バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

2017年01月18日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回も男性編と女性編を交互にお送りしています。「冬」「デート」「バレンタイン」「恋人」など,様々なキーワードを散りばめました。すでに大切な人がいる方も、これから恋人を見つけたいという方も、素敵な恋愛へのヒントとしてぜひお読みください。

バレンタインの計画は立てていますか?【女性編】手作りに縛られない

来月はいよいよ「バレンタイン・デー」がやってきますね!

 

〇気になる「あの人」に渡したい…

〇同僚や上司に義理チョコを用意しなきゃ…

〇恋人には何をあげようかな…

 

色々と悩みが増える時期でもありますよね。

 

今回は「手作りに縛られない」という副題をつけています。

 

「本命には手作り」というイメージが定着しているせいでしょうか…

 

この時期になると突然お菓子作りの本を買い込んだり、色々な材料を買って練習を始めたり、お菓子作りが趣味の友達に教えてもらったり…色々と焦ってしまうことはありませんか?

 

今回は「バレンタイン・デー」をもっと楽しめるように、発想を変えるアドバイスをさせていただきます。

こんなことを聞くとショックを受ける方もおられるかもしれませんが、「手作りのお菓子」に対する苦手意識を持つ男性も実は少なくないようです。

年代が少し上になるにつれて、徐々に次のような意見も出てきています。

  • どのような場所で作られたものか分からない…
  • 何が入っているか分からないので苦手…
  • あまり親しくない人から手作りをもらったら怖い…
  • とりあえず受け取るけど、処分してしまうかも…
  • 手作りのものはお返しを考えるのが大変かも

もちろん「わぁ~手作りなの?ありがとう!」と喜んでくださる方も多いことでしょう。

 

しかし一方で、ご紹介したような手作りへのマイナスイメージを持っている方がいることを忘れないようにしたいものです。

手作りのお菓子を渡したいと思われる方は、安心して食べられると思ってもらえるような仕上がりかどうか、見た目やラッピングなども美しくできているか、などといった「受け取る側」の「感じ方」まで意識できると良いかもしれませんね。

 

そして手作りが苦手な方は、「無理に作らなくても大丈夫!」と手作りへの負担から自分を解放してみましょう。

 

イメージに縛られずに、お店で良く吟味しながら「これをプレゼントしたい!」と強く惹かれたものを用意できれば、それで十分です。

 

あなたの真剣な気持ちはきっと伝わります。「誰に」「どのようなものを」「どのような意味で」お渡しするか。

しっかり計画していきたいですね!

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は・・・

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから