夫婦円満の秘訣

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

2017年02月11日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

小さな愛情表現を感じ取れていますか?【男性編】

3回目は「愛情表現」について考えてみましょう。今回は男性編です。
今回は交際中のカップルや結婚してまもないご夫婦、最近喧嘩が多くなったな…と悩んでいる方には特にオススメの内容です。

 

なんだか最近…ちょっとすれ違っている気がする…

こんな考えが頭をよぎると,別れが近づいているのかな…とか、やっぱり結婚は失敗だったのかもしれない…と思ってしまうかもしれません。

お相手のことは今でも大好きだけど、相手からの愛情がいま一つ感じられない…

少しの不安がやがて頭の中を支配するようになり、お相手への思いやりが無くなってしまうと、なかなか関係を修復することはできなくなります。

意味もなく相手の気持ちを疑ったり、ひとつひとつの言葉も違う意味にとってしまったり…
こうなると、「相性が合わない」「もう相手の気持ちは自分に向いていない」と判断してしまうのも自然なことかもしれません。

 

でも、お相手のことをもう一度観察してみましょう。
○毎朝起こしてくれる
○ご飯を用意してくれる
○アイロンをかけてくれる
○お疲れ様と言ってくれる

日常の些細なことでも、あなたのためにしてくれていることが何か見つかるかもしれません。
あなたのためにお相手がしてくれることは全て、あなたへの愛情表現といえます。
そう考えてみれば、たくさんの思いやりに気づくことができるでしょう。

小さなサインに気づいたときは「いつもありがとう」と声をかけてみましょう。

感謝の気持ちを伝えることで、会話のきっかけも作れます。

そして小さなことでも気づくような習慣を作れると、お相手の様子や変化などにも敏感に反応できるようになります。
「あれ?髪の毛切ったかな?」と気づいたときは、「髪切ったの?」と聞いてみると良いですし、「なんだか今日は疲れているかな…」と思ったときは、「今日もお疲れ様。体調は大丈夫?」と気遣うこともできます。
相手に感謝し、相手への関心を持ちつつ、小さな気づきを言葉に変えていけると良いですね。

 

素敵な恋愛がしたい方

結婚生活を楽しくする合言葉⑤嘘や隠し事はNG

2016年11月28日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚生活を楽しくする合言葉

⑤嘘や隠し事はNG

 

さて、今回で最後ですね。

5回目は「嘘や隠し事はNG」という合言葉をご紹介します。

 

  • ほんのちょっとだから…
  • 相手が良く思わないことだから…
  • 伝えない方が心配かけなくて済むから…

こんなちょっとした気遣いのつもりが、嘘や隠し事となり、後々の夫婦生活に影響を及ぼすことがあります。

 

それが日常生活のちょっとしたことなのか、金銭面での問題なのか、交友関係での問題なのか…状況によっても深刻さは変わっていきます。

 

しかし、嘘や隠し事をした、という事実は問題の深刻さに関わらず同じことなのです。

 

もちろん、一日の行動の全てを逐一伝えなくてはいけない、という意味ではありません。

しかし、お相手がこのことを知ったら、傷ついたり怒ったり心配するかもしれない…と

思うようなことを隠したりごまかしたりするのは、絶対にしてはいけないことです。

 

  • 嫌いな食べ物がいつもお弁当に入っているけど、言いづらいから捨てている…
  • ちょっと高いものだったけど、どうしても欲しかったのでローンで勝ってしまった…
  • 昔の恋人から頻繁に連絡が来る。メールや電話だけなら良いと思って連絡を続けている…
  • 車をぶつけてしまった。言いづらくて知らないうちにぶつけられたことにした…
  • 合コンの人数合わせに誘われた。会社の飲み会ということにしてしまった…

 

まだまだありますが、ご相談の多い事例をまとめてみました。いかがでしょうか?

隠す側の場合、隠される側の場合、両方の気持ちを考えてみると良いかもしれませんね。

 

隠す側の場合は、お相手に対する罪悪感を多少なりとも感じるかもしれません。

隠される側の場合、後から事実を知ったら、相手のことを信用できなくなるかもしれません。

どちらの場合にせよ、あまり良いことではありませんよね。

もしも隠す側になってしまいそうだ…と感じたときには、「自分が隠される側ならどう感じるか?」と問いかけてみましょう。

そう意識するだけで、大切なパートナーを傷つけるような嘘や隠し事は減っていきます。

 

これまで5回にわたって「結婚生活を楽しくする合言葉」をご紹介しました。

5回の合言葉の最初の文字を縦に読んでみてください。

お分かりになりましたか?

 

「ありがとう」という言葉が隠れていました。

 

結婚生活を楽しくする、もうひとつの大切な合言葉は「ありがとう」です。

感謝の気持ちを忘れずに過ごすことで、楽しく笑顔で結婚生活を送ることができます。

 

これまでご紹介した内容と合わせながら、感謝の気持ちを忘れずに過ごしてみてくださいね。

 

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ

新婚なのに…なぜ?(5)イメージしていた結婚生活と違う…

2016年11月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

5)イメージしていた結婚生活と違う…

 

5回目、最後の今日は「イメージしていた結婚生活と違う…」というお悩みを取りあげていきます。

○周りの人の結婚生活

○理想の結婚生活

○現実の結婚生活

これらの3つの間には様々な相違点があります。

その違いに気づいても、落ち込まずにうまく対処するコツをご紹介いたします。

 

まず、周りのご夫婦の結婚生活との比較、について考えてみましょう。

 

色々と近況報告をしたり相談したり…という中で、自分の家の結婚生活と周りの方々の結婚生活の間に大きな違いを感じることがあります。

「あちらのお宅はいいなぁ…」と羨んでしまうこともありますし、そのことで落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、比較は何も生み出しません。周りのご夫婦のお話を聞いて、良い部分を取り入れようとすることは、お二人の未来に繋がる良い気づきになることもあります。

 

しかし、「自分たちは、あちらのお宅よりもうまくいっていない」と否定から入ってしまうと「結婚は間違いだったかな…」というネガティブな結論になってしまいがちです。

誰一人として同じ人間はいませんね。

そうであれば、同じような結婚生活である必要はないのです。

あなたとお相手の結婚生活は、どこのカップルとも違っていて良いのですね。

そう意識しておくと、周りを見て比較したり焦ったりすることは少なくなります。

 

理想の結婚生活についてはどうでしょうか?

 

理想を高く持つのは良いことです。

しかし、高すぎる理想は、結婚してまもないお二人を見えない鎖で縛るのと同じことです。

お互いの理想が一致していないと、価値観の違いを感じてしまうこともありますし、理想とのズレがあると「こんなはずじゃない!」とパニックになってしまう方もおられます。

 

楽しく笑顔で結婚生活をスタートさせるためには、理想に縛られるのではなく、お二人で将来の目標を立てておくことがオススメです。

「○○歳までには家を建てたいね」

「子どもは2人いたら嬉しいね」

「お互いに仕事はずっと続けたいね」

 

こんな風に簡単な目標を設定しておくと、理想に縛られずに目標に向かって足並みを揃えて努力することができそうですね。

お二人の目標について一度話し合われることをオススメいたします。

 

 

今回までの5回で「新婚なのに…なぜ?」と感じてしまう色々なお悩みをご紹介しました。

一人で悩むと辛いものですが、誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなることもあります。

ゆっくりとお話しながら、一緒に解決方法を考えてみませんか?

結婚生活でお悩みの方は、ぜひ個別カウンセリングをお試しくださいね。

笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

新婚なのに…なぜ?(2)相手が魅力的に見えない…

2016年10月31日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?2)相手が魅力的に見えない…

 

2回目は、「結婚相手が魅力的に見えない…」というお悩みをご紹介します。

 

大好きで結婚したのに、なぜか相手の魅力が半減してしまったように感じてしまう…

 

その原因はどこにあるのでしょうか?

結婚前と結婚後を比較することで、理由が分かることがあります。

例えば…

①デートの回数が減った

②会話が減った

③お洒落をしなくなった

④相手のだらしない一面を見てしまった

⑤結婚前に言っていたことと違う部分がある

このような状況は無いでしょうか。

お相手の魅力が感じられなくなってしまった…

もう好きではないのかもしれない…

こんな風に思ってしまうかもしれませんが、心配はいりません。

あなたはお相手のことが嫌いになったわけではないからです。

結婚前と結婚後では状況が変わります。

結婚の手続きを済ませるまでは緊張しているので、無事に届けを出すこと、あるいは結婚式を成功させることだけに集中しているかもしれません。

 

両家の顔合わせや挨拶という緊張もありますし、小さなことは気にならない時期でもあります。

しかし、そのような緊張感を伴うイベントが無事に終わり、夫婦として二人だけの世界が始まると、今まで知らなかった新たな情報が入ってくることがあります。

 

①休日は家でゆっくりするのが好き(あまり出かけるのが好きではない…)

②読書など一人でする趣味が色々ある(一人にしてほしいときがある…)

③部屋着でゴロゴロしている時間が好き(気合いを入れて出かけるのは疲れる…)

④毎日の片づけは苦手(おうちデートのときだけは片づけるけど…)

⑤結構神経質な部分がある(あまり気にしないタイプと言っておいたけど…)

上記に挙げた内容は、最初に挙げた「あれ?何か魅力がなくなった…なぜ?」と思ってしまう内容の番号(①~⑤)に対応しています。

 

交際期間中、多くの人はしっかりとデートの時間を確保しますし、「最高にステキな状態で会いたい!」と身だしなみやお洒落にも気を遣うことでしょう。

 

少しでも自分のことを良く見て欲しいと思う願いが強くなりすぎて、苦手なことも得意だと言ったり、少し話を大きく伝えてしまうこともるかもしれません。

 

しかし、そのような「気合い」や「見栄」がキレイに取れた時、本当の相手の姿が見えてきます。

これが結婚後に入ってくる新たな情報なのです。

 

今感じている気持ちは、この情報を整理するまで続きます。

ですが、「誰も知らない相手の一面を知っている」と考えると、意外と色々と許せるようになりますよ。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

結婚前の不安に対処するために(5)相手を幸せにしたいと思えるか?

2016年08月12日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(5)相手を幸せにしたいと思えるか?

 

 5回目は、「相手を幸せにしたいと思えるか?」という問いについて考えてみましょう。

 

相手に「幸せにしてもらいたい」と思うことも素敵ですが、今回は、逆の方向に注目します。

自分が相手を「幸せにしてあげたい」と思えるかどうか…という視点で考えていきます。

 

相手から「幸せにしてもらいたい」という気持ちが強すぎると、彼への要求ばかりが膨らんでしまうことがあります。

「○○してくれないから、幸せを感じられない…」

「幸せにするって言ったのに…!」

こんな風に、不満ばかり感じるようになってしまうのです。

自分達以外のカップルやご夫婦と比較して、「あの人たちより、幸せじゃない!」と怒ってしまう方も大勢おられます。

こうなると…ただのワガママな女性になってしまいますね…。

相手に要求ばかり押し付けてしまうような、自分勝手な人にならないように、注意したいものです。

 

どちらか一方が頑張る関係は、いつか破綻してしまいます。頑張りすぎた方が疲れてしまうからです。

 

結婚して「二人で幸せになる!」と意識してみましょう。

そうすることで、片方だけに負担のかからないバランスの良い理想の関係を築くことができます。

  • 相手からしてもらったことに感謝する
  • 相手にしてあげることで満足する

「与えること」「与えられること」、両方のバランスを保つことが大切です。

 

 

 

今回までの5回で「結婚前の不安」を解消するための問いかけをご紹介してきました。

 

結婚を意識し始めたときは、あなたやお付き合いしている方にとって、大切なタイミングです。

不安な気持ちのせいで、せっかくのタイミングを逃してしまわないように、自分の気持ちと冷静に向き合ってみましょう。

新しいことを経験するときは、誰でも不安になります。

 

結婚は人生の大きな出来事ですので、不安に感じるのも当然です。

その不安の原因を整理しながら、前向きに結婚について考えていけると良いですね。

大切な方と、幸せな結婚生活をスタートできますように!

 

 

結婚前カウンセリング

結婚準備で気を付けたいこと(4)婚姻届に関わること

2016年06月21日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備で気を付けたいこと

(4)婚姻届に関わること

ブライダルカレッジンの上田です。

4回目の今回は、より具体的な内容です。

「婚姻届に関わること」を考えていきます。

○必要書類の確認

○どちらの姓を名乗るか

○証人(2人)を誰に頼むか

○事前・事後の報告

 

上記のポイントを中心に考えていきたいと思います。

 

婚姻届を提出して受理された日が「結婚した日」として公的に記録されます。

入籍日を記念日にしたいという希望がある場合は、

記入漏れ、書類の不備などが無いように気をつけましょう。

戸籍謄本などを事前に用意しておく必要がありますので、

前もって色々と調べて、しっかりと準備しなくてはいけません。

 

次に、日本では夫婦別姓が認められていませんので、

どちらかの姓を名乗る必要があります。

予め決めておかないと、両家の間で思わぬ問題が

発生することがあります。

 

例えば、長男長女同士で結婚となった場合、

姓を残して欲しいという希望が両家からあった場合、

色々と複雑になります。

 

話が落ち着くまでは大変なこともありますが、

お互いにしこりを残さないために、

丁寧な話し合いをすることが必要です。

 

思わぬところで関係が複雑になると、

結婚後の様々なストレスに繋がりますので、

日頃から相手の親御さんや自分の親との関係を

良い状態にしておけると安心ですね。

 

 

そして、意外と忘れがちなのは、婚姻届の証人欄への記入です。

どなたにお願いするのかを決めておきましょう。

 

婚姻届に関する調査結果などを見ますと、お互いの親、相手のご両親、自分の両親、など圧倒的に「親」の立場の方に頼んでいる人が多いようです。

この他には、「古くからの信頼できる友人に頼んだ」という方や「自分の兄弟姉妹に頼んだ」という方もおられます。

 

結婚はあなたとお相手、2人だけの関係ではなく、お互いの実家との繋がりが始まることも意味しています。

 

お相手、または自分の親に証人をお願いしたい場合には、事前にそのことをお願いしておきましょう。

友人に頼む場合は、そのことを自分たちの親に伝えておくと良いかもしれません。

 

最後に、事前・事後の報告をしっかりしておきましょう。

お二人での話し合いが一番大切なことに変わりはありませんが、結婚するにあたっては、色々なことを新しく決める必要が出てきますので、お互いの家のことを考えながら慎重に物事を進めていけると良いですね。

 

大好きな気持ちを伝える言葉(3)あなたは素晴らしい

2016年06月13日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(3)あなたは素晴らしい

3回目の今日は「あなたは素晴らしい」という言葉です。

 

男性は「認められたい」という気持ちが

女性よりも強いと言われています。

そのため、仕事で成功して皆に認められたい、

という気持ちが毎日のお仕事の原動力になっている方も

大勢おられるようです。

 

結婚して奥様やお子様がいる方であれば、

「一生懸命に働いて家族にきちんとした

暮らしをさせてあげたい」と思いますので、

そうすることで「頼れる夫」「自慢のお父さん」と呼ばれたい、

と考えておられる方はとても多いように思います。

 

夫婦喧嘩になったときに「誰のおかげで」

という言葉をつい言ってしまう男性は多いようですが、

この言葉の背景には「心から自分を認めてほしいのに!」

という強い気持ちがあるのかもしれませんね。

お仕事で成功したときには、

「本当にすごい」

「尊敬しちゃう!」

「いつも頑張っていたもんね」

というように、少し大げさに思えるくらいに

しっかりと褒めることも大切です。

 

褒めることで、

大好きな気持ちを伝えることができるのです。

 

自分のために、また家族のために

何か一生懸命にやってくれたときにも、

相手の一生懸命に応えるような気持ちで、

こちらも感謝の言葉を述べることができます。

 

感謝されると、

どんどん頑張ろうと思うことができますし、

満たされた気持ちにもなります。

気持ちをしっかりと伝えることで、

あなたのためにもっと頑張りたいと

思ってくれることでしょう。

良い時ばかりでなく、何か失敗してしまったり、

彼が落ち込んでしまったときには、励ます言葉に変身します。

 

「あなたは素晴らしい人だから、

次はきっと大丈夫!応援しているよ。」

こんな風に、彼のことを信じて応援している気持ちを

伝えることができます。

 

彼のことを大切に思い、

大好きだと思うからこそ出てくる言葉ですので、

あなたのその想いを彼もしっかりと受け止めて、

また頑張ろうと思えることでしょう。

 

褒める言葉の中には、たくさんの「大好き」が詰まっています。

 

誰かに褒められることに慣れていない方も、

毎日褒められているうちに「もっと褒めて!」

という素直な反応をしてくれるようになることでしょう

 

わがままの種類(2)上から目線のわがまま

2016年06月06日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

わがままの種類

(2)上から目線のわがまま

前回はお相手の都合を考えないわがままについて紹介しました。

2回目の今回は注意したいもう一つのわがまま、「上から目線のわがまま」について考えてみましょう。

 

どんなときも「上から目線」というのは、あまり気持ちの良いものではありません。

 

恋愛において上から目線とは、どのような状態を指すのでしょうか。

 

以下のような表現は上から目線に分類できます。

・~してよ!

・~してくれないと別れるからね!

・~してくれたら○○してもいいけど?

・私のことが好きなら何をしても怒らないよね?

 

共通するのは「脅迫」めいた表現になっている、という点です。

わがままに「脅し」の要素が入ってしまうと、途端に相手を不快にさせてしまいます。

 

相手の気持ちを試すような言い方も、これに当てはまりますね。

「彼は私のことが好きだから、このぐらいしても怒らないはず」とおっしゃる女性が非常に多いのですが、これは彼の愛情に甘えて自分勝手なふるまいをしている、と宣言していることと同じです。

 

彼の愛情に感謝せずに油断してしまいますと、知らぬ間にあなたへの気持ちが冷めてしまうかもしれません。

 

もっと彼のことを思いやれる、彼のことを包み込んでくれるような女性に惹かれてしまうことでしょう。

 

 

「彼から告白してきたから」ということを理由に、時と場所を考えずに無理難題を突きつけて愛情を試してしまう方もおられます。

しかし、本当にそのようなことが必要でしょうか。

 

彼はあなたの大切な存在であり、家来ではありませんね。

上から目線の言動は、恋人や夫婦間でなくても気分の良くないものです。

 

大切な方に辛い想いをさせたくはありませんよね。

 

「上から目線」のわがままは、彼の気持ちが冷める原因にもなりますので、注意したいですね。

 

次回からは「良い」わがままを紹介していきます。

 

賢く「わがまま」を応用できると、あなたの魅力が今よりももっとアップするかもしれませんよ。

 

 

素敵な恋愛がしたい方

喧嘩になったときの注意点(4)SNSに書き込まない

2016年05月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

(4)SNSに書き込まない

4回目は「SNSに書き込まない」という注意点です。

喧嘩になったときに、不特定多数の人にそれを公開してしまう方がおられます。

 

FacebookやTwitterなど、無料で利用できるSNSサービスを利用している人が多くなりました。

とても便利で楽しいものですが、SNSは公の場であることを意識しなくてはいけません。

公の場で一度書き込んでしまったことは、なかなか消すことができません。

投稿した後にすぐ削除したとしても、誰かの目に触れていれば、「二度と消せない」と思う意識も必要です。

普段からSNSを利用していると、誰と繋がっているか忘れてしまうこともありますよね。

 

もしかすると、お相手本人、お相手のご両親や兄弟姉妹、自分の会社の上司なども含まれているかもしれません。

そのような多くの方の目に触れる場所に二人の喧嘩について書き込んでしまうと、一体どうなってしまうでしょうか。

書いたことでお二人がさらなる喧嘩をしてしまうかもしれません。

 

ほんの少しの憂さ晴らしのつもりが、「●●くんと○○さん、うまくいってないのかな」という噂になることもあります。

それはどんどん大きく成長していき、気づいたときには、「あの二人は別れたらしい」と話が膨らんでしまうこともあるかもしれません。

ご家族に心配をかけてしまうこともあるかもしれませんね。

 

そして、良くない噂には悪意のある尾ひれがついてしまうこともあります。

「浮気が原因で別れたらしい」というような根も葉もないような噂になることもあります。

実際の出来事とは違う勝手な噂が広まってしまうこともあるのです。

色々なことを考えますと、お二人が喧嘩していることを公開しても、得になることは何もありませんよね。

 

そしてもう一つ、さらに考えなくてはいけないことがあります。

喧嘩のような個人的な情報を書き込むことで、周りの方々から「自分の感情をコントロールできない人」と思われてしまうかもしれないのです。

節度ある大人であれば、恋人や夫婦の間で起きた喧嘩について公の場に書き込むことは無いでしょう。

 

誰かに知らせるために時間を使うよりも、二人でじっくり話し合う時間を作った方が、今後のお二人の楽しい未来に繋がっていきます。

どうしても気持ちを吐き出したいときは、日記という手段もありますので、気持ちを吐き出せる方法も賢く活用できると良いですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

結婚前に確認しておいた方が良いこと(5)子どもについて

2016年05月14日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚前に確認しておいた方が良いこと

(5)子どもについて

5回目の今日は、「子どもについて」です。

子どもは欲しいのか、何人くらい、いつ頃のタイミングで欲しいのか。これは結婚前に話し合っておくべき重要な点です。

 

子どもを持つことへの考え方が一致していないと、結婚後の人生設計が変わってしまうこともあります。

大変残念なことに、結婚前の話し合いをきちんとしなかったことが原因となり、

数年後にお別れしてしまったご夫婦もおられます。

 

この例では、旦那様は子どもを持つことに積極的になれず、子どもが欲しかった奥様との間に大きな亀裂が生じてしまいました。

お二人で話し合った結果、子どもは持たずに二人で末永く過ごすと決めるご夫婦もおられますし、お互いの仕事のタイミングを考えて、子どもをすぐに持たないと決めるご夫婦もおられます。

 

どのような決断も尊重されるべきものですので、お二人で決めたことは、周りの誰かに何かを言われても気にする必要はありません。

 

既に子どものいる友人と会うと、子どもはいらないのか、いつ頃に予定しているのか、と聞かれることもあるかもしれません。

子どもがいるご家庭にとっては、子どものいる生活が当たり前ですので、自分たちと同じでない状況のご夫婦のことがとても気になります。

 

結婚前であれば、結婚しないの?いつ結婚するの?と周りに聞かれるかもしれませんが、それと同じことです。

季節の挨拶と同じですので、周りから言われたことはあまり気にする必要はありません。

 

誰かの意見に流されずに、お二人で一度じっくり考える機会があると良いですね。

少し話しにくいテーマではありますが、とても大事なことですので、勇気を出してぜひ話し合われることをお勧めします。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから