夫婦円満の秘訣

新婚なのに…なぜ?(5)イメージしていた結婚生活と違う…

2016年11月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

5)イメージしていた結婚生活と違う…

 

5回目、最後の今日は「イメージしていた結婚生活と違う…」というお悩みを取りあげていきます。

○周りの人の結婚生活

○理想の結婚生活

○現実の結婚生活

これらの3つの間には様々な相違点があります。

その違いに気づいても、落ち込まずにうまく対処するコツをご紹介いたします。

 

まず、周りのご夫婦の結婚生活との比較、について考えてみましょう。

 

色々と近況報告をしたり相談したり…という中で、自分の家の結婚生活と周りの方々の結婚生活の間に大きな違いを感じることがあります。

「あちらのお宅はいいなぁ…」と羨んでしまうこともありますし、そのことで落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、比較は何も生み出しません。周りのご夫婦のお話を聞いて、良い部分を取り入れようとすることは、お二人の未来に繋がる良い気づきになることもあります。

 

しかし、「自分たちは、あちらのお宅よりもうまくいっていない」と否定から入ってしまうと「結婚は間違いだったかな…」というネガティブな結論になってしまいがちです。

誰一人として同じ人間はいませんね。

そうであれば、同じような結婚生活である必要はないのです。

あなたとお相手の結婚生活は、どこのカップルとも違っていて良いのですね。

そう意識しておくと、周りを見て比較したり焦ったりすることは少なくなります。

 

理想の結婚生活についてはどうでしょうか?

 

理想を高く持つのは良いことです。

しかし、高すぎる理想は、結婚してまもないお二人を見えない鎖で縛るのと同じことです。

お互いの理想が一致していないと、価値観の違いを感じてしまうこともありますし、理想とのズレがあると「こんなはずじゃない!」とパニックになってしまう方もおられます。

 

楽しく笑顔で結婚生活をスタートさせるためには、理想に縛られるのではなく、お二人で将来の目標を立てておくことがオススメです。

「○○歳までには家を建てたいね」

「子どもは2人いたら嬉しいね」

「お互いに仕事はずっと続けたいね」

 

こんな風に簡単な目標を設定しておくと、理想に縛られずに目標に向かって足並みを揃えて努力することができそうですね。

お二人の目標について一度話し合われることをオススメいたします。

 

 

今回までの5回で「新婚なのに…なぜ?」と感じてしまう色々なお悩みをご紹介しました。

一人で悩むと辛いものですが、誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなることもあります。

ゆっくりとお話しながら、一緒に解決方法を考えてみませんか?

結婚生活でお悩みの方は、ぜひ個別カウンセリングをお試しくださいね。

笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

自分と相手を分けて考える

2016年10月16日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

自分と相手を分けて考える

 

相手を好きになればなるほど

忘れてしまいがちなことがあります。

それは、「自分と相手を分けて考える」

ことです。

 

「自分と同じように感じてほしい…」

「自分と同じように行動してほしい…」

 

こう思うのはとても自然なことかもしれません。

しかし、自分と全く同じように考えたり

行動したりする人に出会うことは、

ほぼ不可能だと知っておく必要があります。

 

そうすることで、交際中のストレスを

かなり減らすことができます。

 

自分と同じようにしてくれない…

と感じてしまうとイライラやストレスが溜まり、

「相性が合わないのが悪い!」と思ってしまいます。

 

そして、次の段階では

「他にもっと自分とぴったり合う人がいるはず!」

と考えるようになります。

 

こうなってしまうと、交際を継続することが

難しくなるのです。

 

しかし、他の方と付き合い始めても、

しばらくするとまた同じように感じることが

ほとんどです。

「どうして自分と同じように考えてくれないの!?」

イライラして、怒りを相手にぶつけてしまうことも

あるかもしれません。

 

 

「自分と相手は違う」というポイントを

しっかり理解できていれば、

「合わないから別れよう」と結論を急がずに

済むこともあります。

 

お付き合いを続ける中で、

「やはり合わないな…」

と感じることもありますよね。

 

しかし、ここで重要なのは、

そう感じてしまった理由を分析することです。

 

「自分と同じでない」という理由が大きい場合、

そこにはまだ可能性があります。

しかし、それ以外の理由で、

相手のどうしても許せない部分があるときには、

別れを選ぶ勇気も必要です。

 

お二人が出会うまでには、お互いにそれぞれが

歩んできた道のりがあります。

様々な経験の中で価値観は形作られていきます。

あなたとお相手は、別々の人格や価値観を

持っていて当然なのです。

 

それでも、お互いに惹かれ合って

お付き合いが始まったということは、

お二人の中で何か「共有」できる部分が

あったということです。

 

お互いを知りながら、相手のことを理解する姿勢を

持ち続けることで、充実した交際になることでしょう。

 

出会えるかは、あなた次第!

2016年10月14日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

出会えるかは、あなた次第!

 

前回は「理想の相手」のイメージを

はっきりさせるための方法をご紹介しました。

今回は少し積極的なタイトルですが、

理想の相手に出会うために

「あなたができること」という視点で、

具体的な方法をご紹介していきます。

 

「出会えるかは、あなた次第!」

なんて言われてしまいますと、

  • 本当かな…無理だと思うけど…
  • そんなこと言われても…

こんな声が聞こえてきそうですが、

ご心配なさらないでくださいね。

 

 

これからご紹介する幾つかの方法を実践すれば、

理想の相手を見つけられるように、

あなたの意識が変わっていきます。

 

出会える確率を上げるためにもオススメです。

 

「理想の相手」がイメージできていても、

思い描いたような相手がなかなか見つからない、

と思ってしまう場合、幾つかの見直すべきポイントがあります。

 

(1)一般的な理想にとらわれていないか

(2)理想の相手は現実にいそうだろうか

(3)自分は「理想の相手」にとってふさわしい存在か

 

まず、1つ目の「一般的な理想」について考えてみましょう。

一般的な理想とは、昔で言えば3高で表わされるような、

高学歴・高収入・高身長、などが挙げられます。

 

時代が変わり、その後、3K(金銭感覚・雇用形態・価値観)とか、

3低(低リスク・低姿勢・低依存)、

3平(平均的な年収・平凡なルックス・平穏な性格)、

3生(生存力・生活力・生産力)など、

数えきれないほどの3大条件が広まってきました。

 

流行の感覚に流されることなく、

あなたが本当に大切だと思う「相手の条件」を、

もう一度見直してみると良いかもしれません。

 

一般的な流れに影響されずに

自分の理想を整理してみましょう。

 

2つ目の「現実にいそうな相手」かどうか、

というのも大切な視点です。

フィクションの世界や芸能人の方々を理想の相手としてしまうと、

現実で出会う人を冷静な目で判断することはできません。

 

あるいは、あまりに多くの条件を作りすぎた場合、

完璧な人物を求めてしまいますので、

なかなかそれに合致する方は見つからないことがあります。

 

細かすぎるフィルターでは

上手に濾すことができないのと同じように

細かすぎる条件は、出会う確率を低く

してしまうことがあるのです。

 

諦めるという意味では無く、

良い意味で妥協できる部分(やポイント)を

設けておくことも重要ですね。

 

あなたにとって、最も大切なこと。

相手に求めていることを、考え直してみましょう。

 

3つ目は、「自分自身」について考えてみましょう。

理想の相手の側にいる、自分の姿を思い描いた時、

違和感はありませんか?

 

理想の相手の隣にいても、

恥ずかしくないと思えますか?

 

理想の相手と自分が釣り合わないように感じてしまう場合には、

理想を変えるよりも、むしろ自分を変える努力をしてみましょう。

 

生活習慣を整えたり、

身体を鍛えたり、

習い事をしたり、

勉強を始めたり…

 

色々と自分自身を向上させていくうちに、

恥ずかしさや気後れは無くなっていくはずです。

これは「自分を好きになる」ことでもあります。

自分を愛せなくては、他の人を愛することはできません。

 

以前よりも素敵な自分に満足できれば、

気になる方にも積極的にアプローチできそうですよね。

 

理想の相手に出会うためには、

あなたから行動しなくてはいけません。

 

 

交際が長続きしない理由(4)相手に合わせすぎてしまう

2016年09月20日

婚活イベント 幸せな出会い 幸せな結婚のためのブログです。

交際が長続きしない理由

(4)相手に合わせすぎてしまう

 

4回目は「相手に合わせすぎてしまう」という問題を考えてみましょう。

  • お相手に嫌われたくない…
  • お相手の言うことは何でも聞いてあげたい…

こんな風に思ってしまうことはありませんか?

 

 

お二人で過ごす時間の中で、お互いの好みや価値観が分かり、

自分の中で新たな感覚が芽生えることもあります。

無理に我慢して合わせなくても、

自然と好きなものが似てくることもあります。

 

今回のテーマの場合は「無理に合わせてしまう」

という部分を取りあげています。

 

自分の考えを捨てて、どんなこともお相手優先で、

お相手が喜ぶように…とお付き合いを続けしまうと、

徐々に疲労が溜まってくることがあるかもしれません。

 

「お相手のためならどんなこともできる」という熱意に動かされているときは、

それほど感じないものなのですが、根底に「我慢」があると、

その我慢はやがて「不満」に変化してしまいます。

お相手への熱意も段々と薄れていくきっかけとなります。

 

・こんなにしてあげているのに、相手からは何もない…

・こんなに我慢しているのに、相手は好き放題…

・自分を犠牲にして尽くしているのに…

我慢が不満となり、ストレスに変わると、上記のような感情が出てきます。

 

その結果、「何のために付き合っているのだろう…」と感じてしまい、

最終的には別れを選択することもあるかもしれません。

 

最初は相手を喜ばせたい一心で行っていたことも、

相手から自分に対するアクションが無いと感じると、

自分の行ってきたことが全て無駄に思えてくることがあります。

 

相手に合わせすぎてしまう傾向がある方には、

「相手にも同じように自分に接して欲しい」という感情が隠れていることがあります。

 

恋愛にもバランスが必要です。

片方だけに負担がかかる関係は、少しずつ傾いていきます。

無理をしすぎないやり方で、二人の関係を深めていけると良いですね。

無理は禁物です。

 

上手に仲直りできていますか?(3)問題を話し合う

2016年09月10日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

上手に仲直りできていますか?

(3)問題を話し合う

 

3回目は「問題を話し合う」

というポイントについて考えていきましょう。

相手の話を聞き、自分の話をした後は、

二人でどうやって問題を解決できるかを

話し合う必要があります。

  • 喧嘩の原因は何だったでしょうか?
  • 二人で努力すれば解決できる内容でしょうか?

それとも…

  • 修復の難しい問題でしょうか?

 

交際中も結婚後も、様々な問題で

衝突することはあります。

価値観や考え方の違いによって、

大きな喧嘩をしてしまうことも

あるかもしれません。

 

しかし、次に同じことで同じような喧嘩を

しないように建設的な話し合いができれば、

お二人にとって喧嘩の原因を

ひとつ減らすことができるのです。

 

 

ここで、ある喧嘩の絶えなかったカップルのお話をご紹介します。

同年代のカップルで学生時代から長く交際していたお二人でしたが、

お互いに嫉妬深い性格だったため、異性の友人との付き合い方で頻繁に

喧嘩をしていました。

女性の方は彼に内緒で携帯チェックをするのが日課になってしまい、

男性の方は彼女が家にいるかどうかを電話して確認するのが日課に

なってしまいました。

お互いに好きだからこそ嫉妬してしまうのですが、相手への気持ちの伝え方を

間違ってしまったために、同じことで常に喧嘩をしている状況でした。

喧嘩が絶えない日々は、決して居心地の良いものではなかったため、

残念ながらお二人は別れてしまったのです。

 

同じことで何度も喧嘩を繰り返すと、

「この人とは相性が悪い」

「全く性格が合わない」

「他にいい人がいるはず」

と思ってしまうのは自然なことかもしれません。

しかし、解決に向けて落ち着いた話し合いができていれば、

同じことでの喧嘩は少なくなったはずです。

 

ご縁があって一緒になった方とのお付き合いを楽しく続けるためにも、

喧嘩のときの仲直りはとても大切ですね。

 

喧嘩はお互いの気持ちを

理解するチャンスでもあり、

それによって絆が深まることもあります。

 

相手のせいにせず、

自分だけのせいにせず、

話し合えると良いですね。

 

いつまでも仲良しでいる方法(3)相手のことを尊重する

2016年09月01日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(3)相手のことを尊重する

 

3回目は「相手のことを尊重する」

という点について考えていきたいと思います。

 

お付き合いが長くなると、相手のダメなところも

沢山見えてくることがあります。

 

もっとこんな風にすれば効率が

    良いのに…!

・なんでいつも同じ失敗をするのかしら…?

・代わりに私がやった方が確実だわ!

・どうして分からないのかしら!!

 

テキパキとお仕事や日々の作業をこなせる方であれば、

余計に、お相手の行動がいちいち気になって

イライラしてしまうこともあるかもしれません。

 

こんな時、直接お相手に

「だから言ったじゃない!」

と言ってしまうことはないでしょうか。

 

これを言ってしまうと、

男性がとても傷ついてしまうことを

ご存知でしょうか?

 

男性はどんな方にもプライドがあるそうです。

誰にでも優しくすぐに謝ってしまう癖がついている方でも、

実は非常にプライドが高い場合もあります。

 

何気なく言ったことが、

取り返しのつかない発言となり、

お相手のプライドを

傷つけてしまうこともあるのです。

 

相手がしていること

・相手が考えていること

・相手が持っているもの

 

色んな面でお相手を尊重する

忘れないようにしましょう。

 

お相手の決断が間違っていると思える場合は、

時間をかけてきちんと話し合うことも大切です。

 

そんな時も、

「こういう考え方もあると思うのだけど、どうかしら?」

と控えめに、お相手を尊重しながら提案するように心がけたいですね。

 

2回目に「価値観」についてご紹介しましたが、

今回も自分の考え方を相手に押し付けないように

意識する点では共通しています。

 

「お相手を尊重する」ということは、

お相手の考え方を否定しない

という意味も含まれています。 

 

 

何か悩んでいるときも、

求められる前にアドバイスをしないように、

少し我慢する時間も必要です。

 

お相手から「どうしたらよいかな?」と言われたら、

その時はあなたの考えを

お伝えするのも良いでしょう。

 

お相手を尊重する気持ちを

忘れないようにしたいですね。

いつまでも仲良しでいる方法(2)自分の基準を押し付けない

2016年08月31日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(2)自分の基準を押し付けない

2回目は「自分の基準を押し付けない」という点について考えてみましょう。

お二人が出会う前のことを考えてみましょう。

 

昔からの友人とお付き合いすることになった方も、学校や職場での出会いでお付き合いが始まった方も、出会いの場で意気投合した方も、全ての皆さんに当てはまることがあります。

 

それは、お二人がお付き合いを始める前の長い年月です。

お付き合いが始まるまでは、それぞれが別々の時間を過ごしていました。

育った環境も違えば、家族構成も違うかもしれません。

十人十色という言葉にも示されている通り、10人いれば10通りのそれぞれの人生があるということなのですね。

 

そして人間の価値観というものは、生きている間の様々な経験を通して徐々に形作られていきます。

時間が経てば経つほど、自分の中でのルールというものが確立してきます。

お付き合いを始めても結婚をしても、お互いがそれぞれ独立した別々の人間であることには変わりありません。

自分が長年かけて形成した基準はとても大切なものですが、それを相手への相談無しに、無理に押し付けるようなことがあると、必ずと言っていいほど衝突してしまいます。

 

うまく価値観の擦り合わせができないことが原因で、「~しなきゃダメなのに!」「~してくれないと嫌いになる!」「~じゃないと別れる!」というように、非常に感情的になってしまう方も大勢おられます。

そうしますとお相手側は…

・何でも勝手に決めないで欲しい

・一人にして欲しい/自由な時間が欲しい

・監視しないで欲しい/束縛しないで欲しい

こんな風に拒否反応を示してしまうかもしれません。

自分の基準を相手に押し付けて、自分の思う通りに行動するように要求することが続くと、お互いに息苦しくなってしまい、残念ながら別々の道を歩みたいと考えてしまうことさえあります。

 

そんな結末にならずに、いつまでも仲良しでいるための方法はあります。

お互いの価値観による衝突を避けるためには、きちんと二人だけで話し合い、お互いの中で「絶対に守りたいこと・譲れないこと」「大切にしたいこと」などを擦り合わせていくプロセスが必要です。

 

最初はイライラしてしまうかもしれませんが、話し合いを上手に重ねることで、二人だけの新たな価値観を作り上げることができますね。

 

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

結婚前の不安に対処するために(3)価値観が合うか?

2016年08月08日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(3)価値観が合うか?

3回目の今日は、「価値観が合うか?」という問いについて考えていきます。

価値観は人それぞれ育った環境や周囲の影響によって身に付くもの。

そう考えると、全てがピッタリ自分と同じ、という価値観を持った方を見つけるのは不可能に近いことが分かります。

 

しかし、一部でも共有できる部分があると、その人のことがとても気になり始め、次第に好意を抱くようになります。

 

同性であれば親友になるかもしれませんし、異性であれば信頼できる友人、あるいは大切なパートナーになるかもしれません。

 

結婚について考え始めると、多くの方が「彼と価値観が合わない気がする」と感じてしまう傾向があります。

 

結婚についての様々な不安が大きくなるにつれて、「彼よりも、もっと価値観の合う人がいるかもしれない…」と思い始めてしまうかもしれません。

 

しかし、自分とそっくりそのまま同じような価値観を持っている人を見つけるのは、非常に難しいのが現実ですね。

 

どこか一部でも共感できる部分があるか。二人で新しく価値観を共有していけるか。

 

この2つがとても重要なポイントになるでしょう。

 

全く合わない方とはお付き合いも始まらないと思います。

ですから、既に際をスタートさせていたり結婚について具体的に考えたりできるお二人であれきっと価値観が合う部分もたくさん持っているはずです。

 

結婚前にどうしても確認しておきたいことがある場合には、事前によく話し合うことが大切です。

 

結婚後、特に問題になりやすいものを幾つか例にしておきます。

  • 異性の友人との付き合い方
  • 親戚・家族との付き合い方
  • お金の使い方

交友関係や家族・親戚とどの程度親密に付き合うか、お金をどのように管理していくか。

 

これはお互いの考えがぶつかりやすいテーマでもあります。

結婚後に揉めてしまうことの無いように、お互いの妥協点なども探りながら話し合えると良いですね。

 

そのようにして、二人で考え方を共有していくことが、結婚に向けての重要な一歩になることでしょう。

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

なぜ、結婚前に話し合うことが大事なのですか?

2016年05月09日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なぜ、結婚前に話し合うことが大事なのですか?

結婚生活には、いろいろな事が起きます。

お互いの思い違いがないように、あらかじめ2人でよく話し合い、理解し合っていけるのが理想的です。

結婚前に話し合っておけば回避できることがたくさんあるからです。

一緒に生活している夫は、自分と違う考えを持つ一人の人間ということを理解しなければなりません。

育った家庭環境も違えば、価値観も違います。

違う家庭で育った2人が生活を共にしていくってのは大変なことですね。

 

 

「こんなはずじゃなかった!」「裏切られた!」

こんなことになる前に、少しでも感じている問題や不安は、すべて結婚前に話し合っておく事が大切です。

そこで、結婚前に確認しておいた方が良いことを次回から5回に分けてお伝いしていきます。

 

結婚前に確認しておいた方が良いこと(1)食事の時間の過ごし方

結婚前に確認しておいた方が良いこと(2)お金の使い方

結婚前に確認しておいた方が良いこと(3)友人との付き合い方

結婚前に確認しておいた方が良いこと(4)相手の親(または親戚)との関わり方

結婚前に確認しておいた方が良いこと(5)子どもについて

 

これから続く何十年もの結婚生活に、話し合うことはとても大切です。

結婚してみたら…②価値観が違うことに気づいてしまった…

2016年03月19日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚してみたら…価値観が違うことに気づいてしまった…

 

 

結婚前は「この人こそ運命の人だ!」と感じたのに、あれは思い込みだったのかな…と悩んでおられませんか?

「価値観が違う、性格が合わない」という悩み、相手はあなたとは違う人間です。

生まれてからあなたと出会うまで、色々なことを経験しました。

それはあなたも同じです。

 

お互いに別々の道を歩んできた二人が、素敵な巡り会わせによって惹かれ合い結婚に至ったわけですね。

 

この世の中に、あなたと同じ人間はどこにもいません。当然、物事の考え方や捉え方は異なります。

 

価値観が違うのは当たり前のことなのです。

 

価値観が違うこと=性格が合わない、と判断しないように気をつけてください。

 

価値観が違っても、お互いの考え方を共有しているうちに相手のことをより深く理解できるようになります。

 

そのためにはたくさん話し合うことが必要です。

価値観というものは、二人で話し合いながら合わせていくものなのです。

 

少し意見が食い違っただけで「性格が合わない人と結婚してしまった」と思わないでくださいね。

せっかくのご縁で結ばれたのですから、相手を思いやる心を思い出しましょう。

 

 

交際中よりも結婚後の方が、色々と気づかされることが多いです。

それは決してマイナスなことではなく、相手のことを深く知る機会なのです。

 

結婚後に気づいたことで、相手の魅力が半減したように勘違いしてしまう方もおられます。

それはとても悲しいことですね…。

 

結婚後に見えてきた色々な部分は、あなたしか知る事ができない秘密なのです。

長い時間を過ごしていれば、そういう秘密がたくさん増えていくものです。

 

私しか知らない彼の癖、私だけが知っている彼のこだわり。

色々な「私だけ」の情報でいっぱいになります。

 

最初は驚くようなこともあるかもしれませんが、それもまた楽しいサプライズです。

どうしても嫌だなと思うときは話し合えば良いのです。

 

一度深呼吸をして、もう一度相手のことを優しい気持ちで見つめてみましょう。

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから