女性編

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】(3)義理チョコの御礼なのに…勘違い?

2017年02月26日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーを迎える前の心構え【女性編】

(3)義理チョコの御礼なのに…勘違い?

今回は「義理チョコへの御礼なのに…勘違い?」というタイトルでお送りします。

●お付き合いで仕方なく、あまり好きでない人にも用意した…

●特に好意があるわけではなく、周りに合わせてプレゼントを用意した…

こんな経験がある方もいらっしゃるでしょうか?

●みんなが用意しているのに自分だけ用意しないのはおかしいし…

●一人にだけ渡さないのもおかしいし…

悩むこともあるかもしれませんね。

最近では「義理チョコを渡す」という習慣自体が無くなりつつあるそうです。

しかしそれでも、あなたがおかれている環境によっては「バレンタインデーは女性から男性にお菓子をプレゼントする日」「ホワイトデーはそのお返しの日」と昔から続いている習慣があるかもしれませんよね。

 

 

さて、問題になるのはここからです。

あなたが渡したものは、誰が見ても明らかに「義理チョコ」と分かるものだったのに、なぜか、渡したお相手からはすごく気合の入ったお返しをいただいてしまったり、いきなり好意を向けられて食事に誘われたり…色々とまどってしまうことがあるかもしれません。

 

しかし、たとえそうであっても、いただいたときに明らかに嫌そうな顔で「え?義理チョコだったんですけど?」と迷惑そうに接することは控えた方が良いですね。

お返しをしてくれる方だけでなく周りの方々も、あなたの態度を見ているからです。

相手に全く好意が無いのであれば、気を持たせるような発言はしないように気を付けつつも、「わー!びっくりしました。

義理チョコのお返しなのに、こんなに高級なものをいただいてしまい返って申し訳ないです。

みんなでありがたくいただきます!お気遣いありがとうございます。」というように、やんわりと「義理チョコでした」「ありがたくいただきます」というメッセージを伝えることもできます。

 

お食事に誘われてしまったのであれば、「○○さんと○○さんも一緒でいいですか?」と、「2人では行きたくない」という空気を出すこともできます。

 

今後「義理チョコ」としてお渡しするときには、誰に対しても「日頃お世話になっている御礼です。みんなで選びました。」など、義理チョコと明らかに分かるメッセージを伝えておくことで、このような勘違いを避けることができます。

女性に対する免疫があまりない方、大変ポジティブな考え方をする方、などなど。

あなたの周りには様々なタイプの男性がいることでしょう。

 

自分の意思はきちんと表明しつつ、嫌な態度で返さないことは、義理チョコのお返しで戸惑った時のスマートな大人の対応です。

 

 

楽しいイベントはこちら

バレンタインで大切なのは…(2)相手の気持ちを考えること

2017年01月23日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインで大切なのは…(2)相手の気持ちを考えること

 

今回は「相手の気持ちを考える」という視点から、「渡す側」、「受け取る側」の両方に必要な心がけについてまとめていきたいと思います。

 

まずは「渡す側」について考えてみましょう。

 

 

あなたがプレゼントを渡す理由は何でしょうか?

お返しを期待してお渡ししますか?

それとも、日頃の感謝や想いを伝えるために、心を込めた贈り物をしますか?

 

大切なことは、あなたの贈り物を受け取る方が

  • 負担に感じないこと
  • 不快に感じないこと

なのです。

喜んでもらうことやお返しをいただくこと、というのは渡す側が期待してはいけないことでもあります。

せっかくのプレゼントなのだから喜んで欲しい…と思うのはとても自然なことです。

 

 

しかし、プレゼントを渡した時点で、あなたの「渡したい」という目的は達成されていることを忘れないようにしましょう。

誰かに好意を伝えるときも、これと同じことが言えます。

 

お相手も同じようにあなたに好意を持ってくれたら嬉しいですが、想いを伝えた時は「伝える」というあなたの目的が既に達成された、と割り切ることが必要です。

 

このように意識するだけで、相手の反応で一喜一憂したり、それを見てあなたのお顔が曇ったりすることを防げます。

 

相手からの反応までは要求しない、相手の感じ方は相手に委ねる、と心がけてみましょう。

 

 

つぎは「受け取る側」についても考えていきたいと思います。

前回の記事でも触れましたが、プレゼントをもらったときは「ありがとう」ときちんと御礼を言うようにしたいですね。

 

自分が興味を持っていなかった人から本命チョコをいただいたり、好意を持っていた人から義理チョコをいただいたり…と色々な予想外のことも起こるのがバレンタイン・デーです。

 

しかし、どのような場合であっても、あなたのために用意してくれた贈り物には素直に感謝を伝えましょう。

 

「バレンタイン・デーに特に予定もないし、何かをあげたい人もいない…」

「誰からももらえずに、当日は落ち込んでしまうかもしれない…」

 

こんなお悩みがある方は、ご自分のために美味しい食べ物や素敵なプレゼントを買うのはいかがでしょうか?

悩むよりも、行動することで気持ちが紛れることもありますよ。

 

これは余談ですが、バレンタイン・デーが終わると、それまで高価だったお菓子も一気にセール価格に変わります。(気になるお菓子を味見する最高のチャンスかもしれませんね!)

 

一番大切なのはあなたが笑顔でいられることです。

 

普段から楽しい気持ちで過ごせれば、幸せを見つけるセンサーも敏感になりますよ!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインで大切なのは…(1)プレゼントの中身よりも言葉

2017年01月20日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性と女性、両方に向けてお送りいたします。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインで大切なのは…(1)プレゼントの中身よりも言葉

 

今回は男性と女性、両方に向けてお送りいたします。

 

バレンタイン・デーが近づくと皆さんはどんな気持ちになりますか?

 

カップルであれば、バレンタイン・デーのデートをどうしようか、どんなプレゼントをしようか…と迷うかもしれません。

 

好きな人がいてもまだ自分の想いを伝えてられていない場合は、「どんな風に告白しようかな…いや…しないほうがいいかな…」とソワソワしている時期かもしれませんね。

 

あるいは、毎年恒例の職場での義理チョコの用意に疲れてしまっている人もおられるかもしれません。

 

バレンタイン・デーに「女性がチョコレート男性に渡して告白する」というのは、実は日本だけの習慣であることを少し前の男性向け記事の中でお伝えいたしました。バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

 

古くからの歴史があるこのお祭りですが、欧米ではカードを贈りあう大切なイベントになっています。

もちろんお菓子と一緒にカードを渡される方も多いのですが、一番大切なのは「愛」や「感謝」を大切な人に伝える行動そのものなのです。

バレンタイン・デーで「何」をあげるか、ということよりも「どんな気持ち」を相手に伝えるか、ということが大切にされているのですね。

 

日本ではチョコレートをあげることだけに意識が集中しているかもしれません。

 

しかし、そこで敢えて(義理チョコであったとしても…)、あなたらしい「丁寧さ」や「気遣い・気配り」を加えることができれば、周りの人にも一歩差をつけられます。

 

小さなカードや付箋に「いつもありがとうございます」「いつもお疲れ様です」などの一言を添えることができれば、それは渡す側にとっても、受け取る側にとっても嬉しいプレゼントになることでしょう。

 

このようなちょっとした気遣いは、あなたの魅力もアップさせてくれます。

「気遣いができる人だな」「素敵だな」と思ってもらえるチャンスなのです。

 

どんな贈り物でも、そこに好意があっても無くても、渡すからには心を込めてお渡しする方が良いですよね。

そして受け取る側としても「どうせ安い義理チョコだよね…」「義理チョコでも嬉しいよ…」などと皮肉は言わないように気を付けたいものですね。

 

何かをいただいたら「ありがとう!」と爽やかに御礼を言えるとスマートです。

 

「お返しが面倒くさい…」と思うよりも、あなたのことを気にかけて準備してくれたことに感謝しましょう。

そうすることでだんだんとポジティブな考え方が身についていきますよ。

 

大切なのは、「プレゼントの中身よりも言葉」です。

贈り物は品物だけとは限りません。

 

優しい気持ちが込められたものであれば、それは世界でたった一つの素敵なプレゼントになるのです。

 

「贈り方」にも「受け取り方」にも意識を向けていきたいですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

2017年01月18日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

来月はいよいよ「バレンタイン・デー」がやってきますね!

 

〇気になる「あの人」に渡したい…

〇同僚や上司に義理チョコを用意しなきゃ…

〇恋人には何をあげようかな…

 

色々と悩みが増える時期でもありますよね。

 

今回は「手作りに縛られない」という副題をつけています。

 

「本命には手作り」というイメージが定着しているせいでしょうか…

 

この時期になると突然お菓子作りの本を買い込んだり、色々な材料を買って練習を始めたり、お菓子作りが趣味の友達に教えてもらったり…色々と焦ってしまうことはありませんか?

 

今回は「バレンタイン・デー」をもっと楽しめるように、発想を変えるアドバイスをさせていただきます。

こんなことを聞くとショックを受ける方もおられるかもしれませんが、「手作りのお菓子」に対する苦手意識を持つ男性も実は少なくないようです。

年代が少し上になるにつれて、徐々に次のような意見も出てきています。

  • どのような場所で作られたものか分からない…
  • 何が入っているか分からないので苦手…
  • あまり親しくない人から手作りをもらったら怖い…
  • とりあえず受け取るけど、処分してしまうかも…
  • 手作りのものはお返しを考えるのが大変かも

もちろん「わぁ~手作りなの?ありがとう!」と喜んでくださる方も多いことでしょう。

 

しかし一方で、ご紹介したような手作りへのマイナスイメージを持っている方がいることを忘れないようにしたいものです。

手作りのお菓子を渡したいと思われる方は、安心して食べられると思ってもらえるような仕上がりかどうか、見た目やラッピングなども美しくできているか、などといった「受け取る側」の「感じ方」まで意識できると良いかもしれませんね。

 

そして手作りが苦手な方は、「無理に作らなくても大丈夫!」と手作りへの負担から自分を解放してみましょう。

 

イメージに縛られずに、お店で良く吟味しながら「これをプレゼントしたい!」と強く惹かれたものを用意できれば、それで十分です。

 

あなたの真剣な気持ちはきっと伝わります。「誰に」「どのようなものを」「どのような意味で」お渡しするか。

しっかり計画していきたいですね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

2017年01月17日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインの計画は立てていますか?【男性編】女性から…は実は日本だけ

お正月が終わるとまもなくやってくるのが「バレンタイン・デー」…

学生の頃は「チョコもらえるかな…」とドキドキしたかもしれませんね。

 

家族からもらったチョコもカウントに入れながら、「今年は〇〇個もらった!」というように、もらえた個数をお友達と競ったこともあったでしょうか。

 

今回は「女性から…は実は日本だけ」という副題をつけてみました。

 

一般的な感覚では、女子から男子へ想いを伝えるチョコの日、という感じかもしれませんが、バレンタイン・デーは正しくは「Saint Valentine’s Day」、つまり「聖バレンタインの日」となります。

 

始まりは西暦3世紀のローマまで遡ります。詳しくはここでは触れませんが、古く長い歴史と様々なお祭りが混ざったものが現在の「バレンタイン・デー」なのです。

 

女性から男性にチョコレートを贈る、というのも実は日本独自の習慣なので、欧米では女性から男性という方向に限らず、家族や友人、恋人同士で様々な贈り物をし合う日になっています。

 

日頃の感謝や愛情を伝えあうイベントになっているようですね。

 

今気になる女性がいる方は、この時期を利用して「好意」を伝えてみるのも良いかもしれません。

 

「バレンタイン・デーだから」と理由をつけてお手紙やカード、ちょっとしたプレゼントなどを渡しやすいかもしれません。

 

お相手の方に驚かれてしまったとしても「今年はちょっと海外風にしてみました!」と言っておけば、逃げ道も確保できますね。

 

 

また、既にお相手がいる方も、自分から彼女にプレゼントすると、ちょっとしたサプライズができます。

いつもは照れくさくて書かないようなお手紙やカードを渡すことで、お互いの気持ちを深めることもできるかもしれませんね。

 

日本独自の習慣にとらわれず、たまには欧米風のバレンタイン・デーを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

「もらえる」「もらえない」ではなく、「伝える」「感謝する」という気持ちを持つと、大人の新しいバレンタイン・デーの楽しみ方になるかもしれません。

 

勇気が出てきた方は、男性から発信する「バレンタイン・デー」にもぜひ挑戦してみてくださいね。

 

新たなトレンドになるかもしれませんよ。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

おうちデートで失敗しない秘訣【女性編】(2)手料理を振る舞うときの注意点

2017年01月16日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

おうちデートで失敗しない秘訣【女性編】(2)手料理を振る舞うときの注意点

今回は「手料理」というテーマに絞ってご紹介したいと思います。

 

ここでまず、質問させていただきます。

「あなたはお料理が得意ですか?それとも苦手ですか?」

 

得意だったら良い、苦手だったらダメ、ということではないのが「手料理」を振る舞うときの注意点です。

 

「え?得意なのに?」「苦手でもよいの?」こんな声が聞こえてきそうですね。

それぞれ分けてご説明していきます。

 

まず「得意」と答えた方に向けた注意点です。

お料理が得意な方はついつい沢山作りすぎてしまう、ということがあります。

また、普通とは少し違うスパイスを使ってみたり、何時間もかけてとっておきの料理を準備したりするかもしれません。

そんな時、あなたが期待したような反応が彼から返って来ないと、突然気まずい空気が流れたり喧嘩になってしまったり…ということも起こり得ます。

 

せっかく準備したのに…これでは悲しいですよね。

 

あなたが悪いのでしょうか?

それとも彼が悪いでしょうか?

 

答えは、「どちらも悪くない」です。

 

「自分の作りたいものを作る」というのと「誰かに喜んでもらう料理を作る」というのは、全く別のプロセスです。

「料理を作って彼に喜んでもらいたい」と思うのであれば、「何でも作るから、食べたいもの教えてね」と、彼の希望を聞いておくことができます。

 

希望に沿ったメニューを出せば、きっと喜んで食べてくれることでしょう。

 

彼の笑顔があなたにとってご馳走になりますね!

 

 

では、お料理が「苦手」と答えた方は、どんなことに注意すると良いでしょうか?

 

答えはとっても簡単です。

 

「実はお料理が少し苦手なの…」と正直に伝えてしまいましょう。

「カレーなら作れると思うんだけど…食べてみてくれる?」

「サラダは用意して、ピザは注文しようと思ってるの」

 

こんな風に、「できる・できない」をしっかり伝えることがポイントです。

 

「お料理はまだ練習中だけど、少しずつ頑張るね!」と付け加えておけば、あなたの「ヤル気」も伝えられます。

誰かに代わりに用意してもらったり、買ってきたものを自分が作った、と言ってしまったり…見栄を張るよりは、正直に「苦手」を伝えた方が良いですね。

 

お相手の方がお料理上手の場合には、「じゃあ一緒に作ろうよ!」と言ってくれるかもしれません。

 

おうちデートで失敗しがちな「手料理」についてご紹介いたしました。

皆様の今後の参考にしていただければ幸いです。

大好きな彼と楽しい時間を過ごせますように。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

おうちデートで失敗しない秘訣【女性編】(1)一番大切なのは清潔感や丁寧さ

2017年01月15日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

おうちデートで失敗しない秘訣【女性編】(1)一番大切なのは清潔感や丁寧さ

 

寒い季節はお出かけするのも少し面倒に感じることはありませんか?

 

そんな時は暖かいお部屋の中で室内デートを計画してみるのも良いかもしれませんね。

 

今回は「おうちデート」で失敗しないための2つの秘訣をご紹介していきます。

まず1回目は「清潔感」や「丁寧さ」という点について考えてみましょう。

 

自分だけで生活しているときは、多少片づけをしなくても、少し掃除をさぼっても、それほど気にならないかもしれません。

 

しかし、誰かお客様が来るときや、お友達や交際相手が来るときは、一生懸命に家の中を整えようとするのではないでしょうか。

 

掃除をしたり洗濯物をきちんと閉まっておいたり…というように目に付くところを片づけておくことは基本中の基本ですが、意外と忘れてしまいがちな重要ポイントとして、部屋の中のニオイを挙げることができます。

 

綺麗にしている家であっても、他人の家には独特のニオイを感じる人が多い、と言われています。

 

「それなら芳香剤を!」とか「お香やアロマオイルを焚いておこう!」と考えてしまう方も多いのですが、ニオイをニオイで消そうとするのは逆効果です。

 

それよりも、きちんと換気をして、一度部屋全体にさわやかな空気を入れておく方法がオススメです。

 

どうしても何か香りを部屋につけたい…と思われる場合は「せっけん系」の香りを意識して選ぶと良いようですよ。

洗濯物の香りを嫌だと感じる方は少ないので、「せっけん」や「洗剤」の香りを選ぶと失敗しないかもしれませんね。

「清潔感」を感じてもらえるようなお部屋にしておきたいですね。

 

そして、もう一つの「丁寧さ」についてですが、これは家の中でのちょっとした振る舞いに表れることがあります。

 

例えば、いつも足を使って物を動かすクセや、ドアを勢いよく閉めるクセはありませんか?自分ひとりだと誰にも見られることはありませんが、いつもやっているクセは思わぬときに出てしまうことがあります。

 

ある男性は、家に来た彼女がドアを勢いよく閉めることがどうしても我慢できなかった…と話しておられました。

 

ほんの少しでも「丁寧に…」と普段から心がけておくことで、良くないクセも徐々に減らしていくことができます。

 

将来的に一緒に暮らすことになっても、お相手をがっかりさせてしまう心配を減らせますね。

 

今回は「おうちデートで失敗しない秘訣」として「清潔感」と「丁寧さ」の2つをご紹介いたしました。

 

次は「手料理」の注意点をご紹介していきます。

ぜひお読みくださいね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

素敵な夜はすてきな笑顔で♪

2016年02月16日

バレンタインデーの日曜日、鉄板焼きのお店に行ってきました。

バレンタインデーとあってカップルでいっぱいです。

 

 

三人のシェフを囲むように、カウンターテーブルに座ると、

すぐに40歳位のカップルが店内に入ってきました。

 

男性は、女性の上着を預かり、

すぐに女性の椅子をひいてエスコート・・・・

久々に見る光景に「何かすごい!」と感じ、

それから視線は、最後までカップに!

 

「何かすごい!」と感じても、

私はそんなことを望んでいるわけではありません。

そんな事やってもらった事がない私は、

ただ、ただ、

「何かすごい!」と感じてしまったのです。

 

男性は、とても手慣れたように、

そして、女性は、そうしてもらうことが当たり前のようでした。

やっぱり、「何かすごい!」

 

間もなくして、ドリンクが運ばれ、ワインを手にしたお二人・・・

 

 

さぞかし満面の笑みかと思いましたが、

男性の話しかけに、

うなずくこともなく笑顔もない、無表情の女性でした。

 

目の前では、シェフが炎のクッキングパフォーマンスを!

黒毛和牛に、伊勢海老、あわび・・

単純な私は、このお料理だけでも、

店内を走り出したいくらい嬉しくてうれしくて、

とても幸せな気分になりました。

 

 

でも、お二人の時間は、笑顔も会話もなく

静かに過ぎていったように感じました。

 

そうして、二時間ほど静かに時間は流れましたが、

笑顔のないお二人の会話は、

たった二度ほどだったように思いました。

 

笑顔も会話もない女性に、何か寂しさを感じてしまいました。

 

これでは素敵な洋服も贅沢なお料理も台無しです。

こんなにすてきなお店で、

素敵な時間には、やっぱり笑顔がお似合いです。

 

 

笑顔って、本当に楽しそうだし、

見ている人さえも幸せにしてくれます。

大好きな人と一緒にいても、

そして、高価なお料理をいただいても無表情では寂しいです。

 

贅沢なお料理でなくても、

心から感じる笑顔なら、本当に幸せになれます。

 

ふと、女性会員さんのことを思い出しました。

大きな目がとてもかわいい女性ですが、

交際に入っても、幾度となくお断りさせてしまいます。

やはり、それにはそれなりの理由があるのです。

 

次回は、「かわいくてもお断りされる理由」をお話ししたいと思います。

せっかくの幸せが逃げ出してしまわないように、

 

私は笑顔でいよう!!

 

そう思えた一日でした。

「笑う角には福来たる!」これは本当ですね。

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから