公平な気持ちになります。

「どうして?」「なぜ自分ばっかり?」「相手は自分のことをどう思っているのか?」

というたくさんの疑問を感じるようになります。

 

しかし、これはとても自然なことです。

恋愛はどちらか一方が優勢な状態だと、なかなかうまくいきません。

お互いに、「自分の方が相手を好きだ」と言い切れるほどに相手のことを大切に想っていないと、なかなか愛情は伝わりません。

あなたがどれほどの時間を相手に捧げているのか。

それに対して、相手はあなたにどれだけ時間を捧げてくれるか…。

それを一度考えてみることをオススメします。

 

次はもう少し具体的なステップにうつります。

次回もお楽しみに!

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ(2)相手はあなたにどんな態度をしている?

2017年05月10日

今回は「曖昧な関係」について再び取り上げます。恋愛や結婚に悩む時、どなたも経験されるお悩みのひとつかもしれません。相手の気持ちが分からずつい振り回されてしまう…そんな苦しい状況から抜け出すヒントを5回にわたってご紹介しています。ぜひお読みくださいね。

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

曖昧な関係に振り回されてしまうあなたへ

2)相手はあなたにどんな態度をしている?

 

前回は「相手の好きなところリスト」を作成してみましたね。

 

自分の恋愛傾向が分かると同時に、相手のどのような部分に主に惹かれているのか…

簡単な自己分析が出来たことでしょう。

 

前回の最後に、「相手があなたにしてくれること」について考えていただきましたが、覚えておられますか?

結果はいかがでしたでしょうか?

何か見つかった方、何も見つからなかった方…困ってしまった方…。

それぞれいらっしゃるかもしれませんね。前回のリストには書かなかったことでも、何か思い出したことがあれば、今ここで加えておきましょう。

 

「相手があなたにしてくれること」

今度はこの表現を、少し変えてみます。

「相手があなただけにしてくれること」

いかがでしょうか?少し印象が変わりましたね。

相手があなたにしてくれること。

それが、あなただけにしてくれる「特別なこと」なのか…改めて考えてみることが必要です。

あなただけに向けられていることであれば、あなたはそれに特別な気持ちを感じるはずです。

 

 

しかし、あなた以外の人にも同じように接している場合は、あなただけが特別ではない、ということになってしまいます。

お相手のそのような行動や態度こそが、「曖昧な関係」を感じさせ、あなたを悩ませている原因になっているからです。

例えば、

  • 誰にでも優しくするタイプ
  • 異性と二人で過ごすことに抵抗がないタイプ
  • 複数の異性と仲良く過ごしたいと考えるタイプ

 

このようなお相手の場合、「あなただけ」が特別なのか、少々悩んでしまうかもしれませんよね…。

ただ単にとってもフレンドリーな方なのか…あるいは、特定の恋人を作らずに自由に過ごしたいというタイプなのか…冷静な見極めが必要なポイントです。

 

「曖昧な関係」で悩んでしまうのは、「あなた以外の誰か」の存在があること。

それを感じてしまうことが原因になることもあるからです。

「好きな人から一途に想われたい…」そう願うのは当然のことです。

その気持ちにフタをする必要はありません。

あなたがどれだけお相手中心になっているか…それを冷静に考えるのが、次のステップです。

 

次回もぜひお読みくださいね!

婚活なら埼玉県の結婚相談所ブライダルカレッジ 上田奈央子

タラレバしていませんか?(4)もっと自分が○○できていれば…

2017年04月23日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(4)もっと自分が○○できていれば…

今回は、「なりたい自分」と「なれない自分」の間で起こってしまうタラレバと闘う方法を考えていきたいと思います。

●もっとカッコ良ければ…
●もっと可愛ければ…
●もっと性格が良ければ…
●もっとモテる特技があれば…
●もっと頭が良ければ…

 

こんな風になりたいのになれない…
誰もが一度は経験する挫折のひとつに

「理想の自分の姿」との闘いがあります。

 


自分よりも「優れている人」、自分よりも「良い部分がある人」と自分を比較して落ち込んだり、「自分はあの人ほど○○じゃないから、うまくいかなくて当然なのだ」と諦めてしまったり…

「もっと自分がこうならば…」
「こんな自分じゃなければ…」

 

自分の無い部分ばかりに目を留めてしまうと、自信を喪失してしまいます。
自分に自信が持てなくなると、恋愛や結婚についても消極的な考えしか浮かばなくなるかもしれません。


●こんな自分に恋人ができるはずない…
●こんな自分を好きになってくれる人はいない…
●こんな自分には一生ひとりが似合っているのだ…
これでは、どんどんネガティブなイメージを自分に植えつけてしまいますよね。

誰かと比べる必要はありません。その代わりに、自分にできる努力をしてみましょう!
小さなことでも良いのです。「こうなりたい」と思う自分の理想に近づけるような小さな努力を、毎日少しずつ積み重ねてみましょう。
★体型が気になりますか?歩く距離を増やしたり、食事を見直すと良いかもしれませんね。
★苦手な仕事がありますか?プライドを捨てて、できる人に聞いてみるのも良い方法ですね。

 

毎日変わる努力をしていれば、一週間後、一ヶ月後、一年後…と、気づいたときには「理想の自分」に一歩近づいているかもしれません。劇的には変わらなくても、毎日続けたことは自信になります。

タラレバで嘆くよりも、自分の成長のために一歩踏み出してみましょう!

 

タラレバしていませんか?(2)気になるあの人がまだ独身だったら…

2017年04月08日

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

2)気になるあの人がまだ独身だったら…

 

今回は少し複雑なテーマです。

自分の気になる人が「既婚者」だった場合について考えてみましょう。

  • あの人が結婚していなければ…
  • 自分の方が先に出会っていたら…
  • 自分が先に告白していれば…
  • あの人が独身に戻ったら…

気になるお相手が既にご結婚されている場合、「あぁ…結婚してたんだ…」と少しがっかりしてしまうこともあるかもしれませんね。

あなたが強く心を惹かれたということは、きっとそれだけ素敵な方なのだと思います。

普段から指輪をつけていない方もおられますし、あまりご家族のことを話さない方であれば、既婚者であることに気づかない可能性も十分にありますね。

 

皆さんが誠実な方であれば良いのですが、中には不誠実な方もおられますので、交際が始まってから「実は結婚している」と聞かされることもあるかもしれません。

または、「もっとはやく出会っていたら、結婚したかった」などと冗談交じりに言われることもあるかもしれません。(最近はこのような話題で、芸能ニュースが賑わっていますね…)

 

では、こんな時どうしたら良いのでしょうか?

 

まず、現時点で深い関係になっていない場合、または、あなたが一方的に好意を抱いている場合には、その方に対する「恋心」を忘れる努力をしましょう。

相手がもしも独身だったら…というのは「妄想」です。

「もしも…」「~なら」と考えているうちに、どんどん相手への想いが膨らんでしまいます。

 

 

気持ちが高まってしまう前に、現実的なお相手に出会う方法を考えていきましょう。

その方が悩みから解放されて笑顔になれます。

 

では、交際後に既婚者であることを聞かされた場合、どうしたら良いでしょうか?

辛いかもしれませんが、その場で「別れ」を選択する方が賢明です。

その時点できっぱりとした態度が取れないと、相手の好き勝手なペースに飲み込まれてしまうからです。

あなたのことを本当に大切に想っているのであれば、現在のような状況にはなっていないはずです。

あなたのことを心から大切にしてくれる方との出会いを見つけていきましょう。

 

辛い恋は笑顔を曇らせます。

「障害があるから燃える」のではありません。

「障害があるから、たとえうまくいかなくても仕方がない」と自分を納得させているだけなのです。

笑顔になれる幸せな恋愛をしたいですね。

叶わぬ恋のタラレバはどんどん捨てましょう!

 

将来を考えたお付き合いで意識したいこと(2)末永く一緒にいられる相手かどうか

2017年03月04日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

将来を考えたお付き合いで意識したいこと

(2)末永く一緒にいられる相手かどうか

できることならば、結婚は「一生に一度」の大切なイベントにしたいものですよね。
交際中の方は今のお相手との将来を考えたり、これから出会いたいと思っておられる方は、結婚相手をどうやって見つけようか、どうすれば出会えるだろうか、と悩むことがあるかもしれません。
「結婚したい!」という気持ちが強いときほど、冷静な判断も必要になるときがあります。
将来を考えたお付き合いでもう一つ大切なことは、「末永く一緒にいられる」と心から思えるかどうか、なのです。

 

●自分が我慢をすれば、ずっと一緒にいられる気がする…

●相手の言う通りにしていれば、きっと円満に過ごせると思う…

●この機会を逃したくないから、とりあえず結婚したい…

●今さら結婚したくないとは言えない…

こんな風に、少しでもネガティブな感情があるときは、一度落ち着いてお相手との相性を考えてみましょう。

世の中では、「結婚は墓場だ」「結婚は我慢の連続」などという表現もありますが、結婚=我慢、と考える必要はありません。

もちろん、別々の環境で育った二人がこれから生活を共にしていく上では、様々な我慢も必要になるかもしれません。

しかし、それは二人で楽しく生活するための調整であって、苦痛しかないような我慢とは、全く質が違うものです。

結婚相手として適切かどうか?

これは将来を考えたお付き合いでは避けては通れない問いの一つです。

少しでも疑問に感じるときは、お相手とじっくり話し合いましょう。

話し合ってお互いに納得できる場合は、そのまま結婚に向けて努力していくことができます。

しかし、どうしても分かりあえないときもあるかもしれません。

そのようなときは、無理に結婚に急がずに少し距離を置いてみることも必要です。

離れることで見えてくることもありますよね。

 

これから人生を歩んでいくうえで色々な問題が起こったとしても、二人で支え合えるでしょうか?

あなたの目の前にいるお相手と「結婚したい」と強く思えるでしょうか?

 

しっかりと見極めた後ならば、結婚までスムーズに物事を進めることができるでしょう。

病める時も健やかなる時も、共に支え合えるかどうか。これはとても大切な視点なのです。

 

 

結婚前カウンセリング

将来を考えたお付き合いで意識したいこと(1)細かすぎることでも正直に話し合う

2017年03月02日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

将来を考えたお付き合いで意識したいこと

(1)細かすぎることでも正直に話し合う

将来を考えたお付き合いをしていく中で、どうしても避けられない問題が出てくることがあります。

そのような問題を解決するためには、正直に話し合うことが必要です。

 

 

●結婚後、お互いに仕事を続けるかどうか

●どちらかの親と同居する可能性について

●子供を持つか、持たないか(持つ場合はいつ頃か)

●家を買うか、賃貸に住み続けるか

●どちらの姓を名乗るか

●借金はあるかどうか

●婚歴はあるかどうか

 

ざっと挙げただけでも、たくさんの確認したい事柄が出てくるかもしれませんね。

「どうしても結婚したい!」とか「これが最後のチャンスかもしれない!」というような焦った気持ちで話し合いをしても、自分の本当の気持ちを伝えることはできません。

 

相手に嫌われたくないという想いが強すぎてしまうと、相手の反応を見ながら相手が喜ぶような答えを言ってしまうことがあります。

 

そうすると、二人で話し合ったとしても、あなたの心の中にはモヤモヤとした感情だけが残ってしまうのです。

あなたが男性であれば、「絶対に同居は嫌なの!いいよね?」と相手女性から言われてしまったときに、「両親の年齢もあるし将来的には同居したいな…」と思っていたとしても、なかなか言い出せなくなってしまうかもしれません。

その結果、「そうだよね!そうしよう!」と無理をして答えてしまうかもしれません。

また、あなたが女性であれば、「結婚したら仕事は辞めて家庭のことを優先させてほしいんだよね。

それでいいよね?」と相手男性から言われてしまったとき、本当は「自分のキャリアも維持しながら結婚生活を充実させたい」と思っていたとしても「うん、分かった。結婚を機に仕事は辞める方向で調整するね。」と答えてしまうかもしれません。

 

相手の一方的な要求を全て受け入れることは「話し合い」とは言えません。

あなたの気持ちもきちんと伝え相手の話もしっかりと聞く。

その上で結論を出していく、のが話し合いです。

 

細かいことだとしても、相手に無理に合わせるような状況が続いてしまいますと、だんだんと疲れや不満が溜まります。

結婚後にその疲れがとてつもなく大きくなってしまうと、どうなるでしょうか?

身体を壊したり、精神的に限界になったり、最終的には別れを選ばなくてはいけなくなることも時にはあるかもしれません。

正直な話し合いを心がけたいものですね。

 

 

真剣にご結婚を考えている方は

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから