30代の結婚

将来を考えたお付き合いで意識したいこと(2)末永く一緒にいられる相手かどうか

2017年03月04日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

将来を考えたお付き合いで意識したいこと

(2)末永く一緒にいられる相手かどうか

できることならば、結婚は「一生に一度」の大切なイベントにしたいものですよね。
交際中の方は今のお相手との将来を考えたり、これから出会いたいと思っておられる方は、結婚相手をどうやって見つけようか、どうすれば出会えるだろうか、と悩むことがあるかもしれません。
「結婚したい!」という気持ちが強いときほど、冷静な判断も必要になるときがあります。
将来を考えたお付き合いでもう一つ大切なことは、「末永く一緒にいられる」と心から思えるかどうか、なのです。

 

●自分が我慢をすれば、ずっと一緒にいられる気がする…

●相手の言う通りにしていれば、きっと円満に過ごせると思う…

●この機会を逃したくないから、とりあえず結婚したい…

●今さら結婚したくないとは言えない…

こんな風に、少しでもネガティブな感情があるときは、一度落ち着いてお相手との相性を考えてみましょう。

世の中では、「結婚は墓場だ」「結婚は我慢の連続」などという表現もありますが、結婚=我慢、と考える必要はありません。

もちろん、別々の環境で育った二人がこれから生活を共にしていく上では、様々な我慢も必要になるかもしれません。

しかし、それは二人で楽しく生活するための調整であって、苦痛しかないような我慢とは、全く質が違うものです。

結婚相手として適切かどうか?

これは将来を考えたお付き合いでは避けては通れない問いの一つです。

少しでも疑問に感じるときは、お相手とじっくり話し合いましょう。

話し合ってお互いに納得できる場合は、そのまま結婚に向けて努力していくことができます。

しかし、どうしても分かりあえないときもあるかもしれません。

そのようなときは、無理に結婚に急がずに少し距離を置いてみることも必要です。

離れることで見えてくることもありますよね。

 

これから人生を歩んでいくうえで色々な問題が起こったとしても、二人で支え合えるでしょうか?

あなたの目の前にいるお相手と「結婚したい」と強く思えるでしょうか?

 

しっかりと見極めた後ならば、結婚までスムーズに物事を進めることができるでしょう。

病める時も健やかなる時も、共に支え合えるかどうか。これはとても大切な視点なのです。

 

 

結婚前カウンセリング

将来を考えたお付き合いで意識したいこと(1)細かすぎることでも正直に話し合う

2017年03月02日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

将来を考えたお付き合いで意識したいこと

(1)細かすぎることでも正直に話し合う

将来を考えたお付き合いをしていく中で、どうしても避けられない問題が出てくることがあります。

そのような問題を解決するためには、正直に話し合うことが必要です。

 

 

●結婚後、お互いに仕事を続けるかどうか

●どちらかの親と同居する可能性について

●子供を持つか、持たないか(持つ場合はいつ頃か)

●家を買うか、賃貸に住み続けるか

●どちらの姓を名乗るか

●借金はあるかどうか

●婚歴はあるかどうか

 

ざっと挙げただけでも、たくさんの確認したい事柄が出てくるかもしれませんね。

「どうしても結婚したい!」とか「これが最後のチャンスかもしれない!」というような焦った気持ちで話し合いをしても、自分の本当の気持ちを伝えることはできません。

 

相手に嫌われたくないという想いが強すぎてしまうと、相手の反応を見ながら相手が喜ぶような答えを言ってしまうことがあります。

 

そうすると、二人で話し合ったとしても、あなたの心の中にはモヤモヤとした感情だけが残ってしまうのです。

あなたが男性であれば、「絶対に同居は嫌なの!いいよね?」と相手女性から言われてしまったときに、「両親の年齢もあるし将来的には同居したいな…」と思っていたとしても、なかなか言い出せなくなってしまうかもしれません。

その結果、「そうだよね!そうしよう!」と無理をして答えてしまうかもしれません。

また、あなたが女性であれば、「結婚したら仕事は辞めて家庭のことを優先させてほしいんだよね。

それでいいよね?」と相手男性から言われてしまったとき、本当は「自分のキャリアも維持しながら結婚生活を充実させたい」と思っていたとしても「うん、分かった。結婚を機に仕事は辞める方向で調整するね。」と答えてしまうかもしれません。

 

相手の一方的な要求を全て受け入れることは「話し合い」とは言えません。

あなたの気持ちもきちんと伝え相手の話もしっかりと聞く。

その上で結論を出していく、のが話し合いです。

 

細かいことだとしても、相手に無理に合わせるような状況が続いてしまいますと、だんだんと疲れや不満が溜まります。

結婚後にその疲れがとてつもなく大きくなってしまうと、どうなるでしょうか?

身体を壊したり、精神的に限界になったり、最終的には別れを選ばなくてはいけなくなることも時にはあるかもしれません。

正直な話し合いを心がけたいものですね。

 

 

真剣にご結婚を考えている方は

過去の苦い経験を思い出してしまう…

2016年10月09日

婚活イベント 幸せな出会い 幸せな結婚のためのブログです。

過去の苦い経験を思い出してしまう…

  • 順調な恋愛をしてきた経験がない…
  • 結婚がダメになってしまったことがある…

 

過去の出来事のインパクトが強すぎると、傷やトラウマとなって、記憶に深く刻み込まれてしまうことがあります。

 

恋愛や結婚では特に、過去の様々な経験が足かせのようになり、新たな出会いを楽しめなくなることもあるかもしれません。

 

過去の経験から、恋愛が怖くなってしまった場合には、あなたの辛い気持ちをしっかり聞いてくれる信頼できる誰かに打ち明けることも効果的です。

 

家族や友人にも話しづらいような悩みは、専門のお医者様やカウンセラーの方々の力を借りて、吐き出すことも効果的です。

 

吐き出すことで気持ちが浄化されていきます。

 

何があなたを傷つけているのか。

不安に感じてしまう原因は何なのか。

その理由を探しながら過去と向き合うことで、過去を捨てられるようになるのです。

 

現在交際している方がおられる場合、あなたの不安な気持ちを相手にぶつけてしまわないように

気を付けてくださいね。

 

あなたの目の前にいる相手は、あなたを傷つけた昔の交際相手ではありません。

 

その人に全てを受け止めてもらうのは、二人の間にかなりの信頼関係が無くては難しいのです。

 

関係が浅いうちには、話さない方が賢明なこともあります。

少しずつ信頼関係ができてくれば、あなたの心の傷をしっかりと受け止め、包み込んでくれる日が来るかもしれません。

 

昔あなたを傷つけた人と同じような要素を持っている人に、

またしても惹かれてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 

「何でいつも同じような人を好きになってしまうのだろう…」と自分が嫌になってしまうかもしれませんが、そのような時は、自分を責めるよりも、勇気を出してその相手から遠ざかるようにしましょう。

 

今後のお付き合いに不安を感じてしまうような要素が少しでもあるなら、関係を一度整理することで、過去から自分を解放することができます。

 

「過去を繰り返さない」という意識をするだけで、冷静に相手を見極められるようになります。

良い経験が増えていく中で、過去を少しずつ忘れることができるでしょう。

 

次回は、「過去の自分を許す」というテーマで考えていきます。

過去の自分を許すことには、どのようなメリットがあるでしょうか。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

 

前向きな考え方が出会いを引き寄せる(2)過去を少しずつ捨てる

2016年10月01日

婚活イベント 幸せな出会い 幸せな結婚のためのブログです。

前向きな考え方が出会いを引き寄せる

(2)過去を少しずつ捨てる

 

前回は「良いこと」に目を向ける大切さを

ご紹介しました。

2回目の今日もそれと少し関連しています。

今回は、「過去を少しずつ捨てる」

というポイントをご紹介したいと思います。

 

以前に経験した大変なことや辛いことは、

なかなか忘れられるものではありません。

 

恋愛や結婚にテーマを絞って考えるならば、

ひどい裏切りを経験したことがトラウマになったり、

異性に対して希望を持てなくなったり、

ということもあるかもしれませんね。

 

過去に経験したことを全て否定する必要はありません。

過去があって、今のあなたがあるからです。

 

しかし、過去に囚われたままでは、新しい出会いを

引き寄せることができません。

 

素敵な方に出会っても、過去の辛い経験を思い出して

落ち込んでしまうことはないでしょうか。

過去の辛い経験を話してしまい、

新たに出会った方を戸惑わせてしまったことは

無いでしょうか。

 

過去の辛い話は、始まったばかりの恋愛を

マイナスの方向に進めてしまう可能性があります。

それなりの信頼関係ができてからでないと、

話すべきではない場合もあると

言われています。

「これから楽しく交際できるだろうか」と

考えている段階では、

重すぎる話は控えることも賢明です。

 

過去を少しずつ捨てて、今に目を向ける努力を

続けることで、良い出会いを引き寄せることができます。

 

過去を完全に忘れることは、なかなかできないかもしれません。

思い出さなくなるまでにも、それなりの時間がかかるかもしれません。

 

しかし、「時が解決する」という言葉は決して投げやりな表現ではなく、

少しずつ傷が癒えればいつかは前を見られるようになる、

というポジティブなアドバイスなのです。

 

過去があって、今のあなたがいます。

それと同じように、今気になる方や、

現在お付き合いされている方、

これから出会う方にもたくさんの過去があります。

 

あなた自身ではなく、お相手が辛い過去を

抱えている可能性もありますね。

そのような時は、お相手の過去が

気になってしまうかもしれませんが、

無理に聞き出そうとするのではなく、

今あるお二人の絆を強くしていくことに集中しましょう。

 

「過去を少しずつ捨てる」努力をすることで、

将来を考えられるような「素敵なご縁」が、

新たに見つかるかもしれません。

 

交際が長続きしない理由(2)相手を信用できない

2016年09月16日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

交際が長続きしない理由

(2)相手を信用できない

 

2回目は「相手を信用できない」という点について考えてみましょう。

 

誰かを信用するのは、実はとても難しいことですよね。

心の底から無条件で誰かを信用することは、なかなかできないかもしれません。

交際相手ではなく、友人についてはどうでしょうか。

心から信頼している友人、と呼べる方はそれほど多くは無いかもしれません。

 

では、自分の心に静かに問いかけてみましょう。

 

「お相手を信用できない…こんな風に感じてしまう原因は何か思い当たりますか?」

 

お相手は、あなたが不安になるような行動をする傾向がありますか?

反対に、あなたがお相手を不安にさせてしまうことはありませんか?

信頼関係という言葉は、両者の間で「信頼できる」という気持ちが共通している状態を指しています。

 

どちらか片方が信頼していても、お相手があなたのことを信じられない場合、あなたがお相手のことを疑ってしまう場合は、信頼関係が成り立っているとは言えません。

この場合、残念ながら交際期間は順調には進んでいきません。

お相手の行動に問題があるかもしれませんし、あなたの考え方を少し改善すれば解決できることかもしれません。

 

どのような場合にせよ、解決のカギは「話し合い」にあります。

お互いに安心して楽しく交際をするためには、お互いの考え方を知る必要があります。

 

・絶対に「許せないこと」は何ですか?

・交友関係で「決めておきたいこと」はありませんか?

 

ルールばかり決めてしまうと、1回目にご紹介したように「束縛」の問題が出てきます。

束縛とは、相手を信用できない心が生み出すものなのです。

 

2人でじっくりと話し合い、考え方を共有しておくことで、「相手がされたら嫌なこと」「自分がされたら嫌なこと」を理解することができます。

 

ネガティブな内容だけでなく、「嬉しいこと」も話し合いによって理解を深めることができるでしょう。

 

信用するためには、まずは「理解」が必要ですので、お互いに情報交換をしなくてはいけません。

お相手との関係に悩んでしまったとき、少し険悪な雰囲気が続いてしまった時は、一度じっくりと時間をかけて話し合ってみることも必要です。

 

交際を充実させるための5つのヒント②信頼関係を何よりも大切に

2016年01月12日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

交際を充実させるための5つのヒント

②信頼関係を何よりも大切に

 

2回目は、絆を強めるために忘れてはいけないポイントをご紹介します。

「信頼関係を何よりも大切にする」というキーワードを常に頭の片隅においておきましょう。

 

相手を信用すること。

これは順調な交際を継続するために欠かせないものです。

相手を信用できなくなると、どんなことが起こるでしょうか?

 

お付き合いをしていても、どれほど長い間一緒に過ごしても、相手もあなたも別々の人間です。

一人でじっくり考え事をしたり、集中して作業をしたり、一人で過ごす時間も必要なときがありますよね。

お互いの信頼関係が築けていれば、一人で過ごす時間も楽しむことができます。

 

しかし、相手を信用するという大切なポイントを忘れてしまうと、

自分と会っていないときに相手が何をしているのか心配でたまらなくなりますし、自分がいない間に相手が何をしているのか、と疑う気持ちが大きくなってしまいます。

 

「誰と会っているんだろう?」

「何をしているんだろう?」

こんな風に、一日中、相手のことばかり考えてしまいます。

 

相手を信頼していない人は、束縛することで安心感を得たいと思う傾向があります。

メールや電話の回数を強要してしまったり、携帯電話や日記のチェックをしてしまったり、

GPSで追跡したり…。

色々なことをしてその場は安心しますが、二人の間の溝はどんどん深まっていきます。

 

「今何してたの?」

「帰ったら電話して?」

「今、○○にいるみたいだけど、言っていたことと違うよね?」

というように、相手の行動を逐一チェックしないと気が済まなくなってしまうのです。

 

相手を束縛してしまうときや、相手に束縛されているように感じるときは、一度落ち着いて話し合いをしてみましょう。

話し合うことで、解決策が見つかることもあります。

 

特に、異性の友人との付き合い方、連絡の頻度、お金の使い方、などは喧嘩になりやすいと言われています。

 

話し合うときは、自分の希望だけを押し付けず、相手の話をよく聞いて、自分の話もきちんとするようにしましょう。

 

お互い妥協できる部分を探っていくことも必要です。

 

どうしても交際相手を信頼できない…という方も中にはおられます。

多くの場合、過去の交際における辛い経験から、信用することが怖いと感じてしまうようです。

 

また同じことが起きたら…と思ってしまうのも当然です。

 

しかし、目の前にいる相手は、過去の交際相手ではありません。

 

話し合いによって前向きな解決策を見つけることで、不安も解消できるはずです。

 

「信頼関係」を大切にしながら充実した交際にできたらとっても素敵ですね。

 

 

  • ご予約はこちらから