女性編

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】(3)義理チョコの御礼なのに…勘違い?

2017年02月26日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】

(3)義理チョコの御礼なのに…勘違い?

今回は「義理チョコへの御礼なのに…勘違い?」というタイトルでお送りします。

●お付き合いで仕方なく、あまり好きでない人にも用意した…

●特に好意があるわけではなく、周りに合わせてプレゼントを用意した…

こんな経験がある方もいらっしゃるでしょうか?

●みんなが用意しているのに自分だけ用意しないのはおかしいし…

●一人にだけ渡さないのもおかしいし…

悩むこともあるかもしれませんね。

最近では「義理チョコを渡す」という習慣自体が無くなりつつあるそうです。

しかしそれでも、あなたがおかれている環境によっては「バレンタインデーは女性から男性にお菓子をプレゼントする日」「ホワイトデーはそのお返しの日」と昔から続いている習慣があるかもしれませんよね。

 

 

さて、問題になるのはここからです。

あなたが渡したものは、誰が見ても明らかに「義理チョコ」と分かるものだったのに、なぜか、渡したお相手からはすごく気合の入ったお返しをいただいてしまったり、いきなり好意を向けられて食事に誘われたり…色々とまどってしまうことがあるかもしれません。

 

しかし、たとえそうであっても、いただいたときに明らかに嫌そうな顔で「え?義理チョコだったんですけど?」と迷惑そうに接することは控えた方が良いですね。

お返しをしてくれる方だけでなく周りの方々も、あなたの態度を見ているからです。

相手に全く好意が無いのであれば、気を持たせるような発言はしないように気を付けつつも、「わー!びっくりしました。

義理チョコのお返しなのに、こんなに高級なものをいただいてしまい返って申し訳ないです。

みんなでありがたくいただきます!お気遣いありがとうございます。」というように、やんわりと「義理チョコでした」「ありがたくいただきます」というメッセージを伝えることもできます。

 

お食事に誘われてしまったのであれば、「○○さんと○○さんも一緒でいいですか?」と、「2人では行きたくない」という空気を出すこともできます。

 

今後「義理チョコ」としてお渡しするときには、誰に対しても「日頃お世話になっている御礼です。みんなで選びました。」など、義理チョコと明らかに分かるメッセージを伝えておくことで、このような勘違いを避けることができます。

女性に対する免疫があまりない方、大変ポジティブな考え方をする方、などなど。

あなたの周りには様々なタイプの男性がいることでしょう。

 

自分の意思はきちんと表明しつつ、嫌な態度で返さないことは、義理チョコのお返しで戸惑った時のスマートな大人の対応です。

 

 

楽しいイベントはこちら

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】(2)お返しの価値を金額で捉えない

2017年02月24日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】

(2)お返しの価値を金額で捉えない

2回目の今日は「お返しの価値を金額で捉えない」という注意点についてご紹介したいと思います。

 

プレゼントのお返しの話題になると必ずテーマになるのが「金額」。

女子会での定番の内容と言えるかもしれません。

「こないだ誕生日だったよね?彼から何かもらったの?」

「今度のホワイトデーは何をお返しにもらえそうなの?」

こんな質問をされたり、自分がお友達にしたり、という経験はどなたにでもあるのではないでしょうか?

 

楽しくお互いの近況を報告しあっている場合には、とても楽しくウキウキする話題なのですが、プレゼントの「金額」に視点がうつってしまった途端に、何とも気まずいテーマに変わってしまいます。

 

他のカップルと自分を比較し始めると、金額の少なさが彼への不満に繋がってしまうこともあるのです。

何が問題か…もうお分かりですね?

 

●友達は20000円のお返しをもらったのに、私は2000円ぐらいのお返しだった…。

友達の価値は私の10倍もあるってことなの…?

私の何がいけないのかしら…?

 

●私は3000円のものをあげたのに、彼からのお返しは1000円ぐらいのものだった。私ってその程度?

 

●満足できる金額のお返しをくれないと、彼からの愛情を信じられない。

いただくもの全ての値段を調べて、その金額の大小で彼にとっての自分の価値をはかるような…そんな悲しい習慣が身についてしまうのです…。

 

これがどんどんエスカレートすると、お返しの金額が少なくなった=彼の愛情が冷めてきた、と考えてしまうこともあります。

 

金額によって自信を持ったり、反対に落ち込んだり…これではお金に支配されているのと同じになってしまいますよね。

 

交際中だけではありません。結婚後も、プレゼントの金額が気になってしまい、そのことで気落ちされている方をよく見かけます。

 

 

プレゼントの価値は金額ではありません!500円のものでも、5000円のものでも、値段は関係ありません。

 

相手からの気持ちを感じ取れるかどうか,が一番大切です。

 

金額以外の理由で、気持ちが入っていない贈り物だと感じてしまったときは…今後の彼との関係を見直す機会なのかもしれません。

 

贈り物に感謝する、そんな純粋な気持ちを持ち続けたいですね。

 

 

楽しいイベントはこちら

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】(1)本気なら自分から行動する

2017年02月23日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】

(1)本気なら自分から行動する

ホワイトデーまでソワソワしてしまう女性に向けたアドバイスを3つお送りいたします。

1回目の今日は、「本気なら自分から行動する」というテーマです。

 

 

本命チョコをあげたお相手がいた場合、お返事をもらうまでは「失敗したかな…」「わたしのこと好きじゃない

んだろうな…」と自信を無くしてしまうこともあるかもしれません。

 

ホワイトデーまで返事を待ってみますか?

返事が無かったら、そのまま諦めますか?

 

あなたが本気でその方の事を好きなのであれば、ホワイトデーまで待たずに、はっきりと好意を伝える方が良いかもしれません。

 

男性の中には「あぁ、毎年恒例の季節がやってきた。これも義理チョコだ…」とシンプルに判断する方も多いのです。

 

はっきりと気持ちを伝えていない場合は、受け取った男性側があなたからの好意に気づいていない可能性もあります。

少しショックではありますが、以下のように感じる男性も少なくはないようです。

「バレンタインデーにくれる人ってホワイトデーのお返しが目当てだよね?」

「中学生じゃないんだし、バレンタインデーのチョコなんて正直いらないんだよな…」

「彼女からもらうならいいけど、こういうイベントって実は苦手だしお返しが面倒くさい…」

実際にこんなことを漏らしていた男性たちは、随分経ってから「本命チョコ」だったと気づき、「分かりにく

い…」「全然気づかなかった」「それなら食事でも誘えば良かった…」と、慌てたり後悔したりしたそうです。

とはいえ、きちんと好意が伝わっていなかったのなら…それは仕方ありませんね。

 

バレンタインデーに勇気を出せたのですから、後もう一歩踏み出してみませんか?

 

伝わっているか分からない…返ってくるか分からない…

そんな相手からのリアクションを待つよりも、自分の好意を改めて伝える方が、モヤモヤせずに済みますよ。

 

まずは簡単なジャブから始めてみましょう。

「○○さんって、お付き合いされている方いるんですか?」とか、「私、○○さんみたいな人、すごく素敵だなって思っているんです!」というように、ほんのりと好意を匂わすようなフレーズも良いですね。

相手が迷惑そうでなければ、もう少し直接的な表現を入れてもいいかもしれません。

 

少し恥ずかしいかもしれませんが、二人きりになれるチャンスがあれば、「○○さんのこと、好きになってもいいですか?」と言うこともできます。

 

想いが通じなかったとしても、「好きです」「ごめんなさい」というやりとりをするより、後々のフォローがしやすく自然に使いやすい、変化球の告白フレーズと言えそうです。

試してみる価値はあるかもしれませんよ?

 

恋活バスツアー開催します♪

ホワイトデーのお返しに悩むあなたへ【男性編】(3)義理チョコへのスマートな対応

2017年02月22日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーのお返しに悩むあなたへ【男性編】

(3)義理チョコへのスマートな対応

今回は、バレンタインデーにいただいた明らかな「義理チョコ」へのスマートな対応をご紹介いたします。

ありがちな4つの状況を例に挙げ,それぞれの対策をまとめてみました。

【CASE 1】小さな一粒チョコレートをもらった場合

職場ではこんなケースも多いかもしれません。

例えば、キッ●カットやチ●ルチョコなど、一粒サイズのチョコレートや個別包装の小さなお菓子を全員に万遍なく配ってくれる女性もいることでしょう。

バレンタインデーだから、ということで周りの男性陣に気を遣って用意してくれたのかもしれませんね。

この場合は、あなたも同じように個別包装の小さなお菓子を用意すると良いでしょう。

「いつもお疲れ様です」という気持ちを込めて、万遍なくお渡しできると良いですね。

周りの方々(同僚など)と相談してから予算を決めて、共同で品物を用意するのもひとつの方法です。

皆で用意した場合は、「男性陣一同」などとメモ書きを加えておくと良いでしょう。

ちょっとした気遣いには、さりげなく心を込めてお返しする、というのがポイントです。

 

【CASE 2】ラッピング済みのチョコレートをもらった場合

人数の少ない職場では、一人一人にラッピング済みのチョコレート(やお菓子)を用意してくれる女性もいるかもしれません。

「いつもお世話になっています」という気持ちで、きちんと用意してくださったのかもしれません。

その場合は、同じぐらいのグレードのものをお店で購入し、プレゼントすると良いですね。

買うものに迷ったときは、お店の方に予算を伝えて相談してみると良いでしょう。

 

【CASE 3】手作りのお菓子をもらった場合

この場合も、【CASE 2】でご紹介した対応で良いかと思います。

手作りをいただいたからといって、手作りで返す必要はありません。

義理チョコへの御礼は、あくまでも無難なお返し、ということを意識してみましょう。

 

【CASE 4】お菓子と一緒にプレゼントをもらった場合

この場合は、小さなプレゼントつきのチョコレートやお菓子を用意すると良いかもしれません。

店頭に行けば、小さなぬいぐるみ付きのお菓子、マグカップにお菓子が入った商品、ハンカチとセットになった商品、などがお手頃な価格でたくさん並んでいます。

予算を決めて、奇抜すぎない可愛らしいものをお返ししてみましょう。

 

サラッと返す、が義理チョコへのお返しの基本になります。

負担にならない程度に検討されると良いかもしれませんね。

いただいたからには、何も用意しない、というよりは少しでも御礼をした方がスマートな対応と言えそうです

 

楽しいイベントはこちら

ホワイトデーのお返しに悩むあなたへ【男性編】(2)お付き合いしている彼女への御礼

2017年02月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーのお返しに悩むあなたへ【男性編】

(2)お付き合いしている彼女への御礼

今回は、既にお付き合いしている方がいる場合、ホワイトデーにどのような御礼をしたらよいか…と悩んでいる方へのアドバイスをお送りいたします。

 

●彼女がくれたものよりも高いものを返さなくては…

●気に入らないものをあげたら機嫌悪くなりそう…

●既に指定されているものがある…考えるだけで憂鬱…

 

何か当てはまることはありましたか?

ここでちょっと立ち止まってみましょう。

あなたと彼女の関係を考え直す良い機会かもしれません。

毎回高価なものをねだられてしまう、あるいは指定されたプレゼントでないと機嫌が悪くなってしまう…

これは、あなたにとってストレスになっているかもしれません。

「バレンタインデーでもらった金額の3倍は返さないといけない…」

こんな噂に惑わされていることも原因かもしれません。

これは男性側も女性側も意識を改めたい点ですね。

 

大切なのは、お互いにどれだけ相手を思いやり、気持ちを交せるか、ということです。

 

あなたがどれだけ気持ちを込めて御礼できるか、ということが一番重要なのです。
とはいえ、ここでひとつ注意しておきたいことがあります。

 


「値段は関係ないんだ!それなら手作りの方が安く済むから、手作りクッキーをあげよう!」

「気持ちが大事なら、いつものラーメン屋でデートすればいいや!」

このように考えるのは、あまり良くありません。

 

なぜなら、「これでいいや」「こんなもんでいいか」という適当な気持ちが現れてしまっているからです。

じっくりと考えて、当日彼女が喜んでくれそうなお店で食事をしたり、彼女が前から気になっていたものをプレゼントしたり、彼女から頼まれていたことをしてあげたり、色々と「彼女を喜ばせるため」にできることがあるかもしれません。

あなたの優しさに付け込んで高額なものをねだる女性には注意が必要ですし、その場合は残念ですが、お付き合いのあり方を見直す必要もあります。優しい方ほど注意が必要です。

しかし、あなたのできる範囲で、たくさんの気持ちを込めたお返しができれば、あなたのことを本当に想ってくれている女性ならば満足してくれるはずです。

まだ少し時間がありますので、心を込めたお返しを考えてみましょう。

 

楽しいイベントはこちら

素敵な恋愛がしたい方は

ホワイトデーのお返しで悩むあなたへ【男性編】(1)相手の意図が分からない場合

2017年02月16日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

2月が終わればすぐ3月がやってきます。3月といえばホワイトデーというイベントがありますね!春に向けて、恋愛や結婚について考えてみましょう。今回は男性編、女性編に分けて複数記事ずつご紹介していきます。

ホワイトデーのお返しで悩むあなたへ【男性編】

(1)相手の意図が分からない場合

3月に入るとホワイトデーもあっという間にやってきますね!

バレンタインデーでチョコレートやお菓子、プレゼントなどをいただいた場合は、2月の後半ごろからお返しの仕方を悩み始めてしまうかもしれませんよね。

今回は「相手の意図が分からない」という問題について考えてみましょう。

これはとても困りますが、冷静に考えると答えが見えてきます。
まず、あなたがいただいたものが相手の方からの「告白」だったのかそうではなかったのか…この判断は日頃からのお二人の関係などを踏まえて判断しなくてはいけません。

自分が意識していた方から偶然いただけると、何とか理由を見つけて「本命のプレゼントだったのだ!」…と思いたくなることもあります。

しかし、普段からそれほど関わりが無く、周りの方々と同じものを同じようにいただいたのであれば、それは日頃からお世話になっている方々への「義理チョコ」だった、と考える方が無難かもしれません。

このような場合に相手からの好意を期待しすぎて、お返しに大変高価なプレゼントを渡してしまったり、いきなり高級ホテルでのディナーなどをお誘いしたりしてしまいますと、少々暴走気味になってしまいます。

「なんか…勘違いされちゃったみたい…」とか「え…?あれは義理チョコだったのに…まわりを見れば分かるよね…?」などと思われてしまったら、あなたにとってもマイナス要素になってしまいますし、とても悲しいですよね。

「冷静に考えれば相手から自分への好意はないかもしれない。

それでも、自分はあの人のことが好きだから、これを機に気持ちを伝えたい。」
もしもこのように考えておられるのであれば、今こそ、一歩踏み出すチャンスです!

ホワイトデーのお返しはあくまで簡単に。

それとは別に、まずは少数グループでのお食事やイベントなどに誘ってみるのはいかがでしょうか?

少しずつ仲良くなってきたところで、「実は前から○○さんのこと、気になってたんだ。」と切り出してみるのも良いですし、「バレンタインデーのときはありがとう。○○さんのこと好きだから、ちょっと意識しちゃったんだよね。」とサラッと伝えてみるのも良いかもしれません。

 

 

その時のお相手の反応が「え?やめてくださいよー」なのか、「え…?本当ですか…?」なのか、あるいは「嬉しいです。実は私も気になってたんです…。」となるかは分かりません。

しかし、「気持ちを伝えたい!」と思ったときは、勇気を出して行動してみましょう。

お断りされても、「あはは…ごめんね。そうだよね。じゃあ友達として、これからもよろしく!」というようにフォローしておけば、その後の関係も良好なまま維持できることでしょう。

 

楽しいイベントは

素敵な恋愛がしたい方

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから