ステキな出会い

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【男性編】

2017年02月07日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は恋愛が始まるチャンスや愛情が深まるきっかけを逃さないための「心がけ」についてご紹介していきます。男性編、女性編と交互にお送りした後で,まとめの1記事をお送りいたします。

遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?【男性編】

 

今回は「遠慮のしすぎはチャンスを遠ざける!?」というテーマで男性編をお送りします。

 

気になる人、好きな人、お付き合いしている人…

それぞれ状況は違うかもしれませんが、「ああすれば良かった…」「こうすれば良かった…」と思うことはありませんか?

  • 後少し勇気を出せば食事に誘えたのに…
  • あの時「好きです」と言えば前に進めたのに…
  • もう少しはっきり自分の気持ちを伝えれば良かった…

誰にでも失敗や後悔はありますよね。

後で振り返ってみると、もっとうまくやれた気がするのに…と思い出しては落ち込むこともあるかもしれません。

 

 

「相手を気遣う」ことや「空気を読み取る」ことは、人間関係においても恋愛においてもとても大切なことですが、実はもう一つ、忘れてはいけないことがあります。

それは「遠慮しすぎない」というポイントです。

出すべき時には勇気を出さなくてはいけません。

  • 彼氏がいるかもしれないし、迷惑に思われたら困るし…
  • 明日も忙しそうだし…今日は誘うのをやめておこう…
  • どうしても嫌なことだけど、彼女のためには受け入れなくては…

 

相手のことを考え過ぎたり、相手に嫌われたくないという気持ちが強すぎたりすると、後一歩を踏み出せないことはありませんか?ここに共通している気持ちは「遠慮」のしすぎです。

 

 

相手の気持ちや状況を考えずに自分の気持ちや要求だけを押し通そうとするのは、もちろんNG項目ですが、遠慮しすぎてしまうと、冒頭に挙げたように「ああすれば良かった。。。なんであの時あと一歩踏み込めなかったんだろう…」「なんでいつも俺ってこうなんだろう…」と後悔ばかりが増えてしまうかもしれません。

 

☆告白を迷っているときは、振られてしまう可能性、振られた後の関係性も考えておくこと。

☆デートの誘いを迷っているときは、断られた時のフォローや代替案を用意しておくこと。

☆交際中の彼女との将来を考えているときは、相手と自分の温度差は無いか見極めること。

☆彼女にお願いしたいこと(してほしいこと・やめてほしいこと)は、言葉を選びながらもはっきり伝えること。

色々な注意点はありますが、まずは勇気を出すことが大切です!遠慮しすぎているな…と思ったら少しだけ大胆になってみましょう!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(5)褒めるテクニックを磨く

2017年02月05日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(5)褒めるテクニックを磨く

 

5回目は「褒めるテクニック」について考えてみましょう。

 

 

誰でも、褒められて嫌な気持ちになることは無いですよね。

「すごい!」「頑張ってるね!」「偉いね!」「さすが!」

こんな風に褒められて嬉しかったときのことを思い出してみましょう。

 

褒めるテクニックは「モテる要素」とも大きく関係しています。

しかし、伝え方を間違えると、「本当にそう思ってる?」「お世辞なんじゃないかな?」と思われてしまうこともありますし、薄っぺらい印象を持たれてしまうこともあります。

 

また、異性に対しては特に気を付けなければいけないポイントがあります。

 

それは、外見のことを褒めすぎてしまう、という失敗です。異性に対して外見的な特徴を褒めすぎてしまうと「狙われている?」とか「ちょっとセクハラっぽい」「ジロジロ見ないでほしい」「こっちは興味ないから…」などと思われてしまうこともあります。

 

これでは、せっかく考えて褒め言葉を発しても逆効果になってしまいますね。

モテる「褒め方」を身に着けるためには訓練や覚悟が必要です。

細かなポイントは幾つかありますが、最も大切なのは、相手の受け取り方を考えて言葉やタイミングを選ぶことです。

そして予想と反して喜んでもらえなかったときには、フォローもしなくてはいけません。自分の言葉に責任を持つ覚悟も必要なのです。

○この表現や言い方は適切だろうか…?

○このタイミングで伝えても良いだろうか…?

このように考えてから、きちんと計画を練ることも最初のうちは必要です。

 

慣れてくれば自然に非常に良いタイミングで、尚且つ相手の負担にならないような表現で「褒める」ことができるようになります。

相手が少し戸惑った様子のときは、無理に褒めるのではなく様子を見るようにしましょう。

 

相手の様子をきちんと観察したり、相手の気持ちを考えることも「モテる要素」に繋がります。

 

心地よい褒め言葉を伝えられるようになるにつれて、会話術も次第に磨かれていくことでしょう。

コミュニケーション能力が向上すれば、人を楽しませる会話ができるようになります。

 

これまでにご紹介した5つのポイントを実践できれば、気づいたときには「モテる人」になっているかもしれません。

ぜひお試しくださいね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

2017年02月02日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(3)笑顔を心がけて内面も健康に!

3回目の今日は「内面」に目を向けていきたいと思います。

どんなに身なりを整えていても、表情が険しいとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことがあります。

きちんとした服を着て清潔で爽やかな見た目を意識していたとしても、表情への意識が抜けている人は意外と多いものなのです。

知り合いのある女性のお話をご紹介します。

その方はとても整ったお顔立ちをしていました。

お洒落にも気を遣っていましたし仕事も一生懸命していて努力家でした。

素晴らしい要素をたくさん持った優秀な方だったのですが、一つだけ困った癖がありました。

周りの人たちの悪い部分を見つけては悪口を言ってしまうのです。

そのような話をするときは常に眉間にシワを寄せて強めの語調でお話しされるので、彼女の周りの人たちは怖がっていました。

「○○さんは…喋らなければ本当に素敵な人なのに…」

こんな悲しい評価も聞こえてきていました。

なんだか勿体無いですよね。

 

外見的にはとても似たお二人がいたとします。

お一人はいつも不機嫌そうな顔、もう片方の方はいつも笑顔いっぱいの顔、だとしましょう。

 

あなたはどちらの方と仲良くなりたいと思うでしょうか?

 

答えは言うまでもありませんね。

 

明るい表情でいる方とお友達になりたい、と思うはずです。

笑顔でいれば自然と周りの人を癒すことができます。

笑顔は周りの人を引き寄せる力があるのです。

「どんな人なんだろう?」

「もっと知りたい!」

このように感じてもらうことは、モテるためには欠かせない最初のステップです。

 

あなたに興味を持ってもらうこと、そして近づきやすい雰囲気を作ること。

この2つが最初は必要です。

 

まずは何も意識せず鏡を見てみましょう。

どんな顔をしていましたか?

口角は下がっていましたか?

眉間にシワは寄っていませんか?

 

自分の顔を見て「あれ?こんな表情だったかな?」と思ったかもしれませんね。

忙しいときや疲れているときは、なかなか自分の表情まで意識できないこともあります。

 

しかし、自分の表情をチェックする習慣を身に着けておくと、怖い顔のままでいる時間を短くすることができます。

服装を整えるのと同じように、自分の表情も整えていきましょう!

 

笑顔を心がけるだけで、気持ちも自然と前向きになります。

健康的な食習慣や適度な運動をするのと同じくらい大切なのが「心を健康にしておくこと」なのです。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

モテる要素を身に着けましょう!(1)「自分中心」の考え方は卒業する

2017年01月29日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性・女性,両方に向けて「モテる要素を身につけましょう!」というテーマで5つのステップをご紹介していきます。「なぜあの人はモテるのだろう…?」こんな疑問を感じたことはありませんか?モテる人が自然に実践しているテクニックから学んでいけば,あなたも「モテ要素」を身に着けられることでしょう。

モテる要素を身に着けましょう!(1)「自分中心」の考え方は卒業する

 

今回は「モテる」要素を身に着けるための5つのステップをご紹介していきます。

1回目は「自分中心」の考え方は卒業する,というテーマでお送りします。

 

モテる人は、「気配り上手」でもあります。

 

気配り上手ということは、常に周りの様子をきちんと観察している、ということですね。

ここに「私が!」とか「俺が!」という自分中心の要素はありません。

自分中心ではなく、周りの様子を見ながら賢く行動することも「モテる」ポイントになることがあります。

 

周りの人が今どのような状況にあるかを観察するように意識してみましょう。

そうすると色々なことが見えてくるかもしれません。

 

 

○あの人、今日は何だか嬉しそう…いいことがあったのかな?

○あの人、今日はちょっと顔色悪いような気がする…体調悪いのかな?

○誰の担当にするか決まらないまま、しばらく放置されている仕事があるな…

○落し物かな?誰かのペンが落ちたままだな…落し物コーナーに移動しておこうかな?

○室内が寒い…そういえば鼻をすすっている人もいる…温度設定を変えようかな?

○両手が塞がっている人がいるから、ドアを押さえて通りやすくしてあげよう。

 

いかがでしょうか?

 

日常の些細なことでも、気づけることは沢山あります。

 

気付いたことをもとにして、自然に声かけをしたりフォローしたりできるようになるには時間が少しかかるかもしれませんが、自主トレを重ねていけば、気配りのできる「モテる」人に近づけるのです。

 

今回は男性にも女性にも当てはまりそうな例を挙げています。

 

この他にも、男性同士で気づくこと、女性同士だからこそ気づくこと、などもあるかもしれませんね。

ジロジロと観察するのではなく、自然に周りの様子を見て、色々なことに目を向けるようなイメージで挑戦してみてください。

むやみやたらに声かけをするのではなく、声をかける場合はタイミングを見て実践することも必要です。

少しでも相手が不快そうにしたときは「やりすぎたかな…」と反省し、次に活かすようにします。

まずは「気づき」を増やすことから始めてみるのはいかがでしょうか?

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

 

バレンタインで大切なのは…(1)プレゼントの中身よりも言葉

2017年01月20日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性と女性、両方に向けてお送りいたします。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインで大切なのは…(1)プレゼントの中身よりも言葉

 

今回は男性と女性、両方に向けてお送りいたします。

 

バレンタイン・デーが近づくと皆さんはどんな気持ちになりますか?

 

カップルであれば、バレンタイン・デーのデートをどうしようか、どんなプレゼントをしようか…と迷うかもしれません。

 

好きな人がいてもまだ自分の想いを伝えてられていない場合は、「どんな風に告白しようかな…いや…しないほうがいいかな…」とソワソワしている時期かもしれませんね。

 

あるいは、毎年恒例の職場での義理チョコの用意に疲れてしまっている人もおられるかもしれません。

 

バレンタイン・デーに「女性がチョコレート男性に渡して告白する」というのは、実は日本だけの習慣であることを少し前の男性向け記事の中でお伝えいたしました。バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

 

古くからの歴史があるこのお祭りですが、欧米ではカードを贈りあう大切なイベントになっています。

もちろんお菓子と一緒にカードを渡される方も多いのですが、一番大切なのは「愛」や「感謝」を大切な人に伝える行動そのものなのです。

バレンタイン・デーで「何」をあげるか、ということよりも「どんな気持ち」を相手に伝えるか、ということが大切にされているのですね。

 

日本ではチョコレートをあげることだけに意識が集中しているかもしれません。

 

しかし、そこで敢えて(義理チョコであったとしても…)、あなたらしい「丁寧さ」や「気遣い・気配り」を加えることができれば、周りの人にも一歩差をつけられます。

 

小さなカードや付箋に「いつもありがとうございます」「いつもお疲れ様です」などの一言を添えることができれば、それは渡す側にとっても、受け取る側にとっても嬉しいプレゼントになることでしょう。

 

このようなちょっとした気遣いは、あなたの魅力もアップさせてくれます。

「気遣いができる人だな」「素敵だな」と思ってもらえるチャンスなのです。

 

どんな贈り物でも、そこに好意があっても無くても、渡すからには心を込めてお渡しする方が良いですよね。

そして受け取る側としても「どうせ安い義理チョコだよね…」「義理チョコでも嬉しいよ…」などと皮肉は言わないように気を付けたいものですね。

 

何かをいただいたら「ありがとう!」と爽やかに御礼を言えるとスマートです。

 

「お返しが面倒くさい…」と思うよりも、あなたのことを気にかけて準備してくれたことに感謝しましょう。

そうすることでだんだんとポジティブな考え方が身についていきますよ。

 

大切なのは、「プレゼントの中身よりも言葉」です。

贈り物は品物だけとは限りません。

 

優しい気持ちが込められたものであれば、それは世界でたった一つの素敵なプレゼントになるのです。

 

「贈り方」にも「受け取り方」にも意識を向けていきたいですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

2017年01月18日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

来月はいよいよ「バレンタイン・デー」がやってきますね!

 

〇気になる「あの人」に渡したい…

〇同僚や上司に義理チョコを用意しなきゃ…

〇恋人には何をあげようかな…

 

色々と悩みが増える時期でもありますよね。

 

今回は「手作りに縛られない」という副題をつけています。

 

「本命には手作り」というイメージが定着しているせいでしょうか…

 

この時期になると突然お菓子作りの本を買い込んだり、色々な材料を買って練習を始めたり、お菓子作りが趣味の友達に教えてもらったり…色々と焦ってしまうことはありませんか?

 

今回は「バレンタイン・デー」をもっと楽しめるように、発想を変えるアドバイスをさせていただきます。

こんなことを聞くとショックを受ける方もおられるかもしれませんが、「手作りのお菓子」に対する苦手意識を持つ男性も実は少なくないようです。

年代が少し上になるにつれて、徐々に次のような意見も出てきています。

  • どのような場所で作られたものか分からない…
  • 何が入っているか分からないので苦手…
  • あまり親しくない人から手作りをもらったら怖い…
  • とりあえず受け取るけど、処分してしまうかも…
  • 手作りのものはお返しを考えるのが大変かも

もちろん「わぁ~手作りなの?ありがとう!」と喜んでくださる方も多いことでしょう。

 

しかし一方で、ご紹介したような手作りへのマイナスイメージを持っている方がいることを忘れないようにしたいものです。

手作りのお菓子を渡したいと思われる方は、安心して食べられると思ってもらえるような仕上がりかどうか、見た目やラッピングなども美しくできているか、などといった「受け取る側」の「感じ方」まで意識できると良いかもしれませんね。

 

そして手作りが苦手な方は、「無理に作らなくても大丈夫!」と手作りへの負担から自分を解放してみましょう。

 

イメージに縛られずに、お店で良く吟味しながら「これをプレゼントしたい!」と強く惹かれたものを用意できれば、それで十分です。

 

あなたの真剣な気持ちはきっと伝わります。「誰に」「どのようなものを」「どのような意味で」お渡しするか。

しっかり計画していきたいですね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

冬の寒さをデートに活かす方法【男性編】(2)さりげない気遣い

2017年01月12日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

冬の寒さをデートに活かす方法【男性編】(2)さりげない気遣い

 

前回は「暖かなデートスポット」をご紹介しましたが、今回はデートの場所ではなくデート中に振る舞い方について取り上げていきたいと思います。

 

デート中のさりげない「気遣い」は、女性にとってはとても印象深く心に残る大切なものです。

デートの内容そのものよりも、あなたの言動が注目されていることも多い、ということを忘れないようにしましょう。

場面に応じた適切で温かな気遣いを示すことができれば、あなたの良い部分を彼女にたくさん知ってもらうことができます。

 

 

「気遣いできる男...」の画像検索結果

 

では、女性は男性のどのような言動に注目しているのでしょうか。

 

普段の行動と照らし合わせながら、ぜひ考えてみてください。

 

まず、一番大切なのは「体調」への気遣いです。

 

冬場は風邪を引きやすい季節でもありますので、彼女が寒そうにしていたら、「寒くない?お店の中に入ろうか?」と声をかけるのも良いですし、外でのデートで身体が冷えてしまったように見えた時には「ちょっと寒いよね。

 

温かい飲み物でも買おうか?」と伝えたりできると、「気遣いのできる男性」と思ってもらえそうですね。

 

自分の様子を細かく確認してくれている、と感じますと、そこから愛情を感じられるとお話しされる女性も多いのです。

相手への注目や気遣いは、男女問わず大切な視点と言えますね!

 

次に大切なのは、「歩き方」です。

 

意外と意識されていない方も多いのですが、一般的には男性の方が女性よりも歩幅が広いですし、歩く速度も速いと言えるでしょう。

 

お相手とあなたの身長差にもよりますが、いつもより少しゆっくり歩くイメージでいると、歩調を合わせやすいかもしれません。

 

また、デートということで、彼女が気合いを入れて可愛いお洒落な靴を履いて来てくれることもあるかもしれません。

 

かかとが高い靴(ヒールの靴)の場合もあるかもしれませんし、革素材などの固めの靴を履いている場合もあるかもしれません。

 

お洒落で可愛い靴ほど、実は歩きにくいという難点もあります。。。

 

女性同士でお買い物をしているときは、「足が痛いからちょっと休んでいい?」と気軽に言いやすいのですが、デート中は足が痛くなっても「この靴を選んでしまった自分が悪いから…」と我慢してしまう女性が意外と多いようですので、彼女の歩く様子に気を配りながら、「足疲れたよね?ちょっと休もうか」と声をかけることもできますし、「疲れたらいつでも言ってね!」と言っておくのも良いですね。

 

お互いに心地よく楽しくデートを楽しむために一番大切なのは「相手への思いやり」です。

 

次回のデートから早速意識してみてくださいね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・

結婚生活を楽しくする合言葉①愛情表現を忘れずに

2016年11月21日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚生活を楽しくする合言葉

①愛情表現を忘れずに

 

今回は「結婚生活を楽しくする合言葉」をシリーズでご紹介していきます。

毎日ふとしたときに思い出すことで、落ち込む気持ちを外に追い出すことができますよ。

 

1回目の今日は、「愛情表現を忘れずに」というものです。

方法はたくさんありますが、お相手に対して感じている愛情を日頃から積極的に表現することで、

「愛されているな~」と実感してもらうことができるのです。

 

「愛されている」という気持ちは安心感に繋がります。

一方で、相手からの愛情が感じられなくなると、愛情を感じられる別のモノや場所を

探してしまう方もおられます。

 

誰でもパートナーからの深い愛情を実感したいですよね。

 

愛情への気づきを5段階で示してみます。

5:愛されている

4:愛されている気がする

3:よく分からない

2:愛されている気がしない

1:嫌われている

 

上から順にだんだんと愛情を感じられなくなっていくのが分かりますね。

最後は「1」としましたが、この段階では愛情のポイントはおそらくマイナスに

なっていることでしょう。

 

 

毎日の生活の中でもしも「相手の気持ちが分からない」「愛されている気がしない」

「嫌われている」と感じてしまったら、自分に自信が持てなくなってしまいますね。

 

相手から「好き」を言われるのを待たずに、

自分から積極的に「好き」「大好き」「愛してる」

と愛情溢れる言葉を発することが大切です。

 

最初は恥ずかしくても、口に出すうちにそれが自然になります。

最初は恥ずかしくても、伝える頻度が増えていけば毎日の挨拶と

同じように言えるようになります。

日本人はついつい「言わなくても分かる」と空気を読もうとしてしまいますが、

結婚生活における愛情表現はきちんと口にだし、行動で示していきましょう!

毎日このような気持ちでいるだけでも、気持ちのすれ違いは格段に減っていきます。

ぜひお試しくださいね!

 

次回は、気持ちを楽にする2つ目の合言葉をご紹介いたします!

結婚前の不安はありますか?(4)結婚式のことで揉めてしまう…

2016年10月22日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

4)結婚式のことで揉めてしまう…

 

4回目のテーマは「結婚式」です。

結婚式となると、両家の希望がぶつかることがあります。

また、ご本人同士の考え方の違いから喧嘩が増えてしまうことも

あるかもしれません。

 

全く問題なくスムーズに進むこともありますが、

ほとんどの場合は、費用から始まり式場の場所や招待客のことなど、

様々な場面で両家の希望やご本人同士の希望がぶつかるものなのです。

 

友人を招待する際も、どの程度の友人まで招待するのか。

幼馴染や昔からの親友だけに絞るのか、学生時代の友人も含めるのか。

職場の関係者はどの程度招待するのか。

そして、双方の親戚をどこまで招待するのか、などなど。

地域によっては、親族ではない地元のお付き合いのある方を

招待する風習が残っていることもあります。

引き出物も、伝統的な決まり事がある場合もありますし、

書き出すとキリが無いほど、色々なことを決めなくてはいけません。

招待客が決まった後も、招待状の文面、席順や演出の仕方、

新郎新婦の衣装の決定、音楽選び、など、

さらなる多くの決め事が待っています。

 

「親族のみ」を中心とした落ち着いた式にしたいのか、

「盛大に」豪華な式にしたいのか、最初の段階から双方の家族の

意見がまとまらないこともあります。

 

式を挙げなくてもいい、と考える親御さんもおられますし、

本人同士が入籍だけで良いと考える場合もあります。

 

このような時、なるべく気まずい思いをせずに前向きに

準備を進めるためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

これには、あなたにもお相手にも努力が求められますが、

一番良い方法は「妥協点」を見つけることです。

妥協点を見つけることは諦めではありません。

 

結婚式は家同士のお披露目という意味合いが非常に強いので、

両家の希望をうまく着地させ両家の間にしこりを残さないように

することが重要です。

 

子供同士の結婚を機に、新たな関係ができるわけですから、

最初はお互いの家の考え方が合わなくて当然ですよね。

 

これから結婚をするお二人にできることは、

両家が気まずくならないように

「調整役」として賢く行動することです。

 

相手の親御さんへの不満を自分の親に伝えたり、

これから人生を共にするパートナーに感情をぶつけたりしてしまうと、

状況はより深刻になりますのでご注意くださいね。

 

自分の希望だけを押し通すのではなく、お互いの考え方、

お互いの親の希望なども考慮しながら、

みんなで笑顔になれる方法を見つけられると良いでしょう。

 

結婚前の不安はありますか?(3)結婚した友人が幸せそうではない…②

2016年10月21日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

3)結婚した友人が幸せそうではない…

 

今回は「結婚」そのものが難しい問題なのか?

というポイントについてお話いたします。

 

大好きな人との結婚への気持ちが後ろ向きになって

しまうこともありますが、

実は「結婚」そのものが難しい問題ではないということです。

 

多くの方々は、自分とパートナーとの関係を見つめ直すことで、

大変な結婚生活から幸せな結婚生活へと、毎日の意識を変えて

いけることに気づけない場合が多いのです。

自分とパートナーとの関係を見つめ直すことで、

大変な結婚生活から幸せな結婚生活へと、

毎日の意識を変えていけることに気づけない場合が多いのです。

 

何か自分の方が先に経験していることがある場合、

人間は自分の経験を元にして他の誰かにアドバイスを

したくなるものです。

 

そのため、あなたがこれから結婚するというタイミングと、

自分の結婚生活がうまくいっていないタイミング、

あるいは交際が順調でないタイミングなどが重なってしまうと、

「その結婚、よく考えた?」「

本当にその人に決めて大丈夫?」

とつい言ってしまうのです。

 

反対に、幸せな結婚生活を送っている方はどうでしょうか?

 

「結婚決まったの!おめでとう!!お祝いしなくちゃね」とか、

「良かったね!!結婚ってすごくいいよ!」

と言うのではないでしょうか。

 

楽しく結婚生活を送ることができている場合、

または結婚に向けて順調に交際が進んでいる方の場合は、

自分以外の人の幸せも喜べる余裕があります。

 

辛そうな友人の姿を見てとまどってしまったあなたにできることは、

できるだけ幸せな結婚生活を送っている友人との時間をより多く持つことです。

 

結婚前の様々な不安や悩みは、幸せな結婚生活を送っている友人(や先輩)に話を聞いてもらった方が

確実な解決策が見つかります。

 

近くにそのような方が思い浮かばない場合には、プロフェッショナルの方々に悩みを聞いてもらうと

良いかもしれませんね。

 

 

  • ご予約はこちらから