女性の悩み

なかなかプロポーズしてくれません。

2016年03月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

なかなかプロポーズしてくれません。

プロポーズのタイミングというのは実は非常に繊細なものなのです。

とはいえ、せっかく出逢ってお付き合いしているのですから、末永く一緒にいたいと思うのは当然のことですね。

なぜいつまで経ってもプロポーズしてくれないのだろう…。

とても悩まれていることと思います。

 

交際期間が楽しく充実していれば、時間はあっという間に過ぎていきます。

たまに喧嘩もするかもしれませんし、何度か深刻な話し合いをすることもあるかもしれませんが、それでも長い間お付き合いが続くのは、お二人の相性が良いことの証でもあります。

しかし結婚はタイミングが大切です。

プロポーズは男性にとって非常に勇気のいることなので、彼を追いつめるように急かしたり、女性側からの一方的な条件を突きつけたりしない方が、うまくいくと言われています。

「なんでプロポーズしてくれないの?」

こんな質問を彼に直接しないように、少し気持ちを落ち着けてみてください。

彼にも彼なりの考えやタイミングがあるのかもしれません。

 

あなたが彼からのプロポーズをどうしても待てないのであれば、今の彼はあなたにとって「結婚したいタイミングが合わないお相手」ということになります。

 

仕事が安定するうちは、自分がしっかりするまでは…というように色々な条件を自分の中で育てている男性も大勢いらっしゃいます。

 

温かい目で見守ることも大切かもしれませんが、「二人ならきっと大丈夫」と彼に思ってもらえるように普段から接することもできますね。

 

恋愛カウンセリング カップル

 

彼が結婚を意識できるように、さりげなく「私と結婚するとあなたは絶対幸せになれます」というアピールをするのも良いでしょう。

強烈なアピールではなく、「さりげなく」がポイントです。

女性からの遠回しなプロポーズも実は効果的と言われています。

 

不満や不安を感じる点を解消するためにも、待つだけでなく自分から幸せを引き寄せられるとよいですね。

 

自分から行動することで、あなたにも笑顔と輝きが戻ってくると思いますよ。

 

 

恋愛の悩みはこちら

プリマリタルカウンセリングはこちら

上手に自分を表現する小さなコツ

2016年02月19日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

「上手に自分を表現する小さなコツ」

こんにちは!

ブライダルカレッジの上田奈央子です。

 

先日、自分が思っていることを伝える大切さをお伝えしました。

伝えなければな、勘違いされるばかりでなく大切なものを失ってしまうお話でしたね!

 

自分を表現することがどれだか大切なのか、わかってくれたら嬉しいです。

 

しかし、大切さがわかっても、誰もが上手に自分を表現できるわけではありません。

 

表現することの大切さがわかっていても、自分を表現することは、とても繊細で難しいと感じている方も多いと思います。

 

でも、心配はいりません。

自分を表現するには「小さなコツ」があります。

 

それは、ほんの少し、今までと視点を変えることです。

すると、楽に自分を表現することができるようになります。

 

まずは、言葉でなくても、表情や態度でも伝えることができる。ということです。

 

自分を表現するというと、どうしても「言葉にする」ということばかりを考えてしまいます。

 

ですが、私たちが伝える手段は言葉だけではなく、態度や表情など、さまざまな方法があります。

 

相手のことが大好き!でも、好きだと言えない。

 

しかし、笑顔で接していれば、相手に好意を持っていることは充分に伝えることができます。

 

言葉で表現できなくても、想いを伝えることはできるもの。

「やっぱり、笑顔って素晴らしい♪」

 

もう一つは、後から伝えることもできる。 ということです。

 

お話の最中に、伝えたいことを伝えられるのが一番です。

でも、その時に伝えることができなかったとしても、あとから伝えこともできるのです。

 

そして、直接に伝えることができないのなら、メールで自分の想いを伝えることもできます。

 

無理に時間の制限をする必要はありません。

自信がない人は、時間をかけて整理してからでも遅くないですよ。

 

きっと、頑張って伝えた想いは届くはず!!

 

さあ~、あなたはどの方法で自分を表現しますか?

 

その時の環境や状況、タイミングなども大いにかかわってきますね。

 

あなたらしく、自然に素直に自分を表現できると、すばらしく幸せな方向へハンドルは向かいます。

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

伝えることの大切さ

2016年02月17日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

伝えることの大切さ

今日は「伝えることの大切さ」のお話です。

 前回は、「可愛くてもお断りされてしまう理由」が見えてきました。

私と同じことを、男性会員さんも感じていたのです。

 

初めて食事に行った時、

彼女はご馳走さまも言わなかったとのこと。

 

でも、初めてのデートだし、言うチャンスがなかったのかもしれない

と思うようにしたそうです。

気を取り直して、二度目のデートに期待したそうですが、

またも同じ状況だったとのこと・・・

 

今度は自分が聞こえなかったのかもしれないと言い聞かせ、

三度目のチャンスにかけたそうです。

 

残念なことに、また同じ状況!

 

とうとう、交際中止の申し出がありました。

 

『僕と一緒にいても楽しそうじゃないし、

ご馳走してもありがとうさえ言わないんです。

きっと僕のことがイヤなんですね。』と落ち込んでいました。

 

『○○さんの気持ち聞いてみるね』と言うと、

『僕に対しての気持ちがあったとしても、

お礼も言えないような人は、

この先うまくやっていけません。』とのお返事でした。

 

ここまで答えを出していると、

残念ながら私のお節介も役に立ちません。

 

そして、彼女に交際中止を伝えると、びっくりしたようで、

『私は、とても前向きな気持ちでした。』とのこと。

彼女のように、前向きな気持ちがあっても、

それを表現しない、

言わなければ、お相手には伝わりませんね。

 

言葉にして伝えることが苦手でも、

笑顔や仕草で表現してみることもできます。

 

嬉しそうだったり、楽しそうだったら、

「僕のこと嫌いなのかも?」なんて思いませんね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから