30代の結婚

付き合い始めに気を付けたいこと(1)結婚前提という言葉の本当の意味

2017年02月26日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

付き合い始めに気を付けたいこと

(1)結婚前提という言葉の本当の意味

10代の頃や20代前半の頃は、「結婚前提」から始まるお付き合いは無かったかもしれません。

結婚できたらいいな…と思いつつも、結婚の約束まではしなかった方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、20代後半や30代になってくると、「次に付き合う人とは結婚したい」という縛りを設けてしまい「結婚のことを考えると、ある程度の条件を満たした人としか付き合いたくない!」という感情が芽生えてくることもあります。

そして、それはごく自然なことでもあります。

 

「結婚前提」というのは、「お付き合いが順調であれば、結婚も視野に入れていきたい」ということを、予めお互いに確認するための合言葉です。お付き合いをしているうちに、どうしても合わないことや、なかなか理解できないこと、などが出てくる場合もあります。

言葉に責任を持とうとする姿勢は大切ですが、お互いの幸せのためには判断を誤らないようにしなくてはいけません。

プロポーズを経て結婚の約束をした時点で「婚約成立」です。

この意味では、結婚前提のお付き合いと「婚約」とは、大きく異なります。

 

婚約後にお別れになった場合、これはお二人の別れ方や状況にもよりますが、内容によっては慰謝料が発生することもあります。

例えば、婚約中に何かお相手を傷つけるような行動をした場合、婚約破棄の責任を問うという意味で、お相手やお相手のご家族から訴えられることもあるかもしれません。

このような残念な結果を招いてしまう行動はくれぐれも慎むべきですが、判断を間違えたために悲しい結末を迎えてしまう方も少なくはないようです。

 

一方で、二人でよく話し合って婚約を解消した、というカップルもおられます。

一度距離を置いて「結婚」に関するお互いの気持ちを見極めようとする場合もあるでしょうし、お互いに別の出会いを見つける、という結論になることもあるかもしれません。

 

「結婚前提」のお付き合いのメリットは沢山あります。

それは、お互いに結婚を意識しながらお付き合いできること。

そして、相手のことを十分に見極める時間をとれること、なのです。

 

その結果として、お互いの求めるものが異なる場合や、なかなか理解し合えないことが問題となった場合は、発想を変えることも必要です。

 

無理に関係を続けるよりも、一度リセットして新たな出会いをお互いに見つける方が、幸せな結婚へと歩き出せることもあるかもしれません。

 

何よりも大切なのは、「末永く一緒にいたい」と心から思えるお相手と出会うことです。

気持ちが定まらないうちは、「結婚前提」という言葉を簡単に口にしない心がけも必要です。

 

楽しいイベントはこちら

【男性編】最近うまくいっていない場合

2016年12月21日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。

今回は「クリスマス」をテーマに男性に向けて笑顔になるヒントをご紹介していきます。

 

【男性編】最近うまくいっていない場合

 

今回は、既にお付き合いしている恋人がいるのに、なぜかここに来てうまく行かなくなってしまった…という男性に向けて、気持ちを整理するためのヒントをご紹介したいと思います。

 

お付き合いしている恋人がいる場合、クリスマスを前にしてなんだか喧嘩が増えている…

最近あまりうまく行っていない…と感じてしまうと、「クリスマス前に別れることになったらちょっと嫌だな…」

と思ってしまいませんか?

 

最近うまく行かないな…と思う原因はどこにあるのか、まずはそれを考えることが先決です。

お相手から不満を言われたことはありませんでしたか?あるいは、最近なんだかデートを面倒に感じてしまう…

一人になりたい気持ちが強くなった…など、あなた自身の気持ちが変化したことはありませんか?

 

あるカップルはクリスマスを前に喧嘩がいつも以上に増えてしまいました。

お付き合いして1年ほど経った頃、女性側は結婚したい気持ちが強かったので、

「クリスマスにプロポーズをして欲しい、それが無理なら婚約指輪を買って欲しい」と思っていたそうです。

 

しかし、男性側は心の準備ができておらず、クリスマスにプロポーズというのもありきたりな感じがして、乗り気ではありませんでした。

彼女からの結婚やプロポーズへのプレッシャーに耐えきれず、一度は結婚まで考えた相手だったのですが、別れを告げてしまいました。

 

一般的に男性よりも女性の方が、イベントを大切に考える傾向があるかもしれません。

そしてイベントと大切な日(婚約や入籍など)を結び付けたいと思う方も大勢おられます。

そのため、クリスマスが近いのに、あなたから積極的なアプローチが無い、とかクリスマスプレゼントについての話が出ない、ということで不機嫌になることもあるかもしれません。

 

しかし、ちょっと不機嫌になった彼女を見て、「可愛いな」とか「大切にしたいな」という気持ちになれない場合は、その彼女の側にも改善すべき点があるのかもしれませんね。

日頃からのワガママがすぎるために、あなたも疲れてしまったのかもしれません。

クリスマスというイベントだからこそ見えてくる、お互いの「本音」があります。

それが見えた時に、「ちょっと違うな…」とか「付き合い続けるのは無理かな…」と思うのであれば、一度離れることも良い方法です。

「クリスマスまでは一人になりたくないから…」という気持ちで曖昧にお付き合いを続けると、その曖昧な気持ちから抜け出すことはできません。

この時期を利用して、お互いへの気持ちを再確認する方が、来年の新たな出会いを呼び込むことに繋がるかもしれません。

離れる勇気が新たな幸せを運んでくれるかもしれませんよ。

 

結婚生活を楽しくする合言葉②理想をルールにしない

2016年11月22日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚生活を楽しくする合言葉

②理想をルールにしない

 

結婚するときは覚悟があったのに、結婚生活を続ける覚悟がだんだんと薄れて

しまうことがあります。

気分が落ち込みやすい原因のひとつとして、自分を「理想」で縛りすぎると

うことが挙げられます。

2回目は「理想はひとつの目安にすぎない」という合言葉をご紹介していきます。

 

○理想の交際

○理想のプロポーズ

○理想の結婚生活

○理想の記念日の過ごし方

 

世の中には「理想の…」とつくことが本当にたくさんありますね。

 

しかし理想ばかりを重視してしまうと、現実とのギャップを見つけてしまったときに

気分が落ち込みやすくなります。

「こんなだったらいいな~」と思い描くことは大切です。

しかしそれが徐々に「こうでなくてはダメ!」となってしまうことがあります。

理想をルール化してしまった状態ですね。

 

「2日に1回はデートしないとダメ」

「毎日メールや電話をしなければ別れる」

「サプライズがいっぱいで一生の思い出に残るプロポーズでないと絶対に受け入れない」

というように、理想に縛られてしまうと、なかなか楽しい恋愛ができません。

自分の思い描いた通りでないと気に入らない!と怒りっぽくなってしまうさえあります。

 

 

理想がルールにならないように、ほどよく理想を思い描くためには、「楽しければ最高!」「笑顔なら大丈夫!」というように、良い意味で気楽に考える姿勢が必要です。

 

世界中には様々なカップルがいます。

あなたとお相手は世界でただ一組の素敵なカップルです。

二人が楽しく笑顔でいられるような生活を心がければ、

それは自然と理想の結婚生活に近づいていくのではないでしょうか。

 

自分で作り上げた理想に縛られないように、発想を切り替えてみましょう。

 

次回は、ストレスを溜めない秘訣でもある、3つめの合言葉をご紹介いたします。

結婚準備がなかなか進まない原因(1)プロポーズが曖昧なままである

2016年11月13日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備がなかなか進まない原因

1)プロポーズが曖昧なままである

 

結婚が決まっても、なぜか結婚準備がスムーズに進まない…

この結婚、本当に大丈夫…?

 

こんな不安を抱えてしまう方がおられます。

 

結婚が決まって幸せいっぱいのはずなのに…

なぜだか引っかかるものがある…。

その原因はどこにあるのでしょうか?

 

今回も5回に分けて考えていきましょう!

どれか一つでも、皆様のお悩みを解決する参考になれば幸いです。

 

1回目の今日は、プロポーズに関する原因について取り上げます。

 

最近では、交際開始もなんとなく…結婚もなんとなく…

というカップルが増えてきています。

断られて傷つきたくない…という気持ちや、

その場の流れや空気感を大事にしたい、

と考える方も増えてきているようですので、

流れで…という曖昧さを心地よく感じるのかもしれません。

 

交際スタートの時点では、お互いの雰囲気を

読み取ってなんとなく開始…でも良いかもしれません。

 

しかし、結婚となるとなかなかそうはいきません。

「プロポーズ」には、とても大切な役目があります。

 

ドラマチックなプロポーズやサプライズでいっぱいの

プロポーズにする必要はありませんが、きちんと言葉に出して、

お互いに結婚したいという意思を確認しておくことが重要です。

 

結婚が決まっても、改めてプロポーズの時間を作ることで、

特別な思い出を作ることもできますね。

 

男性からでも女性からでも全く問題ありませんので、

改めて結婚の意思を確認しておきましょう。

「結婚しよう」という共通の目標を共有することで、

結婚準備などもスムーズに行えるようになります。

言葉に出して確認することで、お互いに責任感も芽生えます。

 

もしも、プロポーズは曖昧なままだったかもしれない…

と感じておられるのであれば、一度お二人で話し合って

プロポーズの日を企画してみましょう。

お部屋でも思い出の場所でも、いつものレストランでも居酒屋でも…

プロポーズする場所はどこでも良いのです。

 

「結婚しようね」という確認を、

本格的な結婚準備の前にしっかりとしておきたいですね。

 

交際が長続きしない理由(5)将来が見えない

2016年09月22日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

交際が長続きしない理由

5)将来が見えない

 

5回目は「将来が見えない」という大切なポイントについて考えてみましょう。

 

交際が順調であれば、自然と人生を共にしたい、と思うようになります。

結婚までの期間がとても短い方もおられますし、長年お付き合いを続けて結婚される方もおられます。

ご紹介や集まりでの出会いもあるかもしれません。

しかし、「結婚したい!」とあなたが思っていても、お相手から良い返事が無い場合。

あるいは、結婚の意思が感じられない場合。残念ながら、お二人は見ている方向が違っているのかもしれません。

これに気づいてしまうと、交際は長続きしないことがあります。

 

例えば、「結婚前提」のお付き合いを始めても、なかなかお相手からのプロポーズが無くて焦ってしまうことがあるかもしれません。

あなたから、それとなく話をしても、毎回はぐらかされてしまったとしたら…他の出会いを見つけたくなることもありますね。

そして、それは責められるべきことではありません。

この場合は、交際が長続きしないことは、あなたのせいではありません。

悩まなくても良いのです。恋愛や結婚には、3つの“~ing”が必要不可欠と言われています。

 

  • タイミング(timing)
  • フィーリング(feeling)
  • ハプニング(happening)

 

この3つです。

お相手の気持ちとあなたの気持ちが重ならないということは、フィーリング(気持ち)の部分でつまずいています。

あるいは結婚したいタイミング(時期)が合わないのかもしれません。

二人で過ごしていても刺激(ハプニング)が感じられないのかもしれません。

このような場合は、むしろ、交際を長引かせない方が良いこともあります。

将来を意識した交際や真剣なお付き合いを望む方は、見極めが大切なこともあるのです。

 

では,交際を長続きさせる秘訣はどこにあるのでしょう?

将来を意識できるような関係に深めていくためには、何か方法があるでしょうか?

 

「交際を充実させるための5つのヒント」は、メルマガにて公開しています。

恋愛から結婚へ、一歩踏み出したいあなたに、素敵なヒントをお届けいたします!

メルマガにも、ぜひご登録くださいね。

 

 

結婚準備で気を付けたいこと(3)彼が自分の実家に挨拶に来るとき

2016年06月20日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚準備で気を付けたいこと

(3)彼が自分の実家に挨拶に来るとき

3回目の今日は、「彼が自分の実家に挨拶に来るとき」について考えていきます。

 

彼はあなたが思う以上に緊張している場合があります。

以前からご実家に伺っている状況だったとしても、「娘さんと結婚させてください」という挨拶を親に向かってするのは、非常に緊張するものです。

前日は緊張で寝られなかった,というお話を聞いたこともあります。

人によってはプロポーズよりも緊張する、というお話も聞きます。

彼が緊張しすぎてしまわないように、あなたがしておける準備もありますので、少し確認しておきましょう。

まずは彼が来る前に…

事前の根回し=親への説明

○結婚への意思

この2点をしっかりさせておきましょう。

 

事前の根回し、とは自分の親への丁寧な説明です。

彼がどのような人物で、あなたがどれほど彼との結婚を望んでいるのかを丁寧に伝えておきましょう。

彼とどのようなタイミングで結婚する予定なのか、住む場所や仕事について、ある程度の説明をしておくことが含まれます。

 

細かなことは彼と決めていけば良いのですが、親としては、あなたの幸せを一番に考えて心配していますので、生活がきちんとできることや、結婚する時期などは、ある程度伝えておくと安心してもらえますね。

最後に大切なのは、結婚への意思、を再度確認しておくことです。

 

順調に話が進んでいく場合もありますし、思わぬことで結婚までの道のりが険しくなることもあります。

彼と本当に結婚したいのか、自分の気持ちを再確認しておくことで、色々とプラスの効果が出てきます。

自分の親とのやりとりを重ねて、彼が話しやすい雰囲気を作っておくことで、挨拶に来てもらうまでの環境を整えておくことができます。

結婚を反対されている段階では良い反応は得られませんので、あなたの力の見せ所でもあります。

 

もしも自分の親から結婚を反対されてしまったら…

 

その時は反対する理由を思いきって聞いてみましょう。

心配なだけなのかもしれませんし、何か他に気になることがあるのかもしれません。

 

どちらにしても、自分の親には自分から、結婚について丁寧にしっかりと話しておけると良いですね。

 

 

結婚を意識してもらうために、普段どのようなことができますか?

2016年04月15日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚を意識してもらうために、普段どのようなことができますか?

 

『プロポーズしてくれそうなのに、なかなか結婚の話が出ないので、不安になってしまいます。』

32歳の女性のご相談です。今日は、どうしたら、結婚を意識してもらえるのか?を考えてみたいと思います。

 

結婚のタイミングはとても難しいですよね。

これはある男性から聞いたお話です。

奥様と結婚したいと思った決め手は…「会話が楽しい」「話していると時間を忘れる」ということだったようです。

 

相手のことを好きな気持ち、大切にしたいと思う気持ちは、お付き合いをする上でも結婚する上でも、とても大切です。

しかし、お付き合いと結婚の間には大きな差があります。

 

結婚には多くの責任が伴います。お互いのこと、お互いの実家のこと。様々な関係性ができるのです。

何かの事情でお別れすることになれば、戸籍上の記録も残ります。

 

そのようなことも含めて、結婚そのものをとても重く考えている男性は意外と多いようです。

「相手の人生に責任を持たなくてはいけない」と考えるあまり、なかなか結婚に踏み出せないと言っていた方もいました。

 

結婚に伴う責任ばかりに目を向けてしまうと、なかなか前向きに考えられなくなるのかもしれませんね。不安ばかりが大きくなってしまうのかもしれません。

そんな彼のために、あなたができることはとてもシンプルです。

 

楽しく、笑顔で彼との時間を楽しむことです。

そして、一緒に過ごしてくれる彼に心からの感謝の気持ちを伝えることです。

 

「楽しい時間が一生続いたらいいな…」彼にこんな風に思ってもらうことが大切ですね。

相手を受け入れる気持ちを大切に、会話をすることで彼を癒してあげるようなイメージができると良いですね。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

女性からのプロポーズ(4)結婚に前向きでない方の場合

2016年04月14日

 婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

女性からのプロポーズ

(4)結婚に前向きでない方の場合

お相手が「結婚を望まない」方の場合には、あなたの思い切った勇気が必要になります。

「結婚に興味がない」「結婚する意味が分からない」といつも話しておられる彼の場合には、ストレートに聞いてみる方が良いのです。

まわりくどい言い方をしても結局はぐらかされてしまいますので、単刀直入に話し合いましょう。

「私と結婚したいと思ったことある?」

「私はあなたと結婚したいと思っているけど、あなたはどう?」

こんな風に切り出してみても良いかもしれません。

 

結婚への考え方について話し合いをすることで、今後のお付き合いの仕方が変わることもあります。

 

しかし、あなたが結婚したいと思う気持ちを抑え込む必要は全くありません。

そのためにも、ここは勇気を出して聞いてみましょう。

結婚は一人ではできません。

二人の気持ちが重なるときが、結婚の良いタイミングです。

ですから、結婚そのものに興味が無い彼とは、少し距離を置いてみるのも良いかもしれません。

 

あなたとの距離ができたことがきっかけとなって、結婚について真剣に考えるように変化するかもしれませんし、残念ですが、そのまま自然にご縁がなくなることもあります。

女性側が相手を説得して結婚した場合、その後が大変になるという意見もありましたのでご紹介しておきます。

 

これは結婚に乗り気でなかった男性を女性側が説得して結婚したカップルのお話しです。

そのご夫婦は喧嘩になる度に、ご主人がこのように言うそうです。

「俺は結婚したくなかった」「俺はいつ別れてもいい」

もちろん本音ではないでしょうし、少々極端な例でしたが、無理に相手を説得すると後々このような問題が出結婚に前向きでない彼と離れることで、新たな男性との素敵な出逢いがあるかもしれません

あなたの「結婚したい」という気持ちを大切に考えてくれる方との出逢いも視野にいれてみましょう。

 

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・

女性からのプロポーズ(3)「優柔不断+頑固」な性格の場合

2016年04月13日

 婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

女性からのプロポーズ

(3)「優柔不断+頑固」な性格の場合

今回は3つ目のパターンを取りあげてみます。

それは「優柔不断+頑固」な性格の方の場合です。

 

誰かに指示をされるのが嫌い、という頑固な一面もあわせ持った優柔不断な男性の場合には、話し方や接し方にも工夫が必要です。

 

あなたから結婚について積極的に言われたことで「自分の人生を誰かに決められていいのだろうか…」と考える方や、「上から言われた気がして嫌だな…」と思う方もおられることでしょう。

このタイプの方へのアプローチとしては、あなたの希望や想いをさりげなく伝える方法があります。

「結婚したら毎日笑いあって楽しいだろうね」「これから先もずっと一緒にいられたら心強いよね」

こんなイメージで会話に含めていけば、結婚した後のことも考えてお付き合いしていることを、自然な流れで伝えることができます。

 

それでも彼の反応が薄い場合は、周囲の助けも借りてみましょう。

「兄弟姉妹」を含めてお出かけしてみたり、親しい「友人」を誘って遊んだり、と色々な場面が考えられます。

これは少し裏ワザになってしまいますが、「本当に二人はお似合いだね」「結婚式には絶対呼んでね」というように、二人の結婚に繋がるフレーズを言ってくれるように、予め兄弟姉妹や友人に頼んでおくこともできます。

 

二人の関係について、他の人からプラスの評価をされたことが良い影響となり、「じゃあそろそろ結婚してもいいかな」と思う方もおられるのです。

色々な状況を活用しながら、お相手をうまくプロポーズへと誘導するような気持ちでいれば、心に余裕もできそうですね。

彼と結婚したいと思うあなたの気持ちはとても素敵なものです。ですが、頑張りすぎて彼を追いつめてしまわないように、それだけは注意してくださいね。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

女性からのプロポーズ(2)とても優柔不断な性格の場合

2016年04月12日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

女性からのプロポーズ

(2)とても優柔不断な性格の場合

 

今回は2つ目のパターンを取りあげてみます。

それは、お相手がとても「優柔不断」な性格の場合です。

優柔不断な男性は何事にも決めるまで時間がかかりますね。

それが結婚となると、人生の大きな決断を迫られることになりますので、いつも以上に迷ってしまうのです。

彼女が本当に自分と結婚したいと思っているのか分からない…

結婚している自分のイメージがわかない…

今のままでも十分楽しいし…

結婚の手続きが面倒くさい…

男性からのこんな悩みを聞いたこともありました。

このような優柔不断なタイプの方には、女性が積極的にリードする方が効果的な場合と、周りから攻める方が効果的な場合があります。

 

女性からリードされる方が落ち着く性格の男性の場合は、お相手の女性から「結婚しよう!」と言われるのを待っているのかもしれません。

「自分からプロポーズして断られたら困る」「自分から決めるのは怖い」という本音をお聞きしたこともありました。

このような場合であれば、あなたからのプロポーズが良いきっかけとなり、「じゃぁ、そうしようか」と自然に結婚を決められるのかもしれません。

経済的にまだ結婚できない、という具体的な悩みがある場合には、「一緒に働きながら生活していけば、結婚しても心配ないよね」と言うことで彼に安心してもらうことができますね。

これも間接的なプロポーズになります。

結婚を踏みとどまってしまう原因があるとしたら、それは一体何なのか。

彼の考えを聞いてみるのも良いでしょう。

決して責めずに、「不安な気持ちを話してくれてありがとう」と相手の気持ちを気遣うことを忘れないようにしましょう。

 

丁寧な話し合いを重ねることで、二人の将来を自然に思い描けるようになっていくかもしれません。

 

 

 ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから