30代の結婚

喧嘩を回避する接し方(1)間違いは素直に認める

2016年11月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩を回避する接し方

1)間違いは素直に認める

なんでいつも喧嘩になるんだろう…

相性が悪いのかもしれない…

こんな悩みを抱えておられませんか?

今回は「喧嘩になりやすい接し方」を例に挙げながら、喧嘩を賢く回避する方法をご紹介していきます。

ほんの少し意識するだけで、喧嘩の回数を減らせる可能性があります。ぜひ最後までお読みくださいね。

 

1回目の今日は、「間違いは素直に認める」というものです。

 

どんな方でも間違うことはあります。

お相手にもあなたにも、そのような時はあるかもしれません。

間違えたときは素直に「ごめんね」と言えますか?

 

間違いを指摘されると、ついついムキになってしまうことはないでしょうか。

 

例えば、何か大切な約束をした日を勘違いしていた…という状況を思い描いてください。

「約束忘れてた?」と言われてしまうと、何だか責められたような気持ちになり、自分が忘れていたという自覚があってもつい言い返したくなるかもしれません。

 

「忘れてたわけじゃないよ!」

「仕事が忙しかったんだよ!」

「前日に連絡してくれれば良かったのに!」

「自分だって忘れることあるくせに!」

 

もしもこんな風に言い返してしまったら、お相手の方もさらに強い口調であなたのミスを責めてしまうかもしれません。

これでは悪循環ですね。

言い合いがどんどんひどくなってしまうと、お互いにヒートアップしてしまいます。

 

 

間違いやミスを指摘されたときは、たとえその言い方に少しトゲを感じたとしても、「ごめんね!本当にうっかりしてた…」と即座に謝る方が賢明です。

そのように行動できれば、その後の大きな喧嘩には発展しにくくなることでしょう。

自分が間違っていたときは、すぐに謝るように意識してみましょう。

 

 

素直に間違いを認めて謝っても、なかなか許してくれない…というときは、お相手にも問題があります。

全ての喧嘩が悪いわけではありませんが、一方的に相手を攻撃し続けるような喧嘩は良くありません。

片方が我慢し続ける関係にはやがて限界が来るからです。

喧嘩の後でも、気持ちよく仲直りができるような関係が築けると良いですね。

 

楽しいイベントはこちら

新婚なのに…なぜ?(1)喧嘩ばかりしている…

2016年10月26日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

1)喧嘩ばかりしている…

 

今回は新婚生活のお悩みを5回に分けてご紹介していきます。

1回目の今日は、「喧嘩ばかりしている…」という「なぜ?」を考えてみましょう。

 

結婚前に同棲していたカップルも、結婚を機に共に暮らすようになったカップルも、必ずといっていいほど、「新婚なのに…」を経験します。

その一つが「喧嘩」です。

すぐに仲直りできる程度の喧嘩から、なかなか仲直りができず数週間会話がなくなってしまったり、実家に帰ってしまったり…程度の差こそあれ、どんな方も同じような悩みを経験するものです。

では、喧嘩ばかりしてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

なぜ喧嘩になってしまうのか、分析してみることが解決への近道ですね。

  • 生活習慣
  • 食事の好み
  • 家事分担

よくあるお悩みをリストにしています。

これ以外にも、喧嘩の原因はあるかもしれません。

今回は特にこの3つに絞って考えてみましょう。

 

上記に挙げたもののうち,「生活習慣」や「食事の好み」は、少しずつ合わせていくものですので、良い意味での諦めが必要です。

 

どうしても喧嘩になってしまいそうなときは、自分のスタイルを押し通そうとせずに、相手の希望も聞きながら二人で新しい家庭のスタイルを作っていけるような意識を持ちましょう。

 

結婚する前は気にならなかったことも、結婚を機に急に気になってしまうことがあります。

お互いへの責任や期待が増えた分、気になることが増えるのは当然のことですよね。

 

では、「家事分担」についてはどうでしょうか?

家事がとても得意な男性も中にはいらっしゃいますが、大抵の場合は女性の方が得意な場合が多いですよね。

お互いの得意な部分を活かして分担を決めることもできますが、まずは大らかな気持ちで始めてみましょう。

例えば、食器洗いやゴミ出しを男性の担当と決めた場合、人によっては、「食器の洗い方が気に入らない…」とか「ゴミ出しをいつも忘れて出勤してしまう…」などの不満が溜まる方も多いようです。

 

担当を決める方法もありますが、厳密にルール化してしまうとお互いに苦しくなり喧嘩も増えやすくなります。

 

担当ではなく「お手伝い」をしてもらうイメージでいると、ストレスも少なくなります。

 

「片づけを手伝ってもらえる?」とか「ゴミ出しの日だから一緒に行こう!」というように、参加を促し、お手伝いしてもらった後は「すごく助かっちゃった!ありがとう」と感謝を述べると効果的です。

 

喜んでもらえることは、ついついしてあげたくなるのが人間です。

その心理をうまく引き出してみましょう!

喧嘩をしてしまった後は、仲直りを忘れないようにしてくださいね。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

結婚前の不安はありますか?(1)自分は結婚に向いているのだろうか…

2016年10月17日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

1)自分は結婚に向いているのだろうか…

「私は結婚に向いていなかった…」

「もともと俺は結婚向きの人間じゃなかったんだ…」

 

こんなことを人生の先輩方から聞いてしまうと、

不安になりますよね。

特に、結婚直前に悲しい経験談を聞いてしまうと…

「結婚するのが怖い…」

「結婚に向き不向きがあるなんて…」

「失敗したらどうしよう…」

こんな風に不安な気持ちで

いっぱいになってしまうかもしれません。

 

今回は「結婚前の不安」に焦点を当てて、

5回に分けてお送りします。

 

1回目の今日は「自分は結婚に向いているだろうか…」

というご質問にお答えしていきます。

 

結論から申し上げますと、

結婚に向き不向きはありません。

ご安心くださいね。

結婚をする前の心構え、

結婚してからの心がけで

「向いているかどうか」は

作られていきます。

 

はじめから結婚に向いている人はどこにもいないのです。

 

あなたの努力とパートナーとの協力の中で、

お二人の結婚生活が形作られます。

 

最も大切なことは「相手への思いやり」を

どんな時も忘れないことです。

たとえ喧嘩になってしまっても、

気まずいことがあったとしても、

相手への思いやりを忘れなければ、

必ず仲直りすることができます。

 

それでも、向き不向きが気になってしまう場合には、

「思いやり」をキーワードに、これまでのお付き合いや

パートナーとの関係を振り返ってみましょう。

 

自分の気持ちだけを押しつけたり、相手のことを下に見たり、

相手を困らせることで愛情を測ったりするようなことは、

今までにありましたか?

 

もしも思い当たる部分があった場合は、

少しずつ努力をして自分を変えてみましょう。

そうすることで、パートナーとの関係を

「思いやり」ある関係に改善することができます。

 

お相手がとても優しい性格だと、

つい甘えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、相手への思いやりが欠けていると、

ちょっとしたタイミングで

関係が壊れてしまうこともあるのです。

お互いの関係にはバランスが必要です。

どちらかだけに負担がかかる関係は、いつか崩れてしまうのです。

 

 

お相手を尊重する気持ちは、

幸せな結婚生活を続けるための大切なキーワードです。

人生を共に歩めることに感謝しつつ、

お互いに笑顔で新生活を始められると良いですね。

 

 

 

上手に仲直りできていますか?(5)素直に謝る

2016年09月12日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

上手に仲直りできていますか?

(5)素直に謝る

 

上手に仲直りするための最後のステップ。

5回目の今日は「素直に謝る」というものです。

 

相手の話を聞き、自分の話をして、

喧嘩の理由を分析し、

お互いに反省した後は、

素直に「ごめんね」を言いましょう。

 

そして謝った後、謝られた後は、

「また仲良くしようね」と約束できると、

さらに良いですね!

 

険悪なムードが好きな方はどこにもいないはずです。

喧嘩をして口を閉ざす期間が長くなればなるほど、

心の隙間は広がっていきます。

 

修復したいと心から思ったときには、

時すでに遅し…

ということもあります。

 

大好きな方とずっと仲良しでいるために、

そして喧嘩をしても仲直りをするためには、

素直さが重要なポイントになります。

 

意地を張るよりも、素直になった方が

お互いのことがよく分かります。

 

一方が努力をしても、

もう一方が拒絶していては、

状況は良くなりません。

 

相手がどうしても心を開いてくれないときは

どうしたら良いでしょうか。

 

そんな時は、あなたにとって

負担になりすぎないのであれば、

自分から謝ってしまうこともできます。

 

もちろん、あなたが悪くないのに

どうして謝らなくてはいけないのか、

と思われるかもしれません。

 

しかし、言い合いになった時は、

あなたもお相手に対してキツイ言葉を

言ってしまった可能性があります。

 

そのことについては、素直に「ごめんね!」

と言うことができるでしょう。

 

「さっきはあんな言い方してごめんね。

でもどうしても、分かって欲しかったの。

 

私の気持ちを聞いてくれる?」というように、

あなたから思いやりある態度で

歩み寄ることもできます。

相手が動かないときは、

あなたから、ぜひ仲直りの一歩を

踏み出してみましょう。

 

そして仲直りができそうな雰囲気になったら、

「ずっと仲良しでいたいと思っている」

という素直な気持ちを伝えておくことも

非常に効果的です。

 

喧嘩がダメなわけではありません。

喧嘩の後で上手に仲直りができれば、

喧嘩の前よりもさらに仲良くなれることでしょう。

 

仲直りが苦手な方は、

ぜひ、これまでにご紹介した方法を

お試しくださいね。

 

 

 

上手に仲直りできていますか?(4)お互いに反省する

2016年09月11日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

上手に仲直りできていますか?

(4)お互いに反省する

前回は「問題を話し合う」

というポイントをご紹介しましたね。

今回は、問題を話し合った後で、

お互いに悪かったところを認めあう、

「お互いに反省する」というポイントを

ご紹介したいと思います。

 

相手だけが悪いと思えるようなことが

あるかもしれません。

あるいは、あなたが一方的に悪かった、

というようなことも

時にはあるかもしれません。

 

相手が悪いときは、「そっちから謝って!」

と思うでしょうし、

自分が悪かったと思える時は

「気まずくて謝りづらい…」

と思うかもしれませんよね。

 

しかし、喧嘩になってしまったときは、

両方に反省すべき点がある場合も多いのです。

 

  • すぐに謝れば言い合いにならなかった…
  • 正直に話せば分かってもらえたのに…
  • 相手を信じれば喧嘩にはならなかった…
  • 思いきって話しかければ良かった…

 

冷静になって思い返すと、

喧嘩の原因が見えてくることがあります。

 

一方的な身体的暴力などは

許してはいけませんし、

決してしてはいけないことですが、

言い合いによる喧嘩などの場合には、

どちらにも反省すべき点があるものです。

 

  • 謝られても許せなくて、無視してしまった…
  • 自分から謝るのがどうしても悔しかった…

こんな時もあるかもしれません。

 

ずっとそのままにしてしまうと、

なかなか修復ができなくなってしまいます。

喧嘩が長引けば長引くほど、

仲直りにも時間がかかるものなのです。

 

冷静にお互いの気持ちを話し合い、

喧嘩の理由も分かったら、

お互いに反省する時間を取りましょう。

 

「ちょっと頭を冷やしてくるね…」

と声をかけてから、

自分一人になって気持ちを

落ち着かせる方法もあります。

 

同じことを繰り返さないためには、

反省して見つめ直す時間がお互いに必要ですね。

 

次回はいよいよ、仲直りの最後のステップです!

 

 

 

上手に仲直りできていますか?(1)相手の話を聞く

2016年09月07日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

上手に仲直りできていますか?

(1)相手の話を聞く

 

喧嘩をしてしまうと、

数日、1週間、1ヶ月と

会話しなくなることはありませんか?

 

怒りや悲しみが落ち着いた後も、

何となく気まずくなって会話が

できなくなることがありますね。

 

今回は、「上手に仲直りできていますか?」

というタイトルで、仲直りのポイントを

5回に分けてご紹介していきます。

 

喧嘩をすることが悪い訳ではありません。

喧嘩の後でどうしたら仲直りできるのか。

その方法を一緒に考えていきましょう!

 

1回目は「相手の話を聞く」というポイントです。

 

喧嘩になると、自分の気持ちを

相手より先に伝えたくなりますよね。

  • どれほど腹が立ったか…
  • どれほど悲しいか…
  • 謝ってくれるまで絶対に許さない…

こんな気持ちから怒りや悲しみの感情を

吐き出そうとしてしまうかもしれません。

 

でも、感情的になって強い口調で

気持ちを伝えてしまった後で反省することもありますし、

なかなか相手に自分の気持ちが伝わっていないことに、

さらに腹立つこともありますよね。

 

どうしたらこのような状況を防ぐことができるのでしょうか?

 

冷静になれないとき、自分の気持ちが

うまくまとめられないときは、

まずは相手の話を聞くようにしてみましょう。

 

喧嘩になってしまったら、

激しい言い合いになる前に、

こんな風に投げかけてみるのはいかがでしょうか。

 

「少し落ち着いてみよう。

まずは、あなたの気持ちを聞かせてくれる?」

 

どちらかが悪い。

どちらかが先に謝らないといけない。

こんな風に感じてしまうことも

あるかもしれませんが、まずは相手に

「あなたから話してください」と譲ることで、

お互いに感情的になった空気を

落ち着かせることができます。

 

ここで「話す必要ない!」

と言われてしまったら、

言い返すのは我慢しましょう。

 

「分かった。じゃあ、

少し落ち着いてからお互いの気持ちを話し合いましょう。」

と伝えて、その場を去ることができます。

 

一度、その場を離れることで、

お互いに冷静に話し合いができることもあります。

 

喧嘩になっても焦らずに、

まずは相手の気持ちを聞くような意識を持ってみましょう。

 

喧嘩になったときの注意点(1)相手を否定しない

2016年05月25日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

1)相手を否定しない

ちょっとした言葉の言い間違いなどから喧嘩になってしまうことがありませんか?

恋愛期間中や結婚生活の中で、喧嘩になってしまったときに注意したい点を、ご紹介していきたいと思います。

 

1回目は「相手を否定しない」という注意点です。

喧嘩になると、どうしても相手を責めたい気持ちになることがありますよね。

自分は悪くないのに…相手がおかしいのに…

しかし、このような感情をむき出しにしたまま相手に接してしまいますと、ほんの些細な喧嘩が取り返しのつかない大きな喧嘩になってしまうことがあります。

ちょっとした口喧嘩からお互いを数カ月無視するようになり、最終的には別々の道を歩むことになったカップルにお会いしたことがありました。

とても仲の良いお二人でしたが、喧嘩の原因を二人で考え、共に解決するような努力ができなかったそうです。

お付き合いをする中で、また一緒に生活する中ではお互いに間違うこともあるかもしれません。

相手が悪いと思えるようなときもあることでしょう。

とはいえ、そのようなときに「私は正しい。あなたは間違っている!」とストレートに伝えるのは、少し我慢したいですね。

 

 

「自分は悪くない」と思う気持ちを一度忘れて、冷静さを取り戻してみましょう。

喧嘩になった原因を考えて、落ち着いて話し合う努力を重ねてみましょう。

最初はとても話し合えるような雰囲気ではないかもしれません。

しかし「相手を否定せず」、喧嘩の原因を丁寧に二人で探ることで、事態は必ず良い方向に向かっていきます。

喧嘩をしているときであっても、大切なのは相手を想う気持ちです。
思いやりの心を忘れずに話し合うことができれば、必ず仲直りすることができます。

もしも相手が話し合いを受け入れられない状態であれば、その時はあなたの方から歩み寄ることができますね。

「さっきは言い過ぎたけど、きちんと仲直りしよう」この一言で話し合いの糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

 

 

  • ご予約はこちらから