夫婦円満の秘訣

円満の秘訣(5)相手のものを大切にする

2016年07月01日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(5)相手のものを大切にする

 

5回目は「相手のものを大切にする」という点です。

 

相手のもの、にはどのようなことが含まれるでしょうか。

仕事や趣味は、すぐに思いつくことかもしれませんね。

 

まず、「仕事」から考えてみましょう。

 

仕事は男性にとってのプライドと関係していますので、

「働く自分」の姿に誇りを持っている方はとても多いのです。

仕事を大切にしている方であれば、自分のパートナーにも自分の仕事について

きちんと理解して欲しいと思うことでしょう。

 

相手の仕事に対しても敬意を払うことを忘れてはいけません。

細かい仕事内容は分からなくても、

働いている姿を認めて心から応援することはできますね。

 

次に「趣味」についても考えてみましょう。

 

趣味への情熱が非常に強い方もいらっしゃいます。

そのような方は、あなたと過ごすよりも

趣味の時間を大事にしてしまうときがあるかもしれません。

 

その姿を不満に思うこともあることでしょう。

 

そんな時に、「趣味と私、どっちが大事なの?」

と聞きたくなるかもしれませんが…

ここは我慢が必要です。

 

趣味=自分、と思えるほどに熱中している方の場合、

あなたが幾ら寂しい気持ちを伝えても、

相手の心には全く響かないことがあります。

それは比べる対象が全く別のものだからです。

趣味は大切なもの。

あなたは大切な存在。

それぞれを全く別のものとして捉えているので、

同じように比べることはできません。

 

このような場合、あなたの気持ちを理解することは難しいでしょう。

 

自分も一緒に相手の趣味に挑戦するか、

自分は自分で別の趣味を見つけるか、

このどちらかしかありません。

 

どちらの場合にしても、相手の趣味を否定せずに捉えることがポイントです。

 

どうしても理解できないときは、少し離れて考えてみることも必要かもしれませんが、

相手の趣味を理解することで、彼の新しい一面を知る事ができるメリットについても

忘れないようにしたいですね。

 

最後に、仕事や趣味よりもさらに大切なものがあります。

それは「相手の家族」の存在です。

 

相手の家族とも丁寧な関係を築くことで、あなたは彼にとって、

さらにかけがえのない存在になれるかもしれません。

 

 

相手のご両親やご兄弟を否定するような発言は極力控えたいですね。

結婚相手の条件に「自分の家族を大切にしてくれる」と挙げる方がいるほど、

ここはとても重要です。

 

彼との関係をより充実したものにするためには

彼に関わる全ての物を大切に捉える心がけが大切です。

 

今回までの5回に、様々な「円満の秘訣」が隠れていますので、

少しずつお試しくださいね。

 

お二人が笑顔いっぱいの素敵な関係を築き上げられるようにお祈りしております。

 

 

 

 

楽しいイベントはこちら

円満の秘訣(4)一日の出来事を共有する

2016年06月30日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(4)一日の出来事を共有する

ブライダルカレッジの上田です。

4回目は「一日の出来事を共有する」というものです。

毎日大笑いするようなことは起きなくても、ちょっとした、思わず笑ってしまうようなことや、ちょっとしたニュースと呼べるようなことがあるかもしれません。

  • 道ばたで見かけた動物が可愛かった
  • 会社にいる人が面白かった
  • お店で変わった品物を見つけた
  • 野菜の切り口が何かの顔に見えた

 

毎日の出来事を振り返り、相手に伝えてみましょう。

もちろん、お相手の様子をよく見て、話を聞ける状態かどうかの確認をする必要はありますね。

 

「今日あったことを伝えても良い?」と聞いてからお話を始めると、相手にとっても「話を聞く準備」ができるのでオススメです。

あなたが感じた色々な気持ちを、そのまま相手に理解してもらうことは難しいかもしれません。

 

しかし、ここで大切なのは、感情の共有ではなく、出来事の共有です。

 

愚痴を伝えていると、何となく気まずい空気が流れることがありますよね。

これは、あなたが辛い状態や悲しい気持ちでいることに、自分はどうすることもできない…という無力感を感じさせてしまうことが原因です。

 

「俺にどうしろって言うの?」とつい言ってしまう方が多いのは、そのせいなのかもしれません。

 

辛いことがあった日には、自分の悲しい気持ちを伝えたい日もあるかもしれませんが、

そのような時は、円満の秘訣【2回目】でご紹介した「感謝」を思い出してください。

「聞いてくれてありがとう。おかげで気持ちが落ち着いたわ。」と伝えることができれば、

相手も自分の存在が役立っている、と実感できます。

 

一日の出来事を共有する、という意味では、お互いに「今日はどんな一日だった?」と聞く習慣が作れるともっと良いかもしれません。

 

相手の一日の様子を知る事は、相手に関心を持っていることでもあります。

行き過ぎてしまうと、相手を束縛したり監視しているような印象を与えてしまいますので、注意も必要です。

とはいえ、お互いへの注意や関心を向けることは円満の秘訣のひとつです。

適度に相手の行動を気に掛ける、その意味を意識しながら、過ごしてみてくださいね。

 

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

円満の秘訣(3)一緒にできることを見つける

2016年06月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(3)一緒にできることを見つける

 

3回目は「一緒にできることを見つける」というものです。

 

新しく趣味を始めたり、どこかに旅行に行ったり、ということではなく、日常生活で無理なくできる範囲で「一緒」にできることを見つける、というご提案です。

  • 朝のゴミ出し
  • ちょっとしたお掃除
  • 食料品の買い物
  • 簡単なお料理

毎日行っていることの中にも、一緒にできることはあります。

何かひとつのことを、協力して行う過程で、お互いに支え合っている感覚を味わうことができるのです。

 

簡単なことを二人で行うのが自然になったら、ちょっとだけステップアップさせても良いですよね。

凝ったお料理を一緒にしてみたり、何か一緒に簡単な家具を組み立ててみたり、こだわりのお掃除をしてみたり、というように、少しだけハードルを上げることもできます。

 

何気ないことでも、一緒に行う癖がつくと二人でいる時間がとても長くとれるようになります。

毎日5分でも、1週間続ければ35分。1ヶ月続けば、約140分。

時間に換算すると、2時間以上の時間を二人で一緒に過ごせることになります。

 

たった5分という短い時間でも、二人の時間を貯金することができます。

これが10分、15分と増えて行けば、かなりの時間を共有できることになりますね。

 

毎日少しずつを、無理なく積み重ねていくことが大切です。

集中的に一緒に過ごす時間を取り分けようとすると、お互いのスケジュールが合わなかったり、タイミングが合わなかったり、色々と実現するのが難しくなることもあります。

大がかりなことを計画してなくても、毎日の生活の中で、一緒に過ごせる時間や作業を見つけてみましょう。

共同作業が増えていくと、会話もそれに伴って徐々に増えていきます。

小さなプロジェクトを見つけて、二人で過ごせる時間を増やしていきましょう

 

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

 

円満の秘訣(2)感謝の気持ちを伝える

2016年06月27日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(2)感謝の気持ちを伝える

2回目の今日は、「感謝の気持ちを伝える」というものです。

お互いの存在が大切なことは分かっていても、だんだんと、当たり前の存在になってしまうことがあります。

この「当たり前」という感覚が強くなってしまうと、いてもいなくても気にならないような「空気のような存在」に感じてしまうことがあります。

・言わなくても分かるはず…

・当然こうしてくれるはず…

・○○するのが当たり前だから…

 

こんな感覚が二人の中で増えてしまうと、だんだんと倦怠期と呼ばれる状態に突入していくことがあります。

お互いのことが嫌いになったわけではなく、お互いへの感謝の気持ちが薄れてしまったことが原因でもあります。

心の中で感謝はしているかもしれません。

でも、「ありがとう」と伝える回数が減ってきてはいないでしょうか。

 

最近の自分の言動を思い出してみましょう。

ほんの小さなことでも、相手の存在を感じて感謝するようになると、日常生活が「ありがとう」で満たされていきます。

 

お互いへの感謝の気持ちは、相手への尊敬の気持ちでもあります。

お二人の関係はさらに深まり、とても親密なものになることでしょう。

ほんの少しタイミングがずれていたら、今あなたの側にいる大切な人には出逢えていなかったかもしれないのです。

そう考えると、今お二人が共に時間を過ごしていることは、奇跡にも近いですよね。

  • ご飯を一緒に食べてくれること
  • 帰宅する前に連絡してくれること
  • 家事を手伝ってくれること
  • 体調を気遣ってくれること

当たり前のような日常の中にも、相手が自分のためにしてくれていることが、実はたくさんあるかもしれません。

 

今日は何か「ありがとう」が言えることを見つけてみてはいかがでしょうか。

お互いへの感謝の気持ちを大切にすると、笑顔で過ごせる日も増えていきそうですね。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

円満の秘訣(1)「好き」と伝える

2016年06月25日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(1)「好き」と伝える

交際を始めたばかり、あるいは結婚したばかりの頃は「円満の秘訣」について悩む必要は無いかもしれません。

しかし、ちょっとしたきっかけで喧嘩になったり、何となく気まずい空気が流れてしまったり…ということは、どんなに仲が良くても起こることがあります。

 

今回は「円満の秘訣」を5回に分けてご紹介していきます。

1回目は、「好き」と伝える、というものです。

ここでまず、最近のお二人のやりとりを思い出してみてください。

 

「好き」「愛してる」という言葉をお相手に伝えていますか?

お相手から「好き」「愛してる」と言われたのはいつだったか、

思い出せますか?

 

こんな風に質問されると、いつだったかな…と悩んでしまうかもしれませんね。

 

でも、心配はいりません。思い出せない場合は、今すぐにでも「大好き」と伝えてみましょう。

直接でもメールでも電話でも、手段は何でも構いません。

  • 彼が好きと言ってくれない…
  • 彼の気持ちが全然分からない…

こんな悩みを抱えている女性はとても多いのですが、悩んだときは自分から「大好き!」と伝えてみましょう。

大切な人から「大好き」と言われると、とても安心できますよね。

自分に自信が持てるようにもなります。

これは相手も同じです。

 

相手が「好き」と言ってくれないことを悲しむよりも、自分から「好き」と伝えてしまう方が、

気持ちも楽になり安定した状態でいられます。

 

あなたからの「好き」がたくさん届けば、彼も「大好きだよ」と言ってくれるかもしれません。

好きな気持ちは「わざわざ言葉にしなくても伝わるはず」と思っている男性は意外と多いのです。

言葉よりも行動を見て欲しい、とおっしゃる方も大勢おられます。

それでも女性としては、たまには「好き」と言って欲しい気持ちがありますよね。

 

彼から「好き」の言葉が欲しいときは、「大好きだよ。あなたも同じ気持ち?」と聞いてみましょう。「大好き」と直接言うのは恥ずかしくても、ただ頷けば良い状況なら応えてくれるかもしれません。

 

 

気持ちを伝えてほしいときは、まずは自分から行動してみましょう。

お互いの気持ちが確認できると、ますますお二人の絆が強まりますよ。

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから