幸せな恋愛

タラレバしていませんか?(5)脱タラレバで笑顔を取り戻す

2017年04月24日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(5)脱タラレバで笑顔を取り戻す

 

前回までに4つのタラレバをご紹介してきました。
今回は「脱タラレバ」で笑顔を取り戻す方法をまとめていきます。

「~だったら…」、「~してれば…」この後に続く言葉は、「…なのに…(現実とは違う)」ですよね。

「タラレバ」とは、現実と違う部分に目を向けることです。
その結果、現状に満足できないのは…
●理想と違ってしまったせいなのだ…
●そもそもが違ったのだから、こうなっても仕方がない…と、自分を納得させてしまうのです。

 

一人でいるときよりも、同じような境遇の仲間たちと集まった時の方が、タラレバの話題は盛り上がります。

現実を嘆きながらお互いを慰め合うことで、日頃の不満が解消されるからです。

しかし、残念ながら、同じ境遇の仲間と話をしていても解決策は見つかりません。
同じように考えて行動した結果が、現在の状況なのであれば…そこから抜け出すヒントは自分たちの力では見つけにくいのです。

タラレバから抜け出す唯一の方法は、発想を変えて負の連鎖を断ち切ることです。
楽な方へ、楽な方へ、と沢山の逃げ道を探して自分を甘やかすよりも、「どうすればこの状況を改善できるか」と考える方が実際には役立ちます。

 

なぜあの時こうだったのだろう?

そうか、こうすれば良かったのか!

それなら、今度はこうしてみよう。

 

このように「気づき」が増えていくと、同じことは繰り返さなくなります。

自分で「気づき」が見つからないうちは、カウンセラーやアドバイザーに相談してみるのも良いかもしれません。

あなたの話をしっかりと聞いた上で、状況から判断したアドバイスや適切な解決策を提案してくれることでしょう。

タラレバに逃げるよりも、まずは問題に気づくことが必要です。
「脱タラレバ」ができれば、輝く笑顔を取り戻すことができることでしょう。

 

 

 

タラレバしていませんか?(3)理想通りの相手さえ現れていたら…

2017年04月14日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(3)理想通りの相手さえ現れていたら…

 

今回は、なかなか理想の相手に出会えない…という気持ちから生じるタラレバについて考えてみましょう。

●なかなか理想通りの人がいない!
●いいかなと思うと、相手のダメな部分が見えてくる…
●絶対に妥協したくない!条件を全て満たす相手を待っている…
●完璧な相手に出会うまでは結婚したくない…
「結婚はしたい…でも、できるだけ失敗はしたくない…」
真剣に将来のことを考えると、色々な心配事が出てくるかもしれません。

 

大好きな相手と結婚し、末永く添い遂げたいと思うのは、とても自然なことですよね。
しかし、恋愛や結婚に対する不安が強すぎると、逃げ道として自分の中の完璧な「理想の相手」を作り上げてしまうことがあります。

 

なぜこれが逃げ道なのか、お分かりでしょうか?

 

理想を高く設定すればするほど、「現実には存在しない相手」がイメージの中で出来上がります。

あり得ないほど高く設定した理想は、時として自分を守る手段になることがあります。

 

交際中や結婚生活でうまくいかないことがあったとしても「失敗したのは自分の理想に合わない相手が悪かったのだ」と納得してしまえるからです。

 

このような考え方が身についてしまうと、段々と頑固になってしまいます。

うまくいかないことも全て相手のせいにできるので、精神的には楽になれますし、自分で努力をすることが面倒になるのです。

 

失敗から学び「自分にも改善すべき点があった」とは考えられなくなってしまうため、また同じ失敗を繰り返すこともあるかもしれません。

 

さらには、「理想が高いのは良いこと」「妥協するくらいなら一人でいい」と、経験が増える度に意固地になってしまうこともあるのです。

 

ここで、ひとつ冷静に考えてみましょう

「ありのまま」の自分を受け入れてくれて、しかも理想の相手の条件を全て完璧に満たしてくれるような方は、果たして本当に存在するのでしょうか?
残念ながらそれはとても難しいかもしれません。
完璧な人間など、どこにもいないからです。

長所も短所もあり、それがその人の個性や魅力となります。

 

相手の欠点も許せるぐらいに相手のことを愛おしいと思えなければ、恋愛も結婚も長続きさせることができません。

 

 

相手に求めてばかりでは、いつまでもタラレバから抜け出すことはできないのです。
高すぎる理想は一度壊してから、「現実的な理想の相手」を再構築してみましょう。

 

 

タラレバしていませんか?(1)あの時の相手と結婚できていれば…

2017年04月04日

今回は、最近話題の「タラレバ」について考えていきたいと思います。
「~だったら」「~してれば」という感情は、恋愛や結婚において、誰にでも湧き上がってくるものかもしれません。
男性も女性も、この「タラレバ」な気持ちを上手にコントロールすることができれば、今よりも幸せでイキイキとした日々を過ごせるようになります。
笑顔になれるヒントを見つけながら、ぜひ最後までお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

タラレバしていませんか?

(1)あの時の相手と結婚できていれば…

今回は「タラレバ」の感情とうまく付き合う方法を5回に分けてご紹介していきます。

 

「~だったら」「~してれば」という口癖は女性に多いように思われるかもしれませんね。

しかし、皆様のお悩みを見ていますと、恋愛・結婚に積極的になれない男性も実は「タラレバ」予備軍のことが多いのです。

 

今回は「過去の恋愛」というキーワードで考えていきましょう!

昔お付き合いしていた方がどうしても忘れられず、「あの時手放さなければ…」「あの人と結婚していれば…」と思ってしまう方も少なくありません。

 

誰かとお付き合いをした経験がある場合は、誰もが一度は考えたことがあるかもしれませんね。

 

●現在、恋をしていない…または恋愛から遠ざかっている
●今の恋愛(交際相手)に満足していない…
●相手にひどい振られ方をした…
●自分勝手に相手を振った…
●元恋人が結婚したことを知った…

いかがでしょうか?

 

現状で恋をしていなかったり、恋愛からしばらく遠ざかっていたりすると、過去の「楽しかった恋愛」のフォルダを引っ張り出してしまうことが誰にでもあります。

また、今の生活に不満がある場合、なんとなく「昔の方が良かった気がする」と逃げ道を探してしまうことがあるのです。

 

直面している問題を整理するよりも、「昔と今」の比較に忙しくなってしまい、現実の世界よりも「あの人とやり直せたら…」という妄想の世界に魅力を感じてしまうようになります。

「あの時は楽しかったなぁ…」

「あの人、まだ独身かな?」

「自分の方があの人にはふさわしいはず…」

「何とか復縁できないかな…?」

 

こんな風に過去の相手にことばかり考えるようになると、なかなかそこから抜け出せなくなり、「復縁」という妄想から逃れられなくなります。

 

その結果、相手に何とか連絡をしようとしたり、復縁を迫ってしまったり、「あの人以上の相手にはどうせ出会えない」と諦めモードになってしまったり…ということも起こってしまうのです。

 

これでは前に進めませんね。

「過去と決別する」ことが、タラレバから抜け出す最善の方法です。

少しでも思い当たる方は、勇気を出して過去を捨ててみましょう!

少しずつ道が拓けてくるはずですよ。

 

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから