女性の悩み

相手に対するイライラが止まらない理由(1)コントロールしてしまう

2016年11月07日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

1)コントロールしてしまう

ブライダルカレッジの上田です。

今日は、相手に対するイライラについてのお話です。

 

交際期間や結婚生活の中で、相手に対する

「イライラ」が止まらないことはありませんか?

今回はその理由を5つのテーマに絞ってご紹介していきます。

 

1回目の今日は「コントロールしてしまう」

という問題点を考えてみましょう。

 

「相手をコントロールしてしまう」と、

どのような問題が起こるのでしょうか?

 

コントロールと「束縛」は基本的に同じものです。

あなたにとっては「アドバイス」でも、

お相手にとっては「口出し」や「指図」「束縛」

という意味で伝わってしまうことが多々あるのです。

お互いに程よい距離感を持つことで、この問題を避けられるのですが、

好きになればなるほど相手の全てを把握しておきたいと

思ってしまうものですよね。

 

交際が始まった頃や結婚して間もない頃などに、

「自分にはだらしない部分があるから、色々よろしく」

と言う男性も多いようです。

しかし、多くの場合これは「自分の行動を管理してほしい」

という意味ではないようです。

 

○毎朝起こして欲しい

○栄養面で充実した食事が食べたい

○掃除の行き届いた部屋で暮らしたい

 

このように「あなたにしてほしいこと」を

間接的に伝えるだけにすぎないかもしれません。

相手の言葉の真意を掴むのはとても難しいですよね…。

頼られた側からすれば、色々してあげなくては!

という義務感を持つことでしょう。

 

思い通りに物事が進まなければイライラしてしまいますし、

お相手に対して「ちゃんと言ったとおりにしてよ」

「いつも~なんだから!」

「何度も同じことを言わせないで!」

と言ってしまいたくなるかもしれません。

 

しかし、このような関係になってしまうと、

あなたの存在は「母親」になってしまいます。

恋人や妻ではなく「母親」になってしまうと、

ちょっとした発言も「指図された!」と感じるようになります。

母親に反抗するように、あなたにも強く反発するようになるかもしれません。

当然、喧嘩も起きやすくなりますので、ますますストレスが

溜まってしまいそうですよね。

 

相手が大人の場合には「良かれ」と思って言ったことも

意図通りに伝わりません。

相手を自分の思い通りに変えるのではなく、

「こんな風にしたらもっといいかな?どう思う?」というように、

最終段階では「相手に決定させる」、というイメージで

接しているとイライラが少なくなります。

何から何まで管理する必要はありません。

少し離れたところから見守る、助けを求められたら手を差し伸べる、

というくらい肩の力を抜いてみましょう。

上から目線にならないこともポイントですね。

 

 

新婚なのに…なぜ?(2)相手が魅力的に見えない…

2016年10月31日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?2)相手が魅力的に見えない…

 

2回目は、「結婚相手が魅力的に見えない…」というお悩みをご紹介します。

 

大好きで結婚したのに、なぜか相手の魅力が半減してしまったように感じてしまう…

 

その原因はどこにあるのでしょうか?

結婚前と結婚後を比較することで、理由が分かることがあります。

例えば…

①デートの回数が減った

②会話が減った

③お洒落をしなくなった

④相手のだらしない一面を見てしまった

⑤結婚前に言っていたことと違う部分がある

このような状況は無いでしょうか。

お相手の魅力が感じられなくなってしまった…

もう好きではないのかもしれない…

こんな風に思ってしまうかもしれませんが、心配はいりません。

あなたはお相手のことが嫌いになったわけではないからです。

結婚前と結婚後では状況が変わります。

結婚の手続きを済ませるまでは緊張しているので、無事に届けを出すこと、あるいは結婚式を成功させることだけに集中しているかもしれません。

 

両家の顔合わせや挨拶という緊張もありますし、小さなことは気にならない時期でもあります。

しかし、そのような緊張感を伴うイベントが無事に終わり、夫婦として二人だけの世界が始まると、今まで知らなかった新たな情報が入ってくることがあります。

 

①休日は家でゆっくりするのが好き(あまり出かけるのが好きではない…)

②読書など一人でする趣味が色々ある(一人にしてほしいときがある…)

③部屋着でゴロゴロしている時間が好き(気合いを入れて出かけるのは疲れる…)

④毎日の片づけは苦手(おうちデートのときだけは片づけるけど…)

⑤結構神経質な部分がある(あまり気にしないタイプと言っておいたけど…)

上記に挙げた内容は、最初に挙げた「あれ?何か魅力がなくなった…なぜ?」と思ってしまう内容の番号(①~⑤)に対応しています。

 

交際期間中、多くの人はしっかりとデートの時間を確保しますし、「最高にステキな状態で会いたい!」と身だしなみやお洒落にも気を遣うことでしょう。

 

少しでも自分のことを良く見て欲しいと思う願いが強くなりすぎて、苦手なことも得意だと言ったり、少し話を大きく伝えてしまうこともるかもしれません。

 

しかし、そのような「気合い」や「見栄」がキレイに取れた時、本当の相手の姿が見えてきます。

これが結婚後に入ってくる新たな情報なのです。

 

今感じている気持ちは、この情報を整理するまで続きます。

ですが、「誰も知らない相手の一面を知っている」と考えると、意外と色々と許せるようになりますよ。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

交際が長続きしない理由(2)相手を信用できない

2016年09月16日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

交際が長続きしない理由

(2)相手を信用できない

 

2回目は「相手を信用できない」という点について考えてみましょう。

 

誰かを信用するのは、実はとても難しいことですよね。

心の底から無条件で誰かを信用することは、なかなかできないかもしれません。

交際相手ではなく、友人についてはどうでしょうか。

心から信頼している友人、と呼べる方はそれほど多くは無いかもしれません。

 

では、自分の心に静かに問いかけてみましょう。

 

「お相手を信用できない…こんな風に感じてしまう原因は何か思い当たりますか?」

 

お相手は、あなたが不安になるような行動をする傾向がありますか?

反対に、あなたがお相手を不安にさせてしまうことはありませんか?

信頼関係という言葉は、両者の間で「信頼できる」という気持ちが共通している状態を指しています。

 

どちらか片方が信頼していても、お相手があなたのことを信じられない場合、あなたがお相手のことを疑ってしまう場合は、信頼関係が成り立っているとは言えません。

この場合、残念ながら交際期間は順調には進んでいきません。

お相手の行動に問題があるかもしれませんし、あなたの考え方を少し改善すれば解決できることかもしれません。

 

どのような場合にせよ、解決のカギは「話し合い」にあります。

お互いに安心して楽しく交際をするためには、お互いの考え方を知る必要があります。

 

・絶対に「許せないこと」は何ですか?

・交友関係で「決めておきたいこと」はありませんか?

 

ルールばかり決めてしまうと、1回目にご紹介したように「束縛」の問題が出てきます。

束縛とは、相手を信用できない心が生み出すものなのです。

 

2人でじっくりと話し合い、考え方を共有しておくことで、「相手がされたら嫌なこと」「自分がされたら嫌なこと」を理解することができます。

 

ネガティブな内容だけでなく、「嬉しいこと」も話し合いによって理解を深めることができるでしょう。

 

信用するためには、まずは「理解」が必要ですので、お互いに情報交換をしなくてはいけません。

お相手との関係に悩んでしまったとき、少し険悪な雰囲気が続いてしまった時は、一度じっくりと時間をかけて話し合ってみることも必要です。

 

いつまでも仲良しでいる方法(4)一緒に過ごす時間を作る

2016年09月02日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(4)一緒に過ごす時間を作る

 

4回目は「一緒に過ごす時間を作る」

ということについて考えてみましょう。

 

 

一緒に過ごす…と言っても、

お仕事が忙しかったり

お休みが合わなかったりすると、

なかなか時間の見つけ方が

難しいかもしれませんね。

せっかく時間を見つけても、

急な用事が入ることもあるかもしれません。

 

改めて「おでかけ」と考えますと、

準備も大変ですし予定を合わせるのも

大変かもしれません。

 

しかし、ちょっとした「隙間時間を一緒に」

過ごすと考えてみると、

意外と多くの時間が見つかることは無いでしょうか。

 

・10分だけ、たまたま合えそうなタイミング

・朝の出勤前の5分

・寝る前の5分

 

ほんの少しの時間でも、

二人で会話できる時間を見つけてみましょう。

 

物理的な距離がある場合は、

電話で話をするだけでも良いですし、

ネットの無料サービスでテレビ電話を

楽しむこともできます。

 

二人で過ごせるタイミングを大事にするだけで、

一緒に過ごす時間がどんどん貯金されていきます。

 

そこには二人だけの思い出も

たくさん詰まっていくものなのです。

 

ここである女性のお話をご紹介したいと思います。

 

その方は「おでかけ」へのこだわりがとても強く、

話題のカフェや旅行スポット、

予約の取りにくいレストランなどを

恋人と利用することに、交際の価値を見出していました。

 

一方でお相手の男性は自宅でゆっくりと

過ごす時間を楽しむ方でした。

 

比較的仲の良いお二人でしたが、

交際期間が長くなるにつれて、

彼女の「おでかけ」ルールに疲れてしまった男性側が

別れを切り出してしまったそうです。

 

そのお二人は残念な結果になってしまいましたが、

一緒に過ごす時間の「かたち」にこだわりすぎず、

二人で過ごす時間を大切にしていれば、

もう少し順調に関係を継続できたのかもしれませんね。

 

どこかに出かける場合でもそうでなくても、

二人で過ごせる時間に感謝しながら、

コミュニケーションを大切にしてみましょう。

 

会話が増えることで、

お互いのことをもっとよく知ることができます。

 

二人で過ごす時間の「かたち」にこだわるのではなく、

二人で時間を共有するという意識を持てると

ずっと「仲良し」でいられるのかもしれませんね。

 

 

素直になるコツ(4)自分を大きく見せない

2016年07月24日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

素直になるコツ

(4)自分を大きく見せない

4回目は「自分を大きく見せない」

というものです。

 

彼によく思われたいと思うと、少し背伸びして

しまうことがあるかもしれません。

これまでにお聞きした相談の中で、

背伸びのしすぎでピンチに陥ってしまった

女性たちのお話を2つご紹介します。

 

 

1人目は早起きが苦手なAさんという

女性です。

Aさんは朝がとても苦手でした。

しかし、当時の彼と交際し始めたばかりの頃、

彼から「毎朝電話で起こしてもらえる?」

と言われたそうです。

 

彼に喜んで欲しくてつい、

「私、朝はつよいの!任せてね!」

と言ってしまいました。

 

その結果、彼との交際期間中は、

ほぼ毎日のようにモーニングコールを

してあげたようなのですが、

無理をしすぎて疲れが溜まってしまい

ある日寝過ごしてしまったのです。

 

その日は、お二人とも遅刻となってしまった

のですが、「朝つよいんじゃなかったの?」

と彼から責められてしまい大喧嘩になって

しまったようです。

 

しかしその時にも「朝が苦手」と告白できずに

いました。

他にも色々な悲しい出来事が重なり、残念ながら

数年でお別れとなってしまいました。

 

2人目はお料理が苦手だったBさん

という女性です。

 

実家暮らしが長かったBさんは、

お料理に興味はありましたが、少し苦手でした。

 

交際し始めてから少し経ったある日、

彼が突然「Bちゃんの手料理を食べてみたい!」

と言ったことがあったそうです。

 

Bさんは、家庭的なところをアピールした方が

好きになってもらえると思っていたので、

お付き合いする前から「和食はだいたい作れるの!

料理は大好き!」と彼に伝えていました。

しかし、突然の出来事にとまどったBさんは、

「ごめんね…。正直に言うと、

お料理はまだ勉強中なの…」と真実を告白したそうです。

 

彼にはもう嫌われてしまうと落ち込んだBさんでしたが、

その彼は実はお料理がとても上手だったそうで、

「なぁんだ。じゃあ、一緒に作ろうよ!教えてあげる!」

と言ってくれたのです。

 

その後、彼の特訓の成果も実り、Bさんもとても

お料理が上手になりました。数年の交際を経て、

お二人はめでたくご結婚されました。

 

 

AさんとBさんの違いは、どこにあったでしょうか。

 

Aさんは無理をして自分を大きく見せたまま、

素直になれずにお付き合いが終わってしまいました。

 

Bさんは、最初は自分を大きく見せてしまいましたが、

ある時にそれを正直に打ち明けることができたので、

彼との関係を一歩深めることができました。

 

多少の背伸びをしてしまうことは誰でもあります。

しかし、自分をあまりにも大きく見せてしまうと、

後で大変なことになるかもしれません。

ありのままの自分を受け止めて、大事にできるのも

「素直」になるためには大切です。

 

無理をしなくても大丈夫!

そのままのあなたを、大切にしてくれる方は、

必ずいますよ。

 

大好きな気持ちを伝える言葉(1)あなたが一番

2016年06月11日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

大好きな気持ちを伝える言葉

(1)あなたが一番

ブライダルカレッジの上田奈央子です。

お付き合いされている方や結婚したお相手に、自分の気持ちを上手に伝えられていますか?

 

 

これは文化的な違いかもしれないのですが、フランスやスペイン、イタリアなどのラテン系の国のカップルは交際中も結婚後も、常に「愛しているよ」とお互いに伝えあうのが日課になっているようです。

映画に出てくるようなラブラブなやりとりは、欧米の国では日常のようです。

 

とても素敵で憧れてしまいますが、同じように真似してしまいますと、日本人同士のカップルの場合は少しぎこちなくなってしまうかもしれません。

 

それでも、パートナーから「大好き」「愛してる」と言われて嫌だと思う方はいませんので、今日からでも使えそうなさりげない言葉に変えてご紹介していきます。

 

前置きが長くなりましたが、1回目の今日は、相手の存在を大切に思っていることを伝えるあなたが一番という言葉をご紹介していきます。

 

あなたが誰よりも大切で、一番大事な存在である、ということを伝えられると、自分も相手を大切にしたいと思うようになります。

お互いにとって、とても良い効果が期待できそうです。

 

彼の気持ちが自分に向いているか不安になったとき、「私のこと嫌いになったの?」と聞くよりも、「私にとってあなたは一番の存在なのよ」と伝えることで、彼もあなたも幸せになれます。

 

af0060000608l

 

毎日伝えると若干しつこくなってしまいますし、彼のことを疑っているような印象も与えてしまいます。

ちょっとしたきっかけで不安に思ったときは、彼を責めたり疑う前に、自分が彼のことをどれほど大切に思っているかを上手に伝えることで、自分の気持ちを落ち着けることもできますね。

 

交際期間が長くなっても、結婚して年数が経っても、「あなたが一番」と伝え続けることで、お互いに笑顔になれそうですね。

 

彼の気持ちが読み取れません…

2016年04月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

彼の気持ちが読み取れません…

交際期間中、または結婚生活においても、相手の気持ちを読み取ることはとても重要なことです。

しかし、相手が今どのように思っているのか、読み取るのはとても難しいことでもあります。

一緒に時間を過ごす中で、お互いの性格はある程度理解できるようになるかもしれません。

 

しかし、様々な状況でどのように感じてどう行動するのか…これはその時々で変わるものです。パターンが読めないものでもありますね。

そのようなわけで、「彼の気持ちが読み取れない…」と悩む女性は実はとても多いのです。

何を考えているのか分からないと思ってしまうと、彼の行動が理解できなくなり、不満に思うこともあります。

あなたの予想と反した行動をするときに驚くのが原因かもしれません。

 

その時々の感情というものは、繊細に変化していくものですので、彼の気持ち全てを読み取ろうと必死になると疲れてしまいます。

 

あまり思いつめずに、「今、こんな風に思っていたの?」と自分が思ったことを彼に聞いてみることもできますね。

そのようにして少しずつ確認を重ねていくことで、彼の性格や考え方であなたが思い違いをしていた点に気づいたり、あなたが質問をしたことがきっかけとなって、彼自身が自分自身の言動に気づく場合もあります。

 

どのようなときも、円満なコミュニケーションが大切ですね。

気持ちを読み取るためには、普段から会話を重ねて相手のことを知る必要があります。

それには時間がかかります。

お付き合いを始めてすぐの場合は、彼の気持ちを読み取ることは難しいかもしれません。

結婚して間もない頃も同じことが言えます。

 

それでも、相性が悪いとか、性格が合わない、ということではありませんので、焦らずにゆっくりと彼との距離を縮めていきましょう。

少しずつ彼の気持ちが分かるようになりますよ。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

充実した交際のためのチェックリスト(4)安易に別れを口にしない

2016年04月27日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

充実した交際のためのチェックリスト

(4)安易に別れを口にしない

 

「頭にくるとすぐに、別れよう!と言ってしまうんです…」というご相談がありました。

 

 

 

喧嘩をするとすぐに「別れる!」と言ってしまう方は意外と多いものです。

しかし、ここで気を付けたいのは、別れを仄めかすことは相手を脅していることになるという点ですね。

 

喧嘩をした時の仕返しとして、彼を苦しめたり、自分の方が上の立場でいられるように、ということを重視していませんか?

恋愛にはお互いを信頼し尊重しあう対等な関係が必要です。

怒りにまかせて「安易に別れを口にしない」ように気をつけましょう。

 

力のバランスがどちらかだけに偏ってしまうと、お互いにとって辛く苦しい交際になってしまいます。

あなたが彼を抑えつける形で交際を続けると、彼の気持ちはどんどん離れていってしまうかもしれないのです。

交際期間中は何か考え方が合わないこともあるかもしれません。

そのような時は、一度落ち着いて冷静に話し合ってみましょう。

 

「別れ」を口にすることで彼を困らせたり、彼の気持ちを試したりすることなどないようにしてくださいね。

どちらも思いやりのある行動とは言えませんので注意したいですね。

 

以前に遠距離恋愛をしていたカップルの例をご紹介します。

彼女はなかなか会えないことが不満だったので、喧嘩をするといつも「じゃあもう別れよう!」と言っていました。

その度に彼が彼女に謝り、何とか交際を続けていたのです。

 

そんな中で、彼女はたまたま親しくなった方と内緒でお付き合いを始めました。

「会えないのだから仕方ない、彼は私のことが好きだから許してくれるはず、期間限定だから大丈夫」、とおっしゃっていました。

しかし彼は彼女の秘密の交際を後々知ることになり、ひどく傷つき落ち込んでしまい、最終的には彼から別れを告げました。

彼女の方はとても後悔し彼に何度も謝りましたが復縁には至りませんでした。とても悲しいお話ですよね。

相手を脅したり、相手の気持ちを試したりすることは、結果的に大事な人を傷つけることになるのです。相手を尊重する気持ちを忘れずに素敵な交際を続けられると良いですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

長い交際期間は結婚の障害になりますか?②

2016年04月04日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

長い交際期間は結婚の障害になりますか?②

 

今回は2組目のお話しです。

 

20代前半の学生時代から、一度は別れなども経験しながら、30代前半までお付き合いをしていました。

 

友達と遊ぶときは、それぞれ自分の家に帰る、というような自由な交際を続けていました。とはいえ、毎日お互いの予定を連絡したり、時間があるときは二人で遠くまで出かけたり、普段から良いコミュニケーションが取れていたようです。

 

男性の方はその関係に満足していたようなのですが、実は女性の方はプロポーズされないことが不満でした。

そこで、女性はこっそりと友人の協力を得て、彼からのプロポーズを誘導することにしたのです。そして、無事にご結婚されました。

結婚のタイミングを男性に任せていたら、今でも同棲生活を続けていたか…あるいは何かのタイミングがずれ、お別れすることになっていたのかもしれません。

 

前回の例と今回の例を比較すると何よりも大切なのは、日頃のコミュニケーションであることが分かります。

 

お互いに向き合う時間が減ると、気持ちが離れてしまうこともあります。

 

交際期間の長さではなく、お互いを大切にすることが結婚への近道です。

 

長く付き合っているからこそ分かる「相手の性格」というのもありますので、女性の方から結婚に向けて行動することもできますね。

交際期間の長さよりも、お互いに向き合った「時間」と「質」が、結婚するかどうかの鍵を握っていると思いますよ。

 

素敵な恋愛がしたい方

長い交際期間は結婚の障害になりますか?①

2016年04月03日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

長い交際期間は結婚の障害になりますか?①

 

10年近く交際していたカップル「2組」のお話を2回に分けてご紹介したいと思います。

 

結論から申し上げますと、1組は結婚し、もう1組はお別れしてしまいました。

 

まずは1組目のお話です。

10代の高校生の頃からずっとお付き合いを続け、気づけば20代後半となっていました。

お互いのご両親にもお会いして「いつかは結婚する」とご本人たちも含めた皆が思っていました。

 

しかし、日々の小さなすれ違いが原因となり男性の方には他に好きな方が出来てしまったのです。

気づいた時には、既に新しい女性との暮らしが始まっていました。

女性の仕事が不規則なこともあり、顔を合わせて会話をする時間がどんどん減ってしまったことが原因だったそうです。

相手の存在が当たり前になり、相手の不満や微妙な変化にも、なかなか気づくことが出来ませんでした。

このカップルはじっくり話し合いができなかったことが、別れの原因となってしまったのです。

 

 

もう少し会話やデートを楽しめる時間があれば、状況は変わっていたのかもしれません。

忙しすぎてなかなか二人の時間を過ごせないときは、メールや電話、小さなメモの切れ端などに日頃の感謝を伝えることもできるでしょう。

 

次回は、10年近い交際の後、結婚されたカップルについて紹介していきます。

 

素敵な恋愛がしたい方は

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから