婚活を楽しく進めるためにできること(3)自分にピッタリの出会い方を知る

2016年12月10日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

婚活を楽しく進めるためにできること

(3)自分にピッタリの出会い方を知る

3回目は「自分にピッタリの出会い方を知る」

というテーマでお送りいたします。

 

あなたは将来の結婚相手と、どのような出会い方をしたいですか?

 

ある調査結果によると、○友人・知人からの紹介 ○学校・職場 ○お見合い ○婚活 ○ご近所(家が近い)というような回答が得られたようです。

「友人・知人」からの紹介の場合、お相手に対するイメージが最初から好意的になるかもしれません。

「学校・職場」での出会いの場合、普段からの様子をよく見ているので安心感があるかもしれません。

 

「お見合い」の場合は、最初から結婚を意識した出会いであり、お互いの希望や条件がある程度整った状態で出会えるというメリットがありますね。

 

そして「婚活」ですが、こちらについては未婚女性の約5分の1(18%超)が希望しているようです。

 

婚活イベントで結婚相手を探すことに対しては意外と抵抗感が無い方も多く、約8割の方々が「役立つ」と答えていますが、

その一方で実際に婚活イベントに参加したことがある方数は僅か20%程度でした。

 

適齢期と言われる年齢になったとき、自然にいつの間にか結婚している、という状況は現代の社会では難しいかもしれません。

男女共にお仕事を忙しくされていますし、休日はどこかに出かけるよりも一人でゆっくり休みたい、と感じておられる方も増えているようです。

出会いの場に出かけることさえ面倒に感じてしまうようですね。

 

お仕事が忙しい時や気分が乗らない時には、無理に外に出かける必要はありません。

そのような時は、一人でゆっくりじっくりと、「自分が結婚に求めるものは何なのか」「どのような出会い方ができたら良いか」「どのような結婚生活にしたいか」など、具体的に考えておくと良いですね。

 

また、自分が苦手なことやできないこと、嫌なことなども分析しておくと良いでしょう。

自分の求めていることを理解するためには、自分をよく知ることが大切です。

 

自分にとって理想の出会い方とは何か。

これを考えることも「婚活」の第一歩なのです。

 

既に結婚されている方々は、おそらく無意識のうちに「婚活」をしていたはずです。

 

結婚を意識したときから、婚活はスタートしているのです。

 

友人・知人からの紹介を希望している場合は、信頼できる方々に「良い人がいたら紹介してもらえたら嬉しいな」

と伝えておく方が紹介してもらえる確率も上がります。

 

「結婚したいなぁ~」と漠然と伝えておくだけでも「そういえば…こんな友達がいるんだけど、会ってみる?」

と紹介してもらいやすいですよね。色々な出会い方を知り、「自分に合った出会い方」を検討してみましょう!

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから