30代の結婚

結婚準備がなかなか進まない原因(5)結婚そのものに迷いがある

2016年11月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備がなかなか進まない原因

5)結婚そのものに迷いがある

 

5回目は、「結婚そのものに迷いがある」場合を考えてみましょう。

 

結婚に消極的な気分のままでは、なかなか結婚準備もスムーズには進みませんよね。

結婚して大丈夫だろうか…と悩んでいる場合には、そう思ってしまう理由を分析する必要があります。

 

お相手について何か不安がありますか?

自分自身について何か不安はありませんか?

何か少しでも不安に思うことがあれば、リストにして書き出してみましょう。

結婚にどうしても積極的になれない場合、少し冷静になってお相手との距離を置くことも

効果的な場合があります。

また、信頼できるカウンセラーの方の助けを借りることもできます。

 

よく考えた結果、やはり今回はご縁がなかった…となることもありますし、

お相手への気持ちが強まり結婚に前向きになれる場合もあります。

結婚前は誰でも多少のマリッジブルーを経験することがありますし、

結婚に伴う書類の整理や自分の家族、お相手の家族との関係などで悩むこともあるかもしれません。

そのような時は無理をせずに結婚に向けての準備を少しだけお休みすることも必要です。

 

自分一人で不安を抱え込んでいることが原因かもしれませんし、お相手との関係に不安を

感じているのかもしれません。

 

お相手との関係について悩んでいる場合は、理由を告げずに一方的に距離を置くことは

くれぐれも避けましょう。

結婚について少し冷静に考えてみたい…と思い切って伝えることが大切です。

何も言わないままではお相手を不安にさせてしまいますし、やはり「結婚したい!」

と思ったときには、お相手の気持ちが離れてしまっている、というような悲しい結末もあり得ます。

 

結婚は人生の中でとても大きな出来事です。

不安に感じるのは悪いことではありません。

その不安が一時的なものなのか、

それともそこに何らかの重大な問題が隠れているのか…

それを判断するためには時間は必要です。

 

結婚についての不安は結婚前にきちんと解決しておきたいですよね。

すっきりとした気持ちで結婚生活をスタートするためにも、

自分自身の気持ちを整理する時間を大切に捉えてみましょう!

 

結婚前の不安はありますか?(5)もっと良い人がいるのではないか…

2016年10月23日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

5)もっと良い人がいるのではないか…

5回目は「相手」に対して感じてしまう不安を取りあげていきます。

 

結婚が決まり、これから生涯を共にすることを意識し始めると、「本当にこの人で良いだろうか?」「もっと良い人がいるのでは…?」と考えてしまうことがあるかもしれません。

ここでの問題は、「何故」そのように感じてしまうのか、ということです。

 

結婚に対する漠然とした不安が理由ならば、あまり悩まなくても良いかもしれません。

結婚前にはマリッジブルーという言葉があるほど、誰でも新しい人生の始まりに不安を感じるものです。

しかし、もしもお相手の言動や生活スタイルなど、これから結婚生活を始めるうえでの不安がある場合はどうでしょうか。

 

この場合には、一度きちんと時間を取って話し合う必要があります。

まずは気になってしまうこと書き出してみましょう。

例えば…   

  • お金の使い方(借金の有無、ギャンブルなど)
  • 交友関係(異性との付き合い方、友人との関係)
  • 仕事(経済的な不安)
  • 親や親戚との付き合い方(介護などの必要性)
  • あなたへの言動(モラハラや乱暴な言動など)

上記に挙げたような内容は、結婚後に大きな問題となる可能性が高いと言われています。

 

ここで例に挙げた以外にも、何か気になる点はあるでしょうか?

 

結婚を決めた以上、お互いに幸せな人生を送れるように最大限の努力をする必要があります。

あなただけが我慢をして耐える必要は無いのです。

気になることは、思い切って話し合う方が後々の問題を避けられます。

 

「聞いてなかった!」「騙された!」結婚前の話し合いが不足していたために、このように結婚後の言い争いが増えてしまうこともあるのです。場合によっては、「ちょっと気になってて…」とお相手から質問をされることがあるかもしれません。

その時は誠意を持って、不安を解消できるように話し合いをしてみてくださいね。

 

お二人で話し合っても解決できないような悩みがある場合には、カウンセリングなどを受ける方法もあります。

第三者の客観的な意見は、冷静さを取り戻すきっかけを与えてくれます。

二人で幸せな結婚生活をスタートさせるために、気持ちを整えていきましょう!

 

 

結婚前の不安に対処するために(5)相手を幸せにしたいと思えるか?

2016年08月12日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(5)相手を幸せにしたいと思えるか?

 

 5回目は、「相手を幸せにしたいと思えるか?」という問いについて考えてみましょう。

 

相手に「幸せにしてもらいたい」と思うことも素敵ですが、今回は、逆の方向に注目します。

自分が相手を「幸せにしてあげたい」と思えるかどうか…という視点で考えていきます。

 

相手から「幸せにしてもらいたい」という気持ちが強すぎると、彼への要求ばかりが膨らんでしまうことがあります。

「○○してくれないから、幸せを感じられない…」

「幸せにするって言ったのに…!」

こんな風に、不満ばかり感じるようになってしまうのです。

自分達以外のカップルやご夫婦と比較して、「あの人たちより、幸せじゃない!」と怒ってしまう方も大勢おられます。

こうなると…ただのワガママな女性になってしまいますね…。

相手に要求ばかり押し付けてしまうような、自分勝手な人にならないように、注意したいものです。

 

どちらか一方が頑張る関係は、いつか破綻してしまいます。頑張りすぎた方が疲れてしまうからです。

 

結婚して「二人で幸せになる!」と意識してみましょう。

そうすることで、片方だけに負担のかからないバランスの良い理想の関係を築くことができます。

  • 相手からしてもらったことに感謝する
  • 相手にしてあげることで満足する

「与えること」「与えられること」、両方のバランスを保つことが大切です。

 

 

 

今回までの5回で「結婚前の不安」を解消するための問いかけをご紹介してきました。

 

結婚を意識し始めたときは、あなたやお付き合いしている方にとって、大切なタイミングです。

不安な気持ちのせいで、せっかくのタイミングを逃してしまわないように、自分の気持ちと冷静に向き合ってみましょう。

新しいことを経験するときは、誰でも不安になります。

 

結婚は人生の大きな出来事ですので、不安に感じるのも当然です。

その不安の原因を整理しながら、前向きに結婚について考えていけると良いですね。

大切な方と、幸せな結婚生活をスタートできますように!

 

 

結婚前カウンセリング

結婚前の不安に対処するために(4)安心できるか?

2016年08月09日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(4)安心できるか?

4回目は「安心できるか?」という少し抽象的なテーマについて考えていきます。

質問の仕方を少し変えて「大切にされている、という実感はありますか?」という問いかけにしてみましょう。

 

「当然です!」と即答できる方もおられる中で、「実は…」と悩んでしまう方もおられるかもしれません。

結婚することで、お互いに安心感を得られるのが理想ですが、結婚前の不安を解消しておかなかったことが原因で、幸せなはずの結婚生活で辛い経験をすることもあります。

 

今回は、あるカップルの例をご紹介いたします。

男性側には長年付き合っていた方がいましたが、結婚を意識できずにいました。

女性側は異性の友人が多いタイプで、特定の交際相手はいない状況でした。

 

お仕事をきっかけに親しい友人となり、お互いに好意を抱くようになりましたが、男性に交際相手がいることは隠されたままでした。

交際が始まったタイミングで「実は彼女がいて…」と男性から告白されたそうです。

お二人は悩みながらも、結果的にそのまま交際を始めてしまいました。

 

しばらく経ち、男性はお付き合いしていた方との関係を清算し、女性と正式にお付き合いを始め、その後まもなくお二人は結婚しました。

ここまでは良くある話かもしれませんね。

しかし、このカップルにはこの後、大変な試練が待ち受けていました…。

男性は女性側の異性の友人関係について不安を感じ、女性は男性の元交際相手に対するモヤモヤとした気持ちを抱えていました。

 

その後、男性が元交際相手と結婚後も頻繁にやりとりをしていたこと、そして女性は結婚後も異性の友人とよく連絡を取り合い遊びに出かけていたこと、などが明らかになりました。

離婚の話も一時は出てしまったようですが、話し合いを重ねて努力された結果、現在も結婚生活を継続されています。

このカップルは、交際の始まり方に問題がありました

お互いに独身ではありましたが、片方に交際相手がいたという事実は、お二人の結婚後の関係までも悪化させる原因になりました。

そして、異性の友人との付き合い方について結婚前に話し合わなかったことが、パートナーに不信感を与え、喧嘩のきっかけとなってしまいました。

 

すっきりとした状態で交際を始め、話しづらいことを話し合った後で結婚していれば、のお二人は辛い日々を経験せずに済んだのかもしれません…。

 

今回は特に、交友関係の例を出しましたが、大切なパートナーに不信感を与えることの無いように、気がかりな点は結婚前に解消しておく必要がありそうです。

結婚という約束には「信頼」というキーワードが必要不可欠ですね。

 

 

プリマリタルカウンセリング

結婚前の不安に対処するために(3)価値観が合うか?

2016年08月08日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(3)価値観が合うか?

3回目の今日は、「価値観が合うか?」という問いについて考えていきます。

価値観は人それぞれ育った環境や周囲の影響によって身に付くもの。

そう考えると、全てがピッタリ自分と同じ、という価値観を持った方を見つけるのは不可能に近いことが分かります。

 

しかし、一部でも共有できる部分があると、その人のことがとても気になり始め、次第に好意を抱くようになります。

 

同性であれば親友になるかもしれませんし、異性であれば信頼できる友人、あるいは大切なパートナーになるかもしれません。

 

結婚について考え始めると、多くの方が「彼と価値観が合わない気がする」と感じてしまう傾向があります。

 

結婚についての様々な不安が大きくなるにつれて、「彼よりも、もっと価値観の合う人がいるかもしれない…」と思い始めてしまうかもしれません。

 

しかし、自分とそっくりそのまま同じような価値観を持っている人を見つけるのは、非常に難しいのが現実ですね。

 

どこか一部でも共感できる部分があるか。二人で新しく価値観を共有していけるか。

 

この2つがとても重要なポイントになるでしょう。

 

全く合わない方とはお付き合いも始まらないと思います。

ですから、既に際をスタートさせていたり結婚について具体的に考えたりできるお二人であれきっと価値観が合う部分もたくさん持っているはずです。

 

結婚前にどうしても確認しておきたいことがある場合には、事前によく話し合うことが大切です。

 

結婚後、特に問題になりやすいものを幾つか例にしておきます。

  • 異性の友人との付き合い方
  • 親戚・家族との付き合い方
  • お金の使い方

交友関係や家族・親戚とどの程度親密に付き合うか、お金をどのように管理していくか。

 

これはお互いの考えがぶつかりやすいテーマでもあります。

結婚後に揉めてしまうことの無いように、お互いの妥協点なども探りながら話し合えると良いですね。

 

そのようにして、二人で考え方を共有していくことが、結婚に向けての重要な一歩になることでしょう。

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

結婚前の不安に対処するために(2)言いたいことを言えるか?

2016年08月06日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(2)言いたいことを言えるか?

 

2回目は「言いたいことを言えるか?」という問いについて考えてみましょう。

言いたいことを言う=何でもわがままを言う、ということではありません。

 

「自分の希望や考えを彼に伝えることができるか」「彼はあなたの話に耳を傾けてくれるか」このような点が重要になります。

 

あなたが自分の考えを伝えても、「俺が全て決める」という態度であなたの気持ちを全く受け止めてくれない場合には、結婚を前提としたお付き合いについて一度冷静に考えてみる必要がありそうです。

お二人の関係を見直すことも必要です。

 

大切なこと、二人で話し合わなくてはいけないことが、結婚直前や結婚後にはたくさん出てきます。

 

二人で新しく人生をスタートさせるということは、たくさんのことを二人で協力しながら手さぐりで進めていくことを意味しています。

 

 

きちんとした「話し合い」ができない関係のまま結婚をしてしまうと、後々とても苦労することがあります。

 

全て彼の判断に従うか。

あるいは、あなたが全て決めることになるかもしれません。

これでは、何かうまくいかなくなったときに、どちらかに責任を押し付けた酷い言い争いになることもあり得ます。

  • 彼ときちんと話し合いの時間を持つことができているか。
  • 言いづらいことでもお互いに冷静に話し合えるか。
  • 互いの意見を尊重できるか。

 

色々と自分自身に問いかけてみると良いかもしれませんね。

話し合いが既にできるお二人であれば、結婚後も、色々な場面で相談しながら物事を進めていけることでしょう。

 

少し改善する必要がある場合には、今からでも遅くありませんので、話し合う努力をしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

結婚式を計画されている方は、特に、色々と話し合わなくてはいけない状況が増えていきます。

 

なかなかお互いの気持ちが分からず、気まずい雰囲気になることもあるかもしれません。

 

しかし、そのような時は「もう少しきちんと話し合いたいんだけど…」あなたから切り出してみましょう。

そうすることで、会話の糸口を見つけることができます。

 

あなたから働きかけても、彼が全く協力的でない場合には、あなたが感じているその不満を、しっかり伝えることも大切です。

思いやりの心を持ちつつ上手に伝えてみましょう。

 

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

結婚前の不安に対処するために(1)彼の短所を許せるか?

2016年08月04日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(1)彼の短所を許せるか?

今回は結婚を控えておられる方、彼との結婚を考えておられる方にお届けしたい5記事です。

 

「結婚」が現実に近づいてくると、嬉しい気持ちと同時に何とも言えない不安な気持ちになることがあるかもしれません。

マリッジブルーと呼ばれる状態ですね。

 

そんな時、不安な気持ちに対処するために、自分自身に問いかけると効果的な質問をご紹介していきます。

 

1回目は「彼の短所を許せるか?」という質問について考えてみましょう。

誰にでも長所と短所がありますね。

彼の短所に気づくこともあるかもしれません。

これは結婚相手を選ぶ上で、ひとつの重要な目安となることがあります。

短所であっても彼の一部として受け入れることができるか。

 

例えば、以下のような点はちょっとした短所と言えるような部分かもしれません。

  • 片づけが苦手
  • 早起きが苦手
  • 謝るのが苦手
  • ちょっと怒りやすい
  • すぐ泣いてしまう

直せたら良いことかもしれませんが「かわいい短所だなぁ…」と思える内容であれば、それも含めて彼の性格として受け入れることができそうですね。

では、別の例で考えてみましょう。

  • 借金をする癖がある
  • 暴力をふるうことがある
  • 嘘をつくことが多い
  • 女性関係が派手
  • 浴びるようにお酒を飲む

これは短所というよりも、問題行動となるかもしれません。

 

結婚後の幸せな生活を思い描くことが難しい場合には、それが許してはいけない短所(癖)である可能性もあります。

 

 

もしも、結婚を考えているお相手に、結婚後の生活が不安になってしまいそうな「悪い癖」がある場合には、その結婚を考え直す勇気も必要です。

 

もっとふさわしい方を見つけることが幸せへの近道になることもあるのです。

冷静に判断ができないときには、信頼できる友人や家族、専門家の方々に相談してみるのも良いですね。

「寛大さ」と「冷静さ」の両方の視点から、彼の短所を受け入れられるか考えてみましょう。

 

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから